読書が趣味です。最近ハマッているのが恋愛小説。私がよく行く書店では「女流作家」というコーナーがあって、私は村山由佳氏のファンなのですが、その隣に何となくタイトルだけから読みたくなりそうな作家の本として、江國香織氏、唯川恵氏の作品があります。両氏の作品でお勧めの恋愛小説があればぜひ教えて下さい。できれば推薦理由も書いて頂けますと有難いです。

また、両氏以外でも構いませんので、お勧めの作家の恋愛小説とその理由も書いて頂けますと幸いです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

私は江國香織さんが好きです。

柔らかな空気感、でも恋愛に関してはすごく切羽詰った、狂気のような気持ちまで感じることがあり、とても切ないです。
お薦めは
「落下する夕方」別れた彼の新しい恋人と何故か同居するようになる女性の物語です。淡々と切なくて、一番好きです。
「神様のボート」既出ですが私もすごく切なくなりました。痛々しいくらい誰かを想う女性の物語です。

あとは山本文緒さんとかどうですか?
ドラマ化されましたけど「恋愛中毒」、ストーカーの女性の話ですが、恋愛ってすごいなあって怖くなるくらいでした。山本氏は結婚生活をリアルに怖く描ける人だと思いますが、「紙婚式」という短編集にそういううまさがよく出てます。

川上弘美さんも既出ですが、「センセイの鞄」は私も大好きです。あとは短編集「おめでとう」「溺レる」なんかが、独特な雰囲気で恋愛の一場面を切り取った、ちょっと切ない短編集です。お薦めです。

少し毛色が違いますが姫野カオルコさん。
彼女については「受難」(女性の秘所に人面瘡が現れて喋りだす話。ちなみに私はこの本大好きですが)とか、一癖ある感じのものもあるので、お好みかどうかは本によりますけど、
「ツ、イ、ラ、ク」(田舎の女子高での群像劇と恋愛、まだ文庫化してません)や「終業式」(手紙形式でつづる高校の同窓生の恋愛模様)なんかは、すごく切なくて毒味も少ないいい恋愛小説だと思いました。

たくさん書いてごめんなさい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。とんでもありません、たくさん書いて頂いた方が嬉しいです!本って、たくさんあるんで選ぶのに困るし、「ハズレ」は買いたくないし…。だからこうして皆さんからアドバイスして頂けることを感謝しています。

山本文緒さん、やっぱり出ますね。実は『眠れるラプンツェル』しか読んだことはないんですが、個人的にはあんまり好きじゃなかったんです。で、別カテでこの作品の感想をきいたところ、他の作品を紹介して頂きました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1339099

お礼日時:2005/04/21 21:24

No6です。

すみません!島村洋子でした。作品名は「ココデナイドコカ」であってるはずなんですが。
もっぱら図書館利用してるので本は持ってないんです。2004年出版でした。
ついでに唯川恵のおすすめもう1冊いいですか?「泣かないで、パーティーはこれから」です。ちょうど主人公と同じ境遇にあった時に読んだのでどっぷりつかっちゃいました。彼女の作品のいい所は終わり方がいつも前向きで元気になれるところです。

この回答への補足

回答を寄せて頂いた6名の皆様!どうもありがとうございました!とても参考になりました。どのご回答もそれぞれ納得のいくものばかりで、ホントは皆さんに20ポイントずつ差し上げたいところなんです。あるいはマスター20ポイントと準マス10ポイントを山分け(?)してもいいんです。それともいっそ公平を期すためにポイントを付けないというのもありかな、とも思ったのですが、「お礼の意味を込めてポイント付けるように」とのこと。そうもいきませんね。そこでここは私の独断と偏見(?)でポイントを付けさせて頂きました。でも回答に優劣があるとは思ってません。ですので、今回ポイントが付かなかった方も、また機会がありましたらぜひご回答よろしくお願いします!

補足日時:2005/04/27 17:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざすみません、島村洋子著『ココデナイドコカ』ありました。私の入力ミスでした!m(__)m

唯川恵のもう1冊の作品のご紹介もありがとうございました。この作家はタイトルの付け方がうまいと思います。

お礼日時:2005/04/24 23:29

私は唯川恵の小説好きですねぇ。

恋愛についてそうそう!とか、あるあるって共感できるんですよね。
おすすめは、「恋人達の誤算」「ベターハーフ」あとこないだドラマ化された「刹那に似てせつなく」です。刹那、、は一押しです!恋愛小説とは少し違いますが唯川恵の違う面が読める小説です。
あと島田洋子(だったと思います。)の「ココデナイドコカ」もいいですよ。
私は村山由佳は知らなかったので是非読んでみますね。

この回答への補足

アマゾンの書籍検索で出版社を調べようとして、著者「島田洋子」、作品名「ココデナイドコカ」で検索したのですが、書籍がないという結果でした。また、著者名または作品名のいずれか一方での検索も試みたのですが、結果はやはり同じでした。お手数ですが、この書籍の正確な著者名、作品名と出版社名を教えて頂けますと幸いです。よろしくお願いします。

補足日時:2005/04/23 22:59
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。とてもたくさんの作品をご紹介頂き、大変感謝しています。全部読みます。

お礼日時:2005/04/23 22:13

江國香織さん、私もよく読みます。


「薔薇の木、枇杷の木、檸檬の木」が最近だと印象に残っています。
江國さんの本は比較的ゆっくりとした生活を送ることを常にしている人を題材に書かれている感じがします。なので、その時間の流れが自分に合う人は、読んでいてすっと気持ちが入ると思います。
上記の本は、複数の女性の恋愛というか生活観の相違が書かれていて、なんとなくよくあるといえばある人間関係が巧みに(江國さんの文章は本当に「巧み」です)に書かれています。
江國さんの本を読まれるのでしたら、その文章の綺麗さを是非感じて欲しいです。
ひらがなの選び方や、擬音語の見事さを。

そして、唯川恵さん。
ついこの間「燃えつきるまで」を読みました。
一行目からあぁ、と感じてしまいました。
恋愛を読みたいのならば、これはまさに恋愛の本です。
山本文緒さんの「恋愛中毒」にも通じるものがあります。
でもこれは、自分が元気な時に読んでもらいたいかも・・・。

よかったら読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。作品に関するとてもたくさんの情報を書いて頂いたことに大変感謝しています。両作品、ぜひ読みます。

お礼日時:2005/04/22 21:30

こんにちは。

私も村山由佳が好きで、おいしいコーヒーシリーズを読み返しているところです。
江國香織もよく読むのですが、「神様のボート」はとても切ない内容でいろいろと考えさせられました。戻ってこない人をずっと待ちつづける話です。映画化された「冷静と情熱の間」も好きです。泣ける恋愛小説です。ほかに「思いわずらうことなく愉しく生きよ」という3人姉妹の恋愛を描いたものや「間宮兄弟」がおすすめです。かなり作品数が多いので、ハマったら長く読めると思いますよ。
ほかに、林真理子の小説&エッセイはすべて読んでいます。どれも女心を巧みに表現するので、読んでいるとどきどきします。今ドラマでやっている「anego」や「野ばら」、「不機嫌な果実」あたりがおすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。とてもたくさんの作品をご紹介下さり、とても感謝しています。全部読んでみたいと思います。

お礼日時:2005/04/21 21:07

読書は好きですが、恋愛ものはまったく読まない私です。


そんな私でも「いい作品だなー」と感じたのは、
川上弘美さんの『センセイの鞄』です。

主人公ツキコは、一人で呑むお酒の飲み方にも長けている、こなれた女性。常連の町の片隅にある小さな居酒屋で、ツキコは恩師と再会します。
何十年もの隔たりも、大人としてひっそりと身に着けてきたささやかな嗜好の好みがあうことから、お互いひかれてあっていきます・・・。

メイン二人がのんびりした性格というのもありますが、
終始ゆったりとしたペースで話は進んでいき、
そのなかに細やかな感情が描かれています。
いうならば、「ほのぼの恋愛小説」でしょうか。
ありそうでなかった恋愛小説に、
気持ちのいい衝撃をうけました。

ぜひよんでみてください^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。川上弘美さんは、ついこの間まで日経の日曜版にコラムを書かれていました。文章が上手だし、目の付け所も面白いので楽しみだったんですが、残念ながら連載は終わってしまいました。『センセイの鞄』、読んでみます。

お礼日時:2005/04/21 21:03

こんにちは



私も村山由佳さんの小説にはまりました♪
あとは、狗飼恭子さんが好きです。狗飼さんの小説は全て持っていますが、「愛のようなもの」という小説が一番好きかな。
あと「愛の病」というエッセイも面白かったです。

ご参考までに・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。狗飼恭子さん、初めてお聞きする作家です。読んでみます。

お礼日時:2005/04/21 20:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ女性作家の作品名

舞台はメーン州又は東海岸の小島

家族は主人公少女、妹体が悪いが
声楽の勉強で対岸の本土でレッスンを
受けに母親と通っている。
お父さんは足が悪い漁師、母は元、島の
教師、お祖母さんが一緒に暮らす。

主人公は中学生くらいで学校に通いながら
海老、蟹を取り(同級生と思われる男の子と
一緒に小船で)その売り上げを家に入れる
そのお金はほどんと妹のレッスン代、洋服に
変わる。

主人公は島の学校を卒業後本土で
助産婦になり、子供の居る人と結婚

時代は第二次大戦前後

以上の内容なのですが
御存知の方いらっしゃいましたら
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

読んだわけではないのですが もしかしたら
こちらではないでしょうか
http://www.amazon.co.jp/gp/product/0064403688%3ftag=amebablog-a2493-22%26link_code=sp1%26camp=2025%26dev-t=D3A0EVSPCPV0FK

Q有名推理作家の最後の作品は?

松本清張氏、横溝正史氏、高木彬光氏、山村美紗女史などなどの有名推理作家の最後の作品を知りたいのですが、そのようなことを調べるサイトをご存知ないでしょうか。

また、それらの作品名をご存知の方、教えてくださると助かります。

最後の作品というと「絶筆」とか「遺稿」と言うのか(?)未完成のものだったりするようですが、未完成ではなく完成して最後に発表された作品が知りたいので、よろしくお願いします。

山村女史の場合、確か西村京太郎さんが続きを補足して完成させた、というのを聞いたことがありますが、出来ればその前の作品が知りたいと思います。

Aベストアンサー

ミステリー・推理作家の経歴や著作リストが載っているサイトです。
それによると、横溝正史は『悪霊島』
高木彬光は『仮面よ、さらば』みたいです。
残りのふたりは載ってないですね・・・山村美紗は「キャサリン・ターナー・シリーズ」の最後の作品なら調べられるみたいですが。

一応調べてみたところ、松本清張は『直弧文の一解釈』というものが最後の完成作品みたいですが、
色々書いてる作家ですし、タイトルからして推理小説じゃなさそうですね。
ちなみにこちらは下のサイトの「発表年代別目録」で調べました。
http://www.aurora.dti.ne.jp/~drkmytms/index.html

参考URL:http://www.aga-search.com/

Q2007年お勧め小説・近年人気の作家

読書好きの方にお尋ねします。
(1)2007年、お勧めの作品(推理小説歴史小説除く)ベスト3。
と、また主観で結構ですので
(2)近年人気の作家の中でも実力があると感じられている人物とその理由、また逆に売れているものの理解出来ない(笑)人物。
を、ご自身の元々お気に入りの作家名(傾向を知りたいので)と共にお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

これは2007年に出版されたという解釈でよろしいのでしょうか?

では(1)から。

1.「スロウハイツの神様」辻村深月
これはとにかく良かったです。
最終章を読んだときは非常に驚きました。

2.「図書館戦争シリーズ」有川浩
全4部作中2冊は2006年出版ですが、まあ完結記念ということで。
漫画化やアニメ化など、メディアミックスも始まっています。

3.「刀語」西尾維新
これは「なんちゃって」歴史小説なのでまあいいかなと・・・。
12ヶ月連続刊行を成し遂げただけでもすごいと思います。


(2)に関しては、ダントツで宮部みゆきさんと東野圭吾さんでしょう。
両者ともものすごい人気がありますし、色々な作風を書いているからです。

ケータイ小説は全般的に何故あそこまで売れているのかがわかりません。
文章が稚拙というか、少なくとも紙媒体には合わないかと。

お気に入りの作家は西尾維新さん、奈須きのこさん、成田良悟さん、米澤穂信さんです。

Q恋愛やミステリーものではない小説ばかりを書いている作家

なんでもない日常やそういう人格だからこそ見える世界、みたいなものを書いている作家さんを探しています。学生モノは苦手なのでそれ以外でお願いします。

Aベストアンサー

「ぶたぶたシリーズ」(矢崎在美)をおすすめします。ぶたのぬいぐるみの姿をしているおっさんがちらちらと現れては、ふつうの生活をしている人たちに少しだけ影響を与えていく、というシリーズです。
いろいろな出版社から出ていたりしますが、わりとどこから読んでも大丈夫なつくりになっています。私は光文社文庫から出ているシリーズが好きです。最初に読むなら「ぶたぶたの食卓」(光文社文庫)がおすすめです。

Q作家・小説家の方って・・・

作家や小説家の方ってパソコンで原稿書くと思うんですが、どんなパソコン使ってるんでしょうか?やはりキーボードと本体が離れてるやつですか?

Aベストアンサー

ミステリ作家ですが。基本的に家で書くときはデスクトップ、外で書くときはノートですね。どちらが書きやすいということはないです。パソコンを選ぶ際に、キイボードの叩きやすさを散々試してから買うので、文章を書く上でのトラブルはないですね。それよりも、今店頭で売っているメーカー品のようにいろいろソフトがついているほうが問題だったりします。実際に執筆に当たっては、ネットと文書ソフトがあれば事足りるのです。だから、DELLとかHPの最低限のソフトでも十分ですね。まあ、ネット販売なのでキイボードとの相性はわからないですから、そのあたりは不安ですが。あと、どのパソコンを使うかというより、パソコンは壊れるものとして如何にしてバックアップをするかという点に重点をおいています。デスクトップとノートを使っているのもその点を重視しているからですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報