みなさんは 本屋に行って 欲しい本がない場合 どうしますか? あきらめますか?
それとも 他の本屋に あたりますか? 何軒の本屋を回っても お目当ての本がないことって よく ありますよね。そして 注文すると 2,3週間も待たされます。
一方、書店側も 売れるか売れないか分からないような本を大量に仕入れて、売れなかった本は そっくり返品しますよね。なんか 需要と供給が かみあっていませんよね。みなさんは 何に問題があると思いますか?
最近では オンライン書店もできましたが、まだ 一般化しておりません。オンライン書店については どう思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 おばんです、また回答させてもらいます。


>注文すると 2,3週間も待たされます。
 これは、非常に問題です。これは、在庫管理ができてないんです。特に本を買う際、短冊で商品管理してるでしょう。今時、それでちゃんと管理できるの?って思います。 日販やトーハンもオンライン管理をしようとしてるのですが、書店側が経費等の理由で反対してるとも聞きます。利用者側に立って考えてほしい。ちなみにドイツでは、注文すると2・3日で届くそうです。日本でもアスクルのような会社もあるのだから見習って欲しいです。
>何軒の本屋を回っても お目当ての本がないことって よく ありますよね。
 なぜ、こんなことがおきるかと言うと先に申した2大取次ぎが流通を支配してるからです。取次ぎが売れそうだと判断したヤツを配本しているだけですから、同じような本しか本屋に廻らないのです。だから、取次ぎの支配は多用な言論を保証すると言うのは嘘です。現状は逆になってます。
 同じような本しか置かないなら、1つの商圏に本屋は一個でいいはずです。本屋どうしの競争が起こりません。
>一方、書店側も 売れるか売れないか分からないような本を大量に仕入れて、売れなかった本は そっくり返品しますよね。
 これは、資源のムダです。本来商品の仕入れや管理などは小売が責任を持ってやるのが自己責任です。こんな「売れなかったら戻せばいい」なんてことだといいかげんな経営するに決まってます。いま、地方ではいわゆるチェーン店が潰れ出しているのです。だから、本屋が激減しているのです。いかにチェーン店が経営能力がなかったかを物語っています。そして、そこに配本している取次ぎも赤字です。
 このまま現状をほうっておくと出版界は連鎖危機に陥るでしょう。そうならないために今のような再販、委託販売、返本制度はやめるべきでしょう。
 こういう危機的状況でも出版界って給料高いらしいからね。うーむ。
>オンライン書店については どう思いますか? 
 現状は、必ずしもいいとはいえません。確かに、ある程度立ち読みして、中身を見たい人もいるでしょう。しかし、アメリカでアマゾン・ドットコムが成長しました。なぜ成長したかというと安いからです。そういうオンラインで中間を省き安く本を提供できれば、消費者は助かります。定期購読する雑誌などは、オンラインで買って安ければ歓迎するでしょう。しかし、日本では無理です。取次ぎも猛反発するでしょう。 だから、僕はオンライン書店で買うインセンティブが今のとこないので、しばらくはそんなに伸びないと思います。しかし、中古のオンラインはある程度はいけるのでは?とも思います。
 長文、駄文な回答です。それでは。

この回答への補足

みなさん、ご回答有難うございました。特に kazu-kunさん、akariloveさん 再度の回答 嬉しく思います。今度は 新聞について考えてみますので http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=144441も ご覧ください。今回は
kazu-kunさんにも ポイントを差し上げたかったのですが、今回は残念ながら 見送らせて戴きました。次ぎの質問でも kazu-kunさんの回答をお待ちしております。

補足日時:2001/10/02 01:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度 回答戴き 有難うございます。

>利用者側に立って考えてほしい。
書店に限らず、それこそが 商売の基本ですよね。

>なぜ、こんなことがおきるかと言うと先に申した2大取次ぎが流通を支配してるからです
これも 大手業者による寡占の弊害の ひとつですね。

>これは、資源のムダです。
これは環境問題にも関係してきますよね。限りある資源を 大切にしたいものです。

>なぜ成長したかというと安いからです。
日本では安くなりませんよね。むしろ、手数料が取られます。中間マージンが かからない分 安くなって当然ですよね。これも、再販制度の弊害か、、、。

お礼日時:2001/10/02 01:12

書店チェーンに従事してます。


>何軒の本屋を回っても お目当ての本がないことって よ
>く ありますよね。そして 注文すると 2,3週間も待たさ>れます。
(現状)
版元:インターネットを通じて、お客様が直接注文できる   し、書店も注文できるHPがあります。
   小学館グループ(他に集英社、白泉者、祥伝社、照   林社)同じHPで双葉社。リンク先は、講談社(コ   ミックのみ)、角川書店グループ(この中にJTB   も間借り)、文藝春秋。会員登録した本屋さんを指   定して取りに行けます。まだまだ増えてきます。
取次店:e-hon全国書店ネットワーク。(下記URL)
    これは取次最大手のトーハンが始めたものです。
    これも会員登録した書店の中から選んで取りに行    ける。(多分最大規模)
はっきり言って、全ての方の欲しい本を書店で網羅するのは、不可能です。毎日びっくりするぐらいの本が新刊で出ています。(B5用紙に細かい文字でびっしり表裏に書かれている)そこで上記の様な試みがなされています。
一部誤解があるようなので列記します。
>取次店が書店に一方的に本を送りつけて、書店は入らない>本を送り返します。書店側は売れた本の分だけ利益をもら>うシステムです。
これは新刊委託品のみ。新刊だけで品揃えするのは無理です。書店が注文した本は、月を跨げば支払いが生じます。

>(2)岩波文庫など一部買い取り制も、書店経営には圧迫要
>因
売れている本の量の全体に占める割合からいけば、一部買い取りという表現はいいですが、出版社の量からいくと大部分が買い取り。中学校の教科書一冊分ぐらいの出版社目録になる量。誰もが知っている出版社は極々一部。

これ以上やると非常に長くなりそうなので、最後に書店の取り組みを....。
ネット販売、コンビニ・駅売店の躍進で不況に強いと言われた書店も恐ろしいほどの廃業が毎年でています。
私どもでは、既刊本の掘り起こしをテーマを決めて集め、どう来てくれたお客さんにアピールするかを考えています。欲しい本を探しにいくのもいいですが、どんな仕掛けを書店がしているか見に行くのも、お金のかからない時間の過ごし方と思います。 

参考URL:http://www.e-hon.ne.jp/bec/EB/Top
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。実際に書店の業務に携わっている方の意見を伺えて うれしいです。

>はっきり言って、全ての方の欲しい本を書店で網羅するのは、不可能です。
そうですね。もし 全ての本を網羅することを仮定したら 東京ドームくらいの広さのスペースでも まだ足りないかもしれませんね。

>既刊本の掘り起こしをテーマを決めて集め、どう来てくれたお客さんにアピールするかを考えています。欲しい本を探しにいくのもいいですが、どんな仕掛けを書店がしているか見に行くのも・・・
書店さん側の意見 たいへん 参考になります。今のお仕事 頑張ってください。

お礼日時:2001/10/02 00:38

No.1の方が殆ど答えているので、補足的に。



本屋をはしごして「あらかじめ決めてある欲しい本」を探すことは殆どないです。やはり店頭では思わぬ発見による衝動買いでしょう。雑誌の場合は買い逃すと手に入りにくいのではしごする場合があります。

想像ですが、書籍の流通システムは昔は上手くいっていたのではないでしょうか?
しかし、大規模な書店による寡占化や、情報化による書籍の寿命の二極分化、経済効率重視によって、どんどんとシステムの利点が破壊されてきているのだと思います。市場万能主義で様々な弊害が出てきている、他のあらゆる産業と同じ構図だと思います。

面白い試みとして、現在、プリント・オン・デマンドという仕組みを考えている人たちがいます。上手くいくと、将来は、少数部数しか見込めない本は全て、プリント・オン・デマンドか電子出版になるかもしれません。

オンライン書店は、かなり活用しています。今は、送料無料(いつまで続くか不明ですが。)だったり、納期が表示されるので、非常に便利です。あらかじめ欲しいと思っている本は全てオンラインで注文しています。今使わなければ損とも言えるぐらいでしょう。

この回答への補足

またまた 回答ありがとうございます。

>しかし、大規模な書店による寡占化や、
再販制度が廃止されれば 一層 拍車がかかるでしょうね。

>プリント・オン・デマンドという仕組みを考えている人たちがいます。
この仕組みが 確立・整備されれば、書籍の需給のミスマッチが解消されますね。


次回は 新聞の流通システムの問題点について考えたいと思いますので、また お付き合いいただければ 幸いに存じます。

補足日時:2001/10/01 21:34
    • good
    • 0

1.オンライン書店


 (1)内容を手にとって確認できないため、あたりはずれが大きい
 (2)書店へ行かなくても、スピーディーに入手できるメリットがある
 (3)カード払いなどのため、ついつい買いすぎてしまう
 (4)少しずつ増えるが、書店形式ほど一般化しない(本屋に行くのは、あそび的要素もある)
2.取次店→書店の流通制度
 (1)出版社が零細なものが多い現状では、残っていく
 (2)岩波文庫など一部買い取り制も、書店経営には圧迫要因
 (3)表現の自由で、社会に不必要な本が多すぎる
 (4)2~3週間かかる注文では、取次ぎの強制配本も必要悪
 (5)内容確認の権利は保証されている(書店で)
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。オンライン書店は ネットを利用した通信販売ですので、他の業種にも 当てはまりますね。それと、「2~3週間かかる注文では、取次ぎの強制配本も必要悪 」という部分が よく分からなのですが。

お礼日時:2001/10/01 21:32

注文してでもほしい本は、やっぱり、オンライン書店がいいのではないでしょうか?


既存の本の流通システムでは、取次店が書店に一方的に本を送りつけて、書店は入らない本を送り返します。書店側は売れた本の分だけ利益をもらうシステムです。(富山の置き薬のシステムに似ていると思います。)なぜこういうシステムになったかはよく知りませんが、戦前からこういうシステムみたいです。書籍が再販制(書店に値段決定権がない制度)が取られているのが関係しているかもしているかもしれません。 でも、私はいまの制度でそんなに問題はないと思います。本は、売り切れていても、代わりに別の本を買うというわけにはいきません。世の中にこんなに種類の多い商品もないでしょう。また、最近は本や雑誌の賞味期限が短くなっています。こういう条件では、需給のミスマッチを無くすの非常に難しいと思います。唯一、注文販売するしかないでしょう。 (取次店は、大手2社に寡占化しているため、その功罪はあると思います。流通の効率化には寄与しているのではないでしょうか? 書店の自由度はほとんど無くなっていますが。)

インターネットが広まり、だれでもオンライン書店が使えるようになると、既存の書店の存在意義は、ベストセラーの本と雑誌の販売と、店頭での衝動買いに限られるようになると思います。

個人的には、店頭で立ち読みして衝動買いすることが多いので、既存書店もなくならないと思います。

なんどもオンライン書店を利用しています。どのぐらいで届くかもある程度把握できますし、送料も無料なのがでてきたので、買いたい本が決まっていれば便利だと思いますよ。唯一の問題点は決済方法だと思います。クレジット決済がいやなら、コンビニで払うタイプのものもありますので、問題にはならないと思いますが、、、どうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます。書籍の場合は 再販制度が読者の選択の幅を確保しているのかも しれませんね。

>富山の置き薬のシステムに似ていると思います。
面白い喩えですね。話が 少し脇に逸れますが、置き薬は 我が家でも重宝しています。(笑)

>本は、売り切れていても、代わりに別の本を買うというわけにはいきません。
そこなんですよね。スーパーなどで 洗剤やティッシュペーパーの特売品が品切れで 代替品を同じ価格で売っていれば、大抵の人は納得しますが、本の場合は そうは いきませんからね。

>インターネットが広まり、だれでもオンライン書店が使えるようになると・・・
こういう時代になれば、需給のミスマッチは少なくなるでしょうね。

>問題にはならないと思いますが、、、どうでしょうか。
完璧な回答です。質問を締め切りたいところですが、他の人の意見もお伺いしたいので、まだ締めないでおきます。

お礼日時:2001/10/01 19:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネットワークの監視と負荷分散

社内ネットワークがとても遅いときがあり、ネットワークの監視を依頼されました。
内容は、
1. どのPCが負荷をかけているのかの調査したいのでそのための安価なソフトが知りたい
2. ソフトやHUBなどでネットワークの負荷の分散ができるならそれを組み込みたい
ということです。

1と2についてご教授下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

FSW-16MA、FHSW-1616NRはどちらかといえばスイッチですね。
先の件のようなパケットのその他ポートへの配送はありません。

また、両製品とも100Mに対応しているので、10人程度が使用するくらいであれば問題ない機器と思います。

スペック的に問題が無いという前提(断言はできませんが。。)であれば

【NWの問題】
(1)接続の問題(全二重ではなく半二重になっている)
(2)なぜか10Mで接続している(100Mになっていない)
スイッチの筐体のLEDをみれば、どのような接続状態かはわかります。
LEDが何色に点灯していれば何で接続している等はマニュアルに出ていま
す。

【DBサーバの問題】
誰かがアプリの特定の操作をした場合に現象が発生する事は無いでしょうか?
その場合、DBサーバのCPUが長時間あがりっぱなしになったり
すると、パフォーマンスは落ちます。

また、CPUが上がっていなくてもDBとしてロックする場合
(例えばOracleでは外部キーの定義してあるテーブルに索引を定義
していない状態で、誰かがデータを削除している間に検索すると
遅くなるなどDBのチューニングの領域)
もあります。

FSW-16MA、FHSW-1616NRはどちらかといえばスイッチですね。
先の件のようなパケットのその他ポートへの配送はありません。

また、両製品とも100Mに対応しているので、10人程度が使用するくらいであれば問題ない機器と思います。

スペック的に問題が無いという前提(断言はできませんが。。)であれば

【NWの問題】
(1)接続の問題(全二重ではなく半二重になっている)
(2)なぜか10Mで接続している(100Mになっていない)
スイッチの筐体のLEDをみれば、どのような接続状態かはわかりま...続きを読む

Q今って、デフレなのか!?人手不足=モノが馬鹿売れ。デフレ=需要が足りない、モノが余り売れない。矛盾し

今って、デフレなのか!?人手不足=モノが馬鹿売れ。デフレ=需要が足りない、モノが余り売れない。矛盾してるのですが?。。。どっちが本当?

Aベストアンサー

ああ、「人手不足=モノが馬鹿売れ」と言う風に理解していたんですね?
そこがちょい違います。

人手不足でも企業は給料が上げられない。商品を安くしないと売れないデフレだからですよ。
たくさん作ってたくさん売っても、儲けが増えない。だから給料も上げられない。それどころか、商品をもっと安く売るために、人件費を下げる、人を減らす、そういうことをする必要がある。
一人の社員が、二人分働いて、やっと企業がやっていける。

ブラック企業のように、タダで社員をこき使ってでも安くしないと商品が売れない。


結果、人々の給料が上がらないから消費が伸びない。デフレの原因です。スパイラルってやつです。


あと、人手不足は、飲食や介護などのキツイ仕事ね。
大企業は、未だにリストラ、首切りをしたり、より有能な人材を確保しようとしたり、ややこしいことになっていますよ。

余っているんだか足りないんだか。
いらない人材を捨てて、有能な人材だけにして、「ボクが欲しい人材が足りない足りない」言っている感じでしょう。
若い未来がある人は、中小にはもう回ってこない、若い人不足も多々あるでしょう。

余っている部分はめちゃくちゃ余っている。
足りない部分は全く足りない状況です。


金融資産が積み上がるのは、老後がみんなヤバいと思っているからです。
仮にですが、積み上がった金融資産すべて合わせて国庫に入れても、これからの高齢化社会を支えられるだけの国家予算には満たないんじゃないかな?
或いは、格差で一部は黄金の養老施設で過ごし、多数は野原で過ごすだけのお金なら確保できる感じかな?

超高齢化社会の頂点に達したとき、下層の人は恐らく死ぬか、残飯を漁る乞食になる結果になるのでは?
そういうヤバさです。
だから金融資産が、恐らく「輸出系企業に勤めている人に限り」大幅に増えているのではないですか?
他の人は死にたくないから微増って感じで。

ああ、「人手不足=モノが馬鹿売れ」と言う風に理解していたんですね?
そこがちょい違います。

人手不足でも企業は給料が上げられない。商品を安くしないと売れないデフレだからですよ。
たくさん作ってたくさん売っても、儲けが増えない。だから給料も上げられない。それどころか、商品をもっと安く売るために、人件費を下げる、人を減らす、そういうことをする必要がある。
一人の社員が、二人分働いて、やっと企業がやっていける。

ブラック企業のように、タダで社員をこき使ってでも安くしないと商品が売れ...続きを読む

Q太陽光発電 遠隔監視システム

現在、35kwの太陽光発電を稼働中です、太陽光発電の遠隔監視システム導入を検討中です、
どのシステム、メーカーが良いのか、解りません、教えて下さい。

Aベストアンサー

オムロン単相パワコンですね。
ひだまりeyesはいかがでしょうか。
http://hidamari-eyes.takeidenki.co.jp/

パワコンからの通信回線(RS-485)情報から発電量を取得します。パワコンと遠隔モニタリング装置とは3芯ケーブル配線が必要です。

Qこの世は幻ですよね?他人すらも、幻ですよね?

この世は幻ですよね?

他人すらも、幻ですよね?

Aベストアンサー

まあその通りなんですけど、
それを幻に確かめてどうするんですか?

Qアクティブディレクトリと分散ファイルシステムについて

アクティブディレクトリと分散ファイルシステムについて
ちがいやその機能っていうんですか?が
わからないんですけどわかりやすく教えてください

Aベストアンサー

Active Directoryはフォレスト、ドメイン、
コンピュータ、ユーザ、グループ等のオブジェクト
を管理するための仕組みで、ディレクトリサービス
と総称されます。

DFSは見た目は1つのマシンの中のようにみえるが、
実際には複数のマシンに分散されて保存するための
仕組み。見た目と実際の保存場所の管理機能。

Qセブンイレブンが1軒も無い

県はどことどこでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

青森・秋田・富山・石川・福井・岐阜・三重・島根・鳥取・愛媛・香川・高知・徳島・鹿児島・沖縄 です。

なお、セブンイレブンがあっても長崎には3店舗、岩手には4店舗しかないそうです。

QMeのシステムの復元で、監視されるドライブはどこ?

1.windowsMeだけのインストールのパソコン、
2.c:¥でMe、d:¥でXPのデュアルブートのパソコン、

Meのシステムの復元にはXpのような監視の対象を決めるところが見つかりませんが、どのドライブを監視しているのですか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Cドライブ、起動のドライブだけです。ところが、例外があるらしく、2つのHDDを入れ、どちらからも起動できるようにブート可能にしておいて片方をマスター、他方をスレーブで使用すると、両方のMEがエラーを起こし、正常に機能できなくなることがあります。
これは、両方のアクティブなパーティーションがMEのときだけで、片方がME、他方がSEや98、95では大丈夫です。

デュアルブートで、Dや拡張領域でもXPはインストールできるし、起動可能ですが、MEや9X系はブートできるプライマリーだけが通常はインストール可能な場所ですので、そのプライマリーのアクティブなパーティーションだけが復元の対象です。また、復元がXPによって簡単に行われ、その結果書き換えられることがありますので、XPの監視からCを外した方が実害がデュアルでは少ないです。

Qネット書店の進出によって

出版業界、地方の書店にどのような影響を及ぼしたのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたらご投稿お願いします。

Aベストアンサー

 書店の減少は、特に地方で顕著です。この10年で、全国で3割減りましたが、和歌山では5割近く減ったようです。http://book.asahi.com/news/TKY201001260130.html

 ただし、これは年少人口の減少や経営者の高齢化が主たる理由で、ネット書店の影響は、これから本格化するものと思われます。アマゾンや電子書籍を利用する顧客は、田舎のちいさな書店の客筋と違うからです。

 むしろアメリカの状況を調べる方が、今後を占ううえで重要でしょう。「書店が消える アメリカ」で検索すると、ショッキングな状況が伝わってきます。

 ただし、日本と欧米の商慣行の違いにも目を配っておくべきです。日本では品ぞろえは問屋のいうがまま、返品が利くので素人でも経営者になれます。欧米では買い取り制なので、勉強しなければすぐ潰れます。現に、日本ではこの分野でいい本をと聞いても口を濁され、これが売れてますと答えるのみです。

Qレジストリやファイルシステムなど監視するソフト?

レジストリやファイルシステムなど監視して、変更部分をログ出力するソフトってありますか?

未知のソフトや他人のWebアプリを検証する際に役に立つと思うのですが、昔常駐ソフトでファイルの監視をしていたものがあった記憶があり、Windows2000やXPで動作するものが知りたいです。

Aベストアンサー

★フリーソフトの『レジストリ番犬ロン』があります。
・このソフトは、任意の時点と現在との差異がひと目でわかる
 レジストリ監視ソフトです。
・フリーソフト版、シェアウェア版の2つがあります。注意。
・姉妹品として、『レジストリ番犬バロン』もあるようです。
・ただし、こちらはシェアウェア版です。

リンク:
・http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se274538.html→『レジストリ番犬バロン』
・http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se271528.html→『レジストリ番犬ロン』
・以上。短いですがおわり。

参考URL:http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/winnt/util/env/index.html

Q町の書店の今後

田舎で家族経営で書店を営んでおります
私と母の構成です
近年の商店街の衰退にともない町のあちこちで
シャッターを閉める店が相次ぐいわゆる
「シャッター商店街」の一角にあります
収支は0円 店売と外売りあわせて 経費とわずかながらの給与がでている状況です 負債 借り入れは幸いにありません
父は他界し、近年は母が認知症気味になり店番ができない状況になってます
コンビニへの流れや電子化にともなう書籍離れ
など先行きは不安な市場です
人の雇い入れは収支上難しいです
このまま続けていくべきか 廃業し仕事を捜すか
どうしたものでしょうか

Aベストアンサー

厳しい回答になりますが、田舎では客も増える可能性はないでしょう。
都市部であれば、「本に精通して積極的にお薦めの本を展示する」などとマスコミに取り上げられる書店もありますが、田舎ではそれも無理。
お店を閉めて仕事に出る方が正解だと思います。
中々踏ん切りは付かないと思いますが、早いほうがいいと思います。
先送りにすれば、それだけあなた自身の就職口も探しにくくなります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報