こんにちは。
アドバイス頂けたら嬉しいです。

ロタラ・インジカ、ロタラ・マクランドラ・グリーンが育たなくて困っています。

他には、スクリューバリスネリア、ウォーターウィステリア、バコパモンニエリ、アルテルナンテラカージナリス、アマゾンソード、ロベリアカージナリスが植わっていますが、
ロタラ系だけ成長が悪いのです。

パールグラスも植わっていて、ジツはこれも調子は良くないのですが、ロタラ系ほどではないです。。。

ロタラ系は、下の方が茶色く枯れて(?)いき、葉が取れて茎だけになり、そのうちに茎が真っ黒になります。腐っているのかな?
そしてコケらしきものに覆われていきます。
でも、上の方はちゃんと(?)生きている感じです。
ですが、上の方もあまり良い状態とは言えません。
全体的に葉が小さい、葉色が悪い、という感じです。


水槽は60センチ規格サイズ、
照明は4灯で1日7時間、
底は未処理の大磯(半年使用)、
CO2は1秒1滴ぐらいで照明に連動。
肥料系は特に与えていません。

PHは7.5、水温は26℃、その他は未測定で不明です。

光とCO2は足りていると思うのですが。。。
アルカリ気味?高硬度?肥料不足?

もしも肥料なら、どんなのをどの程度与えてやればいいのでしょうか???

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

白化とか無いのだとすると、肥料不足は無さそうですね。



テトラのPH/KHマイナスをごく少量添加して様子をみられたらいかがでしょうか?
一度に調整するんじゃ無くて10日ぐらいかけてPH6.8程度までゆっくり調整するのが良いと思います。

PH調整してダメだったら、オーソドックスに導電率とかでしょうか。ロタラに影響あるかなー
    • good
    • 0
この回答へのお礼

meat_softerさん、ありがとうございます。

アドバイス頂きました通り、PH/KHマイナスを少しづつ使ってみます。

(ちなみに、さっき試薬で計ったら、やっぱり7.5程度でした。)

お礼日時:2005/04/09 11:04

ご質問はロタラは特に育成に注意が必要な種類だとは思えないので、結構不思議な感じがします。



アルテルナンテラカージナリスやウィステリアの下葉が黄色くなって穴があくとか、全体的に白化してるとか無いですか?

PH7.5程度ならロタラが全く育たない程のアルカリとは言えない気がしますけど・・・
硬度もロタラだったら影響あるほどって事は無いと思いますけどね。

底砂がっつり入れ替えるのよりは、PH/KHマイナスをほんの少し使うとか、液肥をほんの少量加えるとかの方が安全だと思います。

ソイルの方が育成が難しくなるタイプの水草もありますし。ちなみに、コリドラスとソイルの組み合わせは問題ないと思います。(PHショックにだけは注意してください、ソイル水槽みたいにKHが極端に下がると水の緩衝性が低くなってCO2の添加で急変したりします)

白化してるなら施肥、してないならPHをまずは疑う幹事ですかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

meat_softerさん、回答ありがとうございます。

ウィステリアの下葉は、葉先が少し茶色く枯れている感じがあります。
その他の水草は特に白化とか枯れという感じは無いように思います。

お礼日時:2005/04/06 21:06

フィルターの種類が解かりませんが、照明4灯ということで外部式でしょうか?


肥料というより未処理の大磯砂によるアルカリ性が問題のような気がします。CO2も添加され照明も十分ですので思い切ってソイルをしようされてほうがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

momo1683さん、回答ありがとうございます。

ろ過装置は外部式です。
EXパワーフィルタ90を使っています。

もう1つ付け加えるなら、
水替えは週2回、1/3ずつ行っています。

やはり...
仰るように、底砂に問題があるのでしょうか。
ジツはコリドラスが4匹居るのですが、
コリドラスはソイルでも大丈夫でしょうか?

