先日 ジャケットを買ったのですが チャックが逆になっているのですが 海外の物みたいで これは 日本以外では 普通なのでしょうか?逆とは カッチッと入れて上に上げる時 普通は右側を上げるのですが、この
ジャケットは 左側を 上げる用になっています。

A 回答 (2件)

私も15年ほど前にハワイで、FILAのジャケットを買いましたが、逆でした。

詳しくは解りませんが車の走行方向(日本は左側通行・アメリカは、右側通行)などのように、国々によって様々なんではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
海外の物は 逆もありえるのですね。

お礼日時:2005/04/25 22:22

LLビーンとか自分の持ってる物の中にもいくつか逆のものがありますよ


通常の日本のを基準にして逆ですからその国の方にとっては日本のが逆になるんでしょうね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
日本には 左前とかって言って 死人に服を着せるっていうのがあったので 気になっていたんです。
でも そんな事気にせず 使いたいとおもいます。

お礼日時:2005/04/25 22:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q正方行列の逆行列と一般化逆行列の違い

今まで,逆行列を考えるときには,対象となる行列は正方行列でした.
しかし,一般化逆行列というものがあって,対象とする行列は正方行列で
なくても良いみたいなのですが,そうすると,逆行列を考えるときには
正方行列であるという縛りはかからず,どんな行列でも良いと考えていいのでしょうか?
また,正方行列の逆行列と一般化逆行列の違いは何でしょうか?
一般化逆行列ではどのように逆行列を求めるのでしょうか?
ネット上を調べましたが,詳しく分からなかったため質問させて頂きました.
御存知の方は,教えてください.

Aベストアンサー

>正方行列であるという縛りはかからず,どんな行列でも良いと考えていいのでしょうか?

 いいです。具体例が一個あるとわかりやすいと思います。線形代数のほとんどは、連立方程式がらみです。連立方程式、

  Ax=b

において、Aがn×mで、n=m かつ detA≠0 なら、A^(-1)があるので、

  x=A^(-1)・b   (1)

と解が決まります。しかし応用上は、n=mとは限らない時も、けっこうあります。そのような時でも、(1)の形に解が書けたら便利だよなぁ~、というのが、たぶん事の発端です。
 n>mとします。この場合 x の次元はmで、bの次元はnとなり、条件過多になります。
 このような場合、とんでもない幸運により、解 x が存在する時もありますが、存在しない時の方が普通です。しかし応用上は、なんらかの近似解は必要になります。そこで残差ノルム最小条件、

  |b-Ax|^2=最小

をたいてい使います。これによって定まる x は一意です。具体的には、

  A^T・Ax=A^T・b

と変形します(^Tは転置です)。A^T・A は、Aのランクがmならmになり、det(A^T・A)≠0 です。従って、残差ノルム最小条件下での解は、

  x=(A^T・A)^(-1)・A^T・b

となり、(A^T・A)^(-1)・A^T は、n>mの時のAの一般逆行列の一種です(#2さんの最小二乗型)。
 参考書ですが、#1さんの「伊理正夫,一般線形代数」は、厚くて高いけど良書です。私は、次の本を紹介します。

 線形代数―行列とその標準形 (シリーズ新しい応用の数学 16) (単行本),伊理 正夫 (著), 韓 太舜 (著)

 この本は、「伊理正夫,一般線形代数」より(いくらか)薄くて安くて簡単です。一般逆行列について、系統的に書かれた本は、日本語ではこれくらいだろうと思います。

>正方行列であるという縛りはかからず,どんな行列でも良いと考えていいのでしょうか?

 いいです。具体例が一個あるとわかりやすいと思います。線形代数のほとんどは、連立方程式がらみです。連立方程式、

  Ax=b

において、Aがn×mで、n=m かつ detA≠0 なら、A^(-1)があるので、

  x=A^(-1)・b   (1)

と解が決まります。しかし応用上は、n=mとは限らない時も、けっこうあります。そのような時でも、(1)の形に解が書けたら便利だよなぁ~、というのが、たぶん事の発端です...続きを読む

Q書道初心者です 写真の、左側が私の筆で、右側が先生にもらった筆です。右側の方は筆の先端が柔らかくなっ

書道初心者です

写真の、左側が私の筆で、右側が先生にもらった筆です。右側の方は筆の先端が柔らかくなっているのですが、右側の腕の先端は、少し硬くなっています。
よく洗ってるつもりなのですが、洗い足りないのでしょうか。

Aベストアンサー

日本習字毛筆八段のものです。

右の方が白い毛が多いですよね。
これは羊毛を使っているから柔らかいのです。
「そういう筆なんだ」と思って下さい。

Qm×n行列の逆行列

m×n 行列の逆行列に相当する概念として一般逆行列がありますが, m×n 行列 A に対して, n×m 行列 B がAB=Em(Emはm次の単位行列)かつBA=En(Enはn次の単位行列) を満たすとき, B を A の逆行列と定義しないのはなぜでしょうか ?

Aベストアンサー

memorytermさんの質問中にある通りに逆行列を定義しますと
Aが逆行列をもつのはn=mでかつAが正則な場合に
限られます.
たとえばn<mとするとき,成分を補うことにより
Em=ABは
Em = AB = (AO)(B)
....................................(O)
とm次正方行列の積で書けますが,detを比べると
det Em = 1,
det(AO)(B) = det(AO) det(B) = 0*0=0
..................(O).................................(O)
となり矛盾します.n>mの時はABの代わりにBAの
方で考えれば同様に矛盾が出ます.

だからこの定義は従来の定義と
全く同じになってしまいます.

(解答の行列がみづらくてすみません)

Aベストアンサー

このページに一覧があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BE%E9%9D%A2%E4%BA%A4%E9%80%9A

左側通行と右側通行の比率は人口比で34:66、道路の総延長距離で27.5:72.5とのことです。

Q行列 逆元 逆行列

行列の逆元について。

行列Aに対して、Aの各成分の符号を反転させた行列を-Aで表し、Aの逆元と呼ぶ
と説明がありました。

私は、行列の逆元とは逆行列の事だと認識していたのですが、行列の逆元とは、
上にある各成分の符号を反転させった行列の事を指すのでしょうか?

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

単位元や逆元は対象だけでなくどのような演算に対して考えるかということも重要になります。

たとえば実数について考える場合、加法に対しては"0"が単位元であり、実数"x"に対する逆元は"-x"となります。
x+0=0+x=x
x+(-x)=(-x)+x=0

同じ実数(ただし"0"は除く)について、乗法に対しては"1が単位元であり、実数"x"に対する逆元は"1/x"となります。
x*1=1*x=x
x*(1/x)=(1/x)*x=1

今回の質問の前提として行列の加法について考えているのでしょう。
それなら単位元は"O(零行列)"であり、行列"A"の逆元は"-A"となります。

質問者の考えているのは正則な行列について乗法に関して考えた場合の逆元です。

Q右側y通行と左側通行について

幼稚園児の質問になりますが、イギリス日本香港等左側通行がありますがなぜでしょう。ほかにも左側通行の国がありますか。教えてください

Aベストアンサー

諸説があり難しい質問ですが、幼稚園児に上手く説明してあげて下さい。↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%BE%E9%9D%A2%E4%BA%A4%E9%80%9A

Q一般逆行列の求め方

6×4の行列の逆行列を計算しようとしたのですが,求め方がわからず困っています。以下に教えていただきたい逆行列を示します。

[-a2 a1 0 0]
[-a3 0 a1 0]
[-a4 0 0 a1]
[ 0 -a3 a2 0]
[ 0 -a4 0 a2]
[ 0 0 -a4 a3]

この行列のランクをmaximaを使って計算すると「3」だったのでランク落ちしていることがわかりました。
教科書で確認したところ、ランク落ちの行列には逆行列が存在しないと書いてあったので逆行列を作ることができないのでしょうか?
もしくは、ランク落ちを回避して逆行列を作ることができないのでしょうか?

Aベストアンサー

1列目を4列目に変えた行列
[ a1  0  0 -a2]
[ 0 a1  0 -a3]
[ 0  0 a1 -a4]
[-a3 a2  0  0]
[-a4  0 a2  0]
[ 0 -a4 a3  0]
で説明します。
まず、Aを3×3行列とし、B,C,Dを適切な次元を持つとして、上の行列を
[A B]
[C D]
と分割します。
X,Y,Zを適切な次元の任意の行列、A^-1をAの逆行列とすると、
[A^-1 - XCA^-1 - A^-1BY - A^-1BZCA^-1 X]
[Y                  Z]
が一般逆行列となります。
求めたい一般逆行列は上の一般逆行列の行を入れ替えたものになります。

参考
統計のための行列代数の上巻(D.A.ハーヴィル著)のp.131

Qダウンジャケットのチャックを直すのには、どのくらい費用がかかりますでしょうか

ダウンジャケットのチャックを直すのには、どのくらい費用がかかりますでしょうか

Aベストアンサー

こないだ問い合わせたら7000えんて言われました。

Q逆行列(LU分解)を求める数値的なテクニック

 ある行列の逆行列をLU分解で求めるプログラムを使用しています。その行列の成分の大きさの最大値と最小値の差が10の30乗ほどあります。コンピュータで計算する場合、極端に大きな数字や小さな数字のまま計算すると正しく計算できないことがあります。AA-1=Eなので、行列の各成分をX倍すれば、求めたい逆行列A-1のX倍の逆行列が求まります。これをX分の1にすれば、求めたい逆行列を求めることができます。
 すなわち、各成分の値がコンピュータで処理するのに適していない場合、ある種の補正によって、計算が可能となり、出てきた逆行列はその補正とは反対の操作をすることで求めたい逆行列を求めることができます。

 そこで質問です。
 コンピュータで逆行列を計算するのに適した行列の成分の値の大きさはいくつ程度でしょうか。
 またその適した値にするテクニックとしてはどのようなものがあるでしょうか。

Aベストアンサー

 桁落ちの誤差のためにとんでもない逆行列が計算されてしまうことがあり、これを避けるのは難しい問題ですよね。特に特定の行や列に極めて似通ったものがあるときには極端な差が要素になくてもこのような現象が起きます。ですから、予めそのような組み合わせの行や列が存在しないかどうかを検定するルーチンを用意するというのはどうでしょうか。そのルーチンにひっかかったときには行列の位が殆ど一つ下がるのに等しいわけで、求めた逆行列は殆ど意味がないというウォーニングを出すことにするのです。
 また、対角要素でそれぞれの行を割ったもの(対角要素がすべて1になります)の逆行列を求めた後、その対角要素だけが入り、あとの要素はゼロになる行列をかけてやるという方法を採ると桁落ち誤差が減ると言われています。

Qダウンジャケットの裾上げは可能でしょうか?

ダウンジャケット(コート型)の裾をあげたいのですが、近くの洋服のお直し屋さんに持っていったところ、ダウンジャケットはダウンの処理などの関係で、専門のところじゃないとできないと言われました。残念ながら、このお店の方はその専門店をご存知ではないとのことでした。どなたか、ダウンジャケットのお直しをしてくれるところを知りませんか?

Aベストアンサー

クリーニング店に勤める者です。
ダウンの裾上げはまず一般の町のお直し屋さんいわゆるリフォーム店では無理です。

私達の店でお客様のダウンのファスナーを工場が破損し、丸ごと替えなくてはならなくなった時があったのですが、普通のところでは全てダメでした。
どうしてかというと、加工のため表面の生地を切ると中からダウン(羽毛)が当然飛び出してくるのですが、それを特殊な機械で吸い込みながら生地を縫い進める必要があるからです。そのような特殊な機械は普通のリフォーム店にはありません。

やはりダウンを購入したお店に相談することをおすすめします。
私共もそちらからやってくれる専門店を辿りましたので。
(普段親しいお付き合いをしているクリーニング店があれば斡旋してくれるかもしれませんが、自分のところの利益にならない紹介はし辛いのが正直なところです)
ただしかなり加工賃は高くなることを覚悟しておく必要があります。
どちらかといえばそのままの状態で着られるのをおすすめしたいです。


人気Q&Aランキング