バスドラに僕は穴をあけてないんですけど、何を使ってあなをあければいいのでしょうか?

やはり、店などにもっていくのでしょうか?

それと、チューニングの仕方がわからないのでもしコツなどがあればおしえてください。

質問多くてすみません;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

バスドラの穴についてですが。


パール製品で
レモ・ホールカット・リング
というアイテムが販売されていますので、使ってみてはどうでしょうか?
買う際に使い方を店員さんに聞けば失敗せずに済むと思います。
参考までにURL載せておきます。
http://gatewaydrumline.com/shop/pp/mt/#3

チューニングの仕方ですが、
基本的にタム類と同じチューニングの仕方です。
タムのチューニングは1人でできますが。
バスドラの場合は誰かに踏ませながら、ボルトを絞めていくと微調整が利いて良いと思います。
こちらも参考までにURL載せておきます。
http://www.apollonmusic.com/kantan/drum2.html

これからもお互い楽しくドラムプレイをしていきたいですねf^^
でわでわ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました!!

ありがとうございました^^

お礼日時:2005/05/01 13:55

バスドラムの穴の空け方は、シンバルを押さえに使って空けています。

空けたいサイズのシンバルを利用しています。無ければセンターを出して、皿で裏に線引きをして目串(鉄製の針の太い物)や切り出しで線の上をなぞって切り落としますが、カッターなどでは結構難しいです。円に切る技術はいきなりでは難しいでしょう。

エバンスのヘッドには穴のあいたヘッドがあります。

チューニングはベースとの関係やバンドの締まりや色やプレイヤーの個性などにさまざまに関わってくるので、かなり慎重に扱っています。

1・打面ヘッドによってかなり音色が違います。

2・フロントヘッドの穴の大きさによって「音の抜け」は変わります。大→良く抜ける。大きい穴は打面の音が直接出ます。サスティーンが減ります。
  
3・ミュートをどの程度つけるかでヘッドが鳴る音を調整します。ミュートを打面に沢山当てればポスポスした音になります。ミュートの上に重いものを乗せると音が締まります。(穴を空けないでノーミュートでプレイする人もいます。)

4・バスドラム(ヘッド)のサイズの音の高さがあります。サイズが小さいとより低くチューニングが出来ません。

5・穴のあける位置と大きさでフロントヘッドの鳴りを調整します。小さい下の穴だとフロントヘッドの鳴り(サスティーン)に影響が大きく、大きく真中だとフロントヘッドの影響はほとんどありません。

6・フロントヘッドのミュート(切り口ヘッドの裏に両面テープでスポンジなどを張る。)をして、ビビリ音をとります。

7・底はビビリ防止にしっかりと閉めます。上と横で高さと抜けを調節します。※チューニングはタムやタムホルダーも鳴っているので注意して下さい。

※ペダルのビーターでも音色がかなり違いますね。
 
※ペダルワークもかなりサウンドに影響します。

自分の気に入った「ベードラの音」を作ってください。
回答者:Richy
05-03-24 21:59
種類:回答
どんな人:経験者
自信: あり
良回答(20pt)
--------------------------------------------------------------------------------
参考になった数:1件
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました!!

ありがとうございました^^

お礼日時:2005/05/01 13:56

ホームセンターに自由きりがあります。


ハンドでまわすぶんなら数百円です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました^^

お礼日時:2005/05/01 13:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバスドラに穴

バスドラに穴を空けるのは音の抜けを良くするからと聞きました。この穴を空ける場所と大きさはどのように決めるのでしょうか?人によって中心にあったり横に空いていたり様々です。

Aベストアンサー

バスドラムはベースとの関係やバンドの締まりや色やプレイヤーの個性などにさまざまに関わってくるので、かなり慎重に扱っています。「ベードラ命」ということわざ?があるぐらいですから・・・

1・打面ヘッドによってかなり音色が違います。

2・フロントヘッドの穴の大きさによって「音の抜け」は変わります。大→良く抜ける。大きい穴は打面の音が直接出ます。サスティーンが減ります。
  
3・ミュートをどの程度つけるかでヘッドが鳴る音を調整します。ミュートを打面に沢山当てればポスポスした音になります。ミュートの上に重いものを乗せると音が締まります。(穴を空けないでノーミュートでプレイする人もいます。)

4・バスドラム(ヘッド)のサイズの音の高さがあります。サイズが小さいとより低くチューニングが出来ません。

5・穴のあける位置と大きさでフロントヘッドの鳴りを調整します。小さい下の穴だとフロントヘッドの鳴り(サスティーン)に影響が大きく、大きく真中だとフロントヘッドの影響はほとんどありません。

6・フロントヘッドのミュート(切り口ヘッドの裏に両面テープでスポンジなどを張る。)をして、ビビリ音をとります。

※チューニングはタムやタムホルダーも鳴っているので注意して下さい。

※ペダルのビーターでも音色がかなり違いますね。
 
※ペダルワークもかなりサウンドに影響します。

自分の気に入った「ベードラの音」を作ってください。

バスドラムはベースとの関係やバンドの締まりや色やプレイヤーの個性などにさまざまに関わってくるので、かなり慎重に扱っています。「ベードラ命」ということわざ?があるぐらいですから・・・

1・打面ヘッドによってかなり音色が違います。

2・フロントヘッドの穴の大きさによって「音の抜け」は変わります。大→良く抜ける。大きい穴は打面の音が直接出ます。サスティーンが減ります。
  
3・ミュートをどの程度つけるかでヘッドが鳴る音を調整します。ミュートを打面に沢山当てればポスポスした音...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報