辞書で調べたら
「土木・建築工事の一切を請け負う、大手の総合建設業者」
と、書いてありました。
大手とよばれる基準ていうのがあるんですか?
それとも、A社とB社とC社とD社…だけをゼネコンと呼ぶって決まってるんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

建設業には大きく分けて土木と建築の2つの大きな仕事の分野がありますが、中小の建設業者では、土木も建築も何でも請け負えるほどの力がありません。

ですから、ゼネコン(general contractor)と呼ばれるほどの総合建設業者は、土木も建築も対応できる大手の業者に限られます。質問の内容における「大手」というのは、あくまで総合建設業者としての「大手」と「中小」という意味での線引きとして使われていると思います。

ちなみに、ゼネコンの中でも大手と中堅などの区分けをする事がありますが、これはまた別の意味を持ちます。
ゼネコンで大手と呼ばれるのは、一般的に鹿島・大成建設・清水建設・大林組・竹中工務店の5つで、大手ゼネコンやスーパーゼネコンと呼ばれます。これらの5社は、売上高が1兆円以上あり、他のゼネコンと一線を画しています。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2005/04/15 07:17

ゼネコンの本当の意味は


他でも書いてあるとおり総合建設業なのですが
なにが「総合」であるかというと
欧米の建設業者と比較して
決定的に違うのは、日本の場合
建設業者が
設計部門・施工部門・研究部門の
三つを抱えているところです。

欧米では、設計、施工、研究は完全に分業されており
基本的に一つの会社に三つの機能を併せ持つ会社はありません
その分、業務の棲み分けはっきりしていて契約も明確になります

日本では、三つの機能を併せ持つ建設業者を基本的に
ゼネコンと呼びます。
ですから、ゼネコンが施工を請け負ったとしても、施工しながら
コストダウンできる研究を同時進行して、
施工当初はAという工法で施工して、
研究が追いついた時点でコストダウンできるBという工法に切り替えたりすることが
建設業者のみの努力で可能になります。

ちなみに欧米型は設計業者が発注したとおりにしか作りません。

日本の場合は、施工途中にどんどん図面が変わっていきます。
契約後でも、安くて良い材料や工法があるとどんどん取り入れていくのです。
もちろん発注者の了解を得ながらですが。
ここが良いところでもあり、悪いところでもあります。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2005/04/15 07:18

General(最高位の,総合的な)ゼネ(ラル)


Constructor(建設業者)コン(ストラクター)
または,
Contractor(請負建設業者)コン(トラクター)
と言う事になっています。

日本では,最大手の建設業者(スーパーゼネコン)というのがあり,上位5社がこれに当てはまります。(具体的な社名は,控えますが・・・,ここで記したキーワード(語句)を元に調べてみてください)
ただ,ゼネコンという言葉は,どちらかというと,和製英語に近いのでしょうが,欧米のゼネコンとは多少意味合いが違うようです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/15 07:16

以下ご参考まで。



参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%8D% …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/15 07:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゼネコンとメーカーの上下水道の仕事

現在、上下水道関係の仕事をしたいと思っているんですが、現場で技術職をしたいと思っています。
その中で、ゼネコンとメーカーのどちらかを考えているのですが、両方が上下水道においてどういった仕事をしているのかが具体的にイメージがつかめません。
ゼネコンとメーカーでは具体的にどういった仕事をしており、どのような違いがあるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ゼネコンは設計もしくは施工が主な業務です。ただ、上下水道は公共工事となるので、測量設計と施工は別々に発注されます。同一業者が同じ工事で設計と施工を受注することはありません(発注時期も違う)。
 メーカーは基本的に資材の販売のみですが、ポンプ設備などの場合はコンサルからの依頼で設計のサポートを行うこともあります。ただし、これは営業の範囲内で、ほとんど無償協力という形になります。

Q大手出版社の上場について

大手出版社の中には学研やKADOKAWAのように株式を上場している企業がありますが大半の企業(講談社・小学館・集英社など)は未上場ですがどういった理由があるのでしょうか。また将来大手出版社で上場を予定している企業はあるのでしょうか。どなたか教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

非上場の理由で一番大きなものはNo.1さんの指摘だと思います。出版社はそれなりの理念、思想があって起業したものが多く、出版内容に口を挟まれたくないという面が大きいです。もう一つは、起業時の資本金が大して必要ないという面もあります。大工場を擁する必要はなく、事務所を借りて、電話、PCなどの設備を備えれば良いわけで、数百万もあれば十分起業できますので、外部から資金を募る必要が無いという点が挙げられます。したがって株式会社の最低必要資金である1000万円もあれば、問題なしということになります。ご指摘の学研やKADOKAWAの他にゼンリンや昭文社も上場していますが、両社は地図出版の会社なので、思想、イデオロギーに余り関係ないという面が大きいと思います。

>将来大手出版社で上場を予定している企業はあるのでしょうか。

今のところその種の情報はありません。出版社はもともと資本金の少ないところが多く、資金が必要なときは、事業の性格上、上場するよりも身内から資金調達するケースが多いです。

Q住宅建築業者(ゼネコン、ハウスメーカー、ビルダー、工務店)の区別

住宅建築を行ってくれる業者って、
ゼネコン、ハウスメーカー、ビルダー、工務店がありますよね。
で、これらを区別してみたいんですが、
◇ゼネコンは住宅もやってるけど土木などもやる総合建設業社。
◇ハウスメーカーは大和ハウスなど住宅展示場に出展しているような住宅メーカー。

で、ビルダーと工務店が区別できなくて困ってます。どちらも「ハウスメーカーではないけど、地元を中心に(!?)住宅建築業をやってます」っていうイメージなんですが、
ビルダーと工務店の違いとか、定義とかは何ですか?私見でも構わないので教えて下さい。

Aベストアンサー

まず簡単なものから、

ゼネコンというのは、基本的に自分らで製造は行いません。設計事務所同様設計を行ったり、通常建築士の書く図面は実物として施工する図面のレベルまで詳細が決まっていませんので、それらを実際造るレベルの図面になおしたり、工程を組んだり、施工が正しく行われるよう段取りしたり、施工業者間の調整をしたり、安全管理をするのが主な仕事です。
このような作業を専門にするような人が必要な規模の建物でその能力が発揮できます。そのため小規模な建物には向いておらず、個人の住宅などはよほどの豪邸でないと行いません。
実際施工を行うのは誰かというと大工、鉄筋工、鳶さんなどのいる専門業者です(この一部をビルダーと呼ぶこともあります)。材料も商社やメーカーから購入します。
なお、長谷川工務店(長谷工コーポレーション)のように共同住宅をメインにしたゼネコンもありますし、大成建設のように住宅分野については関連会社を持ってそちらに任せることで住宅分野に進出しているところもあります。

ハウスメーカーというのは、独自の規格のある自社の製品を持っているような会社で、部品も自社でつくリます。だから一般の建築士が設計したような建物は一般的に行いませんが、最近はそのような分野まで進出しているところもあります。
なお、これらは住友林業(住友林業)やトヨタホーム(トヨタ自動車)、セキスイハイム(積水化学)、積水ハウス(積水化学)、ヘーベルハウス(旭化成)、大成パルコン(大成建設)のように大企業の1部門や1部門を独立させた企業が多くあります。

ビルダーと工務店は私もかなり曖昧で、各社によって定義が異なると思うのですが、ビルダーは施工中心、工務店は施工が中心ですが、小規模のものなら設計も行えるものと個人的には考えています。

私のイメージとしては
ゼネコンとハウスメーカーは大企業、ビルダーと工務店は小企業。

施工を直接行う職人を抱えているのはビルダーや工務店、ハウスメーカーやゼネコンは施工業者と契約して建築する。

設計を行うのは設計事務所の他、ゼネコン・ハウスメーカー・工務店

ゼネコンは、自分では製造はしないので、その職務上大規模のものでないと、成り立たない企業。

ハウスメーカーは自分のところで材料を造るので材料も販売して利益を上げられる。

という感じです。

まず簡単なものから、

ゼネコンというのは、基本的に自分らで製造は行いません。設計事務所同様設計を行ったり、通常建築士の書く図面は実物として施工する図面のレベルまで詳細が決まっていませんので、それらを実際造るレベルの図面になおしたり、工程を組んだり、施工が正しく行われるよう段取りしたり、施工業者間の調整をしたり、安全管理をするのが主な仕事です。
このような作業を専門にするような人が必要な規模の建物でその能力が発揮できます。そのため小規模な建物には向いておらず、個人の住宅な...続きを読む

Q【建設業】2020年の東京五輪後の建設不況をどう乗り切りましょう・・ 前の東京五輪の時の五輪後不況

【建設業】2020年の東京五輪後の建設不況をどう乗り切りましょう・・

前の東京五輪の時の五輪後不況はどうやって乗り切ったんですか?

ブラジルはもう不況?というかブラジルは開催前から不況に突入してた気が。。。

イギリスのロンドンは不況になりましたか?どうやって政策?国策で乗り切ったのですか?

Aベストアンサー

2025年大阪万博が決まればオリンピックよりも人が集まります。

Q大手ゼネコンの家

今、家の新築を考えています。
で、大手ゼネコン大○建設の家も検討しているのですが、一つ疑問があります。

かなりの大手ゼネコンなのに、家は他のハウスメーカーに比べて棟数が建っていない

ということです。
やっぱり、ゼネコンは家を建てるのに向いてる会社じゃないのかな?

Aベストアンサー

ちょっと前になりますが、自宅を新築するときに何社か検討しそのときに相談もされましたが、大○建設が総合的に一番フィットしてました。

たまたまかもしれませんが、まずHMと大きく違うのがやれ給排水設備工事は契約後に追加契約だとかいったことがなくこちらのオーダーどおりにコストは提示してきていましたね。また、見積もりの内訳書も一式いくらといったふざけた内訳書はつくってきませんでしたよ。

さらに工事中仕様変更が発生したときにはこの契約内訳書ベースの単価で増減変更をすると確約してくれましたけど。

要するに親会社は大手ゼネコンなわけで見積書の出し方、設計変更の対応の仕方等々・・・いたってゼネコン方式に近い進め方をしていました。

工務店にしてもHMにしてもかなりどんぶり的で、仕上げ材の変更をしようとしたときのコスト差額について納得できる説明及び価格の提示をしない会社が多いような気がします。
つっこんでいくとそれほど取引をしていないとか標準仕様のものは一度に大量に購入しているので値引率が違っているとか・・・言い訳にしか聞こえないのと想定内の物しか採用したくないように思われます。

棟数があまり多くないのはコンクリート系が主体でやっているのでコストがHMに比べて高めなのではないのでしょうか?(よくわかりませんが)

あまり偏見を持たないで他のHMと同じように接触してみたらどうでしょうか。
きっと何か再発見があると思います。

ちょっと前になりますが、自宅を新築するときに何社か検討しそのときに相談もされましたが、大○建設が総合的に一番フィットしてました。

たまたまかもしれませんが、まずHMと大きく違うのがやれ給排水設備工事は契約後に追加契約だとかいったことがなくこちらのオーダーどおりにコストは提示してきていましたね。また、見積もりの内訳書も一式いくらといったふざけた内訳書はつくってきませんでしたよ。

さらに工事中仕様変更が発生したときにはこの契約内訳書ベースの単価で増減変更をすると確約してくれ...続きを読む

QそろそろITゼネコンが崩壊して欲しいんですが。

行政機関の外注を大企業(NTT、NEC、Fujitsuなど)は丸投げし、丸投げされた案件を子会社にしろ、孫会社にしろ、協力会社が請け負い、クソみたいなシステムを作っているわけです。発注元の行政は数年前の古臭いシステムを未だに使っていたり、アップデートもしていなかったり…。

加えて、ITゼネコンのせいで無駄なお金が使われているわけです。Aというシステムを作るのに本当は一千万ほどで足りるのに、ピンハネさせて10億も請求していたり…。入札自体も裏で色々やってるし…。

ITゼネコンの仕組みって日本だけのはずですが、どうしてこんな「クソ」みたいなことを疑わずに何十年とやり続けているのでしょうか?
日本の行政にしろ官僚にしろ、黙認してるのでしょうが、国ってそもそも馬鹿なのでしょうか?

Aベストアンサー

おじさんです。
あなたのお考えに拍手です。
まあ、確かに大手ITやコンピュータメーカーはいろんな局面に対応できるノウハウと人的資源を持っていますね。
そのために、発注側のリスク排除という背景が大きいのでしょうね。
「日本の行政にしろ官僚にしろ、黙認してるのでしょうが、国ってそもそも馬鹿なのでしょうか?」
→学業優秀や高学歴者が揃う官僚が全てに優秀ということにはなりませんね。
ご質問のテーマでは、学業には無関係の能力が求められますから。

QVHSの音声多重放送をそのままDVD化したいのですが

VHSで録りためた音声多重番組をDVD化しようと思い、
HDD/DVD/VHS一体型のデッキを使用して、VHS→HDD→DVDと経由してダビングしました。
ところが音声が「音声多重」「MIX」「主音声のみ」「副音声のみ」とまちまちな出来上がりになってしまいます。

一体型デッキはPanasonic製で、ビデオデッキはPanasonicを含めて数社の物を使用しています。
メーカーに問い合わせると「他社製のビデオデッキでのダビングは主音声のみになる場合がある」とのことでした。
しかし、Panasonicのビデオで録画した物でも音声多重でダビングできないこともあります。
また、他のビデオデッキで録画したテープも別のテープだと結果が違うことがあります。
ちなみに、再生では問題なく音声多重が機能します。

これは仕方がないことなのでしょうか。
他のメーカーの一体型デッキも同じなのでしょうか。
また、必ず音声多重でダビングできる良い方法はありますか。

ややこしくて恐縮ですが、教えてください。

Aベストアンサー

一体型のVHSからダビングした場合は分からないので取り説を見てください

外部からHDDに録画する場合は
DVDレコーダが外部入力はステレオで保存されます
これ以降のコメントは外部のVHSを使った場合です

>ところが音声が「音声多重」「MIX」「主音声のみ」「副音声のみ」とまちまちな出来上がりになってしまいます。

これはVHSデッキの再生モードがそのようになってるからです
再生モードは音声多重にしておきます
そうすればDVDレコーダの音声切り替えで切り替えが出来ます
HDDとRAMに録画した場合も切り替え可能です

DVD-RとDVD-RWはVRフォーマットの場合のみ切り替えが可能だったと
記憶してます
今使ってないので ビデオモードでも切り替え可能かも知れませんが・・・

疑うべきはVHSの再生モードです

なお一体型で本体のVHSからダビングする場合は
音声多重は音声多重としてHDDにダビングされますので
DVD-RとDVD-RWのビデオフォーマットには片方しかダビングされません

Qゼネコン

ゼネコンってどういう意味ですか?また、何の略語なんでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは

ゼネラルコントラクターです。
土木一式工事を請け負う土木総合工事業者と,建築一式工事を請け負う建築総合工事業者の総称,または日本標準産業分類における総合工事を請け負う業者をいう。総合業者。総合建設業者。
です。

Q新築を考えてます。 住友林業が東急ホームズ、ゼネコン大成あたりで 検討してますが、他にオススメのハウ

新築を考えてます。
住友林業が東急ホームズ、ゼネコン大成あたりで
検討してますが、他にオススメのハウスメーカー
教えてください。
デカイ買い物なんで悩んでます

Aベストアンサー

NO6さんに追加して清水も捨てがたいかな。
HMじゃなくて建築家の有名どころ(○健吾、安藤○雄、○ーラカンス、み○ん組、SA○AA、伊○豊雄、阿部○史等々)か
大手組織事務所(日○設計、○建設計、佐○総合、久○設計、三○地所、○TTファシリティーズ等々)に設計依頼して
大手Big5に施工依頼するといいんじゃないでしょうか?本当のオリジナルができますよ。

Q2社生産と1社生産

費用の劣加法性は、複数の企業による、供給より単独の企業による供給のほうが費用が安くすむことで、そのときに自然独占が発生しますよね。

それで、疑問なんですが、二社で生産する場合、総費用の半額しか負担しなくていいのですから、そう考えれば、総費用の大小だけで、自然独占になるのはおかしいのではないのでしょうか??

例えば、もし一社生産のとき、総費用が10だとします。また2社生産のときかかる総費用が、14だとします。確かにこの場合総費用は2社生産のほうが多いですが、14を2で割れば7です。つまり、2社生産したときの1社あたりの負担する費用のほうが、10より少ないってことだから、これなら2社生産でいいとおもうのですが??

Aベストアンサー

回答が見当違いだったらごめんなさい。

複数の企業の生産というのは、
A社、B社が別々に製品を供給している状態で
単独の企業による生産というのは
A社だけの生産
そして、A社とB社は協力関係にはない
これが前提で良いですね。

ついでに、2社が供給する場合、生産量は半々という
事にしましょう。

こうすると、
1社供給なら生産費は10,収入も10です。
2社供給だと1社あたり、生産費は7,収入は5です。
ということで、2社だと赤字になってしまうので
1社が撤退することになります。

残った一社は自然独占による利益が発生しますが、
これは「残存者利益」と呼ばれています。
普通、利益が出ていると他社が入ってきますが、
この場合は入れば赤字になりますから、
残存者利益を脅かされることは少ないのが特徴です。
ただし、だんだん生産量が減るので、残存者利益も
だんだん減っていきます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報