韓国語で、間接引用でなく、被引用文をそっくりオリジナルのまま引用する直接引用において、例えば
「かれはいい人だね」と言った。

"Geuneun joheun saramigun." ○○ mal haetta.
となると思うのですが、○○に入れるべきはragoとiragoのどちらでしょうか。単純に考えて、詠嘆の「gun」に終声があるのでiragoのような気もするのですが、小学館・金星『朝鮮語辞典』の「助詞のrago」の項目には、直前が子音である場合はiragoになるとは書かれておらず、一方「語尾のrago(つまり間接引用で使う方)」にはそれが書いてあることからすると、ragoが入るのかなとも思います。ピリオドと引用符の所で一旦ポーズがおかれることも、ragoで構わないように思える要因の1つです。
急ぎませんのでよろしくお願いします。

A 回答 (2件)

"Geuneun joheun saramigun." は引用文であって名詞(固有詞)ではないので、


パッチムがあろうとなかろうと普通に「ラゴ」です。

例えば「彼の名は“ビョンホン”といった」と「“彼の名はビョンホン”と(誰それが)いった」の場合
前者は“ビョンホン”が名詞(固有詞)になるので「イラゴ」、
後者は引用文であるので「ラゴ」となります。

この回答への補足

返答が遅れてすみません。考え込んでいたので。
(1)質問文にも書いたとおり、直接引用のragoは助詞ですよね。助詞なら、これに前接し得るのは名詞か助詞しかないと思うのですが、引用節は名詞ではないのでしょうか。
(2)引用符でくくられて、地の文に埋め込まれた引用節は、もはや「引用文」つまりセンテンスではなく、他の文の一部である思うのですが。
(3)国語学者の奥津敬一郎も、「「と」は格助詞で、名詞化された引用文に後置されて引用格をなす。(略)「と」をとる引用文は目的語相当のものとみるのが妥当」と言っています。もちろん日本語についてですが。韓国語のrago-clauseは、これとは別物でしょうか。
(4)実は、ネイティブ(釜山出身。日本の大学に在学。20代)の韓国人に同じ質問をしたところ、「僕はiragoを使う。gunにパッチムがあるから」とのことでした。実際の会話から採取したデータではなく内省による回答ゆえ、ネイティブの言うことだからと鵜呑みにする気はないですが、このことをどう解釈すればよいでしょうか。
以上よろしくお願いします。

補足日時:2005/04/15 17:19
    • good
    • 0

パッチムがあると「・・イラゴ」となり、ないと「・・ラゴ」と覚えるのは、混乱の元になってしまうと思います。



本来、「~イラゴ」は「~イダ(~である)動詞」を伴う名詞や前置詞を間接話法で引用する時に用いられるもので、「~イラゴ」の「~イ」は、このイダ動詞の名残り(?)と考えられま
す。

例)ヨンジュン イラゴ ハムニダ。
この場合、ヨンジュンはイダ動詞を伴って「ヨンジュン イダ」といえる。

パッチムがないとき「~ラゴ」となるのは、単にこの「~イ」が省略されているためです。

例)ひろし ラゴ ハムニダ。
この場合、「ひろし」はパッチムがないので、イダ動詞のイが省略されて「ひろしダ」といえます。

>「かれはいい人だね」と言った。

この場合、「かれはいい人だね」というそれ一文をそのまま引用しているため、「~イラゴ」とはいえません。
上の例を元に考えると、「かれはいい人だね」を「ヨンジュン」と同じ一つの名詞と考えた場合、「「ヨンジュン イダ」はOKですが、「かれはいい人だねイダ(ダ)」とは言えませんよね。

そのため、上記の、間接話法で用いる「~イラゴ」「~ラゴ」は使えないのです。。

しかしながら、直接話法の「~と」も「ラゴ」と言いますが、、、それは、上の「~イラゴ」「~ラゴ」とは違う性質の「ラゴ」であると考えてください。

すなわち、「イダ(ダ)動詞」を伴う名詞などを間接引用する「~イラゴ(~ラゴ)」と、直接引用で用いる「ラゴ」、この2つを分けて考えるのが最善でしょう。
(しつこいようですが、「~イラゴ」は、「イダ動詞」を伴わないものには使えませんので、直接話法には使えないのです)。

たとえ、
「彼はいい人だ」と言った。
と言う場合も、「彼はいい人だ」一文は「イダ動詞を伴う名詞」ではなく、「文」であるので、「~イラゴ」が使えないのは分かるでしょう?

(説明がわかりにくくてすみません。。また疑問がありましたらお願いします)

この回答への補足

返答が遅れてすみません。考え込んでいたので。
iragoのiが指定詞の語幹であるというのは、議論の余地ないところだと思います。その上で追加質問を致します。
(1)質問文にも書いたとおり、直接引用のragoは助詞ですよね。助詞なら、これに前接し得るのは名詞か助詞しかないと思うのですが、引用節は名詞ではないのでしょうか。
(2)「彼はいい人だイダ」とは言えない旨お書きになっておられますが、「彼女の発言内容は『彼はいい人だ』であった」という文は正しくないのでしょうか。この点からも引用節は名詞だと言えると思います。
(3)国語学者の奥津敬一郎も、「「と」は格助詞で、名詞化された引用文に後置されて引用格をなす。(略)「と」をとる引用文は目的語相当のものとみるのが妥当」と言っています。もちろん日本語についてですが。韓国語のrago-clauseは、これとは別物でしょうか。
(4)実は、ネイティブ(釜山出身。日本の大学に在学。20代)の韓国人に同じ質問をしたところ、「僕はiragoを使う。gunにパッチムがあるから」とのことでした。実際の会話から採取したデータではなく内省による回答ゆえ、ネイティブの言うことだからと鵜呑みにする気はないですが、このことをどう解釈すればよいでしょうか。
以上よろしくお願いします。

補足日時:2005/04/15 17:15
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング