基本的な質問ですいません。
ひとつのHDDをパーティションで二つに区切ってある場合、それぞれに入っているアプリケーションの作業領域はどうなるのでしょうか。
例えばCとDに区切ってあるとして、Dに入っているアプリケーションを使うときの作業領域はDドライブに限られるのでしょうか。Dドライブのメモリが足りなくなった時はCドライブに余裕があっても使用できないということですか。
よろしくお願いします。

A 回答 (8件)

またお答えしたいと思います。


>仮想メモリとスワップファイルは同義という認識でよいですか。それとも仮想メモリ内のスワップファイルということですか?

仮想メモリ=スワップファイルと考えていいと思います。
説明すると、HDDの一部を仮想メモリーとして使うためにデータをスワップしている先のファイルが、スワップファイルなのですから。
(ちょっと言っていることが分かるでしょうか?)
(実装メモリーを上回るデータが発生した場合、その上回った分のデータをHDD上の仮想メモリーとして使う部分が、スワップファイルです。と言えばいいのでしょうか?)
ちょっと分かりづらい表現になっているかもしれません。ごめんなさい。

>仮想メモリもHDDと関係が深いということになるのでしょうか
その通りです。関係が深いところにあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
質問をする前よりメモリについての認識がはっきりしたように思います。

他の回答者の皆様にもお礼を申し上げます。

お礼日時:2001/08/31 09:24

>スワップファイルが発生する余裕をあけておけば、どのドライブのアプリケーションを使用してもメモリ不足にはならないということでしょうか。


もしそういうことなら、その余裕は十分あるので安心できます。

申し訳ありませんが、スワップファイルが発生する余裕を十分あけておいても、画面上に「メモリーリソースが不足しています。アプリケーションを閉じてください」と言うメッセージが表示されることがあります。

これは、メモリーを膨大に消費するアプリケーションを使っているときに起こります。つまり、画像処理をしながらそれを取り込んで、文書に取り込んだりした場合に起こりやすいのがよい例です。(ひどいときにはフリーズなんかします)
はっきり言って、こんなことをすると、MPUの処理能力にもよりますが、メモリーで扱われるデータ量が100Mを軽く越えてしまいます。そのため、メモリーからスワップされるデータ量が非常に増えてしまい、HD上のスワップファイルとメモリとのデータのやりとりが追いつかなくなるために「メモリ不足」が発生します。(ひどい場合はフリーズします。)
これは、アプリケーションの使い方によって、MPUが1Gで、128Mのメモリーを持っていても「メモリー不足」が発生しています。(経験者です)

ちょっとしたアプリケーションでも「メモリ不足」が発生するのであれば、メモリーの増設が一番早い解決方法となります。
とは言うものの、一番いいのは、アプリケーションを同時にたくさん使わないことと、お持ちのPCの能力にあったアプリケーションを使うと言うことでしょうね。

>もうひとつ、OSがWindowsなら、アプリケーションは「Windows上で動いているアプリケーション」ということになるのでしょうか。
No.6さんのおっしゃる通り、「Windows上で動いているアプリケーション」ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。
使用しているPCの能力を把握して(今、その最中ですが)効果的に作業できるようになりたいと思います。

最後に、他の方にも質問したのですが、仮想メモリとスワップファイルは同義という認識でよいですか。それとも仮想メモリ内のスワップファイルということですか?
もしそうだと、仮想メモリもHDDと関係が深いということになるのでしょうか。
よろしくお願いします。

お礼日時:2001/08/29 19:42

>ショートカット右クリックにある作業フォルダはそのアプリケーション(.exe)が置いてあるフォルダのことのように思います


多くの場合デフォルトがそこになっている場合が多いです。が、そうでない場合もありますし、変更も効きます。
ただ、なにか誤解されてるような気もするので一応確認しておきますが、この「作業フォルダ」は、そのアプリケーションが出力するデータファイル、あるいは、アプリケーションの動作中の一時的なファイルが作成される場所です。

>実際に作業して、「メモリが足りなくなる」という表現を使うときに、どのドライブのメモリが足りないのかを
通常、作業していて「メモリが足りなくなる」といった場合、ハードディスクの記憶領域ではなく、アプリケーションを動作させるための「物理メモリ」が足りなくなるということだと思いますが??
ちなみに、物理メモリが足りる足りないは、物理メモリがOSの管理下にあるためアプリケーションがCドライブにあるとか、Dドライブにあるとかは関係ありません。むしろ、そういったHDDの記憶領域から物理メモリ上にロードされているので・・・。
この物理メモリが不足した場合仮想メモリ(スワップ)が使われると思ってください。(現実には不足しなくても全く使われないということはないけれども)

>スワップファイルが発生する余裕をあけておけば、どのドライブのアプリケーションを使用してもメモリ不足にはならない
動くか、という意味でしたら一応、YES、です。
しかし、スワップを大量に使うということは、既にそれが物理メモリが不足している状態です。(そういう意味で、メモリ不足にならないか、というとNOです。メモリ不足になったからスワップに頼ります)HDDのアクセス速度は、物理メモリに比較して遙かに遅いですから、動きは格段に遅くなりますし、仮想メモリが完璧に物理メモリの代わりを果たせるわけではないので、実際は動作しなくなることもままあります。

>OSがWindowsなら、アプリケーションは「Windows上で動いているアプリケーション」ということになるのでしょうか
これもYES、でいいと思います。ただし、DOSプログラムなど、一部、完全にWindowsの制御下で動いているわけではないプログラムも存在すると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ありがとうございます。

簡単ですが、ハードディスク(記憶装置)
メモリ(作業領域)
スワップファイル(ハードディスクをメモリの代わりに使う→ハードディスクを使うので動作が遅くなる)
メモリ不足にCやDドライブは関係しない ということでよいですか。

せっかくなので、もうひとつ確認させてください。
仮想メモリ(スワップ)とあるのですが、仮想メモリ=スワップファイルという認識でよいでしょうか。それとも仮想メモリ内のスワップファイルということですか?
よろしくお願いします。

お礼日時:2001/08/29 19:41

No.4の方がおっしゃっているように、ご質問はスワップファイルについての話でしたらコントロールパネルのシステムのプロパティの[パフォーマンス]タブ[仮想メモリ]でどのドライブを使うか、どのくらいのサイズにするかを設定できます。


が、なんのことやらわからないのならば触らないでください。
メモリ管理を不適切にすると、最悪OSがまともに起動しなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
仮想メモリのドライブ変更はHDDが物理的に別々(パーティションでなく)の場合のほうがよりよい効果があると聞いたので、変更はしないでおこうと思います。

お礼日時:2001/08/28 12:07

あの~、アプリケーションの作業領域って言いますが、これは、Windows上で動いているアプリケーションの作業領域のことを言っていらっしゃるのですか?



もし、Windows上で動いているアプリケーションの作業領域でしたら、すべて、Windowsのフォルダーがあるドライブになります。
(アプリケーションによって別の場合もあるようですが・・・。また、Windows95〔NECのPC98の時代の話です。今から5年くらい前〕の時は、ドライブを指定して、別なドライブにすることもできたのですが、Windows98以降は、変更の仕方が分かりません。)

いい例として、WindowsのフォルダーのWin386.swpというファイルがあります。このファイルは、アプリケーションを多く立ち上げていると容量が増え、少なくなると減ります。(まあ、いったん増えてしまうと減りづらいんでしょうけど・・・)
でも、再セットアップすると容量は60Mぐらいまで減ります。
これがスワップファイルといいまして、メモリーからデータなどをスワップさせてこのファイル中でもデータの整理をするのです。ですから、ここで言っている作業領域って、このファイルのことになるのではないでしょうか?

Windowsのフォルダーがあるドライブは、最低でも100Mの空きがないといけないと言われているのは、このスワップファイルがあるためです。
それ以外のドライブには、空きがないほどアプリケーションやデータが入っていたとしてもWindowsがフリーズしたりすることはまずありません。
(先ほど100Mと言いましたが、あくまで最低で100Mです。できれば、500Mは空きを作っていた方がいいと思います。万が一のためです。また、デフラグも定期的にやらないとPCの速度は遅くなりますよ。)

この回答への補足

回答ありがとうございます。
スワップファイルが発生する余裕をあけておけば、どのドライブのアプリケーションを使用してもメモリ不足にはならないということでしょうか。
もしそういうことなら、その余裕は十分あるので安心できます。

もうひとつ、OSがWindowsなら、アプリケーションは「Windows上で動いているアプリケーション」ということになるのでしょうか。

補足日時:2001/08/28 11:57
    • good
    • 0

アプリによるが、


temp 環境変数をDに設定すればDドライブを使うようになる。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
temp 環境変数をDに設定ということは、システム設定ユーティリティから環境、TEMPの値を変えるということでしょうか。
これを変更すると、どこが変わるのかなど、詳しく教えていただけたらと思います。

補足日時:2001/08/28 11:51
    • good
    • 0

管理の厳しいアプリケーションは、アプリケーションのファイルメニューかどこかに作業領域を設定するメニューがあると思います。


作業領域を変更されると困るアプリケーションや、その辺の作り込みをさぼってるアプリケーションにはありませんが。
あと、デスクトップにアプリケーションのショートカットが作られている場合は右クリックして、「プロパティ」を開いてみてください。
「ショートカット」タブの方をあけると、真ん中あたりに「作業フォルダ」というテキストエリアがあると思います。ここで作業フォルダが設定されているものもあります。(オンラインソフトなどわりと小さめなものなんか)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ショートカット右クリックにある作業フォルダはそのアプリケーション(.exe)が置いてあるフォルダのことのように思います。
実際に作業して、「メモリが足りなくなる」という表現を使うときに、どのドライブのメモリが足りないのかを質問したかったのです。(起動ドライブか、アプリケーションがあるドライブか等)
質問、わかりにくくて申し訳ありません。

お礼日時:2001/08/28 11:56

アプリケーションにもよりますが、大抵のものは作業フォルダを変更できるものが多いです。


個人的には、パーティションを切らないでCドライブのみにすることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
Cドライブのみでも問題ないのですが、スキャンディスクなどに時間がかかったりということもあり、分けています。

お礼日時:2001/08/28 11:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報