色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

木村陸軍次官が真珠湾攻撃ヲ
称賛したのは本当デスカ?

gooドクター

A 回答 (4件)

    • good
    • 0

よくわからぬのは新高山ですね。


アメリカと正反対の山を指定している。
確か
台湾の山らしい。

暗号ですか。
    • good
    • 0

このトラ・トラ・トラは傑作映画です!

    • good
    • 0

いいえ、違うと思いますよ。

称賛したのはアメリカの「ハルゼイ提督」が称賛したとか・・・。

日本では永野(修身)海軍軍令部総長は1941(昭和16)年7月21日の段階で、早期開戦論を主張している。さらに10月30日になると、今度は嶋田(繁太郎)海相が開戦を決意する。海軍は「悪玉」である。

海軍が開戦に積極的だったのは、組織利益を守るためだった。1930年代から海軍は軍拡を進めていた。「戦争を為し得ざる海軍は無用の長物なり」。そう非難されれば、戦争の決意をもって応えるほかなかった。軍事戦略上は「万一の僥倖(ぎょうこう)」を賭けた陸軍の方が組織利益を優先させた海軍よりも合理的な判断を下していたことになる。

「トラ・トラ・トラ」我奇襲に成功セリ

    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング