昨日TV放映された『沈黙の戦艦』の終わりの方のシーンで、戦艦から発射された巡航ミサイルを、ミサイルが大分飛んでから遠隔操作で爆破するシーンがありました。これに対し、『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』のオープニングシーンでは、発射されてからたいした距離を飛んでいない(はずである)のに爆破可能圏内から外れてしまった、というシーンがありました。巡航ミサイルの現実から考えると、どちらが正確なのでしょうか。それとも後者の場合、前者より長距離を飛んでしまった後だった、と解釈すべきなのでしょうか。それとも巡航ミサイルの種類によって、爆破可能な距離に大きな差があるのでしょうか。

…ちなみに、空中で遠隔で爆破したミサイルは、ちゃんと弾頭部分を回収するんでしょうね?

A 回答 (1件)

巡航ミサイルが司令爆破できるかどうかがそもそも疑問です。

兵器を扱った映画には虚構や誇張が余りにも多いです。(おそらく司令爆破そのものが無理でしょう)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。
そうですか、知りませんでした。打ち上げに失敗した衛星を爆破するようには簡単にいかないのですね。
有難うございました。

お礼日時:2001/09/17 22:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q洋画では、女性がパンストを脱ぐシーンや、穿くシーン、それから、男性が女性の足の匂いを嗅ぐシーンのある

洋画では、女性がパンストを脱ぐシーンや、穿くシーン、それから、男性が女性の足の匂いを嗅ぐシーンのある物はありますか?

Aベストアンサー

卒業

Q映画トゥモローワールドで流れていた曲

五人が乗った車(フィアットムルティプラ)のラジオで流れていた曲名は何ですか?

襲撃される前、ジュリアンとセオが口でキャッチボールしているシーンで流れていた曲です。

ラジオの司会者「よく晴れたごごのひととき。遠く過ぎ去った2003年の懐かしいメロディーをお送りします。」
ちょっと、古い曲みたいです。

Aベストアンサー

The Kills - Wait
http://www.youtube.com/watch?v=DyjOzPrWiPA

Qデイ・アフター・トゥモローでの疑問点(ネタバレ)

デイ・アフター・トゥモローを見たのですが、素朴な疑問が出てきました。
まあ、皆さんけっこう疑問をもたれているようですね。
自分もいろいろな疑問について考えているうちにこんがらがってしまいました。
ニューヨークで知り合った大金持ちのお友達に弟さんがいましたよね?電話で連絡取ろうとしていた。その弟さんはどうなったんですか?あの主人公のお母さんと一緒にいた病気の子供が弟さん?あの子はまったくの別人?よくわからなくなってしまいました。ご意見、ご感想でもけっこうです。コメントをください。

中盤のCGはすばらしいと思いましたね。感動しました。でも、最後のほうが尻すぼみになったような。まあ、終盤であんな派手にやったら、最後は軽い感じでハッピーエンドしかないとは思いますがね。最終的にビルの屋上に人がいっぱいいたのはショックでした(^^;)

Aベストアンサー

友達の弟さんは確かはっきりとした結果は出ませんでしたが、
「もうだめだろう・・・」的な雰囲気というか空気?になった場面があったような気がします。
最後がああいう終わり方だったので、「弟ももしかしたら・・・」という希望も含まれてたりするんでしょうかねぇ?
病気の子供は関係ないと思います。
あの子供は3人家族のうち、お母さんも違う場所で違う理由で危機に遭っているという設定を作る上で少々無理やり作られた感じもしました。

屋上に沢山の人っていうのは確かにショックでしたね(笑)。
でも、自宅でもない、装備の整っていない低層の建物(津波で殆ど水に埋まってしまっている)で図書館で助かった主人公達なんですから、他にも助かった人がいるのは当然かも?と今ちょっと思いました。
確か、政府は外に出るなと放送していたかと思います。
忠実に守った人が大勢いても当前かな?なんて。
主人公達だけ助かった!という話よりは実は現実的かもしれないと、今(!)思いました。

最後がおかしいという意見も多いようですが、
もう無理だろうと見放された北半分の人が、お父さんの連絡で初めて生きていると知らされたからこそ救出のヘリも出たんだろう、ということで私は主人公の行動は一応意味あるものだと解釈することにしてます。はい。

友達の弟さんは確かはっきりとした結果は出ませんでしたが、
「もうだめだろう・・・」的な雰囲気というか空気?になった場面があったような気がします。
最後がああいう終わり方だったので、「弟ももしかしたら・・・」という希望も含まれてたりするんでしょうかねぇ?
病気の子供は関係ないと思います。
あの子供は3人家族のうち、お母さんも違う場所で違う理由で危機に遭っているという設定を作る上で少々無理やり作られた感じもしました。

屋上に沢山の人っていうのは確かにショックでしたね(笑)。
...続きを読む

Qデイ・アフター・トゥモローを見た方

しょーもない質問で申し訳ないのですが、最後に大統領が国民に向けて放送している場面があるのですが、大統領が変わっていませんでしたでしょうか?

副大統領が放送していたような気がするのですが、私のきのせいでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちわ。

確か最初に出てきた大統領は避難する時に遭難して
死亡が確認された・・となっていたと思います。
最後に放送していたのはその時の副大統領です。
繰り上がり?で大統領になっていました。

この映画のようなことは本当に起こるのでしょうか・・?
かなり引き込まれてしまいました。
ちょっとでも冷房は我慢しよう・・とか考えましたw

Q映画のアクションシーンですごいと思ったシーン

映画に出てくるアクションや小技ですごいと思ったものを
教えてください。

Aベストアンサー

1) トランスポーター3 アンリミテッド

闇の運び屋・トランスポーターのフランク・マーティンは、プロ中のプロ。1.契約厳守。2.名前は聞かない。3.依頼品は開けない。この3つのルールを自分に課し、職務を全うする超凄腕だ。
ある日、
ある仕事の依頼を断ったフランクは、その“依頼人”に誘拐され、
車から20m離れると爆発する特殊なブレスレットを装着させられてしまう。
こうして力ずくで仕事を受けさせられたフランクは、仕方なく車に乗り込むが、
そこには彼と同じブレスレットをはめられた赤毛の女が乗っていた…。
ヴァレンティーナと名乗る女とフランクはマルセイユ、ミュンヘン、ブダペスト、そしてオデッサへとひた走る!!
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD14590/

2) アドレナリン

殺し屋・シェブはある朝目覚めると、宿敵リッキー・ヴェローナに毒を注射されていた。
1時間で命を奪うという毒に意識が朦朧となりながらも、怒るシェブはヴェローナの行方を追う。
日頃ドラッグを手配してもらっているドク・マイルスから
「アドレナリンを出し続ければ毒の作用を止められる」とアドバイスを受け、
興奮を求めながら街中を走り回るシェブ。
そして友人カイロの助けを借りて、ヴェローナの弟に復讐を果たすが…。
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD10966/

3) プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

古代ペルシャ帝国の第三王子・ダスタンは、兄たちや叔父と共に、聖なる都・アラムートを征服する。
しかし戦勝の宴でダスタンが贈った法衣を着た王が毒により死亡。無実のダスタンに嫌疑がかけられる。
アラムートの王女・タミーナの手引きにより逃亡したダスタンは無実を証明するため、
短剣を持ってタミーナと共に旅に出ることになる。
しかし、タミーナはダスタンが偶然手に入れた“時間の砂”の入った短剣を狙っていたのだ…。

(TVゲームを作っている方が シナリオを書いておられるので ラストの ドンデン返しは見ものです)
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD16450/index.html

4) マッハ!弐

アユタヤ王国による侵略が進むタイ。東の王国では家臣ラーチャセーナによるクーデターがおき、
国王とその妻が殺されるが、息子のティンだけが、
悪名高い山賊“ガルーダの翼峰”のリーダー、チューナンに救われ、彼らの住む山奥の村で生活することになる。そこには、
ムエタイ、剣術、カンフーなどありとあらゆる格闘技の使い手たちがいた。
ティンは彼らから十数年にわたり徹底的な教えを受け、やがて究極の戦士へと成長する。
チューナンはティンを自分の跡目にと考え、ティンもチューナンを父のように慕っていたが、
ティンにはどうしてもやり遂げなければならないことがあった。
それは父と母を殺したラーチャセーナへの復讐。
そんなある日、ラーチャセーナがティンの親から奪い取った領土に王朝を設立し、
初代王に就くという知らせが入る。想いを果たすべく、ティンは即位式に一人乗り込んでいく。

http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD15680/index.html
(タイトルとは大違いで、かなり引き込まれてしまう映画でした。ラストには・??)

今、思い浮かんだものだけですが、・・・また、時間があれば? 書き込みますね

1) トランスポーター3 アンリミテッド

闇の運び屋・トランスポーターのフランク・マーティンは、プロ中のプロ。1.契約厳守。2.名前は聞かない。3.依頼品は開けない。この3つのルールを自分に課し、職務を全うする超凄腕だ。
ある日、
ある仕事の依頼を断ったフランクは、その“依頼人”に誘拐され、
車から20m離れると爆発する特殊なブレスレットを装着させられてしまう。
こうして力ずくで仕事を受けさせられたフランクは、仕方なく車に乗り込むが、
そこには彼と同じブレスレットをはめられた赤毛の女が乗...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報