当方ビクスクのFORZA250に乗っています。オイルがなくなってしまいエンジンが焼きついて動かなくなってしまいました。
オイル交換は三ヶ月に一度お店でやってもらっているのですが、1000km(変えたばかりで)も走っていないのにも関わらずオイルが数滴しか残っていませんでした。
オイルがなくなることなんてあるのでしょうか?
当方知識がないため、考えられる要因を教えていただけると幸いです。お願い致します。

A 回答 (5件)

オイルが漏れた形跡がないとしたら、お店の入れ忘れっぽいですね。



フォルツァのエンジンはドレンを外しても300ccから400ccは残っていると思われるので、その僅かなオイルでどうにか走行出来ていたのかも知れません。

ただ、聞いた話として、特定の条件で運転するとオイル消費が増える事は有るようです。
500kmほど走って200ccほど減ってしまった人を知っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ショップで直してもらったところ、抜けきらなかったオイルで走行できていたと考えられ、また、オイルが真っ黒になっていたそうです。
オイルが通る箇所には問題がなくどうやらお店の入れ忘れが高そうです。
クレームしに行こうと思います。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2005/04/20 13:26

お店の整備士がドレンボルトをちゃんと締めていなかったかドレンのガスケットが破損した状態で閉めてしまった場合やクランクケースなどのクラックからのオイル漏れの場合ですがあまり走らずに置いておいたならバイクを置いていた地面にオイルだまりになっていて気が付くと思います。

またピストンやバルブなどの故障でオイルがガソリンと一緒に燃焼している場合、走行中にマフラーから沢山の白煙とかが出ると思います。以上の症状が無く交換後直ぐにオイルが無くなって焼き付いてしまったというと整備士が前回オイル交換時に古いオイルを抜いた後、新しいオイルを入れ忘れたため焼き付いてしまったかも知れません。
    • good
    • 0

慰めの言葉も浮かびませんがこの度はどうも。



考えられる原因ですが、
毎回オイル交換はショップということですが、ドレンプラグの閉め忘れが考えられます。
でも、1000km走って1滴も残ってないって....
徐々に漏れていればオイルの警告灯が点灯していたはずなのですが気づきませんでしたか?

あとは駐車状況にもよりますが悪意・敵意を持つ第三者が故意にオイルを抜いた。
いつも停めている駐車スペースにそれらしい痕跡がないか確認したほうがよいと思います。
以前住んでいたマンションで、通行の邪魔になるバイクのオイルを抜いたり、タイヤをパンクさせる住人がいました。
あとはマフラー換えててウルサイとかもターゲットになりやすいみたいです。

それ位しか自分には思い当たりません。
    • good
    • 0

あります。



・オイルシール、パッキンの損傷
・ドレンボルトの緩み
・シリンダー、ガスケットの損傷
    • good
    • 0

走ってる時に白煙などが出ませんでしたか。


こういった場合はエンジントラブルでオイルが燃えたという事。
また駐車してる場所にオイルが漏れてませんか。
これですとドレンの締め付け不良でもれたかエンジン下部を石か何かで割ってしまったという事。
あるいはそもそも入れ忘れたとか。
原因としてはこんなところでは。
一応ユーザーに始業点検の義務があるので、オイル交換をした業者の責任がどこまであるか判りませんか、締め付け不良や入れ忘れなどの作業ミスならクレームをつけてもよいのでは。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報