僕は今経営学科と経済学科のどちらかを専攻しなければならない状況にあるんですが、その判断基準として皆さんのご意見を聞かせてもらえないでしょうか?ちなみに自営業を視野にいれて選択したいと思っています。特に経済学についてよろしくお願いします。先輩は経済学科は微分積分ばっかりやって面白くないし、あまりためにならないといっていますが・・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

経営学科卒業のものです。


経営学科に行っても選択で経済学は選択できませんか?
その逆もできませんか?
わたしが卒業した大学では、経営学科でも経済学を勉強しようと思えば十分に勉強できました。実際、わたしは経済学のゼミに入り、アメリカ経済政策であるレーガノミックス(サプライサイドエコノミクス)を研究しておりましたし、財政学、ミクロ経済学、マルクス経済学も学ぶことができました。もちろん経営学科ですから、会計学、組織論、日本的経営、アメリカ的経営、中小企業論、マーケティング等も選択致しました。

orimotoさんもおっしゃるとうり、経営学は経済原理に基づいた学問であり、経済の基礎を知っていなければ、到底理解はできません。ただorimotoさんもあなたも勘違いしておられると思うことは、「経営学科は経営のノウハウを教えるだけ」なのではないということです。

あくまでも経済学の理解を前提とし、それが実際の社会(経済活動)の中で、具体的にどう関連しているか、あるいは実用されているかを検証し、それを発展させていく学問であります。すなわち経済学から、より実学にシフト・発展させたのが経営学といってよいかと思います。

ですから、実際に経営学科を専攻されている人にも話を聞いてください。もちろん大学にもよるのでしょうが、経営学科は比較的幅広いカリキュラムが用意されているはずです。
もちろん経済学科を専攻していても経営学も学べる機会はあるはずですから、いろんな人の意見を参考に自分の意思を決定してください。

これだけは注意してください。
たとえ経済学のエキスパートになっても、それが実際の社会でどのように経済活動・経営に活かされているかを理解できなければ、それはただ単に経済オタクになってしまうわけですし、逆にいくら経営学だけの理解を深めたところで、それがいったいどんな経済原則・法則に従っているのかを理解できなければ、実際の社会では何の役にも立ちません。ただのウンチク野郎になってしまいます。
そういう人間は、世の中では「学者タイプ」といわれ、敬遠されてしまうことになりかねません。

ゆめゆめ、単位が取りやすいからとか、仲の良い友人が多いからという理由だけで、安易に選択はしないでくださいね。
まあ、わざわざここに意見を求めてこられるあなたでしたら、要らぬ心配なのでしょうね。

がんばってください!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。参考にして考えさしていただきます。

お礼日時:2001/09/30 16:17

経済学で企業分析はできます。


ですが、経営学で経済の分析は困難です。
経済学は理論がしっかりとしていますが、経営学には、はっきりとした理論というものがありません。
よって、経済学を学び、それを経営学に応用する方がより良いと思うので、経済学科をお奨めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/11/14 10:53

約15年ほど前に経済学科を卒業したものですが


Naodon1020さんの御指摘の通り
私が通った大学では経営学も選択できましたので
私はマーケティングを専攻し
現在、広告代理店のマーケッターをやっています。

>先輩は経済学科は微分積分ばっかりやって面白くないし
 あまりためにならないといっていますが・・・・
経験者が未経験者に知ったかぶりでもの申すのはよくないのですが
そろそろ正直な心情を告白させて下さい。
まず、大学の勉強はどれも「あまりためにならない」と思います。
逆を言えば、ためになる勉強は大学に頼らなくても出来ます。
例えば、今話題の調整インフレの提唱者である
MITのポール・クルーグマン教授の論文はインターネット上で公開されています。
http://web.mit.edu/krugman/www/
英語で読めない、というのであれば
野村総研の山形浩生氏の趣味?による翻訳が手に入ります。
http://www.post1.com/home/hiyori13/jindex.html
微分積分はほとんどないですし、ためになって面白いと思います。
経営学部であれば、例えばダイアモンド社から出ている
グロービス編によるMBAシリーズ、例えば最新刊の「MBAクリティカル・シンキング」
などを読んでみて下さい。
ハーバード・ビジネス・レビュー(雑誌)とかも、たまに役立ちます。

経営学も経済学もこれだけが全てではないので
上記の参考例が必ずしも適切か?は疑問ですが
それぞれの学問が、実際には面白いモノだと、感じて頂けると思います。
微分積分ばっかりで・・というのは
モチベーションや好奇心が育っていないのに
ミクロな分析を強要されるから、つまらないんです。

で、アドバイスですが
経済学の方が基礎学問だと思います。
例えば今、世の中はデフレですが
「調整インフレ」は是か非か、という議論がお好きな方は経済学
牛丼価格戦争、みたいな議論がお好きな方は経営学
が、いいんじゃないか?と思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございました。参考にさせていていだきました。
 ポール・クルーグマンの本は読んだことがあるので見てみたいと思います。

お礼日時:2001/11/14 10:52

ぼくは経営コンサルですが、経済学をお勧めします。

なぜかというと、経営学は経済の原理の上に成り立っているからです。たとえば、「規模の経済」とか「市場主義」を知らないで、経営学なんて成り立ちません。アメリカのちゃんとしたビジネススクールのカリキュラムには、経済学が必須として入っています。

経済学の基礎を知らないで、経営学をやると、ハウツー学になってしまいます。原理を知らないでハウツーを知ることは、白痴に鉄砲を持たすようなものです。なにが的か解らずに、鉄砲を撃ちます。それにハウツーは、実地に自営業をするだけでも、立派に身に付きます。

先輩のおっしゃる微分積分は、経済学の1部に入るかも知れませんが、それは手段であって、大事なのは、経済の原理を理解することです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ありがとうございます。参考にさせていただきます。しかも社会人の方に答えていただいて大変うれしく思っています。もしよければ経営コンサルについてや経営コンサルになるまでの経過をおしえてもらえないでしょうか?

お礼日時:2001/09/30 11:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経済学部経済学科

企業とか経営について学びたいんですけど・・・やっぱり経済学科ではダメですかね??

経営学科のがいいですかね??

Aベストアンサー

経済学部経済学科をかなり前に卒業した、零細企業経営者です。

1,2年次には経営学概論や、企業論基礎?なんてのが必修でした
3,4年次には選択すれば経営・企業に関する勉強ができました。
ちなみにゼミや卒論は経済学科では経営学をとりあつかうことができませんでした。
私も実はhaku-dさんと同じような考えをしながら経済学科にいたので、卒論は企業経営がらみの市場論みたいなものでした。
でも、やはり目的にあってるのは経営学科ということになるでしょうね。

今は大学によってかなりカリキュラムが違うので、履修事項をよく調べてから、大学・学部・学科を選んでください。
参考になれば幸いです。

Q経済物理学と物理学は同じと考えていいですか? 経済物理学でも数式は使いますか?

経済物理学と物理学は同じと考えていいですか? 経済物理学でも数式は使いますか?

Aベストアンサー

経済物理学は、外国為替、金融ビッグデータ等、経済が大きく関わってきます。単なる物理学とは異なります。

http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/graspp-old/courses/2015/5123440.html

http://as2.c.u-tokyo.ac.jp/zentai-zou.html

Q九州大学経済学部経済工学科

九州に住む理系の高2です。4月から高3になります。

今進路に悩んでいてどの学部にしようか考えています。
エネルギーに関心はあるのですが、工学部は実験が多く忙しいと聞きます。

九州大学経済学部経済工学科はどうかなと最近考え始めました。
経済工学科について質問です。

(1)経済工学科ではどのようなことを学ぶのか
(2)どんな人が向いているか
(3)学部卒での就職はどこか
(4)経済学を学ぶうえでのメリット・面白さ
(5)その他アドバイス


全てでなくても良いので回答お願いします。

Aベストアンサー

回答がないようなので、部外者の想像としてコメントさせてもらいます。

九大経済工学科のサイトを見ると2年までに基本科目として計量経済学を学ぶことになっています。入試で数学に強い学生を選抜し、鍛えてやろうという教授たちの意思の表れのように思います。ちなみに私が昔学んだ大学の経済学部では計量経済学は3・4年生の選択科目でした。

経済学は、統計データを扱うというだけでなく、その根幹となる理論が数式で表さるような学問ですから、理数系に強い学生を集めるというのは理にかなっています。数学のセンスがあり、同時に経済や社会のことに関心を持つ人に向いているでしょう。

ただし学部卒で就職しようとすると、一般の企業では「事務系」として扱われるでしょうから、面接中心、かなりの可能性で成績不問、専門知識よりも人物本位で採用・不採用が決まる、ということになると思います。

なお、「経済工学科」で検索すると、私の答より参考になる過去のQAが見つかりますよ。

Q京都大学経済学研究科 平成23マクロ経済問題

海外との取引のない閉鎖経済を考える。代表的消費者は2期間存在し、効用関数U(c1,c2)を最大化する。c1、c2は消費である。所得は1と2期に外生的にy1とy2として与えられている。一括税はt1とt2である。政府は1期にg1支出し、t1税収得て、不足分を国債発行で賄う。2期に税収t2によって、g2支出と国債償還を行う。初期時点の国債残高は0で、2期にすべてを償還する。1期の国債発行残高はb、市場実質利子率はr。この経済に投資活動は存在せず、財は貯蓄できないもととする。
1)政府の異時点間予算制約式を書きなさい。
g1+g2/(1+r)=t1+t2/(1+r)だと思います。
2)家計の最適化のための一階条件を書きなさい(解は内点解とする)
家計の予算制約式で迷いました。家計数Nとして、y1-t1/N=c1, y2-t2/N=c2 (?)

g1、g2は事前に確定されており、政府は予算制約式を満たすようにt1とt2を動かす。効用関数をU=sqrt(c1)+sqrt(c2)とする。
3)y1=110、y2=130、g1=10、g2=9として、均衡利子率を求めよ。
4)政府は1期にt1を減少させ、それに伴う税収の不足を国債発行で賄う。c1はどう変わるか?
5)g1の増加が市場利子率に与える効果とg2の増加が市場利子率に与える効果を比較しなさい。その結果の経済学的解釈を簡潔に述べなさい。

以上です。

海外との取引のない閉鎖経済を考える。代表的消費者は2期間存在し、効用関数U(c1,c2)を最大化する。c1、c2は消費である。所得は1と2期に外生的にy1とy2として与えられている。一括税はt1とt2である。政府は1期にg1支出し、t1税収得て、不足分を国債発行で賄う。2期に税収t2によって、g2支出と国債償還を行う。初期時点の国債残高は0で、2期にすべてを償還する。1期の国債発行残高はb、市場実質利子率はr。この経済に投資活動は存在せず、財は貯蓄できないもととする。
1)政府の異時点間予...続きを読む

Aベストアンサー

1) 代表的主体モデルでは、主体の数を1に標準化すると以下に見るように便利です。1期と2期の税をt1、t2とし、政府支出をg1、g2、1期に発行し、2期に償還する国債をBとすると 政府の予算制約は
      g1 = t1+B
g2+(1+r)B = t2

となる。両式からBを消去すると、あなたが導いたように

     g1+ g2/(1+r) = t1 + t2/(1+r)          (1)

を得る。

2) 家計の最大化問題は

      max U(c1,c2)

s.t. c1+ c2/(1+r) =( y1-t1) + (y2-t2)/(1+r)      (2)

で与えられる。t1、t2は経済全体の1期、2期の課税額であると同時に、主体の数が1に標準化されているので、代表的主体の1期、2期の課税額でもある。(なぜなら代表的主体の1期の課税額=全体の1期の課税額÷主体の数=t1÷1=t1だからだ。t2についても同じ。)
(1)を導くためには、

     c1+B = y1 - t1
c2 = y2-t2 + (1+r)B

からBを消去すればよい。 このBも政府の国債発行額であるとどうじに代表的主体の国債購入額でもあるのは、t1、t2の場合と同じだ。異時点間効用最大化の一階の条件は、通常の2財の世界の効用最大化問題と同じだ。第1財と第二財の限界代替率=第1財の第2財の相対価格、すなわち、

     MRS(c1、c2) = 1+r

あるいはMRS= U1/U2だから

     U1/U2 = 1+r                    (3)

となる。1+rは1期財の2期財の相対価格を表わしていることは、(2)式より1期財の価格を1とすると、2期財の価格は1/(1+r) であることに注意しなさい。(なお、U1はc1についての限界効用∂U/∂c1を表わし、U2も同様であることはいうまでもない。)    U(c1,c2) = √c1+√c2
ならば、
    MRS = √c2/c1

を(3)に代入し、
    √c2/c1 = 1+ r (4)

あるいは両辺を2乗して
   
    c2 = (1+r)^2・c1   (4')

を得る。効用最大化の1階の条件としては、(4)あるいは(4')を書くか、(4)あるいは(4’)および予算制約(2)を書けばよい。

3)まずc1,c2を需給均衡条件(マーケット・クリアリング条件)を用いて求める。

    c1 + g1 = y1 (5)
c2 + g2 = y2 (6)

が成り立つから、与えられた数値を代入することによって

    c1 = 110-10 =100
 c2 = 130 – 9 = 121

を得る。これらを(4)に代入して

    √121/100 = 1+ r
11/10 = 1+ r
r = 0.10

すなわち、利子率は10%である。

4)(5)式と(6)式を見てください。t1とt2は(5)、(6)に入っていない。ということは、t1を減少させて、Bを増やしても、消費には何の影響も与えない(リカードの等価性あるいは中立性という現象)。

5)もう一度(5)と(6)を見てください。g1を増やすとその分だけc1が減る(c2は変わらない)。すると、(4)を用いると、(4)の左辺は増加するので、右辺も増加する、すなわち利子率は上昇する。g2が増えると、(4)の左辺は減少するので、逆の現象が起こる、すなわち、利子率は下落する。

1) 代表的主体モデルでは、主体の数を1に標準化すると以下に見るように便利です。1期と2期の税をt1、t2とし、政府支出をg1、g2、1期に発行し、2期に償還する国債をBとすると 政府の予算制約は
      g1 = t1+B
g2+(1+r)B = t2

となる。両式からBを消去すると、あなたが導いたように

     g1+ g2/(1+r) = t1 + t2/(1+r)          (1)

を得る。

2) 家計の最大化問題は

      max U(c1,c2)

s.t. c1+ c2/(1+r) =( y1-t1) + (y2-t2)/(1+r)      ...続きを読む

Qミクロ経済学を学ぶ前にマクロ経済学を学んでもきちんと理解できますでしょ

ミクロ経済学を学ぶ前にマクロ経済学を学んでもきちんと理解できますでしょうか?

大学の履修上、ミクロの授業がとれず、マクロのほうはとれます。

両方興味がありますので、とりあえずマクロから履修しようかと思っております。
ただ、ミクロからマクロへと勉強したほうが理解しやすいというのを耳にしたことがあります。

この情報は確実ではないのでよくわかりませんが、もし本当なのでしたらやはり来年にミクロを取ってからマクロを取ろうかなぁとも思っております。


どちらがいいでしょうか?

Aベストアンサー

経済学履修経験者としての参考意見です。

>大学の履修上、ミクロの授業がとれず、マクロのほうはとれます。

つまりミクロとマクロは分化しているという前提のカリキュラムだと思います。

より実質的にも、ミクロ経済分析は個々の経済主体の合理的行動のありかたを分析するのに対し、マクロ経済分析は、全体としての経済の動きを分析する学問であり、分析方法に差異があります。いずれも丁寧な講義がなされるでしょう。一般論を言うなら、それほど心配しなくても良いのではないかと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報