コリ+ソイルって、あまり見聞きしない気がしますので。。。

お礼日時:2005/04/06 18:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水草が根付くにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

この一年間金魚を飼っていましたが、そろそろ熱帯魚に挑戦しようと思い、土曜日に60センチ水槽を買い、日曜日にショップ人に相談しながら育てやすい水草を買い、植え込みしました。(5種類ほど買いましたが、名前は忘れてしまいました。)
植えてもすぐに浮き上がってくる水草と格闘しながら、なんとか格好も整い、今週末には熱帯魚を買いに行きたいと思っています。

私の植え込み方が下手だと思うのですが、ちょっと触れてしまうと浮き上がってしまいます。熱帯魚が突付いても浮き上がるのではと心配しています。できれは、水草が安定してから熱帯魚を入れたいと思いますが、水草は何日くらいで多少とも根付いてくるのでしょうか?

ソイル系の土で、蛍光灯は20ワット一灯、上部フィルター&底面フィルターです。

おおよその目安で結構ですので、教えてください。
(5種類のうち、少し根があるのが2種類で、茎を切っているのが2種類、あと1種類は葉っぱ?だけです。)

Aベストアンサー

水草が根付く時間は環境によっても、種類によっても変わります。
うちのアマゾンソードは1週間で抜けにくくなりました。
ロゼット状の水草は根付くのが早いようです。

有茎の水草はロゼット状に比べると根付きが遅いです。
(うちのラージハイグロは1週間で少し根が伸びてきました)

自分的にハイグロフィラ系は根付きが早いように思えます。

なかなか根付かず浮いてしまう場合はlayman58さんが言っている通り、水草用のおもりがおすすめです。
でも、しっかり植えれば水草は浮いてきません。

しかし、蛍光灯が20W1灯で上部式フィルターを使用しているとのことなので根付くまでに少し時間がかかるかもしれませんよ。

それでは、頑張って水草を根付かせてください!!

Qグリーンロタラとロタラ・ロトンディフォリアの成長が遅く、芽が画像のよう

グリーンロタラとロタラ・ロトンディフォリアの成長が遅く、芽が画像のようになり、あまり良く育っていない気がします。
環境としては45cm水槽、CO2を2秒に1滴添加、照明55Wです。
施肥をした方がいいのでしょうか?
またどのような施肥をするのがいいか具体的に商品名など教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

No.1です。
> グリーンロタラとロタラロトンディフォリアの植栽日から13日経過しています。
・写真は購入時の水上葉だと思います。
ロタラは水上に葉を展開した若芽と、水中葉の2つが観賞魚店で売られています。

13日だと、そろそろ、水中葉が発芽しても良い頃だと思います。
現在のロタラの茎を良く観察すると、小さな新しい脇芽が発芽していないか探してみましょう。
そうして、もう、あと1~2週間程様子を見た方が良いと思います。
脇芽はもう暫くすると立派な水中葉を広げるハズです。
なお、当初からの水上葉はこのまま枯れて行きます。

ご参考までに、下記URLに水中葉と水上葉の写真があります。
http://hasway2.blog21.fc2.com/blog-entry-234.html

> 余談になりますが・・・ろ過器ですがこれでろ過能力足りるでしょうか?
・「エデニックシェルトV2」の直結使用で36リットル水槽の濾過は厳しいと思います。
エデニックシェルトV2は25リットル以下用の小型外部濾過器です。
しかも、メイン+サブの直結使用の場合、流水量は一台運転時の60%程度まで低下します。
メイン+サブの直結使用は止めて、水槽がゴチャゴチャする欠点はあるものの、エデニックシェルトV2を各々別々に並列駆動させた方が良いと思います。
エデニックシェルトV2を2台による運転ならば36リットル水槽でも濾過能力に問題ありません。

No.1です。
> グリーンロタラとロタラロトンディフォリアの植栽日から13日経過しています。
・写真は購入時の水上葉だと思います。
ロタラは水上に葉を展開した若芽と、水中葉の2つが観賞魚店で売られています。

