dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

中学生、高校生の頃に一方的に嫌がらせやイジメを受けたことで大人になっても恨んでいるのはみっともないと思いますか?
いい加減成長しろよと思いますか?

A 回答 (9件)

私も中学の時いじめられっ子でした。当時は転校生でした。親には今も秘密のままです。

(椅子の上やズックの中に画鋲を置かれたりして、辛かったです)

大人になり結婚してからは、中学時代のイジメがまだ可愛く思える程の震度6~7レベルの嫁イビリを経験します。

いじめられた思いしかない人(姑)の介護に(未だ深刻な介護レベルではない)関わることの難しさと直面します。「嫁の世話になっておいて,今までの謝罪はないのかよ」と何度も毒づきたくなります。

いじめられた側はいい歳になっても、いじめられたことを覚えています。でも、いじめた方は驚くことにいじめたという認識はないみたい。

罪悪感も後悔もない人との関わりは、精神的に苦痛でしかないです。過去の怨念を引きずって生きることの辛さに向き合うことになります。

恨み、怨念、憎しみ、全部ひっくるめた負の感情は巨大なストッパーのようです。前に進もうと思うのに,一歩の前進も許してくれなさそうな岩石と自分がセットになっているみたいで、負の感情を抱き続けることに疲れを感じたのかもしれません。もういい歳なので。

あなたの質問文を拝読して、あなたも私と同じように本当は変わりたいのではないかと思いました。あなたも気づいたんです。大人になってもずっと引きづって恨みを抱き抱えて生きることのしんどさに。みっともないというより、今のままでは辛いだろうなって。

恨みの念に疲れ果てた時が成長の始まりだと思っています。葛藤があるということは、あなたが抱えてきた思いから本当は解放されたいからなんです。真剣な葛藤は行動に繋がるものなんです。

そいつ今頃パフェとか食ってるかもよ、正確に記憶していないけど、そんなタイトルの本が出版されています。

恨みに胸塞がれそうな人に対して、いじめた主は何事も無かっかのようにパフェをほうばっているかもしれない。(だから、いつまでも悩んでいるのは馬鹿らしいじゃないか、というニュアンス?)

あなたはもっと成長したいのでしょう?ご自分で答えを出していらっしゃいます。

恨んでもいじめられた記憶が塗り替えられることはないし、プラスになるものが何もない。負の感情のままだと、一生心の中を今のウクライナとロシアとの戦争状態にしておくことになります。

鉛を足につけた状態では颯爽と走れません。その鉛が恨みなんだろうと思います。いつでも走り出せるように(進むという意味)身を軽くしておきたいよね。身も心も軽くするために、鉛に相当する思いを(恨み、怨念)を取り除いて(難しいですけど)生きてみませんか?暴風雨の思い出に浸りきって生きるより、晴れの日にたくさん出会えるように、辛かった思い出をちょっとずつでも手放してみませんか。忘れることが難しいなら、他のことに気を向けるようにしましょう。
私もそうします。
    • good
    • 0

>みっともないと思いますか?



いいえ。

本来であれば報復して憂さ晴らしをするところ、耐えて我慢しているのですから、大したもんです。
    • good
    • 0

どっちでも良いのではないですか本人次第でしょう。



私は10代はいじめと差別で生きてきましたが、20代になってからはその人たちの上に行こうとあがきました。

40代になったらその人たちよりいい暮らしをしていました。
その時あたりから感謝をするようになりました、だって苦しい時にその人たちを思えば今が楽だと思うようになって行きましたから。

どっちだってその人の考え方でしょうから、良く活かすか悪く活かすかの選択ですから。
    • good
    • 1

このサイトでも引きずっている人の質問を見かけますが、ハッキリ言っていいことないと思います。



いじめられている当時なら、恨む気持ちもよく分かります。
ただ時間が経って心も成長すれば本当に「一方的」かどうか、自分に本当に落ち度がなかったのか、他に何かできることがあったのではないか、いろいろ考えると思うのですけどね。
あまり引きずっていると恨みが逆恨みになっているように思えます。
    • good
    • 0

トラウマというのは同じ目に遭わないように、忘れないように出来ているのです。

でもそれをいちいち思い出して脳内で膨らませて自分自身を不愉快にするのは愚かの極みです。理性の力で負の記憶を抑え込めるかどうかで、これからの人生が決まるでしょう。過去に負けないでくださいね。
    • good
    • 1

個人の自由ということも聞かなきゃ分らんか

    • good
    • 0

いや、それは大人になっても残るものだと思いますよ。


子供の一番楽しい時代でいじめられたのですから、
トラウマになっていてもしかたないと思います。
過去のことだからサっと忘れちまおう。
なんてそんな簡単なものではないですよ。
いじめられてたななんて、そうとう心に深い傷を負ったはず。
しかしながら、そうはいっても、いつまでも
負のイメージを過去に引きずってもよくないのは確かです。
過去を払拭できればいいし、本人の努力で払拭できた人もいるでしょう。
しかし、簡単じゃないし、出来ない人がいても不思議ではないですよ。
    • good
    • 1

いや、心の傷にみっともないも何もないですよ。


私は18歳になって家を出るまで親に傷つけられるような言葉ばかり言われてきたので、かなり恨んでいます。私は今社会人で、親とは絶縁していますが、◯ねばいいのに。って本気で思ってます。
    • good
    • 1

理不尽な思いをされて、お気の毒だと思います。


その人は悪くないので、責める気持ちにはなりません。
ただ、その人自身のこれからの人生のために、辛くても過去をたち切り、忘れて前へ進んだ方がいいと思います。
そうしないと幸せになれないので、もったいないです。
今はもう、過去とは違います。
もう、いじめてくる人は目の前にいないのに、過去にとらわれていたら、まだいじめられていた過去をずっと経験しているのと同じことです。
まだ支配されているのです。
忘れて前へ進むのが、その人にとっての勝利です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!