ノーベル賞を辞書で調べても、難しく書かれていたので、あまり良く理解できなかったんですが、

僕は「ノーベルさんがダイナマイトを発明し、そのおかげで儲けた金を使って財団を作り世の中のタメに成る発見、研究をした功労者に対して、あげるお金。」という風に解釈していますが、何か違いますでしょうか?違っていたら、教えていただけませんか?

と、ノーベルさんが儲けたお金が功績者に渡されるのであれば、いつか終わってしまうのでは?それとも財団にお金を寄付している?このところが分かりません。

最後にノーベル賞は、どういったプロセスによって賞されるのですか?(世界の人が、いろんな研究結果をみて「これはすごい」と感じ、ノーベル賞へと?)よろしくお願いします。

A 回答 (6件)

(質問者がカキコまれた後半部に関して先にカキコみます)



(具体的な手続を知る立場にありませんが)
何等かの推薦が関わって来ると思われます。
何れにせよ、
1)「物理学、化学、経済学の3部門」はスウェーデン科学アカデミーが
2)医学・生理学はカロリンスカ研究所(医科大学としても著名)が
3)文学はスウェーデンアカデミーが
4)平和はノルウェー国会が
各々選考に当っています

 さて、前半に関してですが、上述の1)~4)の内の(1969年に始まった)「経済学(賞)」だけは、スウェーデン中央銀行が拠出した基金からですが、後の物理学等の5賞はNO4迄の4人も指摘されていますが、「ノーベル財団」が賞金の出所です。

 (ここからは私の推測ですが、NO3さんが指摘された様に)国や個人からの寄付を厳選されているとしても、スウェーデンやノルウェーの財務当局が「ノーベル財団」の運用益を非課税にしている可能性は頗る大です。
 又、仮に失敗しても、「ノーベル財団」の屋台骨を揺るがす前に、何等かの方策は講じている筈です。例えば、「該当者なし」で切り、次年以降に、賞金を繰り越すとか? が含まれる気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどぉ、そういうことだったんですね~w 詳しくありがとうございます。みなさんもありがとうございましたw

お礼日時:2005/04/24 20:47

ノーベルは破壊を主目的とするダイナマイトを発明し財産を築いた事を反省し、その全遺産を寄付して創設したのがノーベル財団、ノーベル賞です。


財団は資金を運用して増やし、賞金に充てています。

国籍を問わず、人類の福祉に貢献した人を選ぶ事という条件が付いています。

ノーベル賞の受賞者は、毎年2000名を越える秘密の推薦者に候補者の推薦を依頼しその中から、定められたそれぞれの選考会議で検討して決められます。
これらの全作業は全て厳重な秘密裡に行われます。
推薦者はノーベル賞受賞者や、学者など専門家から選ばれます。

受賞者が複数になる場合は賞金は分割されます。
受賞者がない年もあります。 賞金が一億円を超えることもありました。
    • good
    • 0

こんにちは。



概ねその通りです。
ノーベル賞の賞金は一定ではなく、ノーベルが残した財産の運用利益があてられます。
分かりやすく言えば、銀行にお金を預けると利子がもらえますよね?その利子を賞金としているみたいな感じ。(実際にはもっといろんな投資をしてお金を増やしています)

ですから管理している財団が運用に失敗すると賞金は出なくなってしまいます。

また、受賞者を決めるのはスウェーデンにある委員会。これも遺言によって決められました。
ただし、平和賞についてはノルウェーで決められます。これは創設当時緊張状態だった両国の同盟関係の保全のための政治的配慮ではないかと言われています。
    • good
    • 0

ノーベル財団はノーベルの遺産(約207億円)を元に創設されました。

 財団は株取引により財団資産を増やしていて現在510億円程度の資産を持っているそうです。
基本的に國等の寄付は受け付けておらず、一般の寄付も厳選しているそうです。
    • good
    • 0

大体はあたっていますが、正確には


> ノーベルさんが儲けたお金
ではなくて「ノーベルさんが儲けたお金を元手に投資で設けたお金」です。
ですので、「その時の儲けによって賞金額が変わる」ことがあるそうです。
    • good
    • 0

>という風に解釈していますが


 そのとおりです。

>いつか終わってしまうのでは?
 財テクで増やしてるそうです(笑)

>どういったプロセスによって
 委員会で何人かの研究者をノミネートし、世界中の科学者にアンケートを配って点数をつけ、一番たくさん投票を得た人がノーベル賞を受賞します。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング