「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

L3スイッチとか、L4スイッチを業務で使用しているのですが、L3スイッチとルータって何が違うのでしょうか?ルーティングの機能はついているのでしょうか…
Catalyst系は全てスイッチなのでしょうか…
初歩的な質問ですがよろしくお願いしますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは


専門家としてコメントさせていただきます。

Cisco については、特に上位機種の場合、
ルータとL3SW の機能差異があまりつかめない為、
混乱されている事と思われます。

そもそも、ルータとL3SW の違いを簡単に表すと、
以下のような内容になります。

・ルータはWAN 接続用のゲートウェイとして使用される。
・L3SW はLAN 内のルーティング及びアクセス制御に使用される。

ルータは、WAN I/F を数多くサポートしており、
ATM/FR/INS などのI/F がそれらに該当します。

これらのI/F を使用しないで、ルータにEther だけを搭載すれば、
L3SW と同じような使用は可能ですし、
L3SW にWAN モジュールを搭載すれば、
ルータのように使用することももちろん可能ですが、
NW の設計上、そうした無理やりな事は行いません。

NW は、役割と機能を分けることで、シンプルかつ健全なNW として、
運用する事が可能となります。

/PC群/---[L2SW]---[L3SW]---[ルータ]---/Internet/
/PC群/---[L2SW]---[L3SW]---[ルータ]---/WAN/---/支社/
/PC群/---[L2SW]---[L3SW]---[L2SW]---/PC群/
/PC群/---[L3SW]---/Server群/

PC を各テーブルやグループに応じL2SW で収容し、
それを上位のL3SW に持ち上げます。
このL3SW でグループごとのアクセス制御や帯域制御を行い、
下位のL2SW に戻したり、更に上位のL3SW やルータに通信をフォワードします。

ココで使用するL3SW の機能は以下のようなものになります。
[VLAN、QoS、ACL、ルーティング、アグリゲーションなど]
ココで使用するルータの機能は以下のようなものになります。
[WAN接続(INS/ATM/FR/Ether)、QoS、ACL、NAT、ルーティングなど]

よって、
ルータの役割はWAN との接続、
L3SW の役割はLAN 内のセグメント接続、
といった住み分けがされています。

ただ、最近よく利用される広域イーサネットの接続サービスを利用する場合は、
ルータではなく、L3SW を利用する場合が多いです。

※L3SW もルータも、MAC アドレスは参照しますので、
お間違いなく。。。

--------------------------
以下余談ですが、、、
Catalyst(カタリスト/キャタリスト)はご理解されている通り、
Cisco のスイッチ機器になります。
(ルータ系は、Cisco7200 など”Cisco(シスコ)”になります。)

1000/2000/3000 クラスは、デスクトップ/ボックス型と呼ばれ、
筐体とPort の構成がFIX しているシリーズです。
言い換えれば、Port の構成が固定のため、
変更する場合には買い替えが必要です。

4000 クラスは、中型シャーシ/モジュール型L3 スイッチと呼ばれ、
Port やCPU、電源FAN がモジュール化されているので、
構成を自由に組み替える事が可能です。
反面、ボックス型と比べると体積が大きくなり、
価格も割高になります。

6000 クラスは、大型シャーシ/モジュール型L3 スイッチと呼ばれ、
こちらもPort やCPU、電源FAN がモジュール化されているので、
構成を自由に組み替える事が可能です。
4000 シリーズよりも搭載モジュール数が多く、
CPU の二重化などにも対応しています。


これまでの内容は、以下の書籍に目を通す事を、
強くお勧めします。
手元に一冊あって損は無いと思いますので、
是非ともご覧ください。

頑張ってくださいね。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844319 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考URLまで…感謝です。なるほど、過去のプロトコルとか使用している場合があるからルータか…最近はほとんどetherだから忘れてました^^;
ポートチャンネルは…スイッチだけか。L3SWで出来る事はルータでも出来る様な気がしてました(汗)
確かにルータもMACアドレス見ますが、やはり役割的にはスイッチ→MAC、ルータ→IPといったイメージでしょうか…

お礼日時:2005/06/04 05:38

ルータと L3スイッチに関する、私の理解はこんな感じです。



------------------------------------------------
[ルータ]
1. ソフトウエアによりルーティングを実現している。

ルーティングがソフトウエアであるため、さまざまな L3プロトコルに対応することが可能。
# IP、AppleTalk、NetBEUI (いまどきないか?)、IPX/SPX 等々

要するに、複数の L3プロトコルの変換が可能。

また、新しいプロトコルに対応するのも、比較的容易に実現可能。

ただし、ルーティングがソフトウエアによるため、速度的に限界がある。

2. ポートを複数実装している。
# Ethernet、FDDI、ATM 等々

3. ポート毎にネットワークセグメントが区切られている。

------------------------------------------------
[L3 スイッチ]
1. ハードウエアによりルーティングを実現している。

ASIC という特定の処理に特化したハードウエアチップを用いてルーティングを実現している。
このため、処理は高速に行うことが可能。

ただし、IP によるルーティングといった特定のプロトコルにしか対応できない。
また、対応プロトコルの追加は事実上不可能。

2. ポートとしては Ethernet のみを持つ。

3. 各ポートのネットワークセグメントは VLAN で実現。

ネットワークセグメントは、ユーザが設定する。
デフォルトは、全ポートが一つのネットワークセグメントとなっている (…んじゃなかったっけ?)。

つまり、全ポートを一つのネットワークとして使用することも可能である。
# この場合、L2 スイッチ (いわゆるスイッチングハブ) と同じ働きしかしません。
# ただし、このような使い方もできるというだけの話で、わざわざ高いお金を払って、
# こんな贅沢な使い方をすることは現実的ではないでしょうけど。。。

------------------------------------------------

なぜ、LAN で L3スイッチがもてはやされるのかといえば、最近の LAN は Ethernet+IP 化がされているため、より高速な L3スイッチの方が便利だからです。

逆に WAN-LAN 間でルータが使われているのは、WAN 側のポートが ATM だったり FDDI だったりで、Ethernet でないことが多いためです。
# ただし、最近流行りの広域 Ethernet を使っている場合は、L3スイッチで
# 対応可能でしょう。

ただし、LAN とか WAN とかはあくまで「どちらに適しているか?」という使い方の問題であって、本来の機能とは無関係であると思います。
# このへんは No5 suzui さんと同じ見解になるんでしょうか。。。

ちなみに、最近ではルータ風の L3スイッチだったり、L3スイッチ風のルータだったりが、登場しているようです。
つまり、ASIC を実装したルータだったり、マルチプロトコルに対応した L3スイッチだったり。。。
お互いのいいところを吸収しあっているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
うちのシステムではVLAN270ぐらい切ってるので管理が大変です…でも、逆にそれだけ沢山使用しているという事はスイッチの方がルータより便利なんですね色々と。スイッチがルータに近づこうとしてわけわかんなくなってる気がする…
ルータはソフトウェア…かなり目からウロコが落ちました。IOSverとかですかね?IPv6になったらますますether化が進む(もうほとんどetherですが…)と思うので、これからは全てスイッチでやる事になるかもしれないですね。んー…最近レイヤ4スイッチ導入されたけど…すごく不安です(>_<;)

お礼日時:2005/06/04 05:49

ルータ・スイッチという言葉の本質的な意味と、


「ルータ」「スイッチ」として売られている製品の機能・役割は分けて理解することをお勧めします。

---------------------
まず、言葉の意味について考えてみます。

ルータとは、OSI階層モデルのネットワーク層で中継を行う中継装置のことです。

言葉の意味としては、WANとかLANとかは関係ありません。

参考までに、データリンク層の中継装置がブリッジ、物理層の中継装置がリピータです。

---------------------
スイッチとは、日本語であえて書けば交換機ですが、イメージとしては、
・ポート数が多い
・装置内で同時に複数の転送が可能
という特徴を持つ機械です。

例えばポート1からポート2に送信中の場合、同時にポート3からポート4への送信も可能です。

L2スイッチは、データリンク層(レイヤ2)のヘッダ情報に基づき転送を行うスイッチのことで、
L3スイッチは、ネットワーク層(レイヤ3)のヘッダ情報に基づき転送を行うスイッチのことです。

言葉の意味としてはLANとかWANとかは関係ありません。

---------------------
次に、「ルータ」「スイッチ」として売られている製品について考えてみます。

少し歴史の話をすると、昔の「ルータ」や「ブリッジ」は、全てのデータ転送を1個のCPUで処理していたので、あるポートから入ってきたデータを他のポートに転送している間、それ以外のポート間の転送は基本的には行えませんでした。

そういう状況下で、同時平行転送が可能な機械が開発され、「スイッチ」という名称を付けられて発売されました。用途によっては高い性能を出すことができたので、一気に普及し、価格も下がりました。

「スイッチ」は、処理のかなりの部分をハードウェア上の回路(ASIC)として実装し、ポートごとにASICを持たせることで、転送を分散処理する機構を持っていることが多いです。

一方、「ルータ」のほうでも、ネットワークの高速化要求に応えるために発展した結果、現在の高級機種では、各ポートに独立したCPUを搭載したり、転送に特化したASICを搭載するなどの工夫をすることで、同時平行転送やさまざまな付加機能を分散処理することができるようになっています。

そういう意味で、現在の「ハイエンドルータ」と「ハイエンドスイッチ」では、ハードウェア的/機能的に明確な区別ができない場合が多いです。

例えば、CiscoのCatalyst6500シリーズ「スイッチ」と、Cisco7600シリーズ「ルータ」は、それぞれ「スイッチ」「ルータ」としてラインナップされていますが、
ハードウェア的/機能的には基本的にほとんど違いはなく、兄弟のような存在です。

---------------------
ネットワーク層での転送が可能だと言う意味ではルータもL3スイッチも同じですが、
実際の製品である「ルータ」「L3スイッチ」の間には、一般に以下のような機能的な違いがあると言えるかもしれません。

・転送可能なネットワーク層プロトコル
 「L3スイッチ」はIPのみ転送可能な場合が多いですが、「ルータ」の場合はIPだけでなくIPX, AppleTalk, DECnet, OSIなどのマイナーなプロトコルについても転送可能な場合があります。

・利用可能なルーティングプロトコル
 「L3スイッチ」の場合は、比較的メジャーなRIP, OSPF, BGP等はサポートされていることが多いですが、「ルータ」の場合は、IPX RIP, RTMP, DECnet, ISISなどもサポートされていることがあります。

・利用可能な物理層/データリンク層
 「L3スイッチ」の場合、Ethernetを中心として、一部機種ではATM,FDDI等も利用可能なことがありますが、「ルータ」の場合は、ISDNや専用線、フレームリレー、X.25等の低速インタフェースやWDM、Sonet等の高速インタフェースを利用可能な場合があります。

・付加機能
 「L3スイッチ」の場合、付加機能としてNAT機能やロードバランス機能などを備えていることがありますが、「ルータ」の場合、それらだけでなく、複雑な条件に基づくフィルタリング・ルーティング、高度なQoS機能、IPsec等のセキュリティ機能などを備えている場合があります。

・利用される場所
 「L3スイッチ」の場合、あまり高度な処理を必要としない、高速転送が要求される場所に向いています。一般的にはLAN内で使われますがそれに限定されません。「ルータ」の場合、LANとWANなどの速度差のあるネットワークの境界、セキュリティレベルの異なるネットワークの境界、高度なQoSやルーティングが要求されるポイント、などで使われますがそれに限定されません。

・機能の追加
 「L3スイッチ」の場合、機能を回路として固定的に実装してしまうため、機能のアップグレードは一般に困難です。「ルータ」の場合、CPUで実行するソフトウェアを差し替えることで、比較的簡単に機能のアップグレードやバグの修正を行うことができます。

これらの違いは、メーカー・機種・グレード・ソフトウェアライセンスによっても異なりますし、上でも述べたとおり、ハイエンドの機種になるほど「L3スイッチ」と「ルータ」の違いは少なくなってきたりするので、一概には言えません。

---------------------
以上をふまえて・・・

ルータとはネットワーク層の転送デバイスで、
現実の「ルータ」はCPUベース、
L3スイッチとはネットワーク層での転送が可能なスイッチで、
現実の「L3スイッチ」はASICベース、
とおおまかに理解しておけばかまわないと思います。

機器の機能は千差万別なので、機器の配置に関する一般解は存在しないと思ったほうがいいでしょう。

ネットワークのどの部分にどんな機能が要求されているか、
その機能を持った機器は何か、
その機器を含むネットワークの全体像は、ビジネスの要件と制約を満たすことができるか、
という観点で、先入観を持たずに設計したほうが、よい設計ができると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
6500シリーズが12台くらい導入されてるのでこんがらがってました…
読んでる途中で昔取ったCCNA思い出しました^^;もう一度勉強し直して頑張ります

お礼日時:2005/06/04 05:43

こんにちわ。


L3スイッチというのはL3の機能を持ったスイッチです。
ですので、L2スイッチはMACをみてフレームを伝送していたのに対し
L3スイッチはIPをみてパケットを伝送する機能を持っています。
ルータが持つほとんどの機能(IPルーティング・HSRP等)を持ちなおかつルータと違いポートが多いです。
WAN網につなぐ場合、L3スイッチを使用することも可能です。
ごく一部を除きルータと同じような動きができます。
企業などは馬鹿でかいL3スイッチをコアにして
社内ネットワークを構成しているようです。

また、CatalystはCisco社のスイッチです。
Cisco社のルータには「Cisco」の名前がついているので
「Catalyst」の名前がついているものは全部スイッチです。

参考までに・・・
Catalyst 1900・・・L2スイッチ
Catalyst 2900・・・L2スイッチ
Catalyst 2950・・・L2スイッチ
Catalyst 2970・・・L2スイッチ
Catalyst 3550・・・L3スイッチ
Catalyst 3560・・・L3スイッチ
Catalyst 3750・・・L3スイッチ
Catalyst 4500・・・L3スイッチ
Catalyst 6500・・・L3スイッチ
(Catalystシリーズの一部です。これで全部ではありません)

GBICは最近の機種であればL2だろうがL3だろうがついているものがあります。
値段は少々高めになりますけど^^;

参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ポートは沢山ありますよね。マルチポートブリッジとかって言う様な話も聞きましたし。
HSRPも使ってますね。ルータと同じ機能が多くて理解に苦しみました…そういえばルータはCisco○○ですよね^^;

お礼日時:2005/06/04 05:31

簡便にいうとL3スイッチはLAN同士の接続につかうもので、ルータはLANをWAN経由でつなぐときに使うもの。



カタリストはシスコのスイッチ系製品のブランド名。むかしはクレッシェンドとか色々買収した会社のブランドがあったけどカタリストという名前で統一された。

AN1の方のリンク先は読んだけど、良く書いてあるとは思うけど、多少思いこみがあるみたい。多少は割り引いて読んだ方が良いかも。
ウソはないけど、特定の環境条件のことを全ての条件のことのように書いてあるからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
基本的にスイッチはLAN環境で使用する物なのですね…ネットワークが東北~那覇にまたがっているのでなんとなく「WAN」のイメージを持っていました。

お礼日時:2005/06/04 05:27

検索したら一撃で出てきたのですが



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4% …

CatalystってCiscoの製品かな?
>Catalyst系は全てスイッチなのでしょうか…
こっちはわからないです。

この回答への補足

素早い対応ありがとうございますm(_ _)m
L3スイッチはMACアドレステーブルなのですね。
CatalystはCiscoのやつです。Catalyst6500とかにはGbicとかついてたような気が…

補足日時:2005/05/30 02:58
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いについて

妙な質問ですみません。
周辺機器メーカサイトを見ると、スイッチングハブとレイヤ2スイッチと分かれたカテゴリで置かれているのを目にしますが
スイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いとは何でしょうか?

どちらもデータリンクの2層目を対象として動き、アドレステーブルを元に対象のポートに搬送波を流すもので、ほぼ同じものと思っていたのですが、上司に質問したところ、
異なるセグメントを混在して接続でき、同一のセグメントが接続されているポートにのみ、搬送波が流れるものがレイヤ2スイッチ(ただし、異なるセグメントにも搬送波を流す方法はある)とのことで、
上記の機能がなく、MACアドレスで識別するだけのものをスイッチングハブ、という回答をもらいました。
 VLANとは別にそういった機能をもったものがレイヤ2スイッチとのことだったのですが、この認識で正解なのでしょうか?
 色々とサイトを見て回りましたが、スイッチとレイヤ3スイッチやルータの解説などは書いてあるところはありますが、レイヤ2スイッチとスイッチングハブの違いについて書かれたサイトが見当たりませんでした。

 違いについて皆様のお知恵を拝借お願いいたします。

妙な質問ですみません。
周辺機器メーカサイトを見ると、スイッチングハブとレイヤ2スイッチと分かれたカテゴリで置かれているのを目にしますが
スイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いとは何でしょうか?

どちらもデータリンクの2層目を対象として動き、アドレステーブルを元に対象のポートに搬送波を流すもので、ほぼ同じものと思っていたのですが、上司に質問したところ、
異なるセグメントを混在して接続でき、同一のセグメントが接続されているポートにのみ、搬送波が流れるものがレイヤ2スイッ...続きを読む

Aベストアンサー

これは言葉の言い回しだけです。
スイッチングハブとは、解釈の通りでMACアドレスを管理し、必要なポート以外にはデータを流さない装置です。
レイヤ2スイッチはMACアドレスのみ。
レイヤ3スイッチはIPアドレスまで管理しています。
世の中にはレイヤ4スイッチという装置まであります。

要はみんなスイッチングハブです。
レイヤ2スイッチは、スイッチングハブに含まれます。

Qブリッジとスイッチングハブの違い

掲題の件についてどなたか教えて頂けないでしょうか?
どちらも、MACアドレスを見てデータの送信先を
決めるという点では同じ物だと思うのですが、
わざわざ違う名前が付いているからには
違う面もあるのではと思って調べていますが
さっぱりわかりません。

理解の仕方だとは思いますが、両者は同じ物だという
ように受け取れる書き方をしているWebサイトも
ありました。

Aベストアンサー

こんにちは
ソコソコ理解されておられるので、手短に書かせていただきますね。

>MACアドレスを見てデータの送信先を決めるという点では同じ物だと思う

ご理解されている内容でOKです。

>わざわざ違う名前が付いているからには違う面もあるのでは

最近では区別していないところも多いですよね。
両者の違いは、Port 数の違いで理解されても良いと思います。

ブリッジは、1対1を基本とする通信です。
スイッチは、n対nのそれぞれの通信で、ブリッジ動作を行います。

歴史的な流れで言うと、ブリッジが先に登場し、その後にスイッチです。

より詳しく勉強される場合は、以下のページが参考になると思います。

頑張ってくださいね。

参考URL:http://www.allied-telesis.co.jp/library/nw_guide/device/switch.html#002

QIP-VPNとインターネットVPNの違い

就職活動をしている大学生です。
セキュリティとネットワークに興味があり、そこから自分が何をやりたいのか突き詰めて行った結果VPNを提供している企業が浮かび上がって来ました、業界研究をしている際に疑問が出てきました。

IP-VPNとインターネットVPNの違いの違いがいまいちわかりません。

インターネットVPNはインターネット上を介したVPN、IPは事業者のネットワーク内のVPNって解釈でよいのですかね??

そうなるとプライベート回線を引くのとIP-VPNの違いは???

提供している事業者の違い、VPNに関すること、VPNの今後&求められるもの等、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワーク網を通信経路として用い、自社専用ネットワークであるかのようなWANを構築できるサービスのことです。
通信事業者側で用意している網は品質を保証してあり、ユーザー側はIP-VPN網に接続するだけで、セキュアな通信ができ、インターネットVPN同様LANのように使えます。

プライベート回線とは専用線やフレームリレー網などのことを言っているのですかね?
専用線は料金が距離に比例し、拠点間の距離が離れるほどコストが大きくなり、セルリレー/フレームリレーは、フルメッシュ型接続ですけど、柔軟なネットワーク構築が難しいという問題があります。専用線・フレームリレーなどは回線帯域の割にはコストが高いので、インターネットVPNやIP-VPNでコストを安くしてネットワークを構築するようになってきてます。

インターネットVPNやIP-VPNはプロトコルにIPを使わなくてはならないので、データはIPに乗せる必要があります。
そこで、広域イーサネットというサービスを各通信事業者が行っています。広域イーサネットはプロトコルをIP以外(IPXやSNAなど)を通すことができ、またイーサなので、WAN側に接続するのに極端な話、スイッチでつなげられますので、今までのようにルータの設定などいらなくなります。(VLAN構成にするならスイッチの設定が必要ですけけど)また、QoSなどデータの優先制御や帯域制御などもできますので、VoIPなどにも使えますね。
ということで、簡単に拠点間のLAN構築が可能になります。

提供しているサービスの違いは、どこも似たり寄ったりかなって思いますけど。
サービス提供エリアや、構築にあったオプションサービスなどで選べばいいのでは。

こんちは。hirasakuです。

簡単に言うと
インターネットVPNはその名の通り、インターネット網を利用した拠点間をあたかもLANのように使うためのWAN構築です。
基本的にVPN接続するためのルータの設定(トンネリングや暗号化・認証など)はユーザーが設定し、運用管理もユーザーが行います。
インターネット網なので通信に対する保障がありませんので、VPNに通すデータを検討しなければならない場合もあります。
一番安価に構築できランニングコストが抑えられます。

IP-VPNは通信事業者の閉域IPネットワ...続きを読む

QイーサネットケーブルとLANケーブルの違いは?

LANケーブルとイーサネットケーブルって、何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

質問にある両方の名称ともに俗称(?)である為、正確な解答は難しいですが、細い所を出来るだけ簡単に説明します。長文になりますがお許しを・・・
まず、No.4の方の回答にあるIEEEは米国電気電子技術者協会の略でその中でも802グループはLAN規格の制定を行っています。中でも802.3はイーサネット規格グループで100Baseや1000Baseもこのグループに入ります。例えば100Base-TXは802.3uや1000Base-SXは802.3zと言った物です。又当然802.3グループにはイーサネット以外もあり、(今では見る事の出来ない)トークンリングは802.5グループになります。
上記はLANの規格でしたが、これとは別にケーブルの規格があります。EIA(米国電子工業会)と言う規格が一般的です。中でもLAN用機材はTR41.8と言うグループが制定しており、イーサネットで一般的なツイストペアケーブルはEIA-568-B.2であり光ケーブルはEIA-568-B.3と言う規格です。

と、細かい事を書きましたが結論としては、イーサネットケーブルは複数あるLANケーブルの一種であり、イーサネットケーブルの中にも複数の種類があると言う理解で宜しいのではないかと思います。

歴史的な背景を考えるとNo.4さんの回答が概ね的を得ていると思いますが、現在ではイーサネットとIEEE802.3は同様のものとして考えるのが一般的です。又、シールド付のツイストペアは現在でも流通しています(家電小売店で販売はしていないでしょうが)し、IEEE802.3に入るはずです。両者の違いはインピーダンスだけの違いであって変換用のモジュラーを使う事で通常のHUB等でも利用できます。但しEIAでは違う規格かもしれません。

質問にある両方の名称ともに俗称(?)である為、正確な解答は難しいですが、細い所を出来るだけ簡単に説明します。長文になりますがお許しを・・・
まず、No.4の方の回答にあるIEEEは米国電気電子技術者協会の略でその中でも802グループはLAN規格の制定を行っています。中でも802.3はイーサネット規格グループで100Baseや1000Baseもこのグループに入ります。例えば100Base-TXは802.3uや1000Base-SXは802.3zと言った物です。又当然802.3グループにはイーサネット以外もあり、(今では見る事の出来ない)トークンリン...続きを読む

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Qミドルウエアの具体例を教えてください。

初級シスアドで、OSとアプリケーションソフトの中間に位置するものとしてミドルウエアがあり
 ・データベース管理システム(DBMS)
 ・通信管理システム(LAN制御を含む)
 ・ソフトウエア開発支援ツール
 ・EUCツール
 ・運用管理ツール
説明されています。なんとなく具体例が推測できるものもありますし、ぜんぜんイメージできないものもあります。
そこで、推測が間違っていないか確認したいのと、イメージできないものの場合具体例をあげていただければ助かります。

(1) データベース管理システム(DBMS)
多分、OracleやSQL-SeaverやMySQLのようなものだと思うのですが。
この推測はあってますか?

(2) 通信管理システム(LAN制御を含む)
プラットホームや使用アプリが違う場合のデータのやり取りを行うようなもの・・・というイメージがあります。使用アプリの場合はODBCドライバみたいなものの様な(全然自信ない)、プラットホームとなると実例が浮かんできません。

(3) ソフトウエア開発支援ツール
なんでしょう?プログラミングジェネレータのことでしょうか。
EXCELマクロの自動記録機能なんてのもこれに入るのでしょうか。ひょっとするとEXCELマクロは、次のEUCツールでしょうか?

(4) EUCツール
AccessとかEXCELとかでしょうか。イメージ沸きません。

(5) 運用管理ツール
う~ん・・・なんでしょう?

補足:IMEとかもミドルウエアと考えてよいのだろうか? WEBで調べるとワープロや表計算もミドルウエアと定義しているものもあります。それは少し拡張解釈なような気がします。

いずれにせよ、すっきりした定義と具体例を書いてあるものを見つけられないのです。

宜しくお願いします。

初級シスアドで、OSとアプリケーションソフトの中間に位置するものとしてミドルウエアがあり
 ・データベース管理システム(DBMS)
 ・通信管理システム(LAN制御を含む)
 ・ソフトウエア開発支援ツール
 ・EUCツール
 ・運用管理ツール
説明されています。なんとなく具体例が推測できるものもありますし、ぜんぜんイメージできないものもあります。
そこで、推測が間違っていないか確認したいのと、イメージできないものの場合具体例をあげていただければ助かります。

(1) データベース管理システ...続きを読む

Aベストアンサー

(1) データベース管理システム(DBMS):お書きになられた通りです。
(2) 通信管理システム(LAN制御を含む:TCP/IPドライバー等通信制御を行うアプリケーションです。ファームウェアも該当するでしょう。通常ユーザが操作する類のアプリケーションではありません。
(3) ソフトウエア開発支援ツール:VisualBASIC、C言語、Perl等、亜ぷロケーションを開発するツール、プログラミング言語と言えば分かり易いでしょうか。
(4)EUCツール:エンドユーザが使用するアプリケーションです。
(5)運用管理ツール:クライアントPCの管理ツール、DBシステムの管理ツール、WEB/メールのサーバ管理等、運用機器を管理するツールです。最近では情報漏えいを防止する目的のツールが多数出ています。

QPC用OSとサーバー用OSの違いを教えて下さい

技術的な質問ではないのでこちらにて質問いたします。
とりあえずWindowsに絞って。
クライアントとサーバーの違いはわかるのですが、
そもそもPC向けのOS「Windows(Vista,Xp等)」と
サーバー向けのOS「Windows Server(2003等)」とは、
根本的に何が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的に用途が違うものなので全く別物といえますが、サーバー用OSを選択する理由として、データ共有を多くのクライアントPCで利用したい場合があります。
一般的なPC用OSの場合、データ共有の設定をしても同時のアクセスできる台数に制限があります。XP HOME では5台、XP Pro では10台が同時アクセスする上限になります。これは単に台数ではなくセッション数ですので、1台でも同時に複数のデータをにアクセスしていたりすると、1台で2セッション以上利用していることもあります。従ってネットワーク上にこの上限を超えるパソコンがあり、サーバ機にアクセスしようとすると単なるPC用のWindowsではアクセスが拒絶される場合があります。こうした状況の中ではすべてのパソコンでデータ共有が必ずしも常に利用できる状況にないので、10台以上のクライアントがある環境ではサーバーOSを導入したサーバー機に、共有データを保存しておいた方が問題は少ないです。
そのほかアクティブディレクトリなど、ユーザ管理をサーバで一元管理できる点など、一般的なPC用OSと比べて便利な機能もたくさんあります。
サーバーOS(WindowsServer2003等)は接続クライアント数を必要に応じて追加することができます(1クライアントあたり5,000円くらいのライセンス料がかかりますが)。サーバー用OSは利用できるクライアント数によって値段が違います。

基本的に用途が違うものなので全く別物といえますが、サーバー用OSを選択する理由として、データ共有を多くのクライアントPCで利用したい場合があります。
一般的なPC用OSの場合、データ共有の設定をしても同時のアクセスできる台数に制限があります。XP HOME では5台、XP Pro では10台が同時アクセスする上限になります。これは単に台数ではなくセッション数ですので、1台でも同時に複数のデータをにアクセスしていたりすると、1台で2セッション以上利用していることもあります。従ってネットワーク上にこの上限...続きを読む

Qスイッチングハブとハブ(バカハブ)の違い

ハブを購入しようとしましたら、店頭にはほとんどが「スイッチングハブ」という製品ばかりです。
そこで、ルータとPCを接続する場合、スイッチングハブとストレートLANケーブルを用意し接続しても問題ないのでしょうか?
スイッチングハブとハブの違いをいろいろな説明を読みまして、バカハブ(ダブハブ)というものが必要だと思っていたのですが...?

Aベストアンサー

HUB(ハブ)の説明をしますと、
一般的にHUBにはリピーターハブとスイッチングハブがあります。
リピーターハブはクライアントPCのリクエストに対してすべての端末にデータを流し、その回答をするのはかくPCが判断します。スイッチングハブはリクエストに対してハブ自体がどの端末あてにデータを流すのかを判断しその端末にしかデータは流しません。
言い換えると、リピーターハブは会社で言う館内放送のような物で、誰かを呼び出したいのに会社内全部に放送してしまう方法。スイッチングハブは内線電話のような方法で用事のある人の内線電話に直接電話を掛けて呼び出す方法です。
リピーターの場合データの行き先の制御を行う必要がないのでハブ自体を安く簡単に作れますが、全端末にデータを同時に流しますから、ネットワーク自体の負荷があがり大規模なネットワークでは通信が遅くなります。一方スイッチングハブはハブ自体が宛先を制御しますからハブ自体の構造が複雑になり高価になりますが、必要な端末にしかデータを流しませんので、ネットワークの負荷は軽減されます。
以前はスイッチングハブは数万円~数十万円もしましたが近頃は数千円で買えるぐらいまで落ちてきましたので、スイッチングハブしか売っていないのです。
わざわざ同じぐらいの値段で機能の劣る製品を買う人はいないですからね。
ただ、貴方が言うルーターとPCを接続するだけならスイッチングハブはいりませんが・・・
1台だけなら全くいりませんし、今時ならルーターにハブ機能が内蔵されていますから通常4台程度はルーターだけで良い接続できます。ただ、ADSLのレンタルモデムのルータータイプの場合LANポートが1つの場合がありますので、この場合はスイッチングハブが必要です。

HUB(ハブ)の説明をしますと、
一般的にHUBにはリピーターハブとスイッチングハブがあります。
リピーターハブはクライアントPCのリクエストに対してすべての端末にデータを流し、その回答をするのはかくPCが判断します。スイッチングハブはリクエストに対してハブ自体がどの端末あてにデータを流すのかを判断しその端末にしかデータは流しません。
言い換えると、リピーターハブは会社で言う館内放送のような物で、誰かを呼び出したいのに会社内全部に放送してしまう方法。スイッチングハブは内線...続きを読む

QNW機器である、L2スイッチとL3スイッチの違いを教えてください。

NW機器である、L2スイッチとL3スイッチの違いを教えてください。

Aベストアンサー

L2SWはMACアドレスを見てパケットを転送する
L3SWはIPアドレスを見てパケットを転送する

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134


人気Q&Aランキング