PM7500(HDは3Gに入れ替えている)を知人にもらい、フォーマット後OS8.6を入れました。これまで8.1を使っていましたが、そこに入れていた「新ゴ」「リュウミンM」などのフォントをMOからコピーしたのですが、その後再起動すると起動時にエラーが起こります。アイコンパレードが始まる前に白紙の枠が出てストップする状態です。ためしに1つの書体のスーツケースを、8.6のユーティリティーに入っているフォントアップデータにかけてみると「変換の必要はありません」という表示なので、もう一度コピーを試みましたが同じ結果でした。(丸漢ファイルなどはフォントアップデータが認識しません。)仕事の関係でこれらのフォントをぜひ入れたいのですが、どうすればよいでしょう。気が付いたことがありましたら、ぜひ教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アドビよりアップデートプログラムが無償提供されていますのでフォントにあわせてダウンロードインストールしてみてください。



8.6での対応用は下記ページを参照するとわかりやすいです。

http://www.adobe.co.jp/support/mac86.html

参考URL:http://www.adobe.co.jp/support/qa/ciddown.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。トライしてみます。フォントもなかなかやっかいなものですね。

お礼日時:2001/08/29 20:02

モリサワフォントにはコピープロテクトというもが掛かっているので、コピーしたものは使えません。

マスターディスクから再インストールする必要があります。(但し、FDにもキープロテクトというものがかかっているので、有償でモリサワにプロテクトを解除してもらう必要もあります。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。マスターディスク持っていないのですが友人にあたってみます。

お礼日時:2001/08/29 20:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMacOS8.6と 8.6Jは同じものなのでしょうか?

MacOS8.6と 8.6Jは同じものなのでしょうか?
最後のJは何を意味するのでしょうか?

Aベストアンサー

この当時は多言語対応では有りませんので『各国語』のOSが販売
されています。
『J』は日本語表示版

Q全てのグリフの一覧を出力するフォント・ユーティリティーを探しています

 Mac OS X 10.3.6 (Build 7R28) を使っています。マックにインストールされている任意のフォントの全グリフの一覧をファイルに出力できるユーティリティーを探しています。(例えば、Licida Grande の 2,826 グリフ全てを表示できるユーティリティーです。)ファイルに出力できなくても、一覧を {Command-A} {Command-C} {Command-V} でコピー&ペーストできるだけでもいいのですが...。

 Apple Font Book 1.0.2、Ergonis Software PopChar X 2.2.1、Extensis Suitcase X1、FontAgent Pro 2.0、LemkeSoft FontBook 4.1、Unicode Font Info 1.5.1、Virage FontViewer 0.3.3 等を試してみましたが、どれもサンプルを出力するだけで、全収録グリフの一覧を出力はしてくれません。もちろん、ASCII の範囲ではなく、Unicode 全体のグリフ一覧が欲しいのですが...。フリーウェア、シェアウェア、市販品のどれでも構いません。

 Mac OS X 10.3.6 (Build 7R28) を使っています。マックにインストールされている任意のフォントの全グリフの一覧をファイルに出力できるユーティリティーを探しています。(例えば、Licida Grande の 2,826 グリフ全てを表示できるユーティリティーです。)ファイルに出力できなくても、一覧を {Command-A} {Command-C} {Command-V} でコピー&ペーストできるだけでもいいのですが...。

 Apple Font Book 1.0.2、Ergonis Software PopChar X 2.2.1、Extensis Suitcase X1、FontAgent Pro 2.0、LemkeSoft Fon...続きを読む

Aベストアンサー

どのような出力ができることをご希望かわかりませんが、画面表示で良ければ、
FontExplorer
ではすべてのグリフが表示できるようです。

参考URL:http://www.artistictechworks.com/fontexplorer.html

Qノートンユーティリティーで起動

起動ディスクの最適化をしようと思い、 ノートンユーティリティーズ5.0.2
で再起動しようとするのですができません。
コントロールパネルから起動ディスクにノートンのCDを選んであげても同じくです。このパッケージには Mac OS 9完全対応とうたっているのに・・
なぜでしょう?

ちなみにこちらの環境は MacG4 OS 9.0.4 です。

もしくは、ノートンユーティリティーを使わずディスクの最適化ができる方法はあるのでしょうか?(ウィンドウズでいうデフラグみたいものが)
どなたかご存じでしたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>できればこの方法を詳しく教えていただけないでしょうか?

ハードディスクを複数のパーティションに分けるにはハードディスクの初期化が必要になってしまいます。
ですから今2つ以上にパーティションを分けていないのだったら新しくハードディスクを追加するか今使っているハードディスクの内容で必要な物をバックアップしてinstall CD-ROMから起動しCD-ROM内の「ドライブ設定」を起動してディスクを選択後「初期化」をクリックし、出てきた画面の「カスタム設定」をクリックし「パーティション」の所で2などを指定します
「ボリューム」のところが2つに分かれると思いますので真ん中の所の黒いところをクリックして上下に移動してパーティションのサイズを決めます。
システムとノートンだけ入れるのだったら1Gあればじゅうぶんです。後は初期化を行い両方にシステムをインストールして容量の小さい方にノートンをインストールします。(インストール後live Updateで最新の物にアップデートします)

後は、断片化が多くなったらノートンの方のパーティションを起動ディスクに指定して起動し通常使っている方を検査、最適化してやります。
また、このノートンの方のパーティションはシステムアップデートなどにもつかえます。最新のOSにアップデートして今使っているアプリケーションが問題なく動くかの検証用などに使えるんです。

>できればこの方法を詳しく教えていただけないでしょうか?

ハードディスクを複数のパーティションに分けるにはハードディスクの初期化が必要になってしまいます。
ですから今2つ以上にパーティションを分けていないのだったら新しくハードディスクを追加するか今使っているハードディスクの内容で必要な物をバックアップしてinstall CD-ROMから起動しCD-ROM内の「ドライブ設定」を起動してディスクを選択後「初期化」をクリックし、出てきた画面の「カスタム設定」をクリックし「パーティション」の所で2...続きを読む

Qフォント名をコピーペーストできない

イラストレーターでフォント見本表を作っているのですが、
フォント名をコピーペーストできません。
イラストレーターでも出来ないし
ATMを開いてそこからコピペしようとしても
フォント管理用のフリーソフトをダウンロードしてそこからしようとしても
ダメです。なんででしょうか?
フォント名を覚えてそれを打ち込んでるとすごく面倒です。

いい方法知っている方がいたら是非教えて下さい。
mac os9です。

Aベストアンサー

■フォント一覧
http://www.vector.co.jp/soft/mac/writing/se086078.html

このようなソフトはいかがでしょうか?
フォント一覧を作成することができます。
その一覧からならコピペできると思います。

#作成した一覧のファイルをMacのSimpleTextで開くと良いと思います。

参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/mac/writing/se086078.html

QOS9.2から10.5への欧文フォントコピー

MacOS 9から10.5へDTP環境を移行中です。
手持ちの本によると1Byteのフォントはそのまま使えると軽く書かれているのですが、フォントフォルダ(HD→ライブラリ→Fonts)にただ入れても認識しません。拡張子をつけたらアウトラインフォントだけはフォントアイコンになったのですが、スーツケースは何も変わりませんでした。
どのようにすれば10.5でも使えるようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

> というか、そもそもコピーしたフォントが0KBになっており、そのこと自体、すでに間違っている感じです。
> フォントはUSBメモリーで移動していますが

これがフォントをインストールできない原因です。
USBメモリを、Mac OS 9の特別メニュー「ディスクを初期化」でフォーマットするか、それができなければ、「ドライブ設定」というユーティリティツールを使って、Mac OS 拡張でフォーマットしてください。Mac OS Xでは、アプリケーション>ユーティリティフォルダにある「ディスクユーティリティ」で、やはりMac OS 拡張で消去(=フォーマット)します。

ここからは、すこしむずかしい内容なので、興味がなければ読み飛ばしてください。
Mac OS 9以前のファイルシステムでは、ファイルは、データフォークとリソースフォークという二重構造になっていました。PowerPC CPUになる前のMacintoshでは、書類のデータはデータフォークに、アプリケーション、フォントといったプログラムはリソースフォークに格納するという決まりになっていました。
新しく作成されたフォントは、データフォークにフォントデータがありますが、昔ながらの作り方で作られたフォントは、フォントデータはリソースフォークにあります。
データフォーク・リソースフォークは、Mac OS固有の概念で、WindowsやUNIX OSには取り扱えません。MS-DOS/Windowsのファイルシステムでフォーマットされたディスク(USBメモリ含む)に、データフォーク・リソースフォークを持つファイルをコピーすると、ひとつのファイルと認識されず、ふたつのファイルに分解されます。そしてリソースフォークにあたるファイルは不可視となってしまいます。
フォントファイルをUSBメモリにコピーすると、0KBになってしまうのは、こういう理由です。

> というか、そもそもコピーしたフォントが0KBになっており、そのこと自体、すでに間違っている感じです。
> フォントはUSBメモリーで移動していますが

これがフォントをインストールできない原因です。
USBメモリを、Mac OS 9の特別メニュー「ディスクを初期化」でフォーマットするか、それができなければ、「ドライブ設定」というユーティリティツールを使って、Mac OS 拡張でフォーマットしてください。Mac OS Xでは、アプリケーション>ユーティリティフォルダにある「ディスクユーティリティ」で、や...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報