Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

0. はじめに 聞きなれぬ用語として次のような基礎の意味に受け取ってくださるとさいわいです。

 スサノヲ:わたくし(私)
 アマテラス:おほやけ(公)


1. わたしたちのしゃべる日常の言葉は あやまちうるスサノヲ(市民)人間語です。
 
2. そこから普遍的な要素を抽出し 抽象的になったかたちではあるが あやまたない内容を表わそうとするのが アマテラス(公民)科学語です。

3. 抽象した要素としての言葉は 概念となりますが この概念を用いてさらによしあしの価値判断をおこなうと アマテラス人格語として――ということは 倫理観として――捉えられて来ます。

4. スサノヲ市民たる人間が これら科学語および人格語たるまとめてアマテラス普遍語を使いこなすようになること。これが 《にんげんの人間化》だと考えられます。
 


 
5. さてこの人間の人間化をめぐっては 社会として・その形態としては 《国家にあってこそ初めて成し遂げられる》といった見解が出されています。

6. それは A (アマテラス)普遍語をもっぱら駆使することが出来るアマテラス公民を 言わば社会の第二階に住まわせてそこから いまの S (スサノヲ)人間語に対して A 語を使いこなすお手本となるというかたちにおいて人間化を教育等の政策的にも実現させようとする。そういったいとなみが展開されたようです。いわゆる近代人の近代社会ですね。

7. そこでは スサノヲ市民のアマテラス公民化 または 《 S 語 ‐ A 語》のしかるべき有効な二層構造化――その棲み分けと使いこなし―― これを志向したもののように考えられます。

8. 《ひとは国家において人間である。自由である》のだとか。




9. けれども 現代の課題は――昔からの志向性を必ずしも否定するのではなくむしろさらに伸ばして行くかたちとしてもその歴史的な課題は―― こんどはぎゃくに この《国家の人間化》ではないでしょうか?

 
10. お二階のアマテラス公民をして その人間存在としていかに土臭き自然なるスサノヲ人間語を回復させるか? ではないだろうか。使い分けのもとに。


11. なぜなら アマテラス普遍語は いかに社会秩序を保つという統治のためとは言え お二階さんたちは その《我が家》であるアマテラストゥーム( das Amaterasutum )の名誉や面子を重んじるあまり 《あやまちの無さ》だけを強く声高く しばしばむなしく 言い張るようになっているように思われるからです。そうではないだろうか? 

11-1. あやまちをまぬかれる人間はいないというのに。

11-2. 神聖にして侵すべからずから自由になったあと 無可謬性の旗印がなおわづかに遺っているようだ。


12. 人間は しょせん スサノヲシャフト( die Susanowoschaft )なる大地の子である。なぜここから《アマアガリ》して――普遍性をめざすとは言え――抽象的な観念性の世界に閉じ籠るのか?

12-1. 概念による幾何学的な――いかに整合性があるとは言え――システムばかりをというほど建て続けている。その幾何学の精神の中に籠城するのだと言わんばかりにまで成っていないか? 自然児スサノヲを忘れた?



13. あらためて言って 二階建て構造のかたちは その階層がのこったとしても 実質的に国家をして・ A圏公民をしてスサノヲ人間語の回復を得さしめること。《国家を人間的に》 ではないか。

13-1. その先の先は ゆうしゅう(優秀かつ憂愁)な官僚らアマテラス公務員のアマクダリを得てムラムラ(市町村)が互いに連携してその主権を行使するのに能力を発揮してもらう村際連合(インタムライズム)が 見通されまいか。

13-2. この視点・この突破口が見通されないと 中ロのこねる駄々は 寝かしつけることはできないのではないか?
 

14. それとも 究極のアマアガリとしての《アマテラス公民からさらによき抽象化をおこなった象徴たる アマテラシテ( das Amaterasität; amatérasité; amaterasity )をになう人》のすがた これが 《人間化》のあり方であると言えましょうか どうでしょうか?

14-1. 敬宮愛子さんのように(!?)。


☆ みなさんのご見解はいかになりますか? 国家が主体となって起こす戦争といった時事の問題にも踏み込んでもらってよいかと思います。

A 回答 (1件)

スサノヲ:わたくし(私)


 アマテラス:おほやけ(公)」←❔

この考えを改めないと 困るのは あなた
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!