13日だと、そろそろ、水中葉が発芽しても良い頃だと思います。
現在のロタラの茎を良く観察すると、小さな新しい脇芽が発芽していないか探してみましょう。
そうして、もう、あと1~2週間程様子を見た方が良いと思います。
脇芽はもう暫くすると立派な水中葉を広げるハズです。
なお、当初からの...続きを読む

Qグリーンロタラが上手く育ちません。

グリーンロタラの育て方を教えて下さい。
グリーンロタラが上手く育ちません。
一緒に植えた南米ウィローモス、キューバパールグラスは順調に育っています。

環境としては現在、
水槽サイズ:幅約60×奥行き約17×高さ約25.4cm
底砂:麦飯石ジャリ 粗目+クリスタルオレンジ
肥料:テトラ イニシャルスティック 規定量
メネデール 規定量
自作発酵式CO2添加システム
CO2リキッドB2 適宜
フィルター:底面式フィルター使用
照明:ネオボール A形 60Wタイプ 昼光色×2灯
また、水草のソフトおもりで植えています。

当初は水草を植える予定が無かったため、6W+3W程度の照明を
そのまま使用し、底砂に直接植えていました。
そうしたら、だんだん葉や根が腐り始め、葉は熱帯魚に食べられてしまい、
茎だけが残った状態になってしまいました。それから照明や肥料を買い、
現在は少し芽吹く程度まで回復はしてきました。
しかし、少し成長が遅い気がします。また、根は葉の付け根から出ており、
いわゆる根っこからは生えてきません。
おもりで植えているのがいけないのか、底砂がいけないのか、底面式フィルターがいけないのか等、色々と教えて頂けると嬉しいです。

宜しくお願い致します。

グリーンロタラの育て方を教えて下さい。
グリーンロタラが上手く育ちません。
一緒に植えた南米ウィローモス、キューバパールグラスは順調に育っています。

環境としては現在、
水槽サイズ:幅約60×奥行き約17×高さ約25.4cm
底砂:麦飯石ジャリ 粗目+クリスタルオレンジ
肥料:テトラ イニシャルスティック 規定量
メネデール 規定量
自作発酵式CO2添加システム
CO2リキッドB2 適宜
フィルター:底面式フィルター使用
照明:ネオボール A形 60Wタイプ 昼光色×2灯
また、水草のソフトおもりで...続きを読む

Aベストアンサー

おもりはあまりよくないです。
メネデールも鉄ですので多すぎると成長を抑制します。
イニシャルスティックは底肥なので根が張らないと意味がありません。
水草育成用でない蛍光灯は水草が光合成に使う波長の光が少ない場合があるため
他に問題がないのであればおそらく光量不足です。
砂利や底面ろ過は問題ないんじゃないでしょうか。
あとは水質くらいです。

二酸化炭素の添加量と水草の要求する波長の光量のバランスが
悪い状態なのではないか、と察します。

メタハラ…… とまではいいませんが
ちゃんと水草育成用の照明を用意したほうがいいですよ。
あとは即効性がある液肥くらいですかね。

Q水槽の温度が30度!!

熱帯魚を飼うようになってから2週間の初心者です。
 60cm水槽で
・ネオンテトラ 20匹
・ハニーグラミー 2匹
・オトシンクルス 3匹 飼っています。

飼育の本ではネオンテトラの場合 水温が23-27度と書いてありました。
今の水槽は30度です。氷をビニール袋に入れて冷ましたりしたのですが
29度です。同時に 水槽のライトを消しても28度です。

(1)魚に対して悪くないのでしょうか? かなり心配です。
(2)30度の水でも大丈夫なのでしょうか?
(3)今飼っている魚以外に お薦めがあれば教えてください。

Aベストアンサー

(1)(2)
生体に対しても良くないですし、水温が高いと水質の悪化も早いです。

下げる方法として。
ライトが必要無いのであれば一日中消しておいてください。
必要であればリフトアップするなど。
気化熱をとる為にフタを開け扇風機の風を当てるとか、エアコンで室内の温度を下げる。
保冷剤やペットボトルに水を入れて凍らせたものを浮かべて水温を下げる等。

水槽用の冷却機は冷却ファン(扇風機のようなもの)をお勧めします。
なにより安いですから。
フタを開けてファンの風を当てる。
これでも真夏日和の日中は厳しいですので、室内のエサコンと併用してください。

(3)
コイ科のチェリーバルブ、ラスボラ。
メダカの仲間のプラティ、ソードテール。
底にコリドラス(アカ・ジュリーステルバイあたり)。
変わりだねで南米淡水フグ(純淡水で今の貴方の水槽に入れることが可能です)
混泳に関しては水槽内に入れる前に必ず混泳可能かどうか、また可能な匹数を確認してからのほうが良いですよ。
では。

Q水槽水に加える時の木酢液の濃度・使用頻度について

木酢液は、水槽に加えるとコケ防止や水草育成にも効果がある旨の書き込みが見られます。しかし、使用濃度あるいは頻度について、回答が見つかりません。

つきましては、以下の点についてお尋ねします。
木酢液を水槽水に直接添加する場合、原液でも問題ないのでしょうか。それとも希釈した方がいいのでしょうか?また使用頻度は、水換え時に添加するだけでいいのでしょうか。それとも毎日、添加した方がいいのでしょうか?

以上の点についてご教示下さるようお願い致します。

Aベストアンサー

私は木酢液を水槽に添加していますが、どのぐらいの量が良いかは云えません。
理由は市販の木酢液原液は製品によって成分濃度が異なるらしいからです。

私の場合は60センチ水槽で、週1回の水替え時(4分の1換水)に原液1ccを、新水に混ぜる形で添加しています。
水替え時以外にも、2~3日に1回ぐらい0.5cc程度を添加していますが、それは別の水槽へ毎日800ccぐらいの水を分けてあげているので、減った水を足す際に足し水に混ぜています。

原液を直接は、添加していません。
うちの場合はスポイトを水槽に差し込むとすぐに魚が寄ってくるので、高濃度の液に魚がさらされそうで、出来ません。
魚が寄ってくる以外にも、万一高濃度の液が濾過器の中に入ってしまうとバクテリアがダメージを受けますので、どうしても原液を添加する場合は濾過器の給水口から離れた場所にした方が良いと思います。

木酢液添加の効果は、まず既に発生したコケには全然効果が見られません。予防には役立つという話は聞きますが、私の場合は木酢液を添加してもコケ(斑点状藻)はよく発生しています。魚の収容数が多くてコケの発生要因が木酢液の効果を上回っていると思います。
でも入れないよりましかもと思い、添加しています。
量が多すぎなければ水草の活性効果もあるらしいですし。

目に見えて効果があるほど添加する事は、バクテリアへのダメージが心配ですので、飼育水に添加する木酢液は、はっきりした効果は期待せず、ないよりマシ程度の気持ちでやった方が無難だと思います。

参考URL:http://www.yoshiwo.jp/questionb/q0086.html

私は木酢液を水槽に添加していますが、どのぐらいの量が良いかは云えません。
理由は市販の木酢液原液は製品によって成分濃度が異なるらしいからです。

私の場合は60センチ水槽で、週1回の水替え時(4分の1換水)に原液1ccを、新水に混ぜる形で添加しています。
水替え時以外にも、2~3日に1回ぐらい0.5cc程度を添加していますが、それは別の水槽へ毎日800ccぐらいの水を分けてあげているので、減った水を足す際に足し水に混ぜています。

原液を直接は、添加していません。
うちの場合はスポイトを水槽...続きを読む

Q水の臭いが強くなってきました。これは一般的なことですか?

3日前の金曜日から、グッピー4匹、白コリ1匹、ネオンテトラ15匹を45cm水槽で飼い始めました。すると昨日あたりから水槽の水が臭くなり始めました。魚を入れるまでは全く臭いはなかったのですが。これは一般的なことでしょうか?排泄物によるアンモニア臭の一種だろうかと思っていたのですが、もしそうでないと考えられるのであれば早く水換えは行ったほうがいいでしょうか?魚達は今のところ元気です。

ちなみに今水槽内にある水は、魚を入れる1週間前に準備したもの(現在10日目の水)で、カルキ抜き等を行い、その後水草が入った状態で濾過装置(外掛式モーターフィルターSサイズ)を回し、オートヒーターもつけていたものです。ライトも週の後半からは一日10時間ほど点灯していました。以下に分かるだけの現状を書きますので、皆さんの一般的な見解を教えてくだされば幸いです。

水槽:45cm水槽
水温:26℃前後
濾過装置:外掛モーターフィルター
エアーレーション:夜間のみ
ライト:約10時間/日(日中)
餌:グッピー、コリ用フードを適量

Aベストアンサー

正常な状態にある水槽は臭いませんが、維持に問題があれば臭いがします。
しかし、立ち上げ間もないので、バクテリアの数が揃い、正常な状態へ移行するまで、臭いがしてもおかしくはありません。
硝化バクテリアの数が揃った状態で臭うのは、残り餌の腐敗やカビの発生などが考えられ、維持手法を見直す必要があります。

■その他の見解として

立ち上げ時に入れる数としては 魚の数が多過ぎます。
ネオンテトラ2~5匹程度で生物濾過が立ち上がるまで待つべきでした。
この数をいきなり飼うのは厳しいですし、濾過が立ち上がるまでの数十日の間、随分とシビアな維持を続けることとなりましょう。
しかし、過ぎたことを悔やんでも仕方ありませんよね?

排泄物,残り餌からアンモニア【猛毒】→(バクテリアが分解)→亜硝酸【有毒】→(バクテリアが分解)→硝酸【ほぼ無毒】
アンモニアも亜硝酸も、少量蓄積すると魚を殺してしまいます。

臭いがどうこうよりも、現時点では蓄積するアンモニアを水替えによって排出する方が先です。
かなりのスピードで蓄積すると考えられるため、暫くの間、水替えは頻繁に行って下さい。
http://www.eheim.jp/pdf/02.pdf (グラフと図を参照 製品自体はどうでもいい)
勘でどうこうできそうな生体数でもありませんし、亜硝酸試薬はお買いになると良いでしょう。
計測値に従って水替えします。

マニュアルとやらの2週間に1/3というのは、現時点の水替え周期ではありません!
硝化バクテリアが水槽,濾過槽内に十分な数 繁殖するまでは、立ち上げ期という 特殊かつ一番難しい時期です。
アンモニアと亜硝酸が生体の致死量に達しないように、頻繁な水替えが必要となるはずです。
この期間中の水替え周期は、毎日~3日に1回1/2程度の水替えを強いられることが普通です。(現状の生体数から推測)
濾過が立ち上がった後(高濃度を示していた亜硝酸の値が完全に0になる)、通常の...週1や2週に1回などという水替え周期になります。

-
白黒朱色の砂利...で五色砂が頭に過ぎりました。
五色砂は大きめの粒のものが販売されていることが多いので、
砂利の隙間に餌が潜り込むようなサイズなら、悪臭の原因はそこかもしれません。
条件が合致するなら、粒の細かいものに要交換です。

-
CO2を強制添加する状況でないのに、エアレーションを夜間限定にする意味はありません。
むしろ、水質変化の幅が大きくなるため、好ましいこととは言えません。(これはシビアに考える必要はない)

-
外掛けフィルターは濾過能力的に低く、また不安定です。
また、交換パックを使用するならランニングコストも高くなり、現状の生体数を考えると、
上部,外部,底面などのフィルターに替えたいところです。
最低でも、外掛けフィルターを改造して、生物ろ材を入れた方が良いでしょう。
http://www1.bbiq.jp/hiropion/goods/roka/roka.html

せっかく購入したフィルターを買い換えなど嫌になる(笑)に決まっていますが、
一定の濾過能力を長期間安定して維持するということ,ランニングコスト,
簡易フィルターで死なせてしまう魚の数などを考慮すると、買い換えてもコストパフォーマンス的に損ではありません。

-
水草は根付いて成長していますか?
そうでないならば、現時点での照明10時間というのは長すぎる可能性があります。
(コケを育成し、水草を弱らせるだけに終わる可能性)

しっかりと勉強されて始められたように感じるのですが、ご参考にされたマニュアルとやらが片手落ちです。
もっとも、これは初心者には説明したくない部分であり、
重要な基礎知識にも関わらず、入門書にしっかりと説明されている方が稀ですが。

正常な状態にある水槽は臭いませんが、維持に問題があれば臭いがします。
しかし、立ち上げ間もないので、バクテリアの数が揃い、正常な状態へ移行するまで、臭いがしてもおかしくはありません。
硝化バクテリアの数が揃った状態で臭うのは、残り餌の腐敗やカビの発生などが考えられ、維持手法を見直す必要があります。

■その他の見解として

立ち上げ時に入れる数としては 魚の数が多過ぎます。
ネオンテトラ2~5匹程度で生物濾過が立ち上がるまで待つべきでした。
この数をいきなり飼うのは厳しいです...続きを読む

Q水草が光合成をしない、ヤマトヌマエビが死んでしまう。

最近水草の育成をはじめようと思い、水草を入れたのですが、全く気泡が出てきません。そしてヤマトヌマエビを飼っているのですが、朝水槽を覗くと必ず一匹は死んでいます。
下に詳細を書いてみました、お伺いしたいのは…
・水草が光合成をしない原因は何なのか?
・ヤマトヌマエビが死ぬ原因
・水草はもしかして枯れてしまっているのか
です。アドバイスをお願いします。


水槽の設置は一年ほど前、ネオンテトラのみ15匹程度飼っていました。
二ヶ月ほど前から、カージナル19匹、グリーンファイヤー5匹、ブラックテトラ5匹の三種類、オトシンクルス5匹、イシマキガイ10ヶを一月の間で徐々に増やし、混泳していきました。
現在、上記の数の魚+ヤマトヌマエビ3匹
魚の方の調子は良く、ヤマトヌマエビはずっと流木の隙間などに隠れています。

・水槽
幅60cm奥行き30cm縦45cm
エアレーション付き(24時間起動)・上部式フィルター
・光量
水草育成用ランプ NA-LAMP20W を二本
(朝九時に点灯、夕方五時に消灯)
・餌
フレーク
(一日三回、粉々にしたものを一回に一つまみ)
・水草
リシア2ヶ
グリーンカボンバ6ヶ
アラグアイアミズマツバ6ヶ
(気泡は出さず、葉の裏や一部茶色・赤褐色の部分有り)
・アクセサリ
流木
(流木や水草は水道水ですすいだ後水槽に入れました)
・水温
25℃前後
・PH
6前後
・底床
ADAアクアソイルアマゾニアを下にノーマル上にパウダータイプの順

・水草の栄養添加にADAのグリーンブライティSTEP1を一日ワンプッシュ使用。

・ADAの二酸化炭素添加機材Co2アドバンスシステムを使っています。カウンタの中で一秒にひとつ泡が出る間隔。

・水替えは週に一度9~10リットル程度、水換えとフィルタの交換は同時にしていません。
イージーバランス
アルミジン
コントラコロライン
アクアセイフ
の4種を規定の量と、
バイコム78、21PDも規定の量加えています。

最近水草の育成をはじめようと思い、水草を入れたのですが、全く気泡が出てきません。そしてヤマトヌマエビを飼っているのですが、朝水槽を覗くと必ず一匹は死んでいます。
下に詳細を書いてみました、お伺いしたいのは…
・水草が光合成をしない原因は何なのか?
・ヤマトヌマエビが死ぬ原因
・水草はもしかして枯れてしまっているのか
です。アドバイスをお願いします。


水槽の設置は一年ほど前、ネオンテトラのみ15匹程度飼っていました。
二ヶ月ほど前から、カージナル19匹、グリーンファイヤー5匹...続きを読む

Aベストアンサー

ご心配ですね。
>光合成をしない原因・・・光が足りない。水草が弱っている。
 照明点灯時間は特に問題なさそうですが、上部フィルターは上半分が 照明に使えませんので光量不足の恐れがあります。
※リシアを照明の真下に置き、点灯してから6時間前後経過したときに
真横から見て、気泡が見えないでしょうか。全く出ないはずは無いのですが。また水草は植えてから1週間程度経過して根を張り出すと気泡を付けはじめます。
>餌は一番小さなサカナが食べることができる最大サイズ(顆粒状などの市販品)を一日1回で充分です。3回は多すぎます。また、あまり細かくすると食べる前にフィルタに吸い込まれ、フィルタ内で分解して水質の富栄養化につながります。(水が腐り出すと言うこと)
>ヤマトヌマエビが死ぬ原因の一つにCO2中毒がありますがエアレーションを24時間行われ、しかも上部フィルターをお使いですので酸欠ということは考えられません。生体の飼育数もさほど多いとは思えませんがお使いのアルジミン等の薬品やグリーンブライティSTEP1その他調整剤の多さがちょっと気になります。
バイコム78、21PDなどアンモニアを分解したり有機物(残餌、糞など)を分解したりするバクテリアも今の飼育方法ではいたちごっこかもしれません。
サカナや水草などに影響がないと書かれていても、あくまでも単独使用時と思われた方が良いのではないでしょうか。私の場合、水草植え替え1週間以上経過してから肥料を入れます。

参考URL:http://blog.goo.ne.jp/slot2002/e/39a6ec7310f0b2940ed0d2d463ccae72

ご心配ですね。
>光合成をしない原因・・・光が足りない。水草が弱っている。
 照明点灯時間は特に問題なさそうですが、上部フィルターは上半分が 照明に使えませんので光量不足の恐れがあります。
※リシアを照明の真下に置き、点灯してから6時間前後経過したときに
真横から見て、気泡が見えないでしょうか。全く出ないはずは無いのですが。また水草は植えてから1週間程度経過して根を張り出すと気泡を付けはじめます。
>餌は一番小さなサカナが食べることができる最大サイズ(顆粒状などの市販品)を一...続きを読む

Q水草や流木がたっぷりあれば、ヤマトヌマエビは飢えませんか?

水草や流木がたっぷりあれば、ヤマトヌマエビは飢えませんか?
また 飢えたエビは清浄な水槽の外まで徘徊しますか?

水草水槽で、エビが清浄な水槽を脱出する事故がありました。
事故のきっかけはエサを半減させた事です。
カラシン達は飢えのストレスから、頻繁に飛び出しました。
飼育水の富栄養化を嫌って、エサを減らした事が災いしたのです。
減らす以前から 水槽に入れていたエサは、底床に落ちる前に全て魚に食われ、
エビに行き渡らなくても飢えた様子は無く、無事故でありました。
水草があれば、エビは飢えないと思っていたのに残念です。

以前 ビーシュリンプやチェリーシュリンプを二年ほど単独で飼っており、
流木にモスをたくさん巻いたものを与え、人工エサ無しに繁殖させておりました。
水換えだけで、100匹以上維持していたのです。問題はずっと無し。
この時の経験から「エビは、流木や水草・土や微物質を食しても充分育つ。
一握りのサンゴ砂でカルシウム・ミネラルを与え、
脱皮不全の元凶ブラックホール炭は使わない。
過度の水換えや投薬をしなければOK。」と理解しておりました。

なので 今回エサを減らした事で、エビの振る舞いが変わったことに
とても違和感があります。
エサ量を戻したら飛び出し事故がやんでいるのですから因果関係はあるようですが
何かしっくりきません。

さて私は何が分かっていないのでしょうか?どんな誤解をしていますか?
エビの気持ちが分かる方のご意見をお待ちしております。

水槽環境は下記のとおりです。
淡水経験3年 水草水槽(草多い)立上げから6ヶ月 90センチ240L水槽
レッドファントム22匹 サイアミーズフライングフォックス3匹
オトシンクルス4匹 オトシンネグロ4匹 ヤマトヌマエビ10匹
エビはいつもどれかが抱卵しています。
CO2(1秒1.5滴7時間)・メタハラ8時間・エアー等のどれもタイマーで管理
常時日陰 日光は差しません。 水中ヒーター26度 夏期部屋クーラーオン
亜硝酸・アンモニア 安全レベル PH7 低硬度 週1で1/4換水
1/3換水はやめました。換水直後エビが必ず脱皮するのを嫌いました。
この水槽で不快コケで苦労した事はありません。
ソイル 濾過器エーハイム2078生物濾過仕様 ブラックホール炭あり
3ヶ月前白点病治療

水草や流木がたっぷりあれば、ヤマトヌマエビは飢えませんか?
また 飢えたエビは清浄な水槽の外まで徘徊しますか?

水草水槽で、エビが清浄な水槽を脱出する事故がありました。
事故のきっかけはエサを半減させた事です。
カラシン達は飢えのストレスから、頻繁に飛び出しました。
飼育水の富栄養化を嫌って、エサを減らした事が災いしたのです。
減らす以前から 水槽に入れていたエサは、底床に落ちる前に全て魚に食われ、
エビに行き渡らなくても飢えた様子は無く、無事故でありました。
水草があれば、エビ...続きを読む

Aベストアンサー

> 水草や流木がたっぷりあれば、ヤマトヌマエビは飢えませんか?
・ヤマトヌマエビの大きさ次第だと思います。
ウチのヤマトヌマエビは6~7cmのジャンボサイズが5匹です。
この大きさのヤマトヌマエビの場合、プレコ用フード(10円玉大)を毎日1枚、ペロッと食べます。
ヤマトヌマエビも、大型に成長すると、水槽内の水草や苔では餌不足になります。

逆に、まだ、小型のビーシュリンプよりも一回り大きいくらいのヤマトヌマエビならば、水槽内の魚とエビの飼育数が多くない場合。
ヤマトヌマエビのために餌を与えなくても、十分に生きてゆけます。

今般のヤマトヌマエビの水槽脱出事件は、次のようなプロセスが推理できると思います。

1・餌を減らした。
2・魚が飢えた。
3・飢えた魚がヤマトヌマエビに足を食べようなど、など、の「ちょっかい」をだした。
4・ヤマトヌマエビは驚いて、水槽の外へジャンプした。

余談ながら、
日本語では、エビはエビだけで主に使われる言葉は一つですが、英語でエビを一般に表す言葉は3つあります。

・shrimp
・prawn
・lobster

ヤマトヌマエビやビーシュリンプなどに使う「shrimp」は、足が貧弱で、陸上歩行できない種類の小エビを表します。
ヤマトヌマエビが水槽の外へ自らの足で脱走することは、マズ、ありません。
「prawn」は、足が貧弱で、陸上歩行できない種類の大型エビです。(車エビなど)
「lobster」は、足が丈夫で、自力で陸上歩行が出来るエビです。(ザリガニ、伊勢エビなど)

> エビはいつもどれかが抱卵しています。
・せっかくなので、海水水槽を準備して繁殖に挑戦してみてはいかがでしょう。
今後に役立つ、いろいろな経験がえられますよ、きっと。

> 水草や流木がたっぷりあれば、ヤマトヌマエビは飢えませんか?
・ヤマトヌマエビの大きさ次第だと思います。
ウチのヤマトヌマエビは6~7cmのジャンボサイズが5匹です。
この大きさのヤマトヌマエビの場合、プレコ用フード(10円玉大)を毎日1枚、ペロッと食べます。
ヤマトヌマエビも、大型に成長すると、水槽内の水草や苔では餌不足になります。

逆に、まだ、小型のビーシュリンプよりも一回り大きいくらいのヤマトヌマエビならば、水槽内の魚とエビの飼育数が多くない場合。
ヤマトヌマエビのために...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報