powermacG3/OS8.6を使っています。
QX3.3で作られたデータをQX4.05で修正して、保存形式3.3で上書保存する作業をしているのですが、修正前、後に関わらず、QX3.3で作られた旧データをQX4.05で開こうとすると、「Tempファイルアクセス中にエラーが発生しました」というアラートが出て、QX4.05が強制終了してしまいます。
QX4.05フォルダ内のXPress Preferencesを捨てて、再起動すると、直るのですが、別のデータもしくは、開けるようになったデータに作業を続けていると、再発します。
エラーのデータはQX3.3で扱うと問題ありません。もちろん、QX4.x固有の機能を使ってQX3.3形式で保存しているわけではないのですが…。QX4.05のQX3.3に対するサポート具合がいまひとつ不安です。
どなたか回答よろしくおねがいします。

A 回答 (1件)

 システムソフトの何かがガッチンコしてませんか?Ver.が古いか新しいかだけの違いですが、同じQXが一台のMacで動作してるって事は、システムソフトで重複したものが入っている可能性があります。

危険なのは機能拡張。あと初期設定やコントロールパネルにダブりが在ってもトラブルの原因に繋がります。一番怪しいのは機能拡張。次いで初期設定です。まず、そう言ったところを点検してみて下さい。ダブりの一方を捨てるだけで、問題が解決することが良く在ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

combot様、お礼遅れましてすみません。
アドバイス通り、怪しい機能拡張、使わないコンパネなど極力停止したところ、だいぶ安定してまいりました。“同じシステム”っていうのが、いけなかったんですね。ありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2001/09/28 17:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報