ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

読書が趣味です。最近ハマッているのが恋愛小説。私がよく行く書店では「女流作家」というコーナーがあって、私は村山由佳氏のファンなのですが、その隣に何となくタイトルだけから読みたくなりそうな作家の本として、江國香織氏、唯川恵氏の作品があります。両氏の作品でお勧めの恋愛小説があればぜひ教えて下さい。できれば推薦理由も書いて頂けますと有難いです。

また、両氏以外でも構いませんので、お勧めの作家の恋愛小説とその理由も書いて頂けますと幸いです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私は江國香織さんが好きです。

柔らかな空気感、でも恋愛に関してはすごく切羽詰った、狂気のような気持ちまで感じることがあり、とても切ないです。
お薦めは
「落下する夕方」別れた彼の新しい恋人と何故か同居するようになる女性の物語です。淡々と切なくて、一番好きです。
「神様のボート」既出ですが私もすごく切なくなりました。痛々しいくらい誰かを想う女性の物語です。

あとは山本文緒さんとかどうですか?
ドラマ化されましたけど「恋愛中毒」、ストーカーの女性の話ですが、恋愛ってすごいなあって怖くなるくらいでした。山本氏は結婚生活をリアルに怖く描ける人だと思いますが、「紙婚式」という短編集にそういううまさがよく出てます。

川上弘美さんも既出ですが、「センセイの鞄」は私も大好きです。あとは短編集「おめでとう」「溺レる」なんかが、独特な雰囲気で恋愛の一場面を切り取った、ちょっと切ない短編集です。お薦めです。

少し毛色が違いますが姫野カオルコさん。
彼女については「受難」(女性の秘所に人面瘡が現れて喋りだす話。ちなみに私はこの本大好きですが)とか、一癖ある感じのものもあるので、お好みかどうかは本によりますけど、
「ツ、イ、ラ、ク」(田舎の女子高での群像劇と恋愛、まだ文庫化してません)や「終業式」(手紙形式でつづる高校の同窓生の恋愛模様)なんかは、すごく切なくて毒味も少ないいい恋愛小説だと思いました。

たくさん書いてごめんなさい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。とんでもありません、たくさん書いて頂いた方が嬉しいです!本って、たくさんあるんで選ぶのに困るし、「ハズレ」は買いたくないし…。だからこうして皆さんからアドバイスして頂けることを感謝しています。

山本文緒さん、やっぱり出ますね。実は『眠れるラプンツェル』しか読んだことはないんですが、個人的にはあんまり好きじゃなかったんです。で、別カテでこの作品の感想をきいたところ、他の作品を紹介して頂きました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1339099

お礼日時:2005/04/21 21:24

No6です。

すみません!島村洋子でした。作品名は「ココデナイドコカ」であってるはずなんですが。
もっぱら図書館利用してるので本は持ってないんです。2004年出版でした。
ついでに唯川恵のおすすめもう1冊いいですか?「泣かないで、パーティーはこれから」です。ちょうど主人公と同じ境遇にあった時に読んだのでどっぷりつかっちゃいました。彼女の作品のいい所は終わり方がいつも前向きで元気になれるところです。

この回答への補足

回答を寄せて頂いた6名の皆様!どうもありがとうございました!とても参考になりました。どのご回答もそれぞれ納得のいくものばかりで、ホントは皆さんに20ポイントずつ差し上げたいところなんです。あるいはマスター20ポイントと準マス10ポイントを山分け(?)してもいいんです。それともいっそ公平を期すためにポイントを付けないというのもありかな、とも思ったのですが、「お礼の意味を込めてポイント付けるように」とのこと。そうもいきませんね。そこでここは私の独断と偏見(?)でポイントを付けさせて頂きました。でも回答に優劣があるとは思ってません。ですので、今回ポイントが付かなかった方も、また機会がありましたらぜひご回答よろしくお願いします!

補足日時:2005/04/27 17:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざすみません、島村洋子著『ココデナイドコカ』ありました。私の入力ミスでした!m(__)m

唯川恵のもう1冊の作品のご紹介もありがとうございました。この作家はタイトルの付け方がうまいと思います。

お礼日時:2005/04/24 23:29

私は唯川恵の小説好きですねぇ。

恋愛についてそうそう!とか、あるあるって共感できるんですよね。
おすすめは、「恋人達の誤算」「ベターハーフ」あとこないだドラマ化された「刹那に似てせつなく」です。刹那、、は一押しです!恋愛小説とは少し違いますが唯川恵の違う面が読める小説です。
あと島田洋子(だったと思います。)の「ココデナイドコカ」もいいですよ。
私は村山由佳は知らなかったので是非読んでみますね。

この回答への補足

アマゾンの書籍検索で出版社を調べようとして、著者「島田洋子」、作品名「ココデナイドコカ」で検索したのですが、書籍がないという結果でした。また、著者名または作品名のいずれか一方での検索も試みたのですが、結果はやはり同じでした。お手数ですが、この書籍の正確な著者名、作品名と出版社名を教えて頂けますと幸いです。よろしくお願いします。

補足日時:2005/04/23 22:59
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。とてもたくさんの作品をご紹介頂き、大変感謝しています。全部読みます。

お礼日時:2005/04/23 22:13

江國香織さん、私もよく読みます。


「薔薇の木、枇杷の木、檸檬の木」が最近だと印象に残っています。
江國さんの本は比較的ゆっくりとした生活を送ることを常にしている人を題材に書かれている感じがします。なので、その時間の流れが自分に合う人は、読んでいてすっと気持ちが入ると思います。
上記の本は、複数の女性の恋愛というか生活観の相違が書かれていて、なんとなくよくあるといえばある人間関係が巧みに(江國さんの文章は本当に「巧み」です)に書かれています。
江國さんの本を読まれるのでしたら、その文章の綺麗さを是非感じて欲しいです。
ひらがなの選び方や、擬音語の見事さを。

そして、唯川恵さん。
ついこの間「燃えつきるまで」を読みました。
一行目からあぁ、と感じてしまいました。
恋愛を読みたいのならば、これはまさに恋愛の本です。
山本文緒さんの「恋愛中毒」にも通じるものがあります。
でもこれは、自分が元気な時に読んでもらいたいかも・・・。

よかったら読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。作品に関するとてもたくさんの情報を書いて頂いたことに大変感謝しています。両作品、ぜひ読みます。

お礼日時:2005/04/22 21:30

こんにちは。

私も村山由佳が好きで、おいしいコーヒーシリーズを読み返しているところです。
江國香織もよく読むのですが、「神様のボート」はとても切ない内容でいろいろと考えさせられました。戻ってこない人をずっと待ちつづける話です。映画化された「冷静と情熱の間」も好きです。泣ける恋愛小説です。ほかに「思いわずらうことなく愉しく生きよ」という3人姉妹の恋愛を描いたものや「間宮兄弟」がおすすめです。かなり作品数が多いので、ハマったら長く読めると思いますよ。
ほかに、林真理子の小説&エッセイはすべて読んでいます。どれも女心を巧みに表現するので、読んでいるとどきどきします。今ドラマでやっている「anego」や「野ばら」、「不機嫌な果実」あたりがおすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。とてもたくさんの作品をご紹介下さり、とても感謝しています。全部読んでみたいと思います。

お礼日時:2005/04/21 21:07

読書は好きですが、恋愛ものはまったく読まない私です。


そんな私でも「いい作品だなー」と感じたのは、
川上弘美さんの『センセイの鞄』です。

主人公ツキコは、一人で呑むお酒の飲み方にも長けている、こなれた女性。常連の町の片隅にある小さな居酒屋で、ツキコは恩師と再会します。
何十年もの隔たりも、大人としてひっそりと身に着けてきたささやかな嗜好の好みがあうことから、お互いひかれてあっていきます・・・。

メイン二人がのんびりした性格というのもありますが、
終始ゆったりとしたペースで話は進んでいき、
そのなかに細やかな感情が描かれています。
いうならば、「ほのぼの恋愛小説」でしょうか。
ありそうでなかった恋愛小説に、
気持ちのいい衝撃をうけました。

ぜひよんでみてください^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。川上弘美さんは、ついこの間まで日経の日曜版にコラムを書かれていました。文章が上手だし、目の付け所も面白いので楽しみだったんですが、残念ながら連載は終わってしまいました。『センセイの鞄』、読んでみます。

お礼日時:2005/04/21 21:03

こんにちは



私も村山由佳さんの小説にはまりました♪
あとは、狗飼恭子さんが好きです。狗飼さんの小説は全て持っていますが、「愛のようなもの」という小説が一番好きかな。
あと「愛の病」というエッセイも面白かったです。

ご参考までに・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。狗飼恭子さん、初めてお聞きする作家です。読んでみます。

お礼日時:2005/04/21 20:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q不倫関係の小説又は切ない恋愛小説

不倫関係の小説を探しています。
が、
渡辺淳一氏の小説は苦手です。私だけの感想かも知れませんが、「女の人が身勝手」なのは・・・。(【失楽園】読んでて腹が立ったので・・・)
どうしても、別れられずに、悩み続ける。そんなお話をお願いします。
後、そう言った不倫でなくても、切ない恋愛小説もあったらお願いします。

Aベストアンサー

むかし読んだ古めの小説ばかりです。お眼鏡にかないますかどうか。

 不倫小説

◇川端康成『みづうみ』
美少女のうしろをつけずにはいられない元教師。複数の女性たちが出てきますが、いずれも切ないほどに真実です。この小説は美しいとしか言いようがありません。

◇横光利一『寝園』
夫を絡ませた三角関係の中で、故意かはずみか謎の一瞬が訪れます。

◇大岡昇平『武蔵野夫人』
不倫の本場フランスの心理小説の系譜を踏み、戦後まもない日本の社会状況をからませています。

◇吉行淳之介『夕暮れまで』
中年の男と若い娘との恋愛モード。

 切ない恋愛

◇ドストエフスキー『白痴』
この大作、まずはとりあえず恋愛小説でしょう。それぞれが切ない恋をします。

◇ミュッセ『フレデリックとベルヌレット』
むかしパリにはお針子と呼ばれる若い女性たちがいました。そのお針子を描いて最も有名な中編の小説です。

◇フーケ『ウンディーネ』
水の妖精ウンディーネ(独語)の悲恋。仏語でオンディーヌ、あのジロドゥの演劇のもとになった小説です。


以下『椿姫』などいろいろあるところですが、現実の恋愛書簡というものも興味深いかもしれません。
勝手に三つあげてみます。

◇『アベラールとエロイーズ 愛と修道の手紙』
中世スコラ哲学の泰斗であったアベラールと、その女弟子エロイーズとの往復書簡集です。
興味おありになれば第二書簡から第五書簡まででも(「愛の書簡」と呼ばれています)お読みになるとよいでしょう。
特にエロイーズの書簡は女性の手になる、おそらく古今もっとも激越な愛の告白の一つです。

◇はるか後年、リルケが翻訳して世に知られるようになった尼僧の手紙『ポルトガル文』も思いだされます。
女性の恋愛は真剣で切ないですね。

◇『宝石の声なる人に』
タゴールとも親戚関係にあったインドの女流詩人プリヤンバダ・デーヴィーと岡倉覚三(岡倉天心)との往復書簡集です。岡倉の死とともに恋愛書簡は終わりを迎えます。贅言は要すますまい。

むかし読んだ古めの小説ばかりです。お眼鏡にかないますかどうか。

 不倫小説

◇川端康成『みづうみ』
美少女のうしろをつけずにはいられない元教師。複数の女性たちが出てきますが、いずれも切ないほどに真実です。この小説は美しいとしか言いようがありません。

◇横光利一『寝園』
夫を絡ませた三角関係の中で、故意かはずみか謎の一瞬が訪れます。

◇大岡昇平『武蔵野夫人』
不倫の本場フランスの心理小説の系譜を踏み、戦後まもない日本の社会状況をからませています。

◇吉行淳之介『夕暮れ...続きを読む

Q大人の恋愛小説のおすすめは?

大人の恋愛小説のおすすめってありますか?
いろいろ教えてください

Aベストアンサー

五木寛之作品はいかがでしょうか。

『哀しみの女』←画家のエゴン・シーレのエピソードと絡めたものです。シーレの絵は見たことあるような・・・って程度でも大丈夫!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-2440023-5456242

『レッスン』←これは映画になりました。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD28358/story.html

 五木さんて最近人生論を書かれているのでそのイメージが強いですが、小説で大人の女性を描くのがものすごく上手い人ですよね。熱いコーヒーなんか飲みながら読むと、ちょっと優雅な気分になります(笑)。

Q1日で読み終えてしまうほどハマル小説

1週間ほどの休暇ができまして、その間にいつも読まない小説を読もうと思い。ジャンルは何でも読みますが、ドロドロした恋愛モノは抜きにしてください。伏線はりまくりの推理小説やハラハラドキドキの冒険モノ、コメディー、感動モノ、有名作品、マイナー作品、おもしろい小説を教えてください。

Aベストアンサー

茅田砂胡先生の作品をオススメします。
一応女性向け作品ですが、学生やサラリーマンなど、幅広いファンを持つ作家です。
ジャンルはファンタジー系。
(1)「デルフィニア戦記」全18巻+外伝1巻
(2)「スカーレットウィザード」全5巻+外伝1巻
(3)「暁の天使たち」シリーズ等以下続刊

の順で読むのが一番いいですが、デルフィニアは長いので、スカーレットから手に取られても良いと思います。
好き嫌いが分かれる作品とは思いますが、一度ハマってしまえばハマリ度はかなり高いと思います。
個人的に好きな作品をオススメしましたが、新巻刊行月は書籍売り上げランキングの上位に入っていることが多い作品です。
まだ読んだことが無ければ是非読んでみてください★

Q成人男性でも読めそうな恋愛小説を紹介してくれませんか?

成人男性でも読めそうな恋愛小説を紹介してくれませんか?
ポルノ小説ではなく恋愛小説です。(エロ描写はあってもいいですが・・・)
ラノベと携帯小説はなしでお願いします。

時代背景は現代ですね。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者様が実際いくつぐらいかわからないのでなんとも…ですが

若めの方なら中村航
ある程度なら東野圭吾・石田衣良・吉田修一
初老なら渡辺淳一

あたりですかねぇ…

Q文学 読書について【読書が好きな人】

私は19歳、学生です。
数年前から親の影響もあって
日本文学(川端康成、三島由紀夫、遠藤周作など)を読み漁ってるんですが…

はっきり言ってよく分かりません。
話のあらすじを掴んで、登場人物の気持ちなどを読み取ることはできます。
しかし、その本を読み終わった後、何も思わない訳では無いのですが、はっきりした読後感みたいなものを感じたことがあまりありません。
Amazonのレビューにあるような、
「心に残る~」とか「とても考えさせられた~」とか、そう言う感情を持ちにくいです。
なぜそう言う感情を持てないのか自分で考えてみましたが分かりません。
本が自分にあっていないのか。
自分が薄い人間なのか。
そもそも文が読めていないのか。
色々可能性を考えてみましたが、自分でははっきりしません。

これと同じ用な事を思う人はいませんか?もし居たらどういう事を考えているのか聞きたいです。

また、私は一冊一回ずつしか読んでいません。上記の深い感情、洞察というのは反復して同じ本を読むことで初めて生まれるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

oが1つ少ないoozora2000です。(あ、でも0はこちらがooiな!)
私も読書家で、1年に100冊ほど読んでいます。
読書は古今東西の知識人(一応本を書けるくらいの知性がある人々)の知見を得られる絶好の媒体であり、これを利用しない手はないと思います。日頃face to faceで会える人は限られますから、本は「会える人」を二次元、三次元にまで広げることの出来る一番の手段です。

しかし、だからといって、読んだ本を全部自分の血肉として吸収することは出来ませんし、共感できるとも限りません。私は、1か月前に京都へ行ったので、川端康成の「古都」を携えて行き、読んでみましたが、これは言ってみれば「通俗小説」の域を出ないなと感じました。実は大学の時に読んで以来、40年ぶりの再読でした。面白いには面白いと感じましたが・・・。有名なノーベル賞作家でもそうですから、どの小説家の小説だって、大差ないと思います。

本は食べ物と同じで、「ためになる」・「感動する」以前に、先ずある程度「通俗的」で、「面白く」なければ読み進められないと思います。

やはり、行き当たりばったりかもしれませんが、たくさん読んで、どんな本が自分のためになるか、以後選んでいけばよいかの「選球眼」を得ることも必要と思います。

又、読まなくても、自分の普段の関心事、価値観、感性からしてしっくりくる本から取り組んでみたら如何でしょうか?

例えば、あなたは19歳で、川端康成、三島由紀夫、遠藤周作などの昭和ころの日本文学を読み漁っておられるようですが、むしろ、あなたの年頃なら、今の現代作家のものから読み進められたらよいのかもしれません。その方が小説の背景や登場人物の感性があなたに近いのでは?

一方、個人的には、私は60のおじさんなので、現代作家のものより、昭和以前の作家の方を読みたいと思っています。でも、それはあなたの場合、先に取っておくのでもよいのでは?

又、海外作家のものや、小説以外のエッセイや評論、ノンフィクションものも、新書版や文庫もので読んでみられることもお勧めします。まずは、あまりノルマと思わず、興味の湧くものから気軽に読んでみては?

oが1つ少ないoozora2000です。(あ、でも0はこちらがooiな!)
私も読書家で、1年に100冊ほど読んでいます。
読書は古今東西の知識人(一応本を書けるくらいの知性がある人々)の知見を得られる絶好の媒体であり、これを利用しない手はないと思います。日頃face to faceで会える人は限られますから、本は「会える人」を二次元、三次元にまで広げることの出来る一番の手段です。

しかし、だからといって、読んだ本を全部自分の血肉として吸収することは出来ませんし、共感できるとも限りません。私は、1か月前に...続きを読む

Qカラオケの「父娘坂」って歌手:清水まり子しかない??

披露宴でカラオケをしてもらうのですが、リクエストがあり「秋湖太郎」の「父娘坂」を歌いたいと言われたのですが、清水まり子の父娘坂しかカラオケに入っていません。
同じ曲であれば清水まり子のほうを使用したいと思うのですが、どなたか同じ歌なのか知っている人がいたら回答下さい。

Aベストアンサー

清水まり子さんのほうは、台詞があるようですが
歌詞は同じようですね。

http://www.utamap.com/show.php?surl=5/51586&title=%C9%E3%CC%BC%BA%E4&artist=%BD%A9+%B8%D0%C2%C0%CF%BA

http://www.uta-net.com/members/index2.html

会員登録が必要ですが、こちらに清水まり子さんの歌詞が載っています。

参考URL:http://www.utamap.com/show.php?surl=5/51586&title=%C9%E3%CC%BC%BA%E4&artist=%BD%A9+%B8%D0%C2%C0%CF%BA

Q隆 慶一郎氏の時代小説が大好きです。

時折読み返してはその度に感動を味わっています。


隆氏の作風に似た感じの時代小説作家の方とかご存知ありませんか?

また、隆氏云々にこだわらずお薦めの時代小説作家などもご紹介いただけるとうれしいです。

歴史に沿った小説も好きですが、荒唐無稽なものや伝奇的な作品も読んでみたいと思っています。

時代小説という枠内でご紹介いただけると幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「にあんちゃん」はじめ屈指のシナリオライター池田一朗が、還暦を過ぎてから初めて物した小説「吉原御免状」には、本当に驚かされました。
天皇と柳生の役割は五味康助の名作「柳生武芸帳」を、まるまる裏返しにして対抗し、吉川英治「鳴門秘帖」をも髣髴させ、長谷川伸の「荒木又右衛門」や直木三十五の「鍵屋の辻」に描かれた柳生最強の剣豪を復活させ、南条範夫「願人坊主家康」を想起させ等々、これまでの代表的な時代小説のあれこれを縦横に鏤めながらの堂々の登場でしたから。

この隆慶一郎に触発された、宮本昌孝は「剣豪将軍義輝」を、同業のシナリオライター池宮彰一郎は「四十七人の刺客」を、安部 龍太郎「彷徨える帝」を等と、後の作家たちへの影響も甚大でした。時代小説というかチャンバラ小説の復権を高らかに謳ったものでした。
彼の死後、再び消えつつあったこの分野を、鮮やかに蘇生させた功績は、何より佐伯 泰英の密命シリーズでした。それに鈴木栄治、長谷川卓など多くの作家が続いていますが、特に次の作品をおススメします。

山本 兼一…「弾正の鷹」「火天の城」「いっしん虎徹」など、専門技術屋の心意気が大いに嬉しい。
加藤 廣…75歳からのデビューで信長三部作は見逃せない。
冲方丁…SF界の鬼才が時代小説に転身。「天地明察」「光圀伝」は緻密にして堅実。
鈴木英治…「義元謀殺」「血の城」あたりはまさに隆ワールド髣髴。
夢枕 獏…「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」は驚異の伝奇傑作。
宮本昌孝…「風魔」。どの作品でも安心して愉しめます。
和田竜…「のぼうお城」は映画化に。馴れない人でも読みやすさがなにより。

「にあんちゃん」はじめ屈指のシナリオライター池田一朗が、還暦を過ぎてから初めて物した小説「吉原御免状」には、本当に驚かされました。
天皇と柳生の役割は五味康助の名作「柳生武芸帳」を、まるまる裏返しにして対抗し、吉川英治「鳴門秘帖」をも髣髴させ、長谷川伸の「荒木又右衛門」や直木三十五の「鍵屋の辻」に描かれた柳生最強の剣豪を復活させ、南条範夫「願人坊主家康」を想起させ等々、これまでの代表的な時代小説のあれこれを縦横に鏤めながらの堂々の登場でしたから。

この隆慶一郎に触発された、...続きを読む

Q質問です!!! おすすめは小説はありますか? おすすめの小説家は誰ですか?

質問です!!!

おすすめは小説はありますか?

おすすめの小説家は誰ですか?

Aベストアンサー

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎に迫ります。

北山猛邦さんの「『アリス・ミラー城』殺人事件」(講談社文庫)
絶海の孤島に建つアリス・ミラー城。。何人かの探偵がこの城に招かれます。彼らへの依頼は、城のどこかに隠された鏡、アリス・ミラーを探し出すこと。ところが、探偵たちは一人また一人と殺されていき・・・・・・

東野圭吾さんの「悪意」(講談社文庫)
人気作家が殺され、犯人はあっけなくつかまります。犯人は犯行は自供しますが、動機に関してはけっして語ろうとしません。そのかわり、犯行に関する手記を書きます。担当の加賀刑事は、その手記に興味を持ち、犯人の秘められた真の動機に迫っていきます。

井上夢人さんの「ラバー・ソウル」(講談社文庫)
ビートルズの評論を書くことだけが生きがいだった醜い男、鈴木誠。彼は、ふとしたことから、美しいモデル、美縞絵里と知り合います。その日から、彼女のストーカーと化し、その模様を克明につづる鈴木。はたして、その行き先に待っているものは?

恩田陸さんの「チョコレートコスモス」(角川文庫)
タイプの全く違う二人の少女たちが、あるオーディションを目指して努力します。演劇に青春をかけた二人の物語。

特に、おすすめの小説家。

若竹七海さん、恩田陸さん、井上夢人さん

おすすめの小説

若竹七海さんの「クール・キャンデー」(祥伝社文庫)
主人公は女子中学生の渚。兄嫁がストーカーに襲われ重傷を負い、そのストーカーが殺されたことから、渚の兄にストーカー殺しの嫌疑がかかります。渚は、一生懸命、兄の無実を証明しようとするのですが・・・・・・

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」(光文社文庫プレミアム)
一人の男と、ある新妻が殺された事件。二つの事件には関係がないように見えましたが、被害者たちには莫大な保険金がかけられていました。中年の刑事が、この事件の謎...続きを読む

Q伊坂幸太郎氏のような小説を教えてください

私の趣味に合いそうな小説を教えてください。

好きな作家
伊坂幸太郎、全般
石田衣良(IWGPシリーズは特に)
阿佐田哲也、全般
奥田英朗(真夜中のマーチ、伊良部シリーズ)

好きな作品
犯人に告ぐ(雫井脩介)
模倣犯(宮部みゆき)
凶気の桜(ヒキタクニオ)


読みやすさ、スピード感、ユーモラスな表現・会話が好みです。
個人的な質問で申し訳ないのですが、いつも適当に購入してしまい
当たり外れが多くて困っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

伊坂幸太郎は、春樹チルドレンの一人と言われています
もちろん村上春樹のこと。
読んでみては?ちなみに
世界の終わりとハードボイルドワンダーランドがお勧めです


人気Q&Aランキング