プロが教えるわが家の防犯対策術!

我が家の庭に植えて半年のレモンの木があります。
ふだん、何にも手をくわえていないのですが、ふと、木をみたら、下のほうの葉がなくなっているではありませんか。なぜ?
レモンの葉を食べる虫っているんですか?
レモンの木の育て方と、もし、害虫とかがつくのであれば、駆除方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

たぶん「アゲハ蝶」の幼虫でしょう。


黄色い小さな卵をつぶし、幼虫は捕殺でOK!植えて半年でしたら農薬も不要です。
幼虫の小さいときは「鳥の糞」に似ていて、大きくなってからは体の横に「目玉マーク」と強烈な臭いを発し、ほとんど鳥には食べられません。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ありがとうございます。葉の裏をみたら、幼虫がいました。
なんの幼虫かはわかりませんが・・・さっそく処分。

お礼日時:2002/01/16 21:41

葉っぱ全体がないでしょうか?それとも虫食いの痕らしきものがあるのでしょうか?



全体が無くなっている場合は根の状態が悪かったり日照がたりなかったりで、葉が落ちたということも考えられますが・・・。

虫食いならばやはりアゲハ蝶でしょう。柑橘類やサンショウに好んで卵を産み付けます。うちのレモンにも何匹もついていました。アゲハの幼虫は黒のイガイガに白か黄色の線が入っているか、もっと成長すると緑色に模様が入ったの芋虫上の虫になります。はやいうちにとりましょう。私は直接さわれないので「割り箸」でつまんで捨てています。以前はアゲハの成長を見るために駆除しなかったことがありましたが、小さな鉢植えだったので丸坊主になっちゃいました(再生しましたが)。

ところで庭植えということでしたが、レモンは寒さに弱いです。お住まいのところが暖地でなければ冬は鉢上げして室内で管理してくださいね。
    • good
    • 4

仲間のV20の回答で合っていると思いますが、日当たりが悪かったり、窒素不足でも葉が黄色になったり落葉するので注意が必要ですね。


若いレモンは雪が一昼夜積もったり、マイナス5℃以下に数時間あたると枯死しますので、冬季の厳寒期は「寒冷遮」などを巻きつけておけばベストです(冬季は日光がなくてもOK)
レモンは年3~4回の開花結実があって、葉だけの期間がほとんどないので楽しみな果樹です。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシンボルツリーにレモンの木

シンボルツリーにレモンの木は相応しくないですか?

玄関アプローチ横・・・レモンの木
お庭の中・・・シマトネリコ
それぞれ1本づつ植えようかとほぼ決定したのですが、実のなる木は縁起が良くないというのをこちらで知り迷い始めました。
縁起が良くないっていうのはどんなイワレがあるんでしょうか?

また、縁起の良し悪しは別にしても、シンボルツリーにレモンとか実のなる木ってあまり相応しくないんでしょうか?
一般家庭でレモンの木を植えている家は見たことがありません。 育てにくいとか虫がくるとか何か理由があるのでしょうか? (新居から車で15分くらいの所に街路樹としてレモンの木をたくさん植えられいるので地域的には育てにくいことはないと思うのですが)

新居は大型分譲地で建売だと、どのハウスメーカーの家も(100%といっていいくらい)シマトネリコかオリーブをシンボルツリーにしています。
実のなる木がシンボリツリーとして一般的でないようなら、お庭の中にレモンの木でアプローチ横をシマトネリコに変更しようかなとも思ってます。

今でマンション住まいでガーデニングは全くの素人です。
何かアドバイス等ふくめて教えて頂けたら嬉しいです。 よろしくお願いします。

シンボルツリーにレモンの木は相応しくないですか?

玄関アプローチ横・・・レモンの木
お庭の中・・・シマトネリコ
それぞれ1本づつ植えようかとほぼ決定したのですが、実のなる木は縁起が良くないというのをこちらで知り迷い始めました。
縁起が良くないっていうのはどんなイワレがあるんでしょうか?

また、縁起の良し悪しは別にしても、シンボルツリーにレモンとか実のなる木ってあまり相応しくないんでしょうか?
一般家庭でレモンの木を植えている家は見たことがありません。 育てにくいとか虫がくると...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

●縁起について。
イチジク、ビワ、ザクロなど、実がなる木はいずれも 「実が割れる」=
「身割れ」 で身持ちが悪くなるとか家名の断絶に結びつくということで、
縁起がよくないと聞いたことはあります。

同じ実のなる木でも、桃は中国では縁起が良いとされますし、
西に黄色い果実を植えると縁起が良いとされ柑橘系を植える方もいます。

他にもザッと見た限り下記のような場所にも同じような質疑がされていますね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211065722
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3128654.html

●敷地内に植える木についての考え方
上記の項目をみていただくと、植物の性質を縁起につなげていたり
その後家にまで影響する成長力を関連づけたりしています。

その辺は、あくまで参考にして・・・ポイントは
・その樹種の性質が、その場所に適しているのか が何より一番で、 
・次に家の方の想い入れがどの程度あるのか   と思います。

「レモン」
・深い緑の常緑樹、樹勢が強い
・日当たりよく、寒さには弱めなので北風を避けられる場所。
・トゲがあるが葉にはレモンの香り・・すばらしい
・他の果樹よりは病害虫少ない
・実がきちんと採りたい場合は、幅スペースも欲しい
=実はそこまで意識しないのであれば、邪魔な分だけ剪定を。

「シマトネリコ」
建売で見た・・ということは、だいたい地面から
数本幹が立ち上がる「株立」スタイルと思います。
・常緑の軽やかな葉が人気
・成長早い
=のびのび育てられる場所か、または、そうでない場合、株立の樹形を
乱さない上手な剪定ができるか
(植木職人さんでも出来ない、やってくれない方多いです)
・根もよく張ります
=植える場所(地面)が狭い、または、壁際に植えるのは
避けたいものです。数年後周辺の床や壁に影響をあたえかねません。
建売の住宅に植えてある状況は、特に近年、販売時の見栄えのみを意識した
植え方をしており、数年後のことが思いやられる状況、多いです。
実際、困っている方にたくさん遭遇しました。
※ちなみにオリーブも横幅がでる品種と幅があまりでない縦型樹形のものなどもあります。

●結論
重ねて申し上げますが、木の性質と環境に問題がないのでしたら
お好きな木を入れるのが一番と思います。
アプローチが狭い、日照が極端にない、などがないのであれば、
希望の通りでよいと思います。
アプローチにレモンの木をこだわって置いている方、過去数人であっています。
(家はどちらかというと繁栄していました)

シマトネリコは、植える場所をよくよく吟味されてください。
可能であれば、本株立・幹の本数多いものを選ばれると、成長力が分散し、
少しつきあいやすくなると思います。

いずれにせよ、常緑樹たちですから、植え付け、冬はNG
5月ごろとなります。ゆっくり、樹種の選抜をされて、
ステキなシンボルツリー、庭木をうえてください。

こんにちは。

●縁起について。
イチジク、ビワ、ザクロなど、実がなる木はいずれも 「実が割れる」=
「身割れ」 で身持ちが悪くなるとか家名の断絶に結びつくということで、
縁起がよくないと聞いたことはあります。

同じ実のなる木でも、桃は中国では縁起が良いとされますし、
西に黄色い果実を植えると縁起が良いとされ柑橘系を植える方もいます。

他にもザッと見た限り下記のような場所にも同じような質疑がされていますね。
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211065...続きを読む

Qレモンの木を育てたいのですが、人間に無害な消毒方法を教えて下さい。 私はレモンの木にたくさん付くと言

レモンの木を育てたいのですが、人間に無害な消毒方法を教えて下さい。
私はレモンの木にたくさん付くと言われているアゲハ蝶の幼虫が苦手です。
見ることさえできません。
なので無農薬栽培の捕獲駆除はとても考えられません。
かなり強い消毒薬駆除となると、食用に考えているので避けたいです。
人体に優しいレモンや柑橘系の果実の駆除、消毒薬方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

アースジェットなどの防除用医薬部外品をスプレーする事で、駆除できます。
スプレーする時は鉢植えなら外に持ち出して、木から出来るだけスプレー缶を離して、噴射用のガスで木が凍害に遭わない様にして。
蝶蝶は一回に一個の卵を産みますので、毎日飛んでくるかと思います、ですので、毎日とは言いませんが、一日おきくらいに散布しましょう。
アースジェットは室内で使って、噴射した霧がテーブルや家具に落ちても、すぐ分解するので、収穫期を11月に設定するなら、10月までは使っても、収穫の時は分解して毒性が無くなっています。
いま、人体に、或は周りの自然界に影響が少ないのは、ピレスロイド系薬剤(合成除虫菊製剤)ですので、幼児が居ないなら、幼児用の食器が無いなら、幼児が口にするものがその辺に無かったら、大丈夫かと思います。
防除用医薬部外品は以前、代々木公園でデング熱の感染源のシマカが出たときにかなり広範囲に散布したはずですが、これと言って問題にならなかったようですので、防除用医薬部外品は人体への影響は考えなくても良い様に思います。

Q桃・レモンの葉を食べる虫について 一昨年から桃とレモンの木を育てています。 今は木に葉っぱをつ

桃・レモンの葉を食べる虫について

一昨年から桃とレモンの木を育てています。
今は木に葉っぱをつけているのですが
この前葉っぱが食べられていることに気付きました。
レモンは葉っぱが食べられているだけですが、
桃は葉っぱが食べられているだけでなく
葉っぱの何枚かに修正液のような白いかたまりがついています。
(幼虫かなにかのフンかもしれません。)

葉っぱが食べられていることと
桃にフンのようなものがついている以外に被害はありませんが、
見た目もよろしくないですしこれが原因で実をつけなくなると嫌なので駆除したいと思っています。

ですが、いずれ食べることを考えると安全な農薬がいいです。
また、虫に直接噴射して虫ごと粘膜のようなもので固めてしまうというものは、私が見るときは虫が見当たらないので噴射のしようがありません。なので、この方法以外で駆除したいです。

何の虫か分かる方、もしくは安全な農薬をご存じな方、教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

桃の白いかたまりについてはよくわかりませんが
レモン(柑橘系)の葉を食べる虫ならアゲハチョウの幼虫が有名です。
どちらにお住まいなのかわかりませんが
当近畿地方ではすでにクロアゲハが飛んでいますので
卵を産み付けられる可能性はあります。
卵のうちなら、葉を裏返してみると小さな粒がついているので
薬を使いたくないのなら、孵化する前に取って処理する、
孵化してしまったら小さなアオムシのうちに取る
くらいでしょうか。
大きな木でない、鉢植えくらいなら
毎朝葉っぱを1枚ずつ裏返して確認するといいと思います。
私の友人の中にはわざと卵のついた葉ばかりを観察ケースに集めて
チョウになるまで育てて楽しんでいる人もいます^^;

Qレモンの木の病気治療

レモンの木の葉が黄色く変色し、触るとぽろっと落ちてしまいます。過去の質問を検索すると日照不足や窒素不足などと回答がありましたが、こんな風になってしまったレモンの葉は一度全て落ちるしかないのでしょうか?何か治療や改善する方法はありますでしょうか?ちなみに、うちのレモンは種から植えてまだ小さいのでレモンの実はならず、葉に産み付けられるアゲハ蝶の幼虫たちを旅立つまでペットとして可愛がっています。あまり幼虫たちに刺激のある対策は避けたいところなのですが・・・。

Aベストアンサー

我が家のレモンの木も、昨年半分以上の葉っぱが黄色く変色し、
(少し斑点も入っていたような・・)ほとんど裸みたいになり、
もう死んでしまうのかなぁ~と本当に心配していました。

が、今年も同じように春には、新芽がいっぱい出て、
今例年にないほど、た~~~~くさんの蕾がつき、
見事に復活しました。

私がレモンの木にしてあげたことといえば、
近くの牧場で売っていた、牛糞を加工して作った、
さらさらの肥料をあげただけです。
我が家も、毎年たくさんやってくるアゲハ蝶のために
薬は使いたくなくったので・・・
ただ、あまりにたくさんの子供たちが生まれて、
ほとんど葉っぱがなくなったことがありますが・・^^;

水も、花が咲いている間は、まめにあげていますが、
それ以外は、真夏でも全くほったらかしですが大丈夫!!
専門的なことは全く分からず、経験のみですが、
木によさそうだなぁと思われる肥料をあげて、
見守ってあげてください。

元気になると良いですね^^

Qレモンにアゲハ蝶が卵を産んで困っています。

大阪府に住んでいます。
3年前のゴールデンウィークに80センチくらいの木を購して庭植えしました。夏にかけて新しいきれいな葉っぱが
生えてきて10センチくらい背が伸びるのですが、ふと秋頃に気づくと新しく生えた部分が全部無くなっているのです。2年目に犯人がアゲハ蝶の幼虫であることに気づきました。今年も10センチほど新しく伸びたのですがやはり
アゲハチョウの幼虫がウヨウヨいます。1週間も見ていないとあっという間に増えてしまいます。割り箸でつまんで捨てるのですが、これ以外にどういった対処方法がありますか?また初夏に花が咲いて良い臭いがしますが実がなる気配はありません。年に1度3月頃に追肥をしています。
今後の育て方についてアドバイスをおねがいします。

Aベストアンサー

揚羽蝶の産卵を防ぐには防虫網を架けるのが,そのことだけを考える場合はもっとも簡単です.しかし,網目に接した葉っぱに産卵されたら,逆に幼虫保護になってしまいますし,殺菌剤を撒くときにはそのままでは邪魔になります.
 晩春から夏の産卵の時期には、オルトランなどの浸透移行性の薬剤を3ヶ月に2回程度地面に散布して幼虫の段階で除去します.もし,葉を食われた部分を発見したら,とりあえず手で除去すればよいでしょうが,なかなか取りきれるものではありません.夜盗虫か他の虫が食っている可能性があります.実が付いている時期は、幼虫専用で人畜無害のトアローを散布すると良いでしょう.

Qレモンの木が病気です

庭に植えてあるレモンですが、木全体から見て部分的に実や葉、枝が黒くなっています。ススのようなカビのようなものが付着しています。
水洗いや布で拭き取ると、その黒いものはおおよそ取れると思いました。
これはいったい何の病気でしょうか?
対策は?
以前、柚子も同様の病気になったことがあります。

Aベストアンサー

カイガラムシという吸汁性害虫の被害を受けたものと思われます。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm
黒くなったのは「すす病」ですが、これはカイガラムシが出す排泄物(ベトベトする)に「すす病」の病菌が寄生したものです。この病菌はカイガラムシの排泄物を栄養源として生きています。

カイガラムシは種類が多く、さまざまな形態をしていますが、ビッシリ樹について吸汁し、樹を弱らせる点では一致しています。樹を枯れ死させる事もあります。
柑橘類に付くカイガラムシは、「ツノロウムシ」か「ルビーロウムシ」あたりが多いのではないかと思われます。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iro20.htm
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iro21.htm

まずカイガラムシの駆除が先決ですが、対処方法は以前の回答で申しわけないが、参考にしてみて下さい。樹木の違いはありますが、やる事は同じです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5428258.html
成虫を取りきれない場合はマシン油乳剤の散布が効果的ですが、レモンのような常緑樹には濃度を2倍薄くし、40倍希釈が標準です。(サルスベリは落葉樹ですから、より濃度の濃いものが散布できます。石灰硫黄合剤の場合も同じで20倍希釈とします。)
マシン油乳剤や石灰硫黄合剤の散布時期は12月~2月の冬期で、いわゆる休眠期に行います。(両方とも園芸店やホームセンターで販売されています。)
また日当たりの良さや風通しの良さ、施肥や剪定などの適切な管理が大事で、健全に育てる事が重要です。

カイガラムシという吸汁性害虫の被害を受けたものと思われます。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm
黒くなったのは「すす病」ですが、これはカイガラムシが出す排泄物(ベトベトする)に「すす病」の病菌が寄生したものです。この病菌はカイガラムシの排泄物を栄養源として生きています。

カイガラムシは種類が多く、さまざまな形態をしていますが、ビッシリ樹について吸汁し、樹を弱らせる点では一致しています。樹を枯れ死させる事もあります。
柑橘類に付くカイガラムシは、「ツノロウムシ」...続きを読む

Qレモンの木に花や実がつきません。

7~8年前に庭にレモンの木を植えたのですが、殆ど花が咲きません。
花が咲かないので勿論実もなりません。
中庭ですので、日照時間の問題なのかなと思いますが、原因、対策等をご存じの方アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

http://www.asahi-net.or.jp/~if7m-yjm/60teire.htm
基本か

土作り  幹から10センチくらいを除き  枝先の真下くらいまでの地面に 腐葉土 乾燥醗酵済み牛糞 等でマルチング(厚さ5cm~)  漉き込んでもいい  土が柔らかく フカフカになるし 地力も上がる

幹近くは清潔に保つ  不潔・風通しが悪いと カミキリムシなどの食害に逢いやすくなる

枝も混み過ぎていて 通気や各枝に光がまんべんなく当たるように少し空かす


寒肥が重要  12~1月頃  油粕+骨粉(5:4)+米糠(1)の様な物を 枝先の下付近 何ヶ所かに穴(溝)を掘り
埋める  木の大きさにもよるが・・・・  1メートル四方当たり 500gくらいかナ?

今だと ちと時期が外れたから  醗酵済の玉肥を買ってきて 埋めて見ては?

Q鉢植えレモンの木について

こんんちは。

レモンの苗木を鉢植えしてから2年くらい経過しまして、高さが1mくらいになりました。まだ1回も花が咲かずもちろん実もつけたことがありません。もぐり虫やアゲハ蝶の攻撃にさらされてヘロヘロの時期を過ごしてきましたが、暖かくなってくれば少しは元気になるのでは?、と期待してました。ですが暖かくなってきても、どうも元気がありません。葉っぱが緑色が抜けて白くなり、細かい赤いブツブツを見ることができます。

これは病気でしょうか?またこれから花を咲かせて実をつけてもらうには、どのような事に気をつければようのでしょうか?もし一言では難しいとの事でしたら、「最初の一歩」だけでもご教示いただければと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かに一言で説明出来る問題ではありませんが、出来るだけ分かりやすく
説明させて頂きます。最初の一歩で解決出来る問題ではありませんから、
分からない点がある時は書店で柑橘類の本と病害虫の本を購入し、自分な
りに勉強されて下さい。自分が調べる事で、ある程度の事は対応が出来る
ようになります。

まず画像を見ましたが、明らかにハダニ類の被害ですね。大きさは発生す
る植物によって違いますが、大体0.5ミリ程度の大きさです。ハダニは
蜘蛛の仲間で、何処からか風に飛ばされて付着し発生をします。肉眼では
見えませんから、付着した事も分かり難いのが現実です。
ハダニにはパイベニカスプレーやマラソン乳剤等、ハダニに有効な殺虫剤
を使用して駆除をします。薬剤以外で使える物もありますが、一時的だけ
に回避させる程度で死滅させる事は出来ず、効能が切れたら再び発生して
被害を繰り返します。先程にかいた殺虫剤を1週間から10日おきに3回
程度使用します。1回だけでは効き目が薄いです。
赤く見えるのは赤ダニと呼ばれるハダニで、年間を通して発生します。
薬剤に対して抵抗力が付き易いので、効き目が弱いと思ったら同じ効果の
別の薬剤を使用して下さい。

次にエカキムシですが、これはハモグリバエの幼虫が正体で年に5~10
回は発生します。葉に潜ったら薬剤の効果はありませんので、親虫が卵を
産みつけた時を狙って薬剤散布をし、卵の段階で駆除するようにします。

アゲハチョウの幼虫ですが、発生したら全ての葉を食い終わるまで食害を
続けますから、薬剤を使用せずに見つけ次第に補殺します。地面に落とし
ただけでは再び登って食害するので、足で踏み潰して下さい。可哀想かも
知れませんが、レモンを守るためには我慢するしかありません。

2年程度では開花や結実は望む方が無理と言う事です。現在は1m程度の
ようですから、更に大きくしないと無理ですね。
元気が無いのは害虫の被害だけとは思えません。植替えや施肥等の作業は
行っているでしょうか。地植えとは違い鉢と言う限られた空間でしか生育
が出来ませんので、2~3年に1度は植替えが必要です。鉢内で根が一杯
になると水分や養分を得られなくなり、また根先も傷んで生育が止まって
しまいます。植替えは3月下旬か6月に出来ますから、今後の事も考えて
植替えをされたらと思います。
生育しているのですから、養分は絶対に必要になります。肥料切れになる
と生育が不調になるだけでなく、病害虫の対しての抵抗力が弱くなります
から、3月から10月の間に有機質肥料を2ヶ月に1回で置き肥をして下
さい。出来るだけ窒素分の少ない肥料を選び、必ず与えるようにします。
肥料切れは開花や結実に大きく作用します。

現在の大きさは1m程度のようですが、鉢のサイズや使用されている土の
種類、水遣りの頻繁度、肥料、年間を通しての置き場所と日当たり状態を
教えて頂ければ、今以上に説明が可能だと思います。

確かに一言で説明出来る問題ではありませんが、出来るだけ分かりやすく
説明させて頂きます。最初の一歩で解決出来る問題ではありませんから、
分からない点がある時は書店で柑橘類の本と病害虫の本を購入し、自分な
りに勉強されて下さい。自分が調べる事で、ある程度の事は対応が出来る
ようになります。

まず画像を見ましたが、明らかにハダニ類の被害ですね。大きさは発生す
る植物によって違いますが、大体0.5ミリ程度の大きさです。ハダニは
蜘蛛の仲間で、何処からか風に飛ばされて付着し発生をします...続きを読む

Qレモンの害虫・病気?

レモンの苗木を買ってきました。新芽がやっと出て来たと思い
ましたら、多くの葉っぱが丸まってしまいました。丸まった
ところ広げてみますと虫は中にいないようなのですが、少し綿
状のものとまるで鼻汁が乾いた後(汚い表現ですみません)の
ような状態が確認できました。

これは害虫のしわざでしょうか?それとも病気でしょうか?
(ここ数日、雨が続いておりまして今日やっと晴れました。)
対策をご存知でしたら、お願いします。

Aベストアンサー

>ご指摘の通り、なめくじのはったような線(スジ)は複数確認
できてます。

ということでしたら、エカキ虫で100パーセント間違いありません。
幼虫は小さいので見つけるのは難しいと思います。
モスピランが有効です。
モスピランは浸透性があって、葉の中にしみこんでいきますから。

問題はこれからどうするかですが、被害にあった葉が2~3枚なら切り取ってしまってもよいですが、
けっこうたくさんの葉がやられているみたいなので、モスピランを使ってこれ以上被害が広がらないようにして、
このまま来年の春までつけておいてはいかがでしょう。
これから来年までしっかり管理してあげれば、来春にはまた新しいきれいな葉が出てきますから。
そこで変形した葉を切り取ってしまえばよいでしょう。
新しい葉がまたエカキ虫の被害にあわないようにモスピランの散布です。
何もしないと、来年また必ずと言っていいほどエカキ虫の被害にあいます。

肥料を少し入れてしっかり管理してあげれば、来年は実がなるかもしれません。
来年だめなら再来年にはなるでしょう。

Qみかんの果実にマシン油をかけていいのですか?

1月に、温州みかんにマシン油をかけようと思いますが、樹にはまだ果実がなっています。
果実をすべて収穫してからマシン油をかけるのでしょうか? それとも果実にマシン油をかけてもいいのでしょうか?
みかんは出荷はしていません、自宅で食べるのみです。

Aベストアンサー

油は水に溶けませんが、マシン油は機械油を水に溶けるように改良した物
で、カイガラムシの駆除や予防として用いられます。
マシン油は農薬とは少し異なりますが、一般的には農薬扱いとして用いら
れていますから、使用方法は農薬と同じと考えられて下さい。

温州ミカンは今頃が収穫時期ですが、農薬の使用制限では収穫時に使用す
る事はありません。ほとんどが収穫の1週間から10日前までが最終散布
時期と決められていますから、マシン油だろうが出荷しないからと言って
も、収穫時に使用する事は避けるべきです。

カイガラムシの駆除で使用されるのは問題ありませんが、今の時期に散布
してもマシン油が無断になるだけです。
マシン油がカイガラムシに付着するとカイガラムシは窒息しますが、今の
時期はカイガラムシは体内に固いロウ状の膜を持っていて、全ての薬剤を
寄せ付けなくなっています。カイガラムシの表面にはマシン油は付着しま
すが、体内に浸透しないため死ぬ事は無いと言う事です。
確実な時期は春先の、少し気温が上がって暖かくなった頃です。今は休眠
していますから、動く事(肉眼では見えませんが、微妙に動いています)
も冬場はしませんので、使用するなら休眠期以外に行う事です。

全ての薬剤は、収穫時期には使わない事が鉄則です。

油は水に溶けませんが、マシン油は機械油を水に溶けるように改良した物
で、カイガラムシの駆除や予防として用いられます。
マシン油は農薬とは少し異なりますが、一般的には農薬扱いとして用いら
れていますから、使用方法は農薬と同じと考えられて下さい。

温州ミカンは今頃が収穫時期ですが、農薬の使用制限では収穫時に使用す
る事はありません。ほとんどが収穫の1週間から10日前までが最終散布
時期と決められていますから、マシン油だろうが出荷しないからと言って
も、収穫時に使用する事は避けるべき...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング