業務用フィルム ISO400 36枚撮り 30本がネットで売られてました。そもそも、業務用フィルムとはやはり、一般に売られている感度400よりあまりよくないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

いらぬ突込みかもしれませんが…



NO.5 momasさま。
>100フィート巻きのフィルムを巻き直したものではないでしょうか(私は100フィート巻きしか知りませんが)

100ft巻きの長尺フィルムと、業務用パッケージフィルムは、違うものですよ。
ご存知の様に、100ftフィルムは、100ftの裸のフィルムが、缶に入って売られています。普通は、フィルムローダーで、パトローネに巻きとって使いますね。
業務用パッケージフィルムは、すでにパトローネに装填された状態で、販売されています。パトローネは、一般フィルムと全く同じ(もちろん中身も同じです)ただ、パッケージ(いわゆる箱ですね)の印刷が、一般フィルムの様にきれいな印刷ではなく、一色刷りで、単純に内容がわかれば良いというような印刷です。
プロの方や、業務で使うような方は、フィルムの内容と消費期限、エマルジョン(製造番号)だけ判れば、他の情報は必要ないです。
    • good
    • 0

100フィート巻きのフィルムを巻き直したものではないでしょうか(私は100フィート巻きしか知りませんが)



フィルムそのものは、他の方のおっしゃる通り通常のパッケージのものと同じものです

100フィート巻きフィルムはお菓子のクッキーが入っているような丸い缶に入った状態で業務用として売られています

これを使うためにはフィルムが入っているケースに24枚~36枚分に巻き直さないとカメラにセットすることができません

フィルムの入っているケースはパトローネといいます
フィルムを巻きなおすためにはパトローネがたくさん必要になります

パトローネは現像所や大手カメラスーパーの入り口にダンボール箱に入れて「ご自由にお持ちください」と書いて置いてありましたね。(近頃みませんが。)

巻きなおすためにはフィルムローダーが必要になります
(枚数がてきとうでかまわなければ暗室で、手作業で巻くこともできますが、)

他には一眼レフカメラの750枚取り用とか250枚取り用裏蓋というのがあります

一眼レフカメラの裏蓋にフィルム収納部があって750枚とか250枚分のフィルムを収納できるようになっているオプションが使える機種があります。
このような使い方をする場合には100フィート巻き業務用フィルムを使うことになります
    • good
    • 0

中身は一般に売られているものと、全く同じものです。


パッケージの印刷の簡素化し、一本売りしないで、24本1パック売りするなどして、経費を落とし、価格を下げています。

こう考えたらわかると思います。
業務用(プロや業者向け)の品質が一般フィルムより品質が劣るのなら、シビアな品質を求めるプロは、使いませんよ。
    • good
    • 0

業務用はパッケージを簡素化してコストを下げ、数をまとめることによって流通経費を削減しています。



>一般に売られている感度400よりあまりよくないのでしょうか?

同じだと思いますよ。製造ロットによっては微妙に違うかも知れませんが、これは見てもわからないレベルの差です。それよりも流通段階での保存状態(特に温度管理)の方が最終的な品質を左右します。
    • good
    • 0

同じですよ!(自信ないけど?)



どこかの業者がまとめて買うようなフィルムじゃないですか?

だから、ネットで売られているのであれば、古いフィルム(使用期限等に注意)の可能性もありますね?
    • good
    • 0

銘柄が同じなら変わらないと思います。


私も買いますが、大箱にフィルムケースに入って売られており、大箱自体も白黒の簡易印刷です。
これ以外に100フィート巻というものも売られており、これは自分で必要な分だけ切って使います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

銘柄が同じなら変わらないと思います。
↑何やらパッケージも地味なので多少不安になりますが。。変わらないんですネ。ホッとしました。ありがとうございました!

お礼日時:2005/04/24 15:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFT_Memoryというオブジェクトは具体的にどのように定義されているの?

Cygwin+vim+ctagで
タグジャンプでFT_Memoryを調べていたら、
\cygwin\usr\include\freetype2\freetype\ftsystem.h内に

typedef struct FT_MemoryRec_* FT_Memory;



struct FT_MemoryRec_
{
void* user;
FT_Alloc_Func alloc;
FT_Free_Func free;
FT_Realloc_Func realloc;
};



typedef void* (*FT_Alloc_Func)( FT_Memory memory,long size );


いう風にループタグジャンプしていまい、ずーっと盥回し状態です。

FT_Memoryというオブジェクトは具体的にどのように定義されているのでしょうか?

Aベストアンサー

typedef struct FT_MemoryRec_* FT_Memory;
  ↓
FT_MemoryはFT_MemoryRec_型のオブジェクトを指すポインタ


typedef void* (*FT_Alloc_Func)( FT_Memory memory,long size );
  ↓
FT_Alloc_FuncはFT_Memoryとlongを引数に持ち、void*を返す関数のポインタ
  ↓
C言語の文法でメンバー関数を定義したいのでしょう

Qプロ用フィルムではなぜISO100だけでなく、ISO160も?

どうしてなんでしょうか?
内臓露出計がなく、アナログ露出計の僕としては
測るとき、少々不便な感じもします。

Aベストアンサー

正解は最初に開発した技術者の思いつき?
それは冗談にしても、それほど深い訳はないのかも・・・。
それとネガタイプのプロ用は100はないのでは?
フジの場合、160だけだと思います。Sタイプ(短露光用・昼光用)と
Lタイプ(長露光用・タングステン用)の2種類になると思います。

考えられるのは、プロ用なので感度を正確に表示している。
例えば、一般のネガタイプ100のフィルムの実効感度は経験
上もう少し高いように思います。
一般用も実際には160位かもしれません。しかし、ネガの場合
半絞りのオーバー位で丁度いいのではないでしょうか。

あまり回答になりませんが・・・。

Qアメリカで身長184cmって大きい方ですか?あと、184cmってft.で言えばどのくらいですか?6,

アメリカで身長184cmって大きい方ですか?あと、184cmってft.で言えばどのくらいですか?6,1ft.ですか?それとも6ft.ですか?あと、日本で184cmって目立ちますか?

Aベストアンサー

アメリカに住んでいた肌感覚からいうと、スポーツ選手なら184cmはザラにいますが、一般人でしたら180超えるとやっぱり大きいなあと思いましたね。
身長を例えば運転免許の申請などで書き込む時は、フィートとインチ両方で書き込みます(自分の昔の運転免許証で確認しました)。例えば5フィート2インチならば5'2''となります。
正確にいうと、184cm=6.03675ft=6ft+0.03675ft=6ft+0.441inです。
なので四捨五入で、フィートだけならば6ftでOKです。
日本で184cmは目立ちますよ。女性は言うにおよばず、男性でも頭ひとつ抜けますから、大きいなあって思う人が多いでしょうね。

Qフィルム感度によるシャッタースピードの違い

ISO100だと粒子が細かいので写真を拡大した時に綺麗に見える。
しかし、シャッタースピードが遅いので写真がブレたりする。
だから、景色の撮影以外はISO400を使用した方が良いような事が
参考書に書かれていました。
そこで、ISO100とISO400とでは、どのぐらいシャッタースピードに
差が有るのでしょうか?

Aベストアンサー

ISO100と400では、同じ絞りの値(例えばF8で同じ)であれば、シャッタースピードは2段階分速くなります。

仮に、絞りF8に設定している環境で、ISO100だと1/125秒で撮影できるときに、
ISO400だと1/500秒で撮影出来る事になります。

あくまでも、計算上ですから、実際の状況に応じてシャッタースピードを変える必要はあります。

Q赤外分光光度計(FT-IR)について。

・赤外分光光度計(FT-IR)について教えてください。
 FT-IRで干渉図形(インターフェログラム)って
 ありますよね。FT-IRは干渉図形をフーリエ変換すること によって赤外吸収(透過)スペクトルに
 なるわけですよね。
 でも、単なる分光光度計(紫外・可視分光光度計)では、
 干渉図形なるものはないですよね?。
 なぜFT-IRだけ干渉図形なるものがあるのですか?
 (なぜ紫外可視分光光度計ではそれがないのか?)
 そもそも、FT-IRにはなぜ干渉系なる部分が存在するの  ですか?

・2つ目の質問として、FT-IRの
 インターフェログラムは
 生データといえるのでしょうか???

教えください、お願い致します。

Aベストアンサー

>赤外光でグレーティングを使えない理由はなんでしょうか?グレーティングで分光すると光量が弱くなるんですか?その理由をぜひとも教えてください。

グレーティング分光器の原理は、入射した光を一度非常に狭いスリットを通し、その後凹面鏡で平行光にしてグレーティングに入射します。(グレーティングから反射した光の角度差で分光するので、平行度を要求します)
このときに光量は大きくロスします。
また、グレーティング自体の反射率も高くありません。
更に、分光した後の光は当然波長毎に光が分かれているので、その分光量は落ちます。(元の光が単色光に近ければ、ロスも小さいのですが)

また、光→電気信号への変換を行う素子として、可視光ではシリコン系の光センサが使えますが、赤外線には反応しません。また反応するセンサでシリコン系に匹敵する感度の高い物がありません。

あと、赤外線はご存じの通り熱と関わりが深く、温度を持っている物質からは赤外線が絶えず出ているわけです。
そのため、可視光で出来る遮光にも限界があります。

フーリエ分光(赤外に限定しない場合は一般にはこう呼ばれています)は、絶えず入射した光量のほとんどを利用する点などから感度が非常に高く計測できます。

しかし、光路差を走査するステージへの要求精度などがきわめて高くなるため、一般には特に紫外光用になると、非常に大がかりな特殊な装置となります。

私の知っている限りでは、紫外光までカバーしているFT分光器は、イギリスの大学にあるFT分光研究グループが製作したFT分光器が唯一の装置になるでしょう。数千万円する大がかりな装置となります。世界でもこの大学以外ではNIST(アメリカの長さなどの単位の基準の管理を司る機関)などに数台(どれも上記グループが製作した物)あるだけです。


では。

>赤外光でグレーティングを使えない理由はなんでしょうか?グレーティングで分光すると光量が弱くなるんですか?その理由をぜひとも教えてください。

グレーティング分光器の原理は、入射した光を一度非常に狭いスリットを通し、その後凹面鏡で平行光にしてグレーティングに入射します。(グレーティングから反射した光の角度差で分光するので、平行度を要求します)
このときに光量は大きくロスします。
また、グレーティング自体の反射率も高くありません。
更に、分光した後の光は当然波長毎に光が分かれ...続きを読む

Q露出補正とISO感度

初代645を買ったんですけどど、露出補正はISO感度で行えば1/3は出来ますよね?

これって例えばISO100のフィルム時に-1.3にEVに補正したいときは、感度を250に設定した方が
いいのか、露出補正ボタンで-1.0にしてからフィルム感度を125に設定するとでは同じ事になるのでしょうか?

Aベストアンサー

No1の方のようなことがあるから使用機材の名称はしっかり記載しましょう。
またカメラについては「趣味 > AV機器 > カメラ全般」という専用のカテゴリーがありますので、そちらで質問をすることをおすすめします。

これまでの質問から、ペンタックスの初代645をお買いになったようですね。
たしかあのカメラは設計が古く、露出補正が現在のカメラのような1/2段や1/3段ではなく、1段ステップだったと記憶しております。
そうしたカメラでは確かにフィルム感度で調整することはあります。
今回のような場合、-1.3段の調整はどちらの方法でも可能ですが、補正の戻し忘れの防止からみて、フィルム感度での補正のみのほうがいいと思います。

QfTとトランジスタの増幅可能な周波数の関係について

トランジスタの利得帯域幅積(fT)について教えてください。
あるトランジスタのhFEとfTが分かっているとき、増幅できる周波数は
fT/hFEで求められるとありました。この式はどこからきたのでしょうか?

Aベストアンサー

fT は hFE が1になる周波数です。

直流の hFE が 100、fT が200MHzとした場合、おおよそ
周波数が 100MHz では hFE が 2
周波数が 50MHz では hFE が 4
周波数が 10MHz では hFE が20
周波数が 2MHz 以下では hFE は100 となります。

hFEとfT が分かれば、ある周波数での hFE がわかるということです。

増幅できるかどうかは その他のパラメータの影響を受けるため、hFEとfTだけでは決まりません。

昔は fT の高いトランジスタを作るのが困難なため fT 付近の周波数で増幅するための工夫をしていましたが、最近ではあまり意味の無い事です。

fT ダブラー
http://homepage3.nifty.com/ichian/analog/misc/ft_double.htm

QデジカメのISO感度幾800は荒れませんか?

フイルムの癖が抜けずISOは100に設定して、複写していましたが光量が足りずコントラストが落ちます。
被写体は部品実装済みのプリント基板の撮影でB5の大きさです。自作撮影台は撮影距離60cm、照明は27w蛍光灯2本で両側45度30cmからで、F7・1/30秒。10Mで撮りPhotoshopで編集CD保存します。プリントアウトはせずディスプレイ上の確認用ですが、微細部確認のため400%以上に拡大します。1/100秒をだと鮮明さがやや増します。端ピントを考慮でF11ぐらいに絞りたいところです。いまは実験できません。ご案内いただければ気が休まります。お助けください。

Aベストアンサー

機種によって違います、としかいえません。

最高感度がISO800の機種でISO800で撮影したらノイズの嵐ですが、最高感度ISO3200まで対応しているデジカメでISO800で撮影したらそこそこ見れるかもしれません。

Qシーボー○ 500FTとZ500FT 違い

D社のシーボー○ 500FTかZ500FTの購入(オークション等で)を検討しています。
色々HPを見る限り全く一緒に思えるのですがZ500FTの方が高値で売買されているように思えます。
何か差があるのでしょうか。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

シーボーグZ500FTと500FTの違いは、Z500FTは超音波センサーと言うのが搭載されていて、道糸を巻くとき面倒な操作は必要なく、巻くだけでOKです。実釣りにおいても水深表示が正確です 只、ある程度の船釣り経験者ですと、液晶表示より道糸のマーカーで水深を確認するのであまりメリットはないように思います。500FTに表示補正機能というのがあるので
ラインと液晶表示が合致していない時に補正もできます
細かいことですが、完全フカセで500FTとZ500FTを使用時、クリック音がZ500FTのほうが大きく聞きやすいです。 他の性能は一緒です 超音波センサーが必要か必要ないかで、選んでください

Qフィルムの実効感度とは

いつもお世話になっております。
自家現像初心者です。

意味が理解出来ておりませんので物凄く変な質問だと思うのですが、
ISO400のフィルムで実効感度を200としますと、
撮影時に露出計をISO200に設定して撮影する・・・で合っていますでしょうか?(汗)

また、現像する時の処理時間はISO400の場合と比べて
どのように変化するものなのでしょうか?

使っているフィルムはT-MAX400で現像液はT-MAXデベロッパーです。
液温は20度で現像しております。

物凄く変な質問だと思うのですが、
先輩方、どうかアドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>撮影時に露出計をISO200に設定して撮影する・・・で合っていますでしょうか?(汗)

その通りです。

>現像する時の処理時間はISO400の場合と比べてどのように変化するものなのでしょうか?  使っているフィルムはT-MAX400で現像液はT-MAXデベロッパーです。液温は20度で現像しております。

現像時は、実効感度は無視してT-MAX400に対応する標準現像時間で現像します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報