忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

ふと疑問に思ったんですが、記憶喪失の主人公が登場する小説にはどんなものがあるのでしょうか。

私が知っているものでは、栗本薫の『グイン・サーガ』とか、新井素子の『……絶句』があります。主人公がいきなり記憶喪失の状態で登場してきたり、途中で記憶喪失になったりするんですよね。

他にもきっと色々あるんじゃないかと思いますので、皆さんがご存知の物を教えてください。和物洋物ジャンルは問いません。
それから、その小説が何人称で書かれているかも書いて頂けると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

森絵都さんの『カラフル』。


一度死んだ主人公が抽選に当たって(笑)生き返る話ですが、たしか主人公は、亡くなる前の自分のことを覚えていなかったと思います。
一人称だったと思います。
ずっと前に読んだので「自信なし」です。
どなたか同じ本を読んだ方から、フォローがあるといいのですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

この小説は以前から気になっていました。主人公が記憶喪失だったんですね。一人称ということで、どんな風な語り口なのかとても興味が湧いてきます。読んでみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/18 18:13

市川拓司著『いま、会いにゆきます』の主人公、秋穂巧(あいおたくみ)の妻・澪(みお)。

記憶喪失で、しかも幽霊という設定です。ただこれ、最後に驚くような結末が用意されていますが、小説の結末を言うのはタブーですからこの辺でやめときます。3人称ですが、視点は秋穂巧からのものです。

市川拓司氏の作品には、この他、処女作『VOICE』と『Separation―きみが還る場所』という作品もあります。本で出版されているのは『Separation―きみが還る場所』で、この中に『VOICE』が収まっています。この2作品を足してお湯で薄めた様に(?)読み易くしたのが『いま、会いにゆきます』です。

記憶喪失、というのとは少し違うかもしれませんが、『Separation―きみが還る場所』の主人公・井上悟の妻、裕子は、ある日を境にどんどん若くなってしまいます。このため、大人なら当然知っていることが分からなくなったり、漢字が読めなくなってしまったり…。これも3人称ですが、視点は井上悟からのものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これって最近話題になった本だったかな? タイトルは聞いたことがあります。
「主人公が記憶喪失」という質問の要件からは外れた作品のようですが、ご紹介いただいた文章を読んでとても興味が湧きました。面白そうですね。
機会があれば読んでみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/21 20:01

最近の本なんですが「主人公が二年間眠っていて起きたら記憶があいまいだった」という話があります。


ミステリーとファンタジーとホラーが混ざっています。
これを書いた方はいろいろな性格のキャラクターを登場させるのが得意なようです。

「空の境界」奈須きのこ:作
    • good
    • 3
この回答へのお礼

これは昨年(でしたっけ?)の話題作ですね。題名だけは知っていましたが、お答えを拝見して興味が湧いてきましたので読んでみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/21 19:54

ドラマからのノベライズですが、飯田譲治・梓河人の「Gift」も記憶喪失ものです。

確か一人称だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ~~~ドラマは好きで見てました! ブライアン・フェリーの「Tokyo Joe」をケータイの着メロにしてたくらい好きです。ノベライズもあったんですね。気になるので読んでみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/19 22:06

真保裕一の「奇跡の人」はもう読まれました?ドラマにもなったのであらすじはご存知かと思いますが、これは記憶喪失というよりも、言葉からご飯の食べ方まで何もかもを忘れた男の人のお話です。

ジャンル的にはミステリーかな。文章は一人称だったと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

これはドラマも小説も未見です。記憶どころか人としての基本的な振る舞い方を何もかも忘れてしまった人の様子が一人称でどのように描かれるのか、とても面白そうですね。読んでみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/19 22:03

SF・ファンタジー系のジャンルから。



冴木忍「流れゆく河のように」
頭を打って記憶喪失になった青年が旅芸人一座に拾われる話。一人称です。

高畑京一郎「タイム・リープ」
女子高生が昨日の記憶がないこと気づいて・・という話。映画化されましたが、個人的には本の方が好きですね。三人称です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

SF・ファンタジー、大歓迎です。
『流れゆく河のように』は一人称なんですね。自分が誰か全く判らないまま事件に巻き込まれていくというのが面白そうですね。
『タイム・リープ』は以前から気になっていた小説でした。どことなく『時をかける少女』を思い出して読む前から懐かしそうな雰囲気を感じてしまいます。
どちらも読んでみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/18 18:43

乃南アサの「6月19日の花嫁」も記憶喪失だったように思います


何人称かは覚えていません
ごめんなさい
    • good
    • 3
この回答へのお礼

いえいえ、情報を下さっただけでも嬉しいですよ。この小説も知りませんでしたが、検索してみると面白そうなお話ですね。サスペンス風なのかな? 読んでみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/18 18:36

メジャーすぎるので既にご存知かもしれませんが、



島田荘司 「異邦の騎士」 (確か一人称だったような・・・違ったらごめんなさい。^^;)

夢野久作 「ドグラマグラ」 (一人称です)

北村薫 「スキップ」 (記憶喪失かどうかは読者の解釈によります)

 etc..... まだまだありますが、次の回答者の方 どうぞ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『ドクラマグラ』は名前は聞いたことがありますが、主人公が記憶喪失なんですね。初めて知りました。島田荘司も北村薫も一冊も読んだことがないので、読んでみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/18 18:31

古い作品ですが、井上靖氏の「崖」


昔々NHKでドラマ化された、井上氏の著作の中ではサスペンス性のある作品、といえるものではないでしょうか。
ちょっとロマンチックで、好きな作品なので、お勧めしてみました‥。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんなドラマがあったのを思い出しました。ドラマの主役は役所広司でしたっけ? 少しだけ見たような気がしますがうろ覚えですいません。
なかなか読み応えがありそうな本なので、これも読書欲をそそられました。ロマンチックというのもツボです。読んでみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/18 18:25

こんばんは。


確か、宮部みゆきさんの「LEVEL7」も冒頭では主人公が記憶喪失だったような気がします。かなり前に呼んだので記憶が定かではありませんが…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『LEVEL7』! 出てくるんじゃないかと待ってました(笑)
まさに記憶を失った主人公の話ですね。確か三人称だったかな。すいません、私もよく覚えていません。サスペンス風でドキドキしながら読みました。とても面白かった小説です。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/18 18:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q記憶喪失系の小説

見てくださった方ありがとうございます。

タイトルの通り記憶喪失系の小説を探しています。
主人公または話に深く関わる人物が記憶を失っており、記憶を辿って謎を解いていく・・・みたいな感じの内容のです。
出来れば推理小説などがいいんですが(貪欲ですみません)

東野圭吾さんの「むかし僕が死んだ家」や乙一さんの「暗黒童話」や宮部ゆうきさんの「レベル7」などは読みました。

どなたか教えてもらえないでしょうか?
お願いします!

Aベストアンサー

「むかし僕が死んだ家」も「暗黒童話」も「レベル7」も面白いですよね。
どれも読んだことがあったので、解答させていただきました。

■「変身」 東野圭吾(主人公が喪失)
■「蛇行する川のほとり」 恩田陸(主人公が喪失)
■「ドグラ・マグラ」 夢野久作(主人公が喪失)
ミステリ系なら東野さんの「変身」でしょうか。
恩田さんの「蛇行する川のほとり」もミステリです。
「ドグラ・マグラ」はミステリ?のような気もしますが、
難しいところです。かなりの長編なのでヘビーです。

■「明日の記憶」 荻原浩(主人公が喪失)
これはアルツハイマーで、どんどん記憶を失ってゆく系です。

■「クワイエットルームにようこそ」 松尾スズキ(主人公が喪失)
■「スキップ」 北村薫(主人公が喪失)
■「クレィドゥ・ザ・スカイ」 森博嗣(主人公が喪失)
「クワイエットルームにようこそ」ミステリではないです。
「スキップ」は、タイムスリップとも取れますが、
記憶喪失とも取れる小説です。ミステリではないです。
しかしどちらかと言えば、記憶有→記憶無に向かう方向です。
「クレィドゥ・ザ・スカイ」はシリーズ物の最終巻ですが、
記憶喪失のもやもや感(僕は誰だろう?的な)はとてもいいです。
でもこちらもミステリではありません。

「変身」「蛇行する川のほとり」 は気軽に読めていいですよ。
「クワイエットルームにようこそ」も気軽に読めます。

お役に立てずすみませんが、ご参考までにどうぞ。

「むかし僕が死んだ家」も「暗黒童話」も「レベル7」も面白いですよね。
どれも読んだことがあったので、解答させていただきました。

■「変身」 東野圭吾(主人公が喪失)
■「蛇行する川のほとり」 恩田陸(主人公が喪失)
■「ドグラ・マグラ」 夢野久作(主人公が喪失)
ミステリ系なら東野さんの「変身」でしょうか。
恩田さんの「蛇行する川のほとり」もミステリです。
「ドグラ・マグラ」はミステリ?のような気もしますが、
難しいところです。かなりの長編なのでヘビーです。

■「明日の記憶」...続きを読む

Q記憶喪失になった主人公の小説を書こうと思っています

題名の通り、
記憶喪失になった主人公の小説を書こうと思っています。
しかし、私自身直接的にしろ間接的にしろ、記憶喪失というものに関わったことがありません。
そこで、何らかの形で関わったことがあるという方に、
アドバイスを頂きたいと思っています。
「こんなことが大変だった」
「記憶を戻すためにこんなことをしていた」
など、
どんな些細なものでも構いません。
よろしくお願いします。

もし、この質問をご覧になって不快な思いをする方がいましたら、
本当に申し訳ありません。

Aベストアンサー

こんばんは

 昔、私の元上司が子供の運動会に参加して転倒し、後頭部を強打して記憶喪失になりました。気絶して病院のベットで気がついた時は家族全員(6人)の顔を忘れていたそうです。3日後にふっと奥さんを思い出したそうです。
その次の日、長男を思い出したそうです。その2日後長女と次男を
思い出し、その2日後に両親を思い出し家族全員の記憶がよみがえった
そうです。家族全員の顔を思い出すのに8日かかったわけですが
家族の全員の顔を思い出した時に、思い出すまでの8日間の記憶が
無くなったそうです。肝心の空白の8日間ですが夢遊病のように
徘徊を繰り返し、家族が見つけた時には5kmほどあてもなく歩いて
いたそうです。家族を思い出したときは本当に瞬間的なもので
何がきっかけになったのか分からなかったそうです。
私が最も印象に残っているのは、いつも鋭い目つきの人だったのです
がお見舞いに行った時は目の焦点があっていないようでまるで
別人でした。少しでもjavavava様の参考になれば幸いです。

Q記憶喪失になる方法は?

事故みたいな痛いのはなしで。

なんか方法があれば、知りたいなぁ。

Aベストアンサー

精神的に激しいストレスに曝されると、なる可能性はあると思う。

前に対人恐怖症なのですが 新しい医師に対し、その場で何とか頑張って逃げずに・・・いや動けなかったんだが・・・過呼吸に何度もなりかけながら受け答えをし、病院出たら その後3日くらい記憶が混乱したので。
何月なのかも、年齢も、アナログ時計の読み方も分からなくなりましたし、道の状態も自分が知っているものがいくつか出てくる(記憶にある過去から現在にかけて変わった物)と、どれが正しくてどれが嘘情報?と大混乱でした。
もうすでに死亡した人やペットはどこだと探したり、物の使い方や、それが何なのかが分からなかったり・・・CDラジカセ(いつも使用)も見た時なぞ物体でしたから。この変なものはなんだろう?がたくさん存在しました。

このようにストレスで、混乱が起きるのですから もっと大きく衝撃的なストレスに曝されると、解放された後、のうみそパーな もっと大きく長い記憶の障害があってもおかしくないと思います。

Q「記憶」をキーワードに本を探していますっ

じつは現在、「記憶」を扱った本を探しています。

すばり、「記憶」そのものを解説するような科学書から、「記憶」をテーマにした哲学、アート…。もちろん「記憶」が物語のキーとなるような小説、マンガなどのフィクションまで、面白ければ何でも大歓迎ですっ!

でも、あんまり賢こないので、学術専門書の推薦はゆるしてください。
きっと、わたしのアタマには、手に負えない…。

情報お持ちの方、ぜひともよろしくおねがいします!!

Aベストアンサー

レノア・テア「記憶を消す子供たち」

子供のときに虐待・戦争などの悲惨な経験をした場合
その記憶を消してしまうことがあるという内容の本です。
父親が友達を殺したという記憶を消した
アイリーン・フランクリンのエピソードは衝撃的。

ジョン・コートル「記憶は嘘をつく」

記憶というものの頼りなさについて書かれた本。
催眠術で「過去の記憶を取り戻す」とき、
実際には起きなかった出来事を「思い出す」こともある。
アイリーンのその後についても触れられています。

心理学の一般書です。読み比べるとおもしろいですよ。

Q題名の忘れた本の検索サイトを教えてください。

ホームズやルパンの時代背景で双子の兄弟が悪をやつける物語です。小・中学生対象の本です。{暗黒の悪魔}みたいな題名でした。探す方法ってないでしょうか?

Aベストアンサー

下記リンクは、「連想検索」といって
「人間が、ひとつの言葉から無意識のうちにいくつもの関連する単語を思い浮かべるように、検索キーワードから関連性の高い単語を抽出し、それを含む図書をもれなく探し出す検索方法です。」
のサイトです。
お役に立てれば。

参考URL:http://webcatplus.nii.ac.jp/

Q純文学の定義って何ですか?

小説を大衆小説とか純文学とかってカテゴライズしますよね。
大衆小説=エンターテイメントと捕らえると、小説の娯楽としての性質上すっきり理解できるのですが、純文学というのが何なのか良くわかりません。
江戸時代の娯楽としての歌舞伎が現代では古典芸能になったように、明治時代の大衆小説としての文芸が現代の純文学になった。
つまり、明治大正昭和的雰囲気の小説のことを指すと考えていいのかなとも思ったのですが、なにか分類の定義か指針があれば、教えてください。

Aベストアンサー

大衆文学ってのは近代の枠の中でやってるもの。
純文学ってのは常に形式を壊していくもの。

とすれば一応の定義はできるかも。
この場合の近代というのは脱構築と対応する意味での近代ということで。

でも純文学の定義って難しいんじゃないすかね。
第一に純文学って誰にでも書けるものというわけじゃないから、そうした客観的なものさしをつくれないし。

あ、あと念のため言っておくと、芥川賞は純文学を担保するものじゃないですよ。
芥川賞がそういうベクトルに機能したのは戦後のごく一時期だけです。
だって最近の、石原が審査員をやるような芥川賞なんて
獲りたいやついるか?って感じだろうし。
ほとんど意義を失ってるみたいです。

Qショットバーとバーの違い

ショットバーとバーの違いが分かりません。
教えてください。
それとそのようなお店にこの前連れて行ってもらって店の雰囲気とかすごく気に入ったのですが、メニューとかもないのでどう頼んで良いのか分かりません。スマートに頼んでかっこよく飲みたい!って思うのですがお酒に詳しくないので困ってます。
そういうオーダーのポイントなど教えて下さい。
やはりお酒に詳しくならないといけないですね 。
勉強ですね。

Aベストアンサー

昔(昭和30年代まで)はバーというとカウンターにホステスがいて接客をする店(今で言うスナック)だったみたいですね。
そこからホステスの接客やボトルキープもしないでショット(1杯)単位でお酒そのものを気軽に飲めるショットバーが派生したそうです。
お酒の味そのものを楽しむためにお酒の品揃えや氷や水にこだわり、店の雰囲気も静かで落ち着いたものにして人気が出て現在に至ります。
現在はホステスの接客を受けられる店=スナックが一般的ですからバーとショットバーの区分けはあいまいになっていますね。
接客があってもスナックとは一線を画す静かで落ち着いたものです。

お酒とかの頼み方ですが、お酒の知識がないのでしたら臆することなく何でもバーテンに相談すれば良いですよ。
生半可な知識で背伸びしていることは直ぐに見透かされてしまいます。
付け焼刃なウンチクでも語ろうものなら裏で失笑されてしまいます。
好みだけを伝えて見繕ってもらえば良いですね。

私も何度も通っていても自分の知識だけでは飲むお酒が固定されてしまうので時々新しいお酒に挑戦しようと相談します。
ラックにいっぱい並んでいるお酒の名前もほんの数種類しか分かりません。
いつもボトルを指差して”あれちょうだい”なんて注文しているものだから”いい加減名前くらい覚えてくださいよー(笑)”なんて言われてます(笑)

昔(昭和30年代まで)はバーというとカウンターにホステスがいて接客をする店(今で言うスナック)だったみたいですね。
そこからホステスの接客やボトルキープもしないでショット(1杯)単位でお酒そのものを気軽に飲めるショットバーが派生したそうです。
お酒の味そのものを楽しむためにお酒の品揃えや氷や水にこだわり、店の雰囲気も静かで落ち着いたものにして人気が出て現在に至ります。
現在はホステスの接客を受けられる店=スナックが一般的ですからバーとショットバーの区分けはあいまいになっていま...続きを読む

Q「記憶喪失」というのは、本当にあるのでしょうか?

映画や小説で、よく記憶喪失の話しが出てきて、ドラマチックなストーリ展開になるのですが、見ていて、いつも不思議に思うことがあります。

それは、ドラマがおもしろくなるように、あまりにも都合よく特定の範囲の記憶だけが消えるということです。

例えば、恋人のことをすっかり忘れてしまった人でも、日本語は、ちゃんと覚えているし、犬を見ても、「ぎゃー、何だ、この変な生き物は!」とびっくりしたりしないし、電車にもちゃんと乗れるし、お金の使い方も忘れていない。

実際に、こんなに効果的に、有る特定の人のことだけ忘れて、それ以外のことは、ちゃんと覚えているような記憶喪失ってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

経験者です。
以前事故にあいました。
事故の直前から救急車で運ばれて応急手術をして酸素マスクをしていて意識が戻ったのは2日後でした。
その後警察で事情聴取をされたのですが断片どころか全く覚えていなくて何も答えられませんでした。
係りの警察官に聞いたらショックの大きいことがあると一時的に記憶が飛ぶ事は珍しいことではなくてよくあることだということです。
いまだに事故の記憶は全くありませんが日常生活には全く支障はありません。

Q心因性健忘症

私は心因性健忘症とお医者様に診断されています。困ったこと辛いことがあると一種の記憶喪失に陥ります。事の始まりは、妊娠して8ヶ月で高熱が出て死産をしてしまいました。出産予定日まで、あと2ヶ月の事だったのですが、1ヵ月後死産の事実は私の中から忘れられて、妊婦服を毎日来てベビー用品をそろえて生活をしていました。夫は産婦人科に相談し、私に「大きな病院で見てもらおう」と言いつれていかれた病院は精神科でした。それが始まりです。その後も辛いことがある度になにもかも忘れていってしまいます。現実にもどるまでが大変で、周囲の人に迷惑をかけてい、またそれが悩みとなってしまいます。どうしたらいいのか教えてください。最近では、会社の同僚に「お子さんは作らないの?」と言われその会社に勤めていた事をすっかり忘れてしまう始末です。

Aベストアンサー

心因性の健忘症について簡単に解説してみましょう。
誰でも嫌なこと・辛かったこと・恐ろしかったこと・悲しかったこと‥は忘れ去りたい、或いは、記憶の中に封印してしまいたいと思うものですよネ。
kamekaniさんの場合は引き金となったことは明らかですが、耐えがたい事実に直面した直後に、その事実から逃げたい・思い出したくない・葬り去りたいという気持が非常に強く現われたときに心因性の健忘症となることがあります。脳波も正常で、その他の身体的所見にも異常は認められません。
通常の生活には何等問題はないのに、自分の家族や友人、自分自身の生い立ちなど、いわゆる『生活史』を思い出せない状態に陥ることが多いものです。
職場のことを忘れて‥というのは、これに該当するでしょう。
比較的若い世代、20代に多く見られます。
数ヶ月で自然治癒する場合もありますが、通常、カウンセリング、催眠療法、精神療法などで治療します。
難しいことかもしれませんが、自分が周囲に迷惑をかけているとは考えないことです。そういった強迫観念が強くなるのは、さらにストレスをかけていることになりますからネ。
また、精神科に通うことに抵抗を感じられているようにお見受けしますが、専門家ですので、全てを委ねてみてください。
早く回復されることをお祈りしています。
以上Kawakawaでした

心因性の健忘症について簡単に解説してみましょう。
誰でも嫌なこと・辛かったこと・恐ろしかったこと・悲しかったこと‥は忘れ去りたい、或いは、記憶の中に封印してしまいたいと思うものですよネ。
kamekaniさんの場合は引き金となったことは明らかですが、耐えがたい事実に直面した直後に、その事実から逃げたい・思い出したくない・葬り去りたいという気持が非常に強く現われたときに心因性の健忘症となることがあります。脳波も正常で、その他の身体的所見にも異常は認められません。
通常の生活には何等問...続きを読む

Q「不思議の国のアリス」のような本

「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」のような、空想の世界のお話が大好きです。
こんな私向きの本を紹介して下さいませんか?

Aベストアンサー

もう読んでる本があるかも知れませんが一応参考まで。

ミヒャエル・エンデ 「はてしない物語」
本好きの弱虫バスチアンが不思議な本屋でみつけた不思議な本「はてしない物語」。その本では勇敢な少年アトレーユが、お伽話の世界を喰らう「虚無」と戦います。
その本を読んでるうちに、おかしなことが起こりはじめます。自分のことが本の中で書かれてる! 現実と空想世界がリンクしだし、バスチアンも物語の主人公の一人になっていく…ってな話。

ヨースタイン・ゴルデル 「カード・ミステリー」
家出したママを捜しにパパとアテネに行く少年。ところがある村のパン屋で小さな豆本を、そして道中のガソリンスタンドで小人のような男にルーペをもらいます。
そのルーペで豆本を読むと、そこには不思議な魔法の島にたどり着いた男の話が。トランプの小人たち、言葉遊び。不思議な本をに夢中になる少年。そして実際の旅の道中に小人が現れ、不思議な体験をします。そしてその豆本の中の話は少年と実は繋がっていた…。
 すべての謎が解けたとき、この本は忘れられないものとなりました。

瀬名秀明 「八月の博物館」
昔の話を書く作家。作家の卵の少年。二人の話が入り混じりながら話は進む。主人公の少年はある夏の日、不思議な博物館に出会います。そこは博物館の中の博物館。空中に現れる地図、無限に広がる博物館の内部。数々の美術品、タイムスリップできる絵。ミステリアスな少女と共に、博物館の絵の中から昔のエジプトにたどり着いた二人は神「イシス」(?)を甦らせてしまう…。

梨木香歩 「裏庭」
テルミは弟を亡くした女の子。ある日街のさびれた洋館の大鏡の中から、「裏庭」に入ってしまいます。そこはその洋館に住んでいた外国人の一家が代々「庭師」として作り上げていた世界。そこから出るためにはテルミは仲間と共に旅にでます…。

え~うろ覚えな紹介ですが、どの本もいいです。私も全部買ってしまいました。

あなたが今何歳か知りませんが、もしも上の本が難しくて読めないな、と思ったら
「クレヨン王国」シリーズ
なんかよいのでは? あなたが気に言ってくれますように。

もう読んでる本があるかも知れませんが一応参考まで。

ミヒャエル・エンデ 「はてしない物語」
本好きの弱虫バスチアンが不思議な本屋でみつけた不思議な本「はてしない物語」。その本では勇敢な少年アトレーユが、お伽話の世界を喰らう「虚無」と戦います。
その本を読んでるうちに、おかしなことが起こりはじめます。自分のことが本の中で書かれてる! 現実と空想世界がリンクしだし、バスチアンも物語の主人公の一人になっていく…ってな話。

ヨースタイン・ゴルデル 「カード・ミステリー」
家出し...続きを読む


人気Q&Aランキング