マンガでよめる痔のこと・薬のこと

初歩的な質問で失礼いたします。

個人事業を開業しようと思っているのですが、
お客様に購入いただいた際に発行する
領収書に押す印鑑は
屋号を彫ったものを、新たに作ればよいのでしょうか?

使用できるもの、できないものなど
規定があるのでしたら教えていただければ助かります。

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

最初のうちの法人税がかからないくらいの規模の事業のうちは、ゴム印の住所、屋号、肩書き、氏名印と個人の苗字だけの印(3文印)でも問題ないですよ。


それより、銀行などの通帳の住所の最後に屋号を入れ通帳を作り、全くの個人の通帳と分離する方が、青色申告としては、わかり易いですよ。

個人事業の場合、個人の印鑑証明しかとれないので、通帳など、氏名欄は、どうしても個人名になっちゃいますが、住所欄に、屋号を含めることは、可能ですので、つまり、個人が、屋号を証明する訳です。

ここできちっと、個人と個人事業との金銭のやりとりが、証明できないと、帳簿ミスで、課税されやすい状態を作りやすいです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます。

もう一点お尋ねしたいのですが、
ゴム印に入れるとおっしゃっている
個人事業主の「肩書き」とは
何になるのでしょうか?

一人でも「代表」でしょうか。
皆様は何と入れていらっしゃいますか?

補足についても、とても助かりました。
お心遣いありがとうございます。

お礼日時:2005/11/27 21:26

個人事業主の肩書きは、はっきりいって、自由です。



しかし、書面を受け取った側からいくと、あまり特殊な肩書きは、最高責任者か否か、わかりませんから、普通の業種では、代表でいいのではないでしょうか?、主宰とか、特殊な例では、家元など、ありますよね。

領収書は、シャチハタでも、問題が少ないですが、契約書関係は、出来れば、実印なり、フルネームの認め印が、問題が後日起きにくいです。
売買契約とか委託業務契約とか、契約書関係は、双方、だれときちんと契約したか、証明できるように、作成するのが、問題ないです。また、自分の方に、契約金に相当する印紙が貼られて、消印が同じ印鑑であるのが、信頼性が高い契約書になります。案外見積もり書とか請求書の印の方が、契約や支払いなどの不履行の時、正しく契約されている証拠になるので、印鑑が大事になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

かしこまりました。
やはり「代表」が一番違和感なく受け入れられそうですね。
ありがとうございます!

契約書には認印を押すようにします。
アドバイスありがとうございました!

お礼日時:2005/12/03 00:15

個人事業主です。


当店の場合、屋号・店名印の横に個人印(シャチハタ)を押しております。これなら確実です。
また最近のレジスターは領収書を発行できる機種も多いので便利です。(中には店名もプリントしてくれるものもあります。あとは個人印を押すだけで出来上がりです。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
屋号の横に個人印を押すようにします。

領収書を発行できるレジですか・・・
便利なものがあるのですね!

お礼日時:2005/11/27 21:28

個人印でもかまわないと思いますが、税務対策上屋号で角印を作っておいたほうが良いと思います。

 領収書の乱発や偽造が無いように。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
屋号で角印ですね。
早速作るように手配します。
助かりました。

お礼日時:2005/11/26 18:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q領収書の捺印する印鑑について(個人事業)

私はオンラインショップを始めたばかりの者です。

本日始めてお客様より領収書を発行して欲しいとの依頼がありました。

そこで質問なのですが
個人事業の場合、屋号名(例えば山田電気店)などの印鑑を作成して
捺印したほうが良いでしょうか?

あるいは、代表者の個人印を捺印するのでしょうか?
また、その時の印鑑はシャチハタなどの三文判でも良いのでしょうか?

詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

領収書の印鑑
 民法における領収書の要件
  領収金額
  領収年月日
  領収の理由
  相手先の名前
  領収者の名前
   の記載があれば、どのような書式でも有効です。
 民法の規定では、印鑑押印が領収書の構成要件には入っていま
 せん。ただし、その領収書が本物である事を証明するためには、
 印鑑があった方が無難だと思われます。よって
   ○個人印
   ○会社(屋号)印
   ○個人のサイン(署名)
  のどれでも法的には問題はありません。
  シャチハタ等のスタンパーですと、誰でも同じスタンパーを購
  入する事が可能ですので、その領収書が本物である事を証明す
  る事が困難となりますので避けた方が無難です。

ただ、日本では屋号(会社名)の角印を領収書に押印する事が
多くみられます。何となく”格式”があるような気がしますので、
今後も領収書の発行をされるのであれば、屋号の角印を作られるの
も良いかと思われます。
(無駄だと思うならば作る必要はありません)

Q個人事業主の領収書の発行の印鑑は?

個人事業主で領収書を発行する際に使用する印鑑は屋号・住所・代表・電話番号入りのゴム印だけで良いのでしょうか?

また印鑑登録をした印鑑はどの様な場面で使用するのでしょうか?
領収書発行の際には使用しますか?

ご存知でしたらお教えください。

Aベストアンサー

領収書に「宛名」、「金額」、「領収証の発行者の住所、氏名」などの記載があれば有効です。
従って、屋号・住所・代表・電話番号入りのゴム印だけでも有効ですが、一般的には印鑑を
押す習慣があります。この場合の印鑑は実印である必要はありません。

実印(印鑑登録証明)が必要なのは、不動産の登記や自動車の登録、公正証書 の作成等の公的手続きや銀行の諸手続きです。

Q個人事業主の領収書は個人名?屋号?

はじめまして。

3月から個人事業主になります。
そこで、開業にかかる費用を経費として計上したいのですが、領収書は個人名・屋号どちらでもらうものなのでしょうか?
(ちなみにネットショップ経営です)

初歩的な質問ですいません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

個人事業者の場合、税務署はあくまでも個人名主体で管理しています。屋号はおまけのようなものです。
受け取る領収証が屋号だからといって、すべて経費になるわけではありません。私物を買って屋号で領収証をもらってきてもだめです。その支出の内容が、本当に事業に使用したものであることを、証明できなければならないのです。
そこで納品書や請求書と一緒に綴じておくことが理想ですが、領収証しかない場合は、余白部分に何を買ったのかメモしておくとよいでしょう。

要は、領収証のあて名などどうでもよく、その内容次第だということです。

Q法人ではない、個人事業の場合の、社印、角印、社判について、お尋ねします

法人ではない、個人事業の場合の、社印、角印、社判について、お尋ねします。

個人事業で、10年目を迎え、

今までは、認印1つで対応しておりましたが、

このたび、社印、社判を制作しようと考えております。

個人事業でも、社印、社判を作っても、問題ないのでしょうか?

制作する際の注意点など教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

○○商店の印 これは角印を作ることが出来ますし、普通の請求書等は それでも差し支えないでしょう。ただし、会社の代表者印いよゆる丸印は 個人事業主の場合は存在せず 個人の認印か 少しはましな銀行印を押すことになります。そして銀行との借入契約とかの重要書類は個人実印(角印は押してもオサナクテモいいです)となります。当然、印鑑登録も個人印だけです。

Q領収書には住所は記入しますか?

個人的に頼まれた仕事があり、収入を得ました。領収書を発行してほしいとのことでしたので、市販の領収書を購入し、作成しようと思います。
自分の記名・捺