昔高校の授業でサラダ油から石鹸を作る実験をしたのですが、
油と苛性ソーダの他にエチルアルコールを添加しました。

このエチルアルコールは油と苛性ソーダの反応にどのような影響を及ぶすのでしょうか。

ご存じの方は回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

エチルアルコールは反応を進みやすくします。



油は水と混じりあわないので、油と苛性ソーダ水溶液も混じりあいません。だから油と苛性ソーダ水溶液が触れ合っている一部分でしか反応できません。ここにエチルアルコールを入れると、エチルアルコールは油と水の両方に溶けるので、エチルアルコールを仲立ちとして油と水が混ざることができるようになります。苛性ソーダもエチルアルコールに溶けるので、油-水-エチルアルコール-苛性ソーダの均一な溶液が一部できて、油と苛性ソーダの反応が進みやすくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/10 20:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング