認知心理学と行動心理学の明確な違いを教えてください。こちらの認識としては、行動心理学は「動き」の一つ一つに意味や心の動きを読み取り、認知心理学とは、行動(見る・聞く)の他に、考える、理解するというようなものも入ってくるのかなあ・・・と。ということは、認知心理学の方が領域が広いということでしょうか?
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ざっくり分かりやすく言うと


認知心理学は、認識することで行動が変わる。
行動心理学は、行動することで認識が変わる。

何をどのように認識して行くのかは、とても深いので詳細は省きます。
行動心理学も、同じく深いので省きます。

気持ちが切り変わって、結果的に行動が変われば
どちらでもOKですが、クライエントのその時の状態に合わせて
選択する必要があります。

領域は違いであって、広さの比較にはならないと思いますよ。
    • good
    • 5

結構面白い質問なので答えさせていただきます


まず行動心理学は行動主義という考えから移行したものです
これは有機体が行動することが人間の心理であるというなんとも
とっぴとした考え方から生まれました。これは結局中は行動から予測するしかないという考えから生まれたものです。
認知というのは質問者さんが仰るようにイメージだとかそのような部分に基点が置かれています
ただこの両者は認知は行動の動機,行動の変容まで手を伸ばしており
行動心理のほうも認知心理と同じ部分が出てきます。
そういう一面では似ている一面です。
    • good
    • 2

専門家からの回答がないのは


「行動心理学」という言葉が学問の世界ではまだ広く認知されておらず,
文脈によって異なる意味で用いられているためではないでしょうか。

この言葉は,10年ほど前に出版された『EQ/こころの知能指数』の著者
D.ゴールマンが「行動心理学者」と紹介されたころから一般に広まったように記憶します。

もっとも質問者さんのおっしゃる
>「動き」の一つ一つに意味や心の動きを読み取り
という意味での使い方は通俗的用法であって学術的には通用しません。
次のURLの最初から50番目のレスあたりまでを参考にしてください。

 心理学@2ch掲示板/行動心理学について★★★★
 http://makimo.to/2ch/academy_psycho/1014/1014429 …


学術的な意味あいで「行動心理学」の用語が用いられるとすれば
「行動分析」,あるいはもう少し広く「行動主義心理学」の立場に立つ研究者が
自らの立場を非専門家に向けて示そうとする場合です。
すこし専門的になりますが,歴史的経緯に沿って事情を説明します。

行動主義とは1910年代にアメリカのワトソンによって提唱されたもので,
「心」や「意識」のような曖昧な概念を排除して
客観的に観察可能な「行動」を自然科学的方法で研究する心理学です。

行動主義は心理学に革命をもたらしましたが,
ほどなくその極端な主張への反省が生まれます。
そして行動を巨視的に捉えなおし内的過程についても仮説を立てる
ハルやトールマンに代表される新行動主義が1930年代以降の支配的な流れとなります。
これはのちの認知心理学の源流のひとつにもなっています。

また同じ新行動主義に括られながらも行動主義を徹底的に推し進め,
内的過程への言及を排してひたすら行動とその環境の記述に徹したのがスキナーの行動分析です。

日本でも終戦から1970年代までの心理学は
新行動主義の強い影響下にあって「行動の科学」と定義されていました。
この時代には「行動心理学」などという屋上屋を架すような名称はありえなかったわけです。

一方,情報科学の発展に刺激を受けて
人間や動物を情報処理機械と見なしてその知的機能をモデル化する研究が
1950年代後半ごろから同時多発的に現れ,1960年代に認知心理学という形で結実します。
1970年代以降,その勢力は新行動主義に取って代わるほどのものとなり,
心理学は「心」や「意識」を改めて研究対象とするようになりました。

また世界的な動向に反して日本では1970年代以降,
岸田秀,小此木啓吾,河合隼雄らの著作を通じてフロイト,ユングらの深層心理学が
大衆的ブームとなって世間の心理学観に大きな影響を与えてきました。

このような状況下にあって,
行動主義的な立場に立つ研究者が
認知心理学や深層心理学との違いを明確にするために創り出した
日本独自の用語が「行動心理学」であると理解しています。

次のURLは「行動心理学」を確信犯的にタイトルに用いたテキストの紹介ページです。
「無意識」やら「人間性」やらを自明の如く振り回す風潮に逆らって,
言語行動や言語共同体という視点から「心」や「意識」の意味を問い直すという地道な作業を通して
行動心理学の有効性を鮮やかに示している名著だと思います。
掲示板が著者と読者の対話の場になっていますので,大いに活用してください。

 臨床行動心理学の基礎/人はなぜ心を求めるか
 http://www.psyche.fujita-hu.ac.jp/clinicalbehavi …
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q認知行動心理学、認知行動療法を学びたいものです

認知行動心理学、認知行動療法を学びたいものです

感情を抑制したりするのに行動の変化による感情抑制は出来ますか?

僕は異常性欲者でしたが自分でご飯を作ったりするうちに無くなりました。

小さい頃から大抵親という存在にいろいろしてもらい、潜在意識に他人への執着が出来き、それを解消するうちに治ったと思っています。

そういうのは認知行動療法ではないですか?

Aベストアンサー

一素人ですが・・・。
認知行動療法というのは、端的に言うと、
「合理的な思考をすることによって、現実適応できるようにしていく」
ということになると思います。

「>自分でご飯を作ったりするうちに無くなりました」
とのことですが、素晴しいですね。

認知行動療法的考え方からすると、
「ご飯を作るという現実に対する積極的働きかけをするほうが、その人にとって(理由は多様ですが)合理的であり、合理的であるということは、その人を自然な生活体勢に導く」
ということになると思います。

>小さい頃から大抵親という存在にいろいろしてもらい、潜在意識に他人への執着が出来き、それを解消するうちに治ったと思っています。
:というのは、どちらかというと精神分析的思考過程かもしれませんね。
認知行動療法では、過去の生育環境や家族関係といった精神分析の得意分野はあまり顧慮されず、あくまで本人の現在の認知行動(思考・行動)のみを重視しているようです。
    

Qアドラー心理学と認知心理学における「認知」の違い

↓アドラー心理学
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6
こちらのサイトの仮想論の欄には、認知心理学で使われる「認知」という用語の意味合いが
大きく異なると書いてあります。
具体的にはどのように違うのでしょう?

Aベストアンサー

それも知らないでなぜこの質問をされているのかよくわからないですが、ものすごく簡単に言えば、例えば人がどういう情報をえるとどう感じて、どう思うのか、脳や体に対してどういう影響があるのか、ということです。たとえば赤色のランプを見たら「危険」と感じたり、道路に立体的な絵が書いてあったら無意識に車を減速したり、他にも癒される状態とはなんなのか、どうやれば効率的に記憶できるのか、など現実に応用できます。行動心理学などまた違う方向性もありますがきりがないので省略しますが、とにかくアドラーと違うのは個人の主観に基づく気のせいではなく、みんながそう感じるし、現実に効果が起きているということです。

Q社会心理学・認知心理学のお勧め本

最近「急に売れ始めるにはワケがある」という書籍を読みました。口コミは如何に広まるかという趣旨で書かれた、マーケティングの部類に入る本だとは思うのですが、話の内容で「認知心理学」「社会心理学」を基にしたものがあり、大変興味深く読みました。今までそのような学問の存在を知らず、このような興味深い学問があったのかと感心しているところです。
つきましては、「認知心理学」「社会心理学」の内容に類する一般人でも楽しめる書籍を紹介していただけないでしょうか。金額やページ数は問いませんが、私は知的レベルが低く、専門的なものになると精神的に受け付けなくなるので、なるべく読みやすいものを所望いたします。

Aベストアンサー

私が読んでいる本ですが、ナツメ社の『図解雑学 社会心理学』という本です。『図解』とある通り、中は左ページに説明が、右ページにそれを図にしたもの(身近な例など)が載っていてとても分かりやすいです。

説明が左ページにしかないので、結構サクサク読めますし、気を張らずに楽しく気軽にどこででも読むことができます。

Q心理学は心理学を認知している人に通用するか?

「心理学は心理学を認知している人に通用しないのではないかな~?」と思うのですがどうでしょう?
ただ
・反射
・認知
・感情
・神経
・生理
の心理以外です。

Aベストアンサー

上の質問から、下記の補足にあう回答を望むのは、ちょっと難しいと思いつつ。
>心理学の実験を知ってその実験をやるのと
>知らずにそのまま実験をやるのとでは結果が違うと

もちろん、結果は違いますねー。
ロールシャッハやバウムテスト等は、被験者の無意識の事を想像しやすいテストです。
一般的な、質疑応答では、質問者が世間体や見栄等で、回答をゆがめてしまう危険性がありますが、ロールシャッハテストやバウムテスト等では、そういった危険性が少ないです。

ところが、これは熟知していれば、熟知しているほど、回答をゆがめてしまう危険性があります。
バウムテストなんて、木を描かせるだけですが、幹が太ければ、自我が強いと判断されるので、それを知っていれば、どうしても太からず・細からずな幹を描くことでしょう。

カウンセリングなかでも、カウンセラーはクライエントからうつ病をうつされやすく、かつ、治療法を知っているので、治りにくいとされています。
治療方法が推測できるので、効果が薄いですし。

こんな感じの回答でいいですか?
それとも、もっと別な回答が欲しいのであれば、お礼コメント・補足コメントをいただければ、できる限り回答したいと思います。

上の質問から、下記の補足にあう回答を望むのは、ちょっと難しいと思いつつ。
>心理学の実験を知ってその実験をやるのと
>知らずにそのまま実験をやるのとでは結果が違うと

もちろん、結果は違いますねー。
ロールシャッハやバウムテスト等は、被験者の無意識の事を想像しやすいテストです。
一般的な、質疑応答では、質問者が世間体や見栄等で、回答をゆがめてしまう危険性がありますが、ロールシャッハテストやバウムテスト等では、そういった危険性が少ないです。

ところが、これは熟知していれば...続きを読む

Q言語心理学・文章心理学・創作心理学の最近の研究はありますか

最近、言語心理学の本を読みました。(言語心理学入門 芳賀純著 有斐閣双書)この本は、1988年に初版されていますが、関係する本で、現在本屋に並んでいるものはありません。
そこで、この分野の最近の研究はどのような状況なのでしょうか?その他、興味があるものは、文章心理学、創作心理学(以上波多野完治氏著あり)というものです。こちらも、その後の研究というものはどのように発展しているのでしょうか?私は、心理学にはまったく門外漢で、単なる興味だけなのですが、お分かりの方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

昔、大学で心理学を専攻していた者です。
言語心理学やおっしゃっているような系列の心理学の分野は、認知心理学や心理学から離れて言語学の分野に行っているような感じです。
途中記号論が流行ったときにも、これらの心理学と混交して、また派生すると言う繰り返しで、心理学の一分野として一定数の研究者を擁していると言うところまで行ってません。
もし、もう少し進められるのでしたら、心理学の専門書のコーナーで「心理学の基礎知識」のような本に現在の心理学(心理学界)の状況が著されていますので、そこから当たられるのも良いかと思います。
また、専門的ですが、ノーム・チョムスキーという有名な言語学者がいますので、そこからアプローチされるのも面白いと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報