dポイントがお得になるネット回線は?

リアエンド巾126ミリのフレームに現行規格のシマノ130ミリ+8速のホイールを付けたいと思っています。シャフトを126ミリ用に交換し、フリーの逆側の玉押しとロックナットのあいだのスペーサーをはずして、ワッシャを入れて(4ミリ分調整)やれば、数字上は納まると思いますが、取り付け可能なのか、実際にやられたことのある方、走行上の問題等あればアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ツーリング用に使っているロードが、元々7段でエンド幅126ミリですが、8段の130ミリホイールを使っています。

ちょっと広げる感じで入れてやれば入ります。マビックのヘリウムでも入ります。

別のロードも7段から8段へ変えましたが、こちらは自転車やさんでエンド幅を少し広げています。

フレームによってはトップに入れたときにシートステイにチェーンが当たる事もあります。これは現物で確認しないとわかりません。ロードエンドなら位置調整で逃げられるかもしれません。知り合いの方に借りて合わせてみると良いと思います。

当然ながらリアのシフターも替えますよね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

4500rpmさん 御回答ありがとうございます。みなさん普通にやられているようで、ホットしてます。ショップで治具による矯正が一番よいのでしょうが、たいしたフレームでもないので・・・不具合としては、ご指摘のとうり、チェーンの当たりが考えられますね、友人にホイール借りてみて、実際にやってみます。

お礼日時:2005/05/25 06:49

何も細工をしなくてもそのまま入ります。


ご安心ください。

フリー側(ディレイラー側)のシャフトのリアエンドへのあたり面をご覧ください。
あたり面へ向かってテーパーになっていて、126mmのエンド幅を130mmに広げながら入っていくようにできています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

DUL-Xさん 御回答ありがとうございます。実際広げる巾が片側で2ミリなので、入れても問題ないんですね、安心しました。

お礼日時:2005/05/25 06:25

私自身の経験では有りませんが、友人がエンド幅126mmのロードフレームに130mmのホイールを入れています。



特に改造等はせずそのまま入れています。話を聞くと少しきついけど問題無く入るとの事で、実際に着脱をさせてもらった感じでも不都合は感じませんでした。

その友人は他にもエンド幅126mmのロードを持っていますが、入り難い物に関してはフレームを広げているとの事です。手で適当に広げているそうですが広げすぎには気をつけているとの事です。少し広げ足りない位が良いと思います。

問題はセンターが正しく出るかという事と変速が正しく機能するかという事ですが、目で見た限りでは特におかしな感じはしませんでしたし変速の方も問題なさそうでした。

将来エンド幅130mmのフレームを購入する事も考えられますので検討する価値の有る方法だと思います。

因みに130mmのホイールを126mmに改造するには御質問の手順に加えてオチョコの量を変更してフレームのセンターとホイールのセンターを合わせてやる必要が有ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

feederさん 御回答ありがとうございます。友人の方が実際にやっていて、何の問題もなさそうとの事で安心しました。まず自分も広げて入れてみて、不具合があれば加工して入れて見ます。

お礼日時:2005/05/25 06:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルミフレームのエンド巾は広がりますか?

ブリジストンレイダック(アルミフレーム)に
130MMのホイールが入りますか?
経験者の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

あくまで個人的な経験と感覚ですが、、、、

アルミフレームはエンド幅を広げることはできませんが、
126のエンドに130のハブは入りますし使えます。

これが原因での破断の経験はありませんが、
もし仮に折れた場合でも、シートスティやチェーンステイの一本程度が折れただけでは特に問題なかったです。

そもそも折れる場合は、事前にひびが入るので目視でわかりましたし、
目視で気が付かない場合でもヒビがこすれで異音がしましたし、
踏んだ感覚が異様に柔らかくなりましたのですぐに分かりました。
(アルミフレーム2本、チタンやクロモリフレームはそれ以上の破断経験があり)
ただし、アルミフレームは一度ひびが入ると、ヒビが一気に広がりやすい傾向にあるようで、これが原因でアルミフレームはいきなり折れるという俗説があります。

逆に言えば、フレームが折れてもフレームが柔らかく感じるだけです。
ただしこれはリア三角が折れた場合の話で、フロント、、、

特に、折れてヘッドチューブが外れたとか、フォークやフォークコラムが折れた場合は重症の事故を起こす可能性が大きいので、警戒するならリアではなくフロントの方ですね。

そもそも、リアエンドは規格が126mmのものでもきっちり126mmではなく、
128mmを超えるものもありますから、どちらにしろある程度はクイックを締める時に歪んでいますですよ。

日本メーカーのフレームはここら辺の精度が素晴らしいですが、
昔のヨーロッパのフレームは、、、ねぇ。
まっすぐ進まないフレームや、BBやヘッドの精度が出ていないものって普通でしたからねー。

あくまで個人的な経験と感覚ですが、、、、

アルミフレームはエンド幅を広げることはできませんが、
126のエンドに130のハブは入りますし使えます。

これが原因での破断の経験はありませんが、
もし仮に折れた場合でも、シートスティやチェーンステイの一本程度が折れただけでは特に問題なかったです。

そもそも折れる場合は、事前にひびが入るので目視でわかりましたし、
目視で気が付かない場合でもヒビがこすれで異音がしましたし、
踏んだ感覚が異様に柔らかくなりましたのですぐに分かりました。
(アルミ...続きを読む

Q6速車に8速、9速、10速用のリヤディレイラーは装着可能でしょうか?

6速車に8速、9速、10速用のリヤディレイラーは装着可能でしょうか?
21年前に購入したパナソニックのPT-1000と言う自転車に乗っています。
20年間部屋のオブジェになっていましたが、今年ある程度オーバーホールして4月から4000キロ走りました。とても気に入っています。しかし、先日箱根を下った時、振動(バイクへの嫌がら舗装路)でリヤディレイラーのリターンスプリングのピンが外れ、スプリングを紛失してしまいました。現在、変速不可で6速の中の4速固定で使用しています。
そこでお知恵を頂きたいのですが、このPT-1000はシマノ105セットで構成されています。
しかし、現在の8速、9速、10速仕様とは違う6速車で、合うユニットがオークション等では発見できません。7速、8速仕様又は10速仕様のリヤディレイラーを装着することは可能でしょうか?
他に良い方法(修理可能)などがありましたらご指導宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

PT-1000は、当時トライアスロン用と売られていたものでしょうか?たぶん、緑っぽいメタリック塗装の105SCの頃なんでしょう。リアはエンド幅126mmでレギュラー6速のボスフリーか、600互換のUGカセットスプロケットのどちらかなんでしょう。

7,8速用ディレイラを手に入れて交換するというのがよいのだと思います。ただ、ロード向けのショートケージで7,8速用ディレイラってのも、かなり入手は難しくなってます。私がこの手の補修をするときは、7,8速用の旧SORA RD-3300あたりに交換し、ついでに、シフトレバーとフリーも買えて7速にしてしまいます。(まあ、その前にRD-3300用リターンスプリングで105SCが補修できないか確認してからですが・・)

当時のシマノのチェーンはUG規格で3/32インチ幅ですから、変速性能を無視すれば、同じ3/32インチ幅の8速用HGチェーンでほぼ互換があり、HGチェーンを使えば8速用ディレイラで問題なく動作すると思います。ディレイラの振れ幅を調整するねじが短く、ディレイラがスポークと接触する可能性があるので、調整ねじを適当な長いものと交換する必要があるかもしれません。ただし、インデクスシフトのSISはうまく動く保証が無いので、フリクション側で使うか、Wレバー交換の必要があるかもしれません。

PT-1000は、当時トライアスロン用と売られていたものでしょうか?たぶん、緑っぽいメタリック塗装の105SCの頃なんでしょう。リアはエンド幅126mmでレギュラー6速のボスフリーか、600互換のUGカセットスプロケットのどちらかなんでしょう。

7,8速用ディレイラを手に入れて交換するというのがよいのだと思います。ただ、ロード向けのショートケージで7,8速用ディレイラってのも、かなり入手は難しくなってます。私がこの手の補修をするときは、7,8速用の旧SORA RD-3300あたりに交換し、ついでに、シフトレバーとフ...続きを読む

Qボトムブラケットの規格 測り方がわからない

BBを交換しようと思いますが、規格の一覧を見つけましたが、
どう測ったものかわかりません。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/bottom_bracket.html#BBshell
BB交換の際に見るのはBBシェルの規格と、テーパー規格だけでいいでしょうか?

BBシェルだから、BBの幅ではなく、フレーム側の幅を計ればいいんですよね?
はずしたほうが正確なのですが、面倒なので、つけたままBBとBBシェルの間を、
クランクが邪魔だなと思いつつノギスで測ったら、68.5mmでした。
これはISO,JIS規格だとおもっていいでしょうか?

Aベストアンサー

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。

・Peugot CADET (2003年春~夏ごろの購入だと思う)
BB shimano 「BB-LP28」 68 BC1.37x24
クランク shimano 「FC-MC20」
で、こちらは答える必要がないくらいシマノですね。
JISテーパー。
軸長は、実物を計って調べてください。
情報としては、126mmが適合するはずですが…
確実なのは現物の軸長です。

いずれも最近のBBですので
オフセットは普通です。

また、110.5と110とか111とかは、
神経質になる必要は在りません。
=近似値で調整可能と考えて良いです。
逆に言えば、110必要なんだけど、
すこしアウタートップを軽く使えるようにしたい…とかの場合
111でも113でも使用可能です
オフセットは左右均等なので、
1mmの長さの差=チェーンリングが0.5mmずれるだけ。

また。
四角テーパーの泣き所ですが、
そう言う使い込んだクランクの場合、
勘合部がどうしても減ってしまい、
前よりも深く刺さるようになってしまう場合が多くあります。
ですので、
110.5の軸長が標準であれば
111や113を選択すべきです。
間違っても109とかは選択すべきではありません。
=勘合が深くなっているのと合わせて3mm以上ギアが内側に入ると
アウタートップやミドルトップがかなり苦しくなります。
=チェーンがすこしごりごり言っているかもしれません。

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。
...続きを読む

Q手組み用?ハブはなぜ32Hが多いのでしょう?

当方、クロスバイクで32Hのもの(700x28c、クラシックリム)がついているのですが、
少しでも巡航性能を上げるためと、タイヤ幅を23cまで落としたいので
ロード用のエアロホイール購入を考えています。
(シマノのR500など低グレードのものであれば
 ハブ軸&スペーサ変更でエンド幅135mmにできそうですので、それを予定しています)
でも、手組みでいろいろ選ぶという選択肢も少し考えています。


ショップを見ると、ロード用に販売されているハブは、
かなり上級グレードにならない限り32Hが一般的のように思います。
(シマノの場合。 別のメーカーでは違うのかもしれませんが・・・)
リム単体も、32Hが多く販売されているように思います。

ところが、完組みは24H、20H、18Hなどが普通にありますよね。

スポークの空気抵抗だけを考えれば、本数はなるべく少ないほうがいいと思うのですが、
なぜ標準~低グレードのハブは32Hなのでしょう?

やはり手組みで20Hなどは技術的に熟練していないと難しいからなのでしょうか?
個人的に考えるに、
 ◎少スポークのメリット
  空気抵抗が小さく、重量が軽い
  横風の抵抗を受けにくい
  かっこいい(←個人的ですが)
 ◎32Hのメリット
  組みやすい(バランスが取りやすい)
  ショック吸収がいい
  強度がある
  バリエーションが多い(たくさん販売されている)
という感じなのですが、それ以外に32Hのメリットがあるのでしょうか?

自転車は空気抵抗との戦いですので、32Hだと少しもったいない気がします・・・
エアロスポークなら、そんなに気にならないものでしょうか?

当方、クロスバイクで32Hのもの(700x28c、クラシックリム)がついているのですが、
少しでも巡航性能を上げるためと、タイヤ幅を23cまで落としたいので
ロード用のエアロホイール購入を考えています。
(シマノのR500など低グレードのものであれば
 ハブ軸&スペーサ変更でエンド幅135mmにできそうですので、それを予定しています)
でも、手組みでいろいろ選ぶという選択肢も少し考えています。


ショップを見ると、ロード用に販売されているハブは、
かなり上級グレードにならない限り32Hが一般的の...続きを読む

Aベストアンサー

昔、ホイールのスポーク数について海外のサイトで教えて貰いました。
1960年代には、どの国でも前後とも36Hホイールが標準になったそうです。36Hホイールは重量と耐久性のバランスが非常に良いホイールで、円周360度の10度毎に穴が開くのでハブやリムを製造するのにも都合が良かったようです。
その頃、32Hホイールは既に存在していたものの、ロードレースなど耐久性より重量の軽減を目的とした特殊用途のみに使われていたようです。

1980年代初頭、とある業者が「32Hホイールを売り出すとレーシングイメージがあるので売れるのではないか?スポークも若干ケチれるし」ということで、アップグレードホイールと称して売り出したそうです。
これは36Hに比べ、明らかに耐久性や剛性が劣っていましたが、一般の人が使うには十分な強度で、商業的には成功したそうです。
その後、28H, 24H, 20H, 16Hとスポーク数の少ないホイールがアップグレードホイールとして発売されました。しかしこれらは当時のプロメカニック達に好意的に受け入れられなかったそうです。その理由は
1)スポーク数を少なくするとリムを丈夫にしなければなりません。これはリムの重量が増えることを意味します。リムの重量が増えると運動性が悪くなります。この現象は同じ重さのおもりを背中に背負った場合と足首や靴に付けた場合で、同じ距離を同じ時間で歩いてみればすぐに分かります。後者の方が疲れを感じるはずです。
2)スポーク数が少なくなるとスポーク1本にかかる荷重が増え、異常に高いテンションを必要とします。またスポークが1本でも折れれば即、走れなくなります。
3)ハブからリムにトルクを伝えるためにはスポークをクロス組みする必要があります。36Hの場合、8本取り(4クロス)、6本取り(3クロス)、4本取り(2クロス)の3種類の組み方ができますが、32H, 28Hの場合、6本取り、4本取りの2種類になります。さらにスポーク数が少なくなると4本取りか2本取りのどちらか一方しかできなくなります。クロス数が少なくなると、ホイールのねじれ剛性が著しく下がり、加速の悪いホイールとなります。

このような流れで、レースイメージを持つ32Hがスポーツ系自転車に生き残り、それ以下のものは自然淘汰されたようです。ちなみに競輪は36H, 8本取りが標準だそうで、瞬発力でホイールがねじれるのを防ぐために理にかなっています。

完組の場合はホイールを総合的に専用設計できますので、少スポークでも十分な性能のホイールを作ることができます。今や高価な完組の性能を越える手組みホイールを作るのは事実上不可能です。コストパフォーマンスや絶対性能を取るなら迷わず完組です。
しかし手組みには手組みの良さがありまして、性能はともかくユーザーの好みや用途に幅広く対応できます。また、スポークが切れても少しは走れる余裕がありますし、街の小さな自転車屋でも応急処置が可能です。さらに自分でホイールがいろいろ組めるようになると、先人達の工夫が理解できるようになり、少スポークが必ずしもメリットが多いとは思えなくなると思います。私は別にプロのメカニックではないですが、ホイール組は自転車弄り上級者への登竜門です。最初はプロの自転車屋さんの助けが有った方が良いとは思いますが、機会があったらホイール組にも挑戦してみてください。

タイヤ幅を細くするとパフォーマンスアップしたように感じるのは主にホイール外周の軽量化と転がり抵抗の低減だと思います。これを説明していると長くなりますので今回は止めておきます。

参考URL:http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/spoke.html

昔、ホイールのスポーク数について海外のサイトで教えて貰いました。
1960年代には、どの国でも前後とも36Hホイールが標準になったそうです。36Hホイールは重量と耐久性のバランスが非常に良いホイールで、円周360度の10度毎に穴が開くのでハブやリムを製造するのにも都合が良かったようです。
その頃、32Hホイールは既に存在していたものの、ロードレースなど耐久性より重量の軽減を目的とした特殊用途のみに使われていたようです。

1980年代初頭、とある業者が「32Hホイールを売り出すとレーシングイメージ...続きを読む

Qアルミロードバイクのエンド幅修正は可能でしょうか?135ミリのホイールを誤って購入してしまい1

アルミロードバイクのエンド幅修正は可能でしょうか?

135ミリのホイールを誤って購入してしまい
130ミリエンド幅のアルミフレームのロードバイクになんとかはめることはできないかと考えています。
買ってしまったホイールはSHIMANOのWH-T565-Aです。
ホイールを調節する、もしくはアルミフレームのエンド幅を5ミリ広げることは可能でしょうか?

ご教授ください。

Aベストアンサー

4番さんの回答内の135→130エンド幅へのホイールの改造点に誤った部分がありますので訂正させてください。

シャフトに付くワッシャーを均等に2.5mm調整するとありますが間違ってます。
フレームのディレイラー側エンド部分からフレームセンターまでの距離は135、130共に同じ長さです。これはカセットスプロケットが入るフリーボディ幅が130、135の別無く共通であるから(フリーハブではなくフリーボディね)です。
違うのはフレームセンターから反フリー側の距離がそれぞれ5mm違っているのです。

これを裏付けるようにそれぞれのハブを比べますと反フリー側のスペーサーがキレイに5mm違います。
さらにハブセンターに着目しますとセンターは2.5mm違っています。

要約しますと例えばエンド幅135mmクロスバイク用のホイールを130mmバイク用に改造する場合、アクスルシャフトとスペーサーを5mm短いものに交換し、スポークのテンションバランスを反フリー側・フリー側共に調節し2.5mmリムをフリー側に寄せる改造が必要となります。

余談失礼いたしました。

Qシートポストの口径について

先日、盗難にあいましてシートポストごとサドルを盗まれました。 
そこでシートポストとサドルを購入しようと思ったのですがポストの口径の大きさの測り方が良くわかりません。

おそらくフレーム側口径の内径で良いと思うのですがどこを図ったら良いのか教えてください。

それとタイヤで言うと20インチや26インチのようにある程度決まったサイズでメーカー側が作っているのでしょうか。
29.2ミリが多いようですが。

Aベストアンサー

自転車店で購入した物の場合は、カタログにも掲載されてますし、(年度が違うとずれる事も)有名メーカーなら、どこの何年モデルでわかります。
メーカーがわかって、私のカタログのストックがあればさがします。

スポーツショップに行けばポストのサイズを測る事が、(パラソルチョコレートのデカイので?)できます、そうです、内径ですがノギスで測っても多少ずれるので、できれば工具で、測ってもらって。
お店の人が計れば違ったときに変えてもらえますから。自分で計ると文句も言えない。

ポストのサイズは、多いのが26,8パイ 27,2 とかです、メーカーによっては、30.9 31.6とか色々です、0,2違うとグラグラ、きつくて入らないがあるので。安いので2000円くらいから、
サドルはどれでもつきます。

シム(隙間を埋める薄いわっか)もあるのですが、あまり良くないので、できればちゃんとしたのを。

普段サドルの上下をしない方なら、盗難防止にクイックのポスト止めより、アーレンキー(6角レンチ)で止める シートポストクランプ のに変えたほうがいいかも(サイズがあります)

自転車店に自転車を持って行く事をオススメします。
計る工具があるか電話で聞いてみたほうが。

自転車店で購入した物の場合は、カタログにも掲載されてますし、(年度が違うとずれる事も)有名メーカーなら、どこの何年モデルでわかります。
メーカーがわかって、私のカタログのストックがあればさがします。

スポーツショップに行けばポストのサイズを測る事が、(パラソルチョコレートのデカイので?)できます、そうです、内径ですがノギスで測っても多少ずれるので、できれば工具で、測ってもらって。
お店の人が計れば違ったときに変えてもらえますから。自分で計ると文句も言えない。

ポストの...続きを読む

Qロードレーサーはなぜフロントトリプルが少ないのか?

ずっとMTBを通勤とシングルトラックで使用しておりましたが、最近古いロードバイクを手に入れて乗っています。MTBにスリックタイヤでも充分に舗装路を早く走れると思っておりましたが、ロードのスピードに驚いています。
ところで、MTBではフロント3枚が標準ですが、ロードではフロントダブルが標準でしかも52-39あたりの歯数が標準で平地は当然早く走れるのですが、ちょっとした坂道だとかなりきついのですが、皆様このような歯数で普通に走っているのでしょうか?コンパクトクランクが最近人気とのことですが、それでも自分としてはまだまだきついように感じますが、なぜロードバイクではフロント3枚を使用することが少ないのでしょうか?見た目がかっこ悪いというのは理解できますが、そのほかに何か理由があるのでしょうか?諸先輩方のご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、ロードバイクはコースの状況に応じてこまめにアウターからインナーにインナーからアウターにチェンジします。
元々がレース機材として発展してきただけに、シフトチェンジの正確性が重視されています。

私はコンパクトクランクを愛用しているけれど、よっぽどの急坂でない限り、これで十分だと思ってます。
登り方はマウンテンバイクみたいにゆっくりとしたペダリングで上っていくのでなく出来るだけ早い回転力で勢いよく上っていきます。
マウンテンバイクみたいに車体重量があるわけでないから大抵、これで上れますよ~~。
つらければダンシングで上ればいいし。

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、...続きを読む

Qステムのクランプ径 26mmと25.4mmの違い

   
すみません、教えてください。

バイクの自作を始めまして、パーツを集めるべく物色しているところです。

気に入ったクイルステムのクランプ径が26mmとのことなのですが、これは25.4mmと同じと思っていいでしょうか。
ハンドルはフラットを検討していますが、ハンドル径が25.4mmというのが大半で26mmというのはほとんどありません(無くは無いですが)ので
同じことと思って問題ないのかなと。

よろしくお願いします。
   

Aベストアンサー

26mmはロードバイク用に多くみられるハンドル径です。
(最近は31.8mmというオーバーサイズも増えています)
25.4mmは一般車およびピストでよく使われます。
アダプタみたいなものをかますことで径の大きいクランプに
それより細いハンドルを使うことは可能です。
なにもかまさなくてもそのままで25.4mmハンドルに対応する
ステムもありますが、メーカーが対応としているもの以外は
そのままではしっかり止まらないと思った方がいいですね。

http://www.cb-asahi.co.jp/item/01/02/item20203700201.html
このようなスペーサーを使えば26mm対応のステムに取り付けられますが
ノーマルステムだと取り付けが困難かと思います。

Qクロモリロードのシートポストの径

タンゲNo.2のクロモリロードに乗っているのですが、

ネットで調べてみるとシートポストの径は26.8mmとのことですが、
26.6mmのものもあるのでしょうか?

もともとついてるシートポストはは、26.6mmなのですが、クランプ部分が少し変形してるので、もしかして本当は26.8mmなんじゃないかなと思いました。

フレームは、国産の時のタンゲNo.2でリヤエンドが128mmのものです。

変形しているのを直せば、26.8mmのシートポストが使えるのかどうかも知りたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そんなあなたに
http://cyclotourist.web.fc2.com/special_33.html
こちらにあるとおり
シート管は一般的なオーバーサイズインチの外径28.6で厚み0.9ですので
基本は26.8ですね。
肉厚0.9mmのNo.2だと26.8
肉厚0.8mmのNo.1だと27
肉厚0.7mmのプレステージだと27.2と言う具合になっていましたよ。

まあNO2の肉厚1.0が有るかどうかはさすがに知りません。が。
普通の話。
とうぜん。

Qリアエンド幅135のフレームにロード用ホイールは装着可能か?

先日、私のフラットバーロードのホイールを買い換えました。
で、それまで使っていたノーマルホイールを、会社の同僚がもし自分の自転車に使えるなら譲って欲しい、と言ってきました。
その同僚はクロスバイクに乗っていますが、そのクロスバイクは、リアエンド幅135mm(MTBと同じエンド幅)なんですね。
エンド幅130mmのロードのフレームに135mmのホイールを入れるのは無理があるのはわかりますが、逆に幅が広いフレームに狭いホイールを入れる分には、ハブの左右に厚さ2~2.5mmのワッシャーなどのスペーサーをかませば取り付け可能なんじゃないか、と思うのですが。
(ていうか、絶対に試した人っていると思うんですよ、これって)
ホイール脱着の度にワッシャーがちゃんとした場所に入っているか確認が必要になる、などの多少の欠点はあると思いますが、現実問題として、スペーサーかましてロード用ホイールを装着して、通勤等の日常使用に何か支障は出るのでしょうか。
やってみたけど問題があった、もしくは、やってみたがごく普通に使えるなど、経験談も大歓迎です。
よろしくお願いします。

先日、私のフラットバーロードのホイールを買い換えました。
で、それまで使っていたノーマルホイールを、会社の同僚がもし自分の自転車に使えるなら譲って欲しい、と言ってきました。
その同僚はクロスバイクに乗っていますが、そのクロスバイクは、リアエンド幅135mm(MTBと同じエンド幅)なんですね。
エンド幅130mmのロードのフレームに135mmのホイールを入れるのは無理があるのはわかりますが、逆に幅が広いフレームに狭いホイールを入れる分には、ハブの左右に厚さ2~2.5mmのワッシャーなどのスペーサー...続きを読む

Aベストアンサー

やってます。
フレームはアルミでして、実際にフレームのエンド幅は135mmきっかりでした。
5mmたわめると、結構力が必要です。

クロモリなんかのフレームならばあまり問題ないんですが、アルミの場合は
クラックが入りやすくなるかもしれませんので、
私はハブ軸の組み替えをしました。
シマノのハブでしたので、MTB用ハブ軸(シマノのスモールパーツばら売りで500円くらい)と
バイク用品店で5mmのアルミスペーサーを購入。

ロード用ホイール(WH-R500)のハブ軸をばらし、軸だけ組み替えて、
反フリー側に5mmのスペーサーをかまして組み付け。
その状態で、ハブ軸中心とリム中心が2.5mmずれますので、振れ取り台で修正。
(完組ホイールでしたが、リム引っ越しの要領で少しずつやれば問題なし)
いまのところ400kmくらい走りましたが、何の問題も出てないです。

ちなみに2.5mmずつスペーサーを入れると、チェーンライン(スプロケの幅の中央線)が内側に来てしまうので、
ディレイラーの調整が必須になります。(ディレイラーはフレームについてる為)
私はすぐに元のホイールに戻せるようにしたかったので、前述のようにしました。

参考にしたサイト↓
http://blogs.yahoo.co.jp/tecchisasari/33744703.html


軸が組み替えられないハブの場合は、無理矢理フレームをたわませてつけるしかないでしょうかねぇ・・・?
ただしその場合、ディレイラーの調整はあまり必要ないです。
(厳密には角度もチェーンラインも変わるので、ギヤ鳴りをおこすかも??可能性は低いですが)


軸をばらさずにスペーサーをハブとフレームの間に挟むだけだとちょっと怖いかも。
軸の飛び出し部分(フレームに引っかかる部分)が、私の実測で5mmくらいでした。
その5mmと側面の摩擦力でダンシングの全体重を支えるので、それがあまり少なくなると・・・?
スペーサーをフレームとの隙間に入れると、摩擦力も極端に小さくなりますし。
(ハブ軸の、フレームエンドと接触するところはギザギザの滑り止めがついていますよね。 あれがスペーサーで全く効かなくなります)

やってます。
フレームはアルミでして、実際にフレームのエンド幅は135mmきっかりでした。
5mmたわめると、結構力が必要です。

クロモリなんかのフレームならばあまり問題ないんですが、アルミの場合は
クラックが入りやすくなるかもしれませんので、
私はハブ軸の組み替えをしました。
シマノのハブでしたので、MTB用ハブ軸(シマノのスモールパーツばら売りで500円くらい)と
バイク用品店で5mmのアルミスペーサーを購入。

ロード用ホイール(WH-R500)のハブ軸をばらし、軸だけ組み替えて、
反フ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報