法人の場合は、必要な印鑑が明確ですが、個人開業の場合には、どんな印鑑を準備すればよいのでしょうか。
単純な質問で申し訳ありません。

1.屋号のみの印鑑が必要でしょうか。(屋号・代表者名  が連盟の方が良いのでしょうか)
2.生活用と事業用預金通帳の銀行印は同じでも良いと思  うのですが。

無駄の無い準備をしたいと思いますので、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

屋号」に関するQ&A: 鍼灸院の屋号について

A 回答 (3件)

 法人の場合は、登記に必要ですが、個人事業の場合は特別用意する必要は無いと思います。


 ただ、ゴム印のような物が必要でしたら、縦と横の2種類、屋号や、代表者、住所、電話番号など取り外したつなげたりして使える物もあるようです。 2,3千円位から出来ると思います。
 あと、銀行印は、私の場合は別に専用の印鑑を用意しましたが、市販の数百円程度のものを使ってます。
 印鑑屋に勧められるままに高い物を購入する必要は無いと思います。
 よく印材で一番安い柘などだと、使っているうちに朱肉の油分を吸って割れる事があるとかいわれましたけれど、私や私の周りでもかなり使い込んでも、どうにかなったとか聞いた事ありません。
 もし、安いものでは見栄えとか体裁が悪いとお思いでしたら、体裁が悪いと思えるほど事業が大きくなってから、買い換えることをお勧めします。

 事業の立ち上げでは、もっと他に使うべき事が沢山あります。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な回答ありがとうございます。
安いものを購入し、他の費用に回します。

お礼日時:2001/10/03 11:39

1.ゴム印でしたら、住所・電話番号・屋号の入ったゴム印を作っておくと便利でしょう。


#1.の回答のように、縦と横があると便利です。

会社で云う、角印などは当面必要有りません。

2.一緒でも良いでしょうが、出来れば別のものを作り、管理も別にした方が良いでしょう。

開業の準備をされるのでしたら、税務署関係の届け出と、青色申告の申請もしましょう。

参考URLをご覧ください。
開業に関する手続などが書かれていますから、「個人事業編」と「共通事項」を参考にしてください。

参考URL:http://www.businessp.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考HPまで紹介してくれて、感謝いたします。

お礼日時:2001/10/03 11:41

1.不要 2.同じでよい。


個人商店は、あと住所・商店名・電話番号の入ったゴム印をつくれば終わり。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/10/03 11:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実印と印鑑登録証明書について

実印と印鑑登録証明書について教えてください。
今、手元にある実印と印鑑登録証明書でも、役所で実印の変更手続きさえすれば、変更前の実印と印鑑登録証明書は、もう実印ではありませんし、使用することはできませんよね?

Aベストアンサー

一般的には印鑑証明書の有効期限は発行日から3ヶ月以内とされています。

したがって、その範囲内であれば有効であるといえます。つまり旧の実印、印鑑証明は使用することが出来ます。
逆説的に言えば、変更手続きしても3ヶ月以内は旧実印は変更後の実印なみに管理する必要があると言うことです。

Q起業するにあたり屋号を決める必要があるが・・・(屋号検索って)

起業するにあたり、屋号を検索するようなページはWebにあるのでしょうか。色々と調べているのですが、なかなかみつかりません。

たとえば、特許庁では、特許を検索することはできると思います。
そのような感じで、屋号検索もできるのでしょうか。

ご存知の方、是非教えてください。

Aベストアンサー

個人経営か法人にするか?
法人の場合は、管轄法務局で簡単に閲覧から調べられます。
同じ屋号は通りません一部変えるとか必要になります。
先走り、広告・印刷物等作成する前に確認して下さい。

個人は、自由に屋号を決める事ができますが、商業道徳と言いますか、近所に同じ屋号が無いか、
又は大手名と同じ様なマネしたと思える屋号は避けるできです。

Q転居に伴い、実印登録の印鑑を変更したい

実印登録する印鑑を変更したいのですが登記簿などですでに実印を使用しています。
実印登録する印鑑を変更した場合、昔の実印で作った書類などに何か影響がでますか?

Aベストアンサー

実印をどのように使用していたかで手続きが変わると思います。
登録した実印を銀行印としても使用していた場合、かなり煩わしい手続きが待っている…かも?
不動産取得、相続、法人登記などで継続事項が無ければ、影響は無いかも?
自動車取得時の印鑑証明書は…?そのあたりは、詳しい事は解りません。済みません…。

Q個人事業について。個人事業をするにあたり、角印は必要な事は分かりますが、丸印も作ったほうがよいでし

個人事業について。
個人事業をするにあたり、角印は必要な事は分かりますが、丸印も作ったほうがよいでしょうか?

Aベストアンサー

必要に応じてお好きなように…と言うのが正直なところです。

先の回答と重複しますが…

角印は見積書や請求書など会社発行である印として押印します。
実印は公の書類など特別な時にしか使いません。個人事業主であれば使うことはあまりありません。
銀行印はその名の通りで、口座を作るときの届け出印です。
認印は仕事関係で押印の必要があるときに必要

角印だけは見た目から違いますが、無くても問題はありません。
また、実印・銀行印・認印は丸印ですからひとつのものを併用する事は可能です。

ただ、どんな書類にも実印や銀行印を使うのは不安要素があるのでお勧めは出来ませんね。


個人名であっても良いと思いますが、銀行印(実印)と認印の2種類があると良いと思います。

Q実印と印鑑証明について

実印と印鑑証明について

実印は印鑑証明を受けたものですが
昨日,住宅ローンの減税を受ける為
ある金融機関(J○)に年末のローン残高証明書を発行してもらう為に行きましたら
実印が必要と言われました。

本当に必要なのでしょうか?

あまりいろんなところにポンポン押したくないので
必要な理由が知りたいのです。

その金融機関が必要と言えば他の金融機関がどうかなど関係なく必要なんでしょうか?

また、実印を押した場合は印鑑証明も通常 提出するんですよね?

印鑑証明は不要と言われました。実印が必要なときは印鑑証明書も必ず必要だと思ってましたが。。。

普通、実印は大きな買い物の契約などで本人確認をする為と思っていますが
ローンの残高証明書発行でも必要な世の中でしょうか?

よく分かっていませんので教えてください。

Aベストアンサー

この様にお考え下さい。

実印=本人確認 です。

すでにローンを使用されてるので印鑑証明は最初に提出しています。
印影が同じであれば、申し込んだ時の印鑑と申請の印鑑が同一なら
本人 と認めれます。

それと
>あまりいろんなところにポンポン押したくないので
この考え方は正解ですが、実印は印影だけでは何ら意味なしません。
印鑑証明とセットで初めて効力が出ます。

なので印影で悪いことは出来ませんよ。
仮に行ったら、警察に訴えれますので・・・

Qおすすめ印鑑ネットショップは(会社印作成)?

会社印を作成したいのですが、おすすめの印鑑ネットショップを教えてください。
コストをおさえて、できるだけ質の良いものを作りたいです(素材はツゲや黒水牛)。

「印鑑 格安」などで検索すると沢山出てきますが、逆に沢山すぎてどこが良いのか分かりません。そのため、実際に購入された方の意見を聞きたいと思いました。

できれば、当日発送可能なところが良いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

わたしはネットで社印と代表者印を各6000円くらいで購入しましたが、
何の問題はありません。
安いもので問題ないですよ、本当。

よく数万円と数十万の印鑑を買う人がいますが、、無駄な経費です。
そんなに毎日のように使うものでもないし、6000円印鑑でももう6年使用しています。

お店はgoogleで最初の方に出てきたお店でした。

Q印鑑証明を添付しない時の実印の法的効力は?

印鑑証明を添付しない時の実印の法的効力は、認印と変わらないのでしょう
か?
もし印鑑証明が添付されていると、裁判になった時の法的効力が大変大きい
と聞きました。
もし印鑑証明がなければ実印も認印も効力が一緒なら、契約書に押印する時
すべて実印を押そうと思うのですが、どうなんでしょう?

Aベストアンサー

 実印や印鑑証明は、相手から見た時に、あなたが不正をしていないことの証明になるものです。
 なので、仮にあなたが実印登録をしている実印をあなたの契約時に押した場合、裁判になった時、印鑑証明が無くてもあなたの実印であることは相手側は容易に証明できます。認印でもあなたの筆跡があれば、あなたが契約をしたことは容易に証明できます。
 ところが、仮にあなた以外の人があなたをかたって、実印登録していない実印のようにみえる印で契約したとします。契約相手は、それはあなたと思いますから、訴訟になった場合あなたを訴えるわけですが、それは当然あなたではないわけで、契約相手は困るわけです。それを防ぐためのものです。

>もし印鑑証明がなければ実印も認印も効力が一緒なら、契約書に押印する時すべて実印を押そうと思うのですが、どうなんでしょう? 

 不正利用される可能性が広がります。
 例えば、あなたが押した印と同じようなものを作られ不正利用されたり、押した印の朱肉痕を写し取られて不正利用されたりする可能性が有ります。
(普通されることは有りませんが)

Q起業前に準備した印鑑やドメインを会社に渡す方法は?

今度起業するのですが、ちょっとわからないことがあるので教えてください。

起業前に名刺やホームページの準備をしたいと思い、またメールアドレスも印刷物に必要になることもありますから、先にドメインを取るだけ取ろうと考えました。

申込みまで行ってハッと気づいたのですが、ドメインの契約者は法人登記前なので個人で私(代表取締役予定)になると思います。それで申込みを行った場合、その後個人で準備のために取得したドメインを登記後の会社の資産にするためにはどのような方法があるでしょうか?

ドメインを現物出資・・・とかにして渡すんでしょうか・・・??
あと、もうひとつ気づいたのですが、起業前に作った印鑑なども最終的には会社のものですよね?これも現物出資みたいな扱いになるのでしょうか??

おかしな質問でしたらすみませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

経費につきましては・・・

資産の部
 繰延資産
  創立費   ○○円

負債の部
 流動負債
  未払い金  ○○円

みたいな感じで、設立前にかかった経費を計上するという方法があります。

資産譲渡につきましては、印鑑はそのまま会社の引き出しに入れればいいだけですが、ドメインはRegistrant移転手続が必要かと思いますので、ドメイン取得サービス業者に確認されると良いかと思います。

Q印鑑証明と実印登録について

相続手続き上の話ですが、必要書類の1つとして、市役所発行の実印の印鑑証明を取得するように、と言われました。私、転勤族なもので、引越しした先で、市役所への印鑑登録をしたりしなかったりです。また、実印として登録する印鑑も、時々で変わったりするのですが、そもそも登録する市役所によって実印が変わる、ということは、特に問題はないのでしょうか?

Aベストアンサー

実印登録は転出で登録無効になります。転入先で新たに実印登録しない限り登録実印は存在しません。実印登録された印でも紛失による改印届けで別の印鑑で再登録すれば旧印鑑は実印ではなくなり、再登録した新印鑑が実印となります。ある時点で実印登録されている印鑑に対して印鑑証明書を発行してもらえます。実印は硬い変形しない材質の印鑑(100円や300円の三文判でも可能、ゴム製のシャチハタ印は駄目)であれば何でも良く、実印とすることが可能です。印相学に基づく縁起の良い印(開運印)など気にしなければどんな印でもいいし、登録して印鑑証明書を発行して貰い、その後で改印登録しても構いません。印鑑証明書はその発行日に実印登録されていたことを証明する有印公文書に過ぎません。実印登録は住民票のおいてある市役所のものが有効で、過去の印鑑登録は新住所へ転出した時点(転入届出市役所から転出市役所に転入届受理が通知される)で無効になります。つまり実印が同時に色々な市役所に登録されているわけでなく、過去に住民票のあった市役所に登録していた実印は登録抹消されていますので以前の市役所で登録していた旧実印の印鑑証明は受けられません。

>引越しした先で、市役所への印鑑登録をしたりしなかったりです。

印鑑証明書や実印が必要でなければ特に印鑑登録する必要はありません。

>実印として登録する印鑑も、時々で変わったりするのですが、そもそも登録する市役所によって実印が変わる、ということは、特に問題はないのでしょうか?

何の問題もありません。旧住所から転出すると同時に実印登録も無効になります。
印鑑証明書が必要なら改めて転入した住所の市役所で印鑑登録して実印を決めその印の印鑑証明書をとります。登録印鑑の改印手続きや転出引越ししない限り実印は変わりません。

実印登録は転出で登録無効になります。転入先で新たに実印登録しない限り登録実印は存在しません。実印登録された印でも紛失による改印届けで別の印鑑で再登録すれば旧印鑑は実印ではなくなり、再登録した新印鑑が実印となります。ある時点で実印登録されている印鑑に対して印鑑証明書を発行してもらえます。実印は硬い変形しない材質の印鑑(100円や300円の三文判でも可能、ゴム製のシャチハタ印は駄目)であれば何でも良く、実印とすることが可能です。印相学に基づく縁起の良い印(開運印)など気にしなければ...続きを読む

Q仕事で独立しました。屋号申請って必要ですか?

独立をしたのですが、税務署に屋号申請をするのは確定申告時で良いのですか?

Aベストアンサー

屋号申請というものはありませんよ。

開業届や確定申告時に記載するだけであり、義務でも何でもありません。
屋号は自分で使いたい時に決めて、使えばよいのです。

ただ、金融機関で屋号付口座を作ったりと、屋号の証明などを求められることがあります。
名刺や会社案内などで認められることも多いかもしれませんが、公的機関の受付印などがあるのを求めることが経験上いくつかあります。開業届に屋号などを記載したうえで提出し、提出の際に控えを同時に提示することで受付印を税務署にもらうというのが簡単な方法だと思います。

開業届は、開業後速やかに出さなくてはなりません。青色控除などの優遇措置を受けるための青色申請などは期限もあります。確定申告に出せばと思っていると、青色申告が認められなくなります。青色申請とともに開業届で屋号を決めておくことをおすすめします。

開業届以外に異動届などがありますが、厳密には屋号の届出自体が任意であることから異動届などによる方法は、正しくはないと思いますしね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報