今、オンラインDVDレンタルで届いた「ヴァイブレータ」が手元にあります。
そして、赤坂真理氏の原作「ヴァイヴレータ」も手元にあり、どちらを先にするか、私は今とても迷っています。

原作を先にすると映画を見るとき「あ、ここが違う」とか「主役のイメージが違う」とか思って楽しめないかも知れず、
映画を先にすると原作を読むときに、主人公の顔イメージが常に寺島しのぶさんになったりするかもしれません。

と、こういう風に私は毎回「原作が先か映画が先か」で悩むのですが、皆さんはこういう風にどちらも目の前にある場合、どういう風に考えてどちらを先にしますか?
もちろん映画は「ヴァイヴレータ」に限りません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>映画は原作を超えられない。


その通りだと思います。
しかし、どんなにつまらない映画でも原作のストーリーは(はしょりながらでも)伝えてくれます。
そうするとストーリーの展開に重要な意味がある小説、あっと驚く展開や意表をつく結末、洒落たエピソードがちりばめられた小説では、映画を先に観てしまうと、「映画は詰まんなかった」、その後読んだ小説は「面白かったんだけど展開が分かってたんで今ひとつ感動が薄かった」ってことになりかねません。
私自身、これで「先に映画を観て損した!」って作品が多々あります。
ごく稀に原作より映画のほうが優れている作品もありますが、その場合は原作を知っていても楽しめます。
原作のあとに詰まらない映画を観て詰まらなかったと感じても、それは仕方ありません(苦笑。

原作を先に読まれることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
原作のオチがわかってしまうから映画が先だと総崩れになるという意見ですね(映画が面白ければ総崩れはしませんが。まあつまらない映画も多いですから(苦笑))確かにそうなることもありますねえ。特にオチがあるものだと。私は推理ものだと迷わず原作を先にしていました。無意識にですが。犯人とかトリックがわかったらつまらないし。
それに、原作より優れている映画(原作とは違う味付けをしている映画含)だったら原作を知ってても楽しめる、というのもそのとおりだと思いました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/22 10:44

私の場合どっちを楽しみたいかですね。


楽しみたいほうを先にします。
というか、手っ取り早く話を知りたいときは映画から。映画の予告に惹かれたのなら映画から。原作の書評をみていて面白そうと思ったのなら、原作から。と
自分の中でルールを決めてます。
あとから見たり読んだりすることになった媒体のほうが圧倒的に不利だと思うのです。
でも、映画をみてすぐ本を読まないで忘れたころに読んだりするのは面白かった経験がありますが。
私の友人は「指輪物語」のように原作が長くって理解に苦しむものは補足材料として映画を利用したりします。

この回答への補足

遅くなりましたが締め切ります。
皆さんとても参考になるご回答ありがとうございました。今回は結局原作から読み始めてしまいましたが、今後迷ったときに参考にします。

補足日時:2005/05/02 08:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
確かにあとから観たり読んだりする方が不利になりますよね。だから楽しみたい方が先、というのは納得です。今回は、映画「ヴァイヴレータ」に興味を持ち、原作もあるのを知ったので先に買って、読もう読もうと思っているうちにレンタルDVDが届いてしまった、という経緯なんで、映画が先?って気もしますが、映画も原作もどちらにも魅力を感じてしまうので、難しいところです。
おっしゃるように、先に映画か原作かをみていて、忘れたころにもう一方を観る、ってことはよくあることなんで、それだと忘れてたりして楽しめることになるんですが、今手元にどちらも手付かずであるもので、ちょっと途方にくれました。映画は早く返さないといけないのでとりあえずみて、間をおいてから原作、という方法もありますよね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/04/24 01:10

私の今までの経験ですと、映画にしてもドラマにしても、そのその他のメディアにしても、移植された作品が原作を超えたと思えたものがほとんどありません。


基本的に原作者はそのメディア用に演出や表現を考えながらその作品を作ったのですから、原作の方が優れている作品が多いのだと思います。

ですから原作を読んでいて、その後に映画を見ると、原作ほどの感動を味わえずに、ガッカリすることがよくありました。
逆に映画などを見て、原作を読むと映画では明かされていなかった設定などがあって、とても楽しめますよ。
下の方が例に出してますが「バトルロワイアル」なんてそうですね。2時間程度じゃ表現できないほど、奥深い人間ドラマが描かれていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
最近は、原作を超える、というより原作にはないエピソードを交えてふくらませることで原作と別物になって成功している映画も多いと思います。「きょうのできごと」とか「ジョゼと虎と魚たち」とか、そういう感想を持ちました。
あと、原作とあまりに同じで逆に成功してるのが「トニー滝谷」かなあ。あれは珍しい例ですね。
話それましたけど。問題は原作をなぞってしまってるだけの映画の場合で、そういう時は原作がいいに決まっている、じゃあ映画観なけりゃいいのに、と思うんですけど観たいし、・・・って場合ですよね。映画はあくまで概要ととらえて先に見ちゃう作戦ですよね。参考になります。
「ヴァイヴレータ」も俳優さんに魅力がありますから、原作にこだわらなくても映画としていいものになってるとは思うんですけど。毎回映画化のたびに悩むので、皆さんどうされてるのかと思って聞きたかったのです。ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/22 10:32

映画が先ですね。

「冷静と情熱の間」、「バトルロワイヤル」のときに私も原作と映画どっちを先にしようと思って
原作から映画に行ったのですが、感想としては映画だと
原作の深みは出せないのかもと思ってしまいましたね。
映画では映像は見せられても心情を汲み取りにくいので
原作の方が色々想像を掻き立てられてかえってよかったなあと思いました。それ以来先に映画で概要を掴んで原作で
より深く楽しむ事にしました。活字の方が感動する性格なのかも。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
「映画では映像は見せられても心情をくみ取りにくいので」って、そのとおりですね。特に人物の心理描写が魅力な小説だとかだと映画だと物足りないような気がします。概要をつかんでから原作で深く感動、ですね。参考になりました。

お礼日時:2005/04/22 10:07

私は映画が先派です☆



原作と映画があるとき、迷いますね。私も質問者さんと同じ感じなのですが、原作が先にあると読んでる最中自分の中で世界ができちゃうんですよ。主人公は○○で、相手役は××で。みたいな。風景とか想像してみたり。
あと、映画になってしまうとどうしてもカットするシーンがでるじゃないですか?で、その違いにガッカリ↓(;;)↓(ハリーポッターとか)

あと、映画じゃないんですが、つい最近ドラマでやっていた「H2」私は原作が好きだったんで楽しみにしてたのですが、私のイメージとは違ってたんでちょっとかなしかったです(ドラマH2ファンの方はごめんなさい)

というわけで、私はなるべく映画を先にみて原作はあとに・・・。としています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
「なんであのシーンカットするかなあ」とか、「登場人物一人いないんですけど?」とか、映画につっこんでしまうことありますよね。わかります。だから原作を知ってると映画を純粋に楽しめないというか・・登場人物のイメージもできてしまうし。だから敢えて最初に映画なんですねえ。なるほど。参考になりました。

お礼日時:2005/04/22 09:51

 私の場合は、本がもととなって作られた映画なら本を先に読み、映画がもとで本が書かれたのなら映画のほうを先に見ます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
やはり先に出来た方が「オリジナル」っていう考え方なんですよね。今回は原作が先に出来たのですが、他の映画の場合にも参考にします。

お礼日時:2005/04/22 09:47

私の場合は、映画にしろ原作にしろ、先に作られた方を先に見ます。


そうすれば、少なくとも作者が最初に表現したかったことが、分かるからです。

最近は、映画でも、すぐにノベライゼーションが行われて、本も同時に出たりします。
なかには、どちらが先なのか、分からないようなものもありますよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
なるほど、そういう考え方もありますね。じゃあ今回の場合は原作が先になると思います。
ノベライズ、「呪怨」なんかもそうですよね。映画を観てわけがわからないのでそのノベライズを読んで、少し理解できました。

お礼日時:2005/04/22 09:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「昼顔」の監督について

ビデオで「昼顔」をみてショックを受けましたこの映画の監督について知っている方なんでも良いので教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペインを追放される原因となった「ビリディアナ」〔61.スペイン〕、ブルジョワへの諷刺が冴えるメキシコ時代の傑作「皆殺しの天使」〔62.メキシコ〕、現代の話なのに、キリスト・サド侯爵などが登場する奇想天外な物語「銀河」〔68.仏=伊〕、パリを舞台にしたアカデミー外国映画賞受賞作「ブルジョワジーの密かな愉しみ」〔72.仏〕、とりとめもなく悪夢のような挿話が続くとぼけた諷刺劇「自由の幻想」〔74.仏〕、遺作となった「欲望のあいまいな対象」〔77.仏=スペイン〕など数多くの代表作があり、1983年に亡くなっています。
 私が思うには、「昼顔」はブニュエル作品の中では出来の悪い方だと思います。前述のように、もっと凄いのがいっぱいありますよ。

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペ...続きを読む

Q映画と原作本どちらを先に見ますか?

私は根っからの映画好きなのですが、最近映画を見るだけではもの足りないと思い原作本も併せて読んでいこうと思っています。映画と原作ではやはりギャップはあると思うのですが原作と映画どちらを先に見るのが作品を楽しめるのでしょうか。映画好きな方、本好きの方どんなご意見でも構いませんのでご意見聞かせて頂けないでしょうか。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

初めまして。私、映画サークルの変酋長してます。
毎月会報誌を発行しており、月替わりテーマを出して会員さんに寄稿して貰ってます。
さて、ご質問のテーマで投稿を募ったことがありますので、
その時の回答をかいつまんで書き出してみますね。

1.本を読んでから観た映画って失望したものばかり。
  「さらば我が愛」なんか も、原作を読まずに観てたらきっともっと感動できたと思う。
  だって、原作の物語はあんなキレイじゃなかった。読んだ後の感動が大きすぎたんでしょうね。
2.絶対読んでから観る派です。なぜなら主人公にはこのスターをとか、
  このシーンはスクリーンで観たらステキだろうとイメージしながら読むからです。
3.S・キングが大好きですが、原作を読んでから観ると失望に終わるケースが多い。
  そんな中、「ミザリー」だけは不満らしい不満はなかった。
  原作の薄暗いイメージそのままだし、キャストもぴたりとはまっていた。
4.本で感動したものは映画ではイメージを壊されることが多いけど、
  やはり映像でも観たいという誘惑には勝てずに観てしまいますが、やはり・・・。
  逆に、映画を観て原作を読む気になったのは「コンタクト」ぐらいです。
5.原作を読んで観る気になったのは「L.A.コンフィデンシャル」です。
  あの長い話を、映画時間内でどのようにまとめたのか楽しみだったから。
  脚本を書いた人は凄い!と思いました。
  逆にガッカリしたのは「天と地」です。原作のほうが戦争の生々しさを感じました。
6.「赤毛のアン」のキャスティングには驚きました。
  本物じゃない?っていうぐらいにマシュウとマリラしてたから。
  映像がイメージ通りで、すっごく感動して泣けてしまいました。
  
こんなところです。概して映画のほうが先っていう人が多かったようですよ。

初めまして。私、映画サークルの変酋長してます。
毎月会報誌を発行しており、月替わりテーマを出して会員さんに寄稿して貰ってます。
さて、ご質問のテーマで投稿を募ったことがありますので、
その時の回答をかいつまんで書き出してみますね。

1.本を読んでから観た映画って失望したものばかり。
  「さらば我が愛」なんか も、原作を読まずに観てたらきっともっと感動できたと思う。
  だって、原作の物語はあんなキレイじゃなかった。読んだ後の感動が大きすぎたんでしょうね。
2.絶対読ん...続きを読む

Q映画【昼顔】30以上女子が 観に行くには 重くない??

映画【昼顔】30以上女子が 観に行くには 重くない??

Aベストアンサー

自由ですよー。楽しまれてください。
娯楽の好みは人それぞれなので、他の人の目は気にされなくてもよろしいかと。

Q原作と映像化した物のストーリーが違うのはどうですか?

こんばんは。最近原作が本やマンガの映画・ドラマが多いですよね。

私は基本的には面白い本・マンガが映像化されるのは嬉しいのですが。
多くの映画・ドラマ(特にドラマ)は原作と大幅にストーリーが違ったり、雰囲気が違ったりでどうもなぁと感じています。
勿論映像化するに当たって、原作どおりじゃ上手くいかないのはわかりはするのですが。
こんなに違うともはや「原作は~」と言うのは失礼(映画などが面白いつまらないに関わらず)ではないかと思ってしまうものもあります。


例えばアンフェアはとても面白かったです。(原作は読んでいません)
ですが、どうやら後半のストーリーは全く原作に無くドラマオリジナルのようです。

また白夜行は原作を読みドラマを少し見た程度なのですが
原作では2人の感情の描写は無く、2人が愛し合っていたと言うよりかは雪穂が利用していたと言う感じでしたが
ドラマでは2人は愛し合っていることが前提のような、宣伝でした。

私が見た中で一番原作と映画があっていたのは「いま、会いにいきます」でした。


原作とドラマは別と言ってしまえばその通りですし。
面白いからいいじゃんと言うのもわかる気がします。
しかしちょっとなぁと感じてもしまいます。
みなさんは原作と映像化した物が大きく違うのをどう思われますか?

こんばんは。最近原作が本やマンガの映画・ドラマが多いですよね。

私は基本的には面白い本・マンガが映像化されるのは嬉しいのですが。
多くの映画・ドラマ(特にドラマ)は原作と大幅にストーリーが違ったり、雰囲気が違ったりでどうもなぁと感じています。
勿論映像化するに当たって、原作どおりじゃ上手くいかないのはわかりはするのですが。
こんなに違うともはや「原作は~」と言うのは失礼(映画などが面白いつまらないに関わらず)ではないかと思ってしまうものもあります。


例えばアンフェア...続きを読む

Aベストアンサー

白夜行は賛否両論あるみたいですね~。
脚本家の原作イメージの捉え方のもんだいなんでしょうか?たしかに脱線して、がっかりさせられることが多いですね~。
原作が映像を超えることは稀なことだと思います。やはり原作最高!!からドラマにチョイスされるので・・駄作な作は映像化ありえませんから。
でも原作に並ぶ、もしくは超える映像を見ると、脚本家に尊敬の念を抱くことになると思います。
原作イメージを大事にしている「白い巨塔」の井上由美子や原作の上をいく「池袋ウエストゲートパーク」の宮藤官九郎などなど。

名原作の脚本家や製作者はプレッショーで大変なんだなぁ~ぐらいに思っておいたらどうでしょうか。

Q【昼顔】て 昼間だけの 不倫映画あるけど。 結婚は→生活の駄目。 恋愛は→自由て発想。 なら 子供に

【昼顔】て 昼間だけの 不倫映画あるけど。
結婚は→生活の駄目。
恋愛は→自由て発想。
なら 子供にも 倫理は 教育すべき?

Aベストアンサー

教育すべきだと個人的には思います。

Q桐野夏生『OUT』の映画版と原作、両方鑑賞された方へ

 面白かったですが、映画と原作のストーリーが驚くほど違っていて、ア然としたのは私だけでしょうか?

Aベストアンサー

あぜんとはしませんでしたが・・・確かにだいぶ違ってましたよね。どちらも、別物として見ました。というか原作を先に読んでしまった場合だいたい失望する事が多いので、いつもあまり期待していません。
その中ではだいぶ良い映画だったと思いますけど。

でも映画で原作に忠実だったのは記憶にないかも・・・。

トム・クルーズの出てた「法律事務所」だったかな(題名忘れました)、ジャン・グリシャムの原作ですが、ラストが全然ちがいますよ。

今度「理由」、「さゆり」、「亡国のイージス」はもう原作を読んでしまいました。どれも原作がおもしろかったので、映画ではどうなるのか楽しみです。

Q映画のあらすじや内容(ネタバレ)が豊富なサイト

タイトルのように映画のネタバレが豊富なサイトを探しています。私は理解力がなかったり、見た映画のあらすじを忘れたりすることが多いので、どんな映画だったかなと確認するためにそんなサイトがあればいいなと思っています(できるだけ映画数が豊富で)。映画でいろいろ検索しても軽い内容は書いてあってもネタバレ防止のため全内容や結果などが書かれているサイトは少ないのです。

わがままですが、こんなサイトがあるよ、という方ひとつよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと違うかもしれないのですが、下記のサイトなどはどうでしょう?ストーリーが詳しく書いてあるわけではないのですが、会員(?)の方々のその映画に対するコメントがネタバレありで載っています。種類も多いです私は映画を観るかみないかを決めるためにみるのはもちろん、観終わった後もみて参考にしています。http://www.jtnews.jp/dict.html

参考URL:http://www.jtnews.jp/dict.html

Qアニメ氷菓の原作は?

アニメの氷菓が流行っているようですが、原作の米澤穂信さんの「古典部」シリーズは
完結しているのですか、また小市民シリーズはどうなのでしょうか?
よろしくお教えください。

Aベストアンサー

どちらも完結はしていません。

古典部シリーズは……

『氷菓』
『愚者のエンドロール』
『クドリャフカの順番』
『遠回りする雛』
『ふたりの距離の概算』

の5作で、最新作である『ふたりの距離の概算』は、主人公・奉太郎たちが2年生に上がって、というところになっています。


小市民シリーズは……

『春季限定いちごタルト事件』
『夏季限定トリピカルパフェ事件』
『秋季限定栗きんとん事件』

の3作で、次作、『冬季限定』で完結予定ですが、まだ出ていません。

Q映画のネタバレは許せる、許せない?

月1本以上、映画を観るのですが、
皆さんは、映画をみる前に結末知りたくないですか。

自分は、結末を知った上で映画を観たいのです。
結末をしっていれば、あのシーンでこんな伏線をはっていた
最後のどんでん返しのストーリーなど、凄く堪能できます。

そこで質問します。
あなたは
映画のネタバレは許せる、許せない
どちらですか

Aベストアンサー

こににちわ。
いやいや私は、断じて許しません。
確かにネタバレという予備知識を持って観れ
ば、内容をより一層理解できますし、伏線をはった
意味もわかります。
しかし、内容を知って観れば、次のシーンや映像が
わかってしまいますから、ハラハラ、ドキドキがしません。
私自身の映画を観る上での醍醐味は、ハラハラ、ドキドキと
観終わった時に、シーンとシーンの点と点とが線で結びついた
時です。
それは、ネタバレを知ってでは、あまり味わえない様な気がします。
なので、one12さんには、申し訳ないですが、ネタバレは断じて
許せません。
なので、私自身は、映画が理解できない時は、二度観ます。
そして、それでも理解できない時は、ネタバレを見ます。
まぁ人それぞれ、映画の観方は異なりますが、私は、ネタバレは
絶対に観ない派です。
ではでは。

Qデュラララに今すごくハマってて、(原作も7巻まで持ってます)

デュラララに今すごくハマってて、(原作も7巻まで持ってます)
今すごく人気があるって聞いたんですが実際どれくらい人気あるんですか?
DVDとかグッツもすごく売れてるって聞いてるんですけど・・
地方なのでよくわからないんですが、池袋アニメイトでも凄いって聞きました!


これは余談なんですが・・
もうすぐアニメ終わってしまうんですよね。
2期ってあると思います?
でもやっぱりデュラララが2期するんだったら
バッカーノの方が先ですかね

Aベストアンサー

某イラスト投稿サイトでは日々のランキングがデュラで埋め尽くされる勢いでした。今はある程度収まってますが…。
そこではあまりに人気があると作品タグで調整(実際のアクセス数から幾らか引かれる)がかかるのですが、デュラは調整がかかっているそうです。参考までに他の調整作品は、ポケモン、ボカロ、東方、ヘタリア等です。
そのくらい、人気です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報