次の問題を解いてほしいです。
 標高0mの地殻の厚さを30kmとして、高さ6kmの山地での地殻の厚さを求めよ。ただしアイソスタシーが成り立っており、地殻の密度2.7g/cm3、マントルの密度3.3g/cm3とする。
 

A 回答 (2件)

 おはようございます。



 yacobさんのご回答で、合っていると思います。

 密度*高さ*重力加速度が、圧力の次元を持つことは分かりますか。
 山地の地殻の一番下の深さで圧力が釣り合っている(同じ)とすれば、(重力加速度をどの場所でも一定とすれば、消去できるので、)30kmのほうの一番下から求める深さまでの厚さを X として、

 30*2.7 + X *3.3 =(6+30+ X )*2.7

 (う。この式は、高さ(厚さ)かける密度の順番になっていますが)

が成り立ちます。これを解いて、X=27
すなわち、6+30+27=63(km)となります。

 では。
    • good
    • 0

地球物理を知らない素人ですが、こう考えてよいのではないでしょうか。



アイソスタシーが成り立ってとるのですから、高さ6kmの山地の重量は、山地の下で地殻が、マントルの中に深く入り込んで、両者の密度の差によって、山地を支えているわけです。

したがって、これを計算すれば、
 6 X 2.7 / ( 3.3 - 2.7 ) = 27 (km)
この分だけ、地殻が厚くなります。

つまり、地殻の厚さは、
 6 + 30 + 27 = 63 (km)
となります。

御検討ください。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q誰か教えてください! 8分間で12km進む電車があります。 この電車は、6.5km進むのに何分何秒か

誰か教えてください!
8分間で12km進む電車があります。
この電車は、6.5km進むのに何分何秒かかりますか。

Aベストアンサー

1分で何キロ進みますか?
12/8 = 1.5 km/minですね。
6.5km進むのに何分何秒かかるか?ですから
6.5 / 1.5 =4.3333...ですね。
答えは4分と0.3333x60→20秒

Q時速50km/hは秒速に直すと約14m/sである。

時速50km/hは秒速に直すと約14m/sである。
これは〇(マル)かΧ(バツ)か?

Aベストアンサー

計算してみりゃいいじゃん(笑)
単位変換を2つする必要がありますね
一つは距離 kmとmなので mに変換すると 50000m/hですね
んで今度は時間と秒の変換
時間を秒に変換なので3600で割ってやれば時間を秒に変換できますから
50000/3600になりますので13.888888ですね
これで単位の変換が終わりましたので
13.8888888m/sってことになりますから
約14m/sってことになり答えは○ってことになりますね

Q86.4kmを2時間で走る自動車があります。 この自転車の速さは、秒速何mですか? 小学生にわかりや

86.4kmを2時間で走る自動車があります。
この自転車の速さは、秒速何mですか?
小学生にわかりやすく教えてください!

Aベストアンサー

86.4kmを2時間で走る自動車の秒速何mかですね。
86.4km=86400mです。
2時間=2×60分×60秒=7200秒です。
速さは距離÷時間ですから、
86400m÷7200秒=12m/秒
自動車の速さは秒速12mですね。

Q水の密度と油の密度の違い

水の密度と油の密度の違い

Aベストアンサー

水>油
だから油が水に浮く

Q間げき率40%、土粒子の密度2.60g/cm³の土がある。この土の乾燥密度はいくらか。 上記の問題の

間げき率40%、土粒子の密度2.60g/cm³の土がある。この土の乾燥密度はいくらか。

上記の問題の計算式を教えていただける方がいらっしゃれば幸いです。どうがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

間げき率=土粒子体積/全体積=0.4・・・①
土粒子密度=土粒子質量/土粒子体積=2.6・・・②
乾燥密度=土粒子質量/全体積

①×②=(土粒子体積/全体積)×(土粒子質量/土粒子体積)=
(土粒子体積/土粒子体積)×(土粒子質量/全体積)=土粒子質量/全体積=
乾燥密度

乾燥密度=①×②=0.4×2.6=1.04g/cm³


人気Q&Aランキング

おすすめ情報