プロが教えるわが家の防犯対策術!

だけです。 本当に何がしたいのでしょうか?わからなくなりました。
このようにしたい! と箇条書きにして世界に示してくれた方がよく分かるような気がしますがね。
隣国の日本ですら、北が何をしたいのか分からないのですから遠くの国々は「なんだか変わった国があるなあ」って感じでしょうか?

A 回答 (7件)

技術開発だと思います。



北は、何とかして米国を攻撃出来る
核を持ちたいのです。

そうすれば、国防は完璧なモノになる。

だからしゃかりきになって、実験を
繰り返しているのだと思われます。
    • good
    • 2

北鮮がミサイル(特に中・短距離)を撃ちまくっている理由はなんとなく解ります。

 北鮮は以前から韓国や日本を射程に入れた旧ソ連製の中・短距離ミサイルやそれをコピーした国産のミサイルを数多く持っています。 しかし、ミサイルには消費期限があります。 消費期限がきたミサイルは通常解体性分されますが、北鮮はその解体処分の費用も惜しいので、海に撃ち込んで廃棄処分にしているのです。 一部は発射訓練や、ミサイル改良のための試射などもあるでしょうが、大半は消費期限間際の古いミサイルの廃棄のために、撃ちまくっているのでしょう。
    • good
    • 2

いや、他の国はあらかた試験が終わって実用段階に達してるから目立たないだけです。

北は今必死になってテスト中なんで。
 何がしたいかはよくわかっていますよ。キム王朝を何とか持続させたい、その一心です。経済じゃ勝ち目がない、とはいえ軍隊の装備は古すぎて案山子同然、諸外国に存在をアピールして生き残る可能性があるとすれば弾道弾と核しかないって選択なんでしょう。
    • good
    • 2

弾道ミサイルを飛ばす効果は大きく2つあります



(1)目的がわかっている相手には交渉の材料になります
(2)目的が理解できない相手には「こいつやばい、なにするかわらないのでちょっと手を出せねーわ」という牽制になります。

つまりあなたは後者ということですね
ほとんどの人は前者なんですけど
    • good
    • 2

自分の国がいつ潰されるかわからない、という恐怖感からです。



朝鮮戦争の妥協策として、旧ソ連、中国を背景として成立した国です。
ところがソ連はロシアとなり、中国は世界大国になるにつれて、かつての敵アメリカと近づき始めた。
北朝鮮視点でみれば、周り中敵だらけになっていく不安があります。

学校でいえば、クラスを2分する争いがあり、何とか話し合ってAとBグループに分けて落ち着いていた。
ところが、だんだんAからBと仲良する人が増えていって、気づいたら自分1人みたいな気がしてきた。
そんな孤立感です。
「俺は強いんだぞ!近づくな!」と虚勢張って見せつけないといつ攻撃されるか分からない、という気持ちに陥ると思いませんか?

国でも人でも、相手の気持ちは相手の立場、状況を分析して、自分がそこにいたら?と想像しないと理解できません。
    • good
    • 2

撃ちまくっているのは北朝鮮だけじゃありませんよ。


弾道ミサイルを持っている国は、すべて打ちまくっています。
日本だって、ロケットを作る上で、試作機を飛ばしてますから。

理由:実験をしないと、製品は完成しないから。
実験をするのは、「当たり前」のことなんですよ。

弾道ミサイルは、飛距離が長いミサイル。
その実験場は、狭い北朝鮮にはありません。
海に飛ばすしかない。中国の沖合ってわけにいかないから
日本側に飛ばしているだけ。

>北が何をしたいのか分からない
核兵器を持った強い国。ということを世界に知って欲しいだけ。
    • good
    • 2

1,お願いだから僕(金正恩)の命は奪わないで!


2,お願いだから、僕の独裁国家を世界中が認めて!
3,お願いだから、お金と食べ物を僕の独裁国家に頂戴!
です。

そうじゃないと核ミサイル作って、そこら中に発射しちゃうよ!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。1~3までならそんなに難しいことではないですね。
個人的にはそれで静かな暮らしができるのならば歓迎ですが・・。

お礼日時:2023/07/25 12:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!