最近フリーターやニートが急増していると聞き、なぜなんだろうと疑問に思います。なぜそのことが問題になるのでしょうか?メリットやデメリットはありますか?なぜフリーターやニートになる人が増えているのでしょうか?といった社会的問題、背景はどうであるか教えてくれないでしょうか?私は現在就職活動真っ最中の者です。正社員を目指しています。正社員と非正規社員はどう違うのでしょうか?世の中の厳しい現状が背景なのですか?就活をしていてとても不安です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは、就職活動大変ですね!


フリーターやニートが増えていることに関して、私も興味がありまして、自分なりにいろいろ考えてみたのですが、あくまでも私の個人的な意見として聞いてください。

まず、フリーターやニートの人たちは、現状で”生活していくには困らない環境にいる”ということは確かなのではと思います。フリーターの人ならともかく、ニートの人たちは、どのようにして食べていけるのか、私も疑問なのですが、生活していくことが可能っていうことは現状だと思います。しかし、人が生きていくために、働く(労働)は義務というより当然なこただと私は思います。猿や野良犬でも生きていくために餌を探して歩きます、これもある意味働くことと同義だと思うのですが、毎日なにもせず、ただ遊び歩いて生活できる・・・こんなことが長く続くわけもなく、こんなことができてしまう世の中は、やっぱり問題があるのではと思います。飽食の時代と言われていますが、食料支援を受けないと生きていくことさえ困難な国があり、食料支援さも受けられず、亡くなっていく子供達も世界中にはたくさんいることも事実、現在の日本で宴会や居酒屋で出されている料理の約3~4割は残飯として排出され、その料は食料支援されている食べ物の量と同じだと言われています。また、全世界の人が日本人と同じ食生活をしたと仮定すると世界の食糧は1週間もたないと言われています。日本人は豊かになりすぎ、物の大切さや食べられることのありがたさ、労働の大切さが、わからなくなるほど感覚が鈍ってきているのだと思います。

資源を持たない日本が、国際社会のなかで生き延びていくためには、これまで築き上げてきた技術や知能を有効に活用していく他にないと思いますが、これからはそれも期待できない世の中に変わっていってしまうことは、大きな問題だと思います。

なんか話がまとまらなくて申し訳ありませんが、一社会人として、ちょっとしたアドバイスとしては、今の時代正社員と非正規社員、自営と会社員、基準(見方)を変えればどちらがいいかってことは言えない世の中だと思います。ただ一つ言えることは、一つのことを目的をもって継続していくことが肝要かと思います。これは、今はわかりづらいかもしれませんが、10年20年のスパンでみれば後で大きく効いてくると考えます。よい仕事がみつかるといいですね!がんばってください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とても良いお話しありがとうございました。立派な意見であると関心しました。考えさせられるし、同時に励みにもなりました。ぜひ他にも参考になるお話があれば聞かせていただきたいです。よろしくお願いします。

お礼日時:2005/04/24 06:10

フリーターが増えている背景はさておきニートが増える背景は


就職しようとしないからではないでしょうか?
不景気というのも原因かとは思いますが自分から好き好んで
ニートになっている人は不景気とか景気が良いとか関係なくニートだと思います。
自分で就職しようと言う強い意思があるのなら好き好まない限り
フリーターやニートにはならないと思います。
正社員と非正社員ですが、やはり会社景気が悪くなったとき
一番先に待遇を悪くされるのは非正社員でしょう。
若い頃はいいかもしれないですが、結婚して家族が出来てって
考えたとき安定した職についている事は重要ですよね。
景気がよくなってもフリーターやニートは減らないと思います。
私の周りで就職できなかったのを理由にニートやフリーターの人は
就職活動する気がない人が多いです。
全てが全てとは言いませんが。
ちゃんと就職活動してた人はそれなりに就職しています。
確かに景気が悪いですから就職浪人など多いですがその後
就職活動を続けていれば正社員へたどり着くことも可能でしょう。
実際自分は就職浪人しながら勉強して希望の職種に就くことが出来ました。
諦めちゃ駄目です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。とても励みになりました。就活頑張ります。

お礼日時:2005/05/03 19:10

社会全体で考えた時の弊害というのが一番のデメリットであり他の回答者様もそのことについておっしゃられていますが、それとは別に個人の問題として、働かないで自堕落な生活をしていることは、なんていうか、魂の腐敗とでも言うんですかね。

そういうのにつながると思います。要はダメ人間になっちゃうってことですね。
多少なりともナショナリズムを持つ人ならば、自国にそういう人間が増えているというのは「誇り」に関わる重大な問題だと思うのではないでしょうか。

そういう自己実現としての側面から見てもやはり、ニートといったものは問題があるのではないでしょうか。

人の受け売りですがそれに関連して、社会に出て、社会を動かすダイナミズムを直に体験することはものすごい刺激になる良いことであり、それをより強く認識するには例えばできるだけ大きい企業みたいな社会のより大きな部分に関わる組織に入る方が良いとのことです。

正社員と非正規社員の違いですが、そりゃ給料だとか雇用の保障だとか昇進の可能性だとかの面で正社員の方が有利なところが多いんじゃないですか?
あんまり変わらないってところもあるみたいですが。
でもそれって非正規社員が優遇されてるってわけじゃなくて正社員の扱いが低いだけでしょうが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お話しありがとうございました。現在、就職活動をやっているのですがやる気が湧きました。気持ちが高ぶるお話しでした。他にも意見があれば聞きたいと思っていますのでよろしくお願いします。

お礼日時:2005/04/24 06:17

・フリーター


国民生活白書の定義では、学生や主婦以外で、正社員以外の雇用者や働く意志のある者を指しており、01年現在、400万人程と推定されています。
労働政策研究・研修機構の調べでは、フリーターの6割は女性で、年齢層は20歳代前半までが中心のようです。
フリーターには、
1.職業や将来に対する見通しを特に持たずに、正社員として就職していない「モラトリアム型」
2.将来、自分の技能で身を立てる職業を目指して、現在はフリーターでいる「夢追求型」
3.本当は就職したかったのだけれども、雇用環境の悪化や病気などの都合から、やむを得ずフリーターとなった「やむを得ず型」
に類型されています。

・ニート(NEET: not in education,employment or training )
英語の略称で、文字通り、学生でもなく、就職もしておらず、就職のための訓練もしていない人を指しています。
03年は約60万人と10年前の約1.6倍に増加しており、若年層の失業者の約2%に上ると推計されています。
ニートの場合は、フリーターと異なり、社会への適応に対する自信喪失や行き詰まりから働く意欲を失った人や、反社会的・享楽的または、精神的に社会との関係を築けないといったタイプが含まれます。
ニートの増加は、特に先進諸国での世界的な傾向にあり、社会心理学的に、様々な考察がされております。

・メリット
それこそ、自由です。
誰にも縛られないで、自分の意志のおもむくままに生きられることです。

・デメリット
将来的な保障が少ない点です。
フリーターやニートが増加すると、社会全体の生産性も下がり、さらに個人的にも将来設計が立てずらいため、晩婚化や少子化に拍車がかる原因の一つとされています。
さらに、そこから、社会経済全体の悪循環の原因になっているとも指摘されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明いただき、とても勉強になりました。ありがとうございました。私も考えさせられることなので他人事ではありません。よろしければ他にも情報があればお教えください。

お礼日時:2005/04/24 06:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフリーターが与える社会的影響

今学校の授業でフリーターの是非について考えているのですが、フリーターが社会全体に与える影響はあるのでしょうか?
フリーター自身が将来的に保障されにくい、などの影響はわかるのですが、社会全体にはなにか影響があるのでしょうか?ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

フリーターが増えると

彼らは資力がない -> 税金払わない
結婚しにくい -> 少子化
事実上使い捨て -> 年齢と共にバイトすらつけず、犯罪者もしくはニート
貧富の差が大きくなる -> 犯罪が増える
これによるGDPの悪化、景気の悪化 -> 日本円の価値の低下(対ドルでは円は強いがそれ以外の通貨にはとても弱い)
日本の借金の増加、金持ちに負担をかける -> 優秀な人、金持ちは海外へ
犯罪は増える一方で検挙率も2割まで低下しています、また日本の法律は甘いのですぐに出てこれますし。
たいがいは罰金とかですんでしまいます。
海外のような凶悪テロはありませんが、汚職、金がらみの犯罪は日本特有ですよね。
中国、韓国も金がらみの犯罪は増えていますが。


少子高齢化の高齢化の部分ですが、フリーターやニートより金持ちの年寄り対策が必要です。
若者が年収500,600,700万貰おうと、年寄りは年金などで年収600とかも豊富にいます。
個人資産1400兆円のうち半分以上は60歳以上が持っています。
それこそ年齢税とかいって年齢万円ぐらいの税金を取るべきではないでしょうか。


テレビに出てくるような貧乏年寄り、身寄りのない年寄りよりも遙かに多いのです。
でも国は年寄りからとろうとしません、自分の首を絞めるような法案は出しません。
郵政民営化反対派も本当は郵便局長の座が欲しい=天下り先が欲しい。
が最大の理由だと思います。

一方経営者となり、フリーターを使えば人件費は安くなります。
要は考えようで、儲けている人がいるから損する人がいる。
金持ちがいるから貧乏人がいる。
良質な職業をとってしまっている(リストラされない役に立たない正社員)から
若者にまともな職業が回ってこない。

ということだと思います。

残念ながら現フリーターは未来は暗黒だと思います。仮に景気が回復しても
新卒若者が採用されるので、彼らは厳しいと思います。
私はうまく脱出しましたが。
その立場で言うと今後は弱肉強食だと思いますよ。

フリーターが増えると

彼らは資力がない -> 税金払わない
結婚しにくい -> 少子化
事実上使い捨て -> 年齢と共にバイトすらつけず、犯罪者もしくはニート
貧富の差が大きくなる -> 犯罪が増える
これによるGDPの悪化、景気の悪化 -> 日本円の価値の低下(対ドルでは円は強いがそれ以外の通貨にはとても弱い)
日本の借金の増加、金持ちに負担をかける -> 優秀な人、金持ちは海外へ
犯罪は増える一方で検挙率も2割まで低下しています、また日本の法律は甘いのですぐに出てこれますし。
たいが...続きを読む

Qフリーター増加は社会問題?

フリーターやニートが増えていると聞きます。
若者が自分の生き方を自分でそうした
立場におくことを判断していることに、どのような
問題があるのでしょう?
確かに、無業の人口が増えることは、税収などの面から
考えて社会全体の不利益といえるでしょう。
ニートが増えることは、そういう意味で問題があると感じます。
しかしながら、フリーターという立場の人口が増えることは
社会にとって不利益ではないのでは?という印象がぬぐえません。
不景気が続き、事業主にとって使いやすいフリーターは
有益なのではないかと、思います。
フリーターが増えることで、今の社会を支えている面があると
思うのです。
けれども、フリーターが増加したことが社会問題であるというような
報道や言説を目にしますが、フリーター増加による好影響について
は、なかなか触れることはありません。
いったい、どのような点が、フリーター増加が社会問題である点なのでしょうか?

Aベストアンサー

↓が参考になるでしょうか。
http://www.president.co.jp/pre/special/aiai/074.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

私的には、フリーターやニートそのものが問題というより、それが生まれ易い状況の方が問題だと思うのですが・・・。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/gakugei/news/20051127ddm015070138000c.html
http://www.genda-radio.com/blog/archives/2005/10/post_68.html
http://www.genda-radio.com/blog/archives/2005/10/post_69.html
http://www.genda-radio.com/blog/archives/2005/10/post_70.html
http://www.genda-radio.com/blog/archives/2005/10/post_72.html
http://www.genda-radio.com/blog/archives/2005/10/post_73.html

↓が参考になるでしょうか。
http://www.president.co.jp/pre/special/aiai/074.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

私的には、フリーターやニートそのものが問題というより、それが生まれ易い状況の方が問題だと思うのですが・・・。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/gakugei/news/20051127ddm015070138000c.html
http://www.genda-radio.com/blog/archives/2005/10/post_68.html
http://www.genda-radio.com/blog/archives/2005/10/post_69.html
h...続きを読む

Qフリーターが増えるのは...

 フリーターが増えるのは、努力しない若者が増えたのでしょうか?
それとも、景気が悪くてこのようになっているのでしょうか?

 ”わたしだったら どんな環境であれ働いて稼ぐ”という方がおられましたら、これからの日本景気、将来がどのようになって行くと思われているのか?
 ご返答をお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。
社会的な不安が一番ではないでしょうか。
いくら自分が一生懸命はたらいても、報われないようなときも多い。
年金だって、勝手に引かれてるけどもらえないかも。
将来どうなるかなんて、考えるのもいや。ならば、好きなようにすぐにやめられる仕事をして遊んでいる方がいいな。

親もリストラされたり、なんだか良くわからないけど、みんなめんどくさそうなことで、苦労して、しんどそうだしな。。

学校でも、頑張っていても、先生も誰も認めてくれないし、ってのを今まで経験してきたからかもしれないですね。

また、「我慢」ってことができない性質もあるんでしょうね。
携帯やコンビニの普及や、何でもある程度手に入る。
あと、1日待てば、とかそいういう「ドキドキ」「ワクワク」なんて、ないんじゃないかな?
それも加担してますね。

私も、もし、この時代だったら、フリーターだったかもしれないです。
結婚もしていないかも、もしくは、日本脱出していたかも。
こんなに、「将来が不安定」で、暗い見通ししかない国、また、性格的にも内向的、島国根性、意地が悪い。
自分と違うものを受け入れられない国民性。

いやでしょー?できたら、脱出したいですもんね。
でもできないから、すごく悩んでます。
おそらくそう思って、感じているから、今日本人は「イライラ」している人が多いのでしょうね。
私も含まれますね。。。とほほ。

はじめまして。
社会的な不安が一番ではないでしょうか。
いくら自分が一生懸命はたらいても、報われないようなときも多い。
年金だって、勝手に引かれてるけどもらえないかも。
将来どうなるかなんて、考えるのもいや。ならば、好きなようにすぐにやめられる仕事をして遊んでいる方がいいな。

親もリストラされたり、なんだか良くわからないけど、みんなめんどくさそうなことで、苦労して、しんどそうだしな。。

学校でも、頑張っていても、先生も誰も認めてくれないし、ってのを今まで経験してきたか...続きを読む

Qニートが増えたのはなぜ?

私は近年ニートが急増した背景に、過去の就職難(就職氷河期)が関係しているのではないかと考えているのですが、学校では「やる気の無い人間」や「目標の定まらない人間」増えたためというふうに教えられています。皆さんはどちらの考えが正しいと思われますか?また、ニートの増加に歯止めをかけるような解決策としては、どのような事が有効だと思われますか?ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

もともとニート(NEET-Not in Employment, Education or Training、就業・就学・職業訓練のいずれもしていない人)という言葉は、イギリスの若年者雇用政策の問題分析の研究リサーチのなかで作られた造語です。これは、本人のやる気や意欲にかかわらず、“社会構造”としての就職難問題を指摘したものです。

それが、日本でこのニートという言葉が一気に広まったのが、玄田有史・東京大学助教授の『ニート――フリーターでもなく失業者でもなく』という著書で、彼が意欲と就業関係を結びつけて論じたことから、ニート問題は本人のやる気のなさや目標の不明確さに結びつけられて論じられるようになりました。

したがって、ニート問題で、本人のやる気との関連で論じるのは日本的な状況です。もともとのイギリスのNEETという言葉には、「働く気のない若者」というイメージはありません。(このあたりの、日本特有のニート観については、いくつかの反論がではじめています。例えば、本田由紀『「ニート」って言うな』(光文社)など)

>皆さんはどちらの考えが正しいと思われますか?

わたしの個人的な意見を述べさせていただくと、どちらの見方も必要。
ただし、今の日本社会では、個人のやる気のなさを正規雇用になれないことの原因にして、就職難や雇用構造の変化などの、社会的要因をほとんど考慮していないことは、はなはだ問題だと思います。



>ニートの増加に歯止めをかけるような解決策

まず、ひとつめには、問題をきちんと分けること。
「意欲のない若者」「目標が決められない若者」ということと、「就職難」「正社員労働から派遣労働への切り替え」などの社会構造的な問題によって就職できない人とを区別すること。

ふたつめには、教育的支援の必要性
意欲がない若者に対しては、何がしたいのかを見つめるようなキャリアプランニング的な教育支援が必要。また、働く意欲がある人についても、このニートが増えた時期の25-35歳の人たち(「失われた世代」と言われている)に対しては、家にひきこもっていたり、短期やパートの仕事で仕事のキャリアが詰めていないので、それを埋め合わせるような職業訓練が必要。

三つめには、再チャレンジできる就業への道の確保
小杉礼子さんが「日本では高校卒業・大学卒業時にすぐに会社に就職しないと、ニートに陥りやすい」と指摘しています。つまり、日本では、就業に有利な機会が、学校卒業時の期間に限られていて、これを逃すとなかなか就職的ないシステムになっています。とくに、いちど正社員についての離職なら転職が可能ですが、卒業時になにも職についていないと、ほとんど正規職員で働くことが困難です。このような社会的なシステムを改め、卒業してから年数がたっても、就業できる仕組みなり支援なりが必要。

もともとニート(NEET-Not in Employment, Education or Training、就業・就学・職業訓練のいずれもしていない人)という言葉は、イギリスの若年者雇用政策の問題分析の研究リサーチのなかで作られた造語です。これは、本人のやる気や意欲にかかわらず、“社会構造”としての就職難問題を指摘したものです。

それが、日本でこのニートという言葉が一気に広まったのが、玄田有史・東京大学助教授の『ニート――フリーターでもなく失業者でもなく』という著書で、彼が意欲と就業関係を結びつけて論じたことから...続きを読む

Q『ニート』と『フリーター』と『ぷーたろー』と『無職』の言葉の定義は?

最近、定職を持たない人が増えているなんてニュースで目にしますが、、、
ニートとフリーターとぷーたろーと無職はどのように使い分けをされているのでしょうか?
ニートとフリーターの違いはわかります。
では、ぷーたろーや無職とはどの分類に入るのでしょうか?新聞などでは、25歳無職などとありますが、フリーターは無職になるのでしょうか?

Aベストアンサー

フリーター・・・定職に就かず、時間や曜日が一定しない仕事を選び、安定性より自由を選ぶ人。基本的に同じ職場で永続しない人。日本語に置き換えると、自由人と言ったとこでしょうか。

無職・・・文字通り働いていない人を指します。ただし、学生や浪人生、主婦など、他にはっきりとした目的を持って仕事に就かない人は無職とは言いません。

プータロー・・・最近では死語になりつつあるかも・・・。働く気がなくて働かない人です。比較的、若者に対して遣われていた言葉ですね。“プータロー”は正式な言葉ではなく、若者の間での流行言葉(俗語)です。

ニート・・・働かないばかりか、働こうともしない人です。ですから、職探しをしている人はニートとは言いません。単なる無職とは違い、何の目的も持たない無気力無心者を指します。労働意欲どころか、遊びたいという気持ちすらないようです。要するに、ただ時間が過ぎ去るのを待つ人でしょうか。プータローと同じような感じがしますが、プータローよりもさらに悪い状態だと思います。プータローには、ゲームセンターやカラオケボックスで遊ぶなど、それなりに時間を楽しんで過ごしていた傾向がありましたが、ニートにはそれすらない人が多いです。

上記を簡単にまとめると、プータローは一時的な若気の至りという感じがしますが、ニートは完全に人間らしさを失い、ただ呼吸をして生きているだけの人という感じですね。
私に言わせれば、それこそ植物人間です。
他人の人生だからどうでも良いとは言え、そのような人が増えれば、社会問題になるのは必至です。

フリーター・・・定職に就かず、時間や曜日が一定しない仕事を選び、安定性より自由を選ぶ人。基本的に同じ職場で永続しない人。日本語に置き換えると、自由人と言ったとこでしょうか。

無職・・・文字通り働いていない人を指します。ただし、学生や浪人生、主婦など、他にはっきりとした目的を持って仕事に就かない人は無職とは言いません。

プータロー・・・最近では死語になりつつあるかも・・・。働く気がなくて働かない人です。比較的、若者に対して遣われていた言葉ですね。“プータロー”は正式な言葉...続きを読む

Q小論文のアドバイスください(>□<)

今国語の授業で要約をしています。
今度、要約した内容に対する自分の考えを述べよという問題をするのですが、要約した文章に対する小論文は書いたことがなく、よくわかりません。
アドバイスお願いします。

要約した内容をさらにまとめると、
日本人は職業を尋ねられたときに名称で答えるが、欧米人は仕事の中身で答える。
さらに日本が幅広い範囲で物事をこなせることを良いとするのに対し、
欧米人は自分の仕事のプロを目指し、極めることを良いとする傾向にある。
欧米人のように、自分の職業の内容に誇りを持ち、仕事をすることはとても大切なことなのだ。
といった感じです。
私は次のような文章を考えました。(400字程度です)

私は、職業生活の中で最も重要とすべきなのは仕事のやりがいではないかと考える。
仕事のやりがいとは、自分の成果が誰かを喜ばせたときに感じるものだ。
大勢の人を喜ばせる成果をあげるのは容易なことではない。
自分の仕事に対してひたむきに努力し、仕事のプロを目指す姿勢が必要だ。
最近は、フリーターやニートが増加傾向にある。
これは、仕事にやりがいや誇りを持つことができない若者が増えているからではないだろうか。
嫌だからといってすぐに仕事を辞めていては仕事に対して誇りを持つことはできない。
仕事のやりがいを見出すには、自分から積極的に動く姿勢が必要なのだ。
長い職業生活を、何という会社で送るのか、どういう職業で送るのかということは第一に考えることではない。
自分が何をしたいのか、何を目指しているのかに焦点を合わせ、そこでやりがいを見出せるよう勤めることが大切なのである。

こんな感じです。
参考書にしたがって社会の問題点などもいれたのですが、どうも論点からずれてしまします。どのようにすべきでしょうか。
アドバイスお願いします。

今国語の授業で要約をしています。
今度、要約した内容に対する自分の考えを述べよという問題をするのですが、要約した文章に対する小論文は書いたことがなく、よくわかりません。
アドバイスお願いします。

要約した内容をさらにまとめると、
日本人は職業を尋ねられたときに名称で答えるが、欧米人は仕事の中身で答える。
さらに日本が幅広い範囲で物事をこなせることを良いとするのに対し、
欧米人は自分の仕事のプロを目指し、極めることを良いとする傾向にある。
欧米人のように、自分の職業の内容...続きを読む

Aベストアンサー

要約では、日本が【肩書き社会】であり、【ブランド社会】であることと、【広く浅く】【器用貧乏】が横行していることが書かれているのだと思います。

これに対しての小論文ですから、これらの事柄に対するご自分としての分析、見解、今後の対応などを述べることが必要なのではないでしょうか。

原稿では「やりがい」というものを取上げていますが、「やりがい」→「お客様に喜ばれる」→「努力とプロ意識の必要性」という流れ。一方で、「ニートなどの問題点」→「意識の欠如」→「やりがいを目指せ」→「仕事の中身に拘れ」→「やりがいが得られる」ということが書かれています。

果たして、ニートやフリーターにここまで絞り込んだ文章で良いのでしょうか?

一般社会の抱える大きな問題点ですから、もっと視野を広げる方が良いのでは?

日本の場当たり的、その場しのぎの体質が問題視されています。

それに対してあなたがどのように考え、行動し、対処してゆくのかをお考えになるほうが宜しいのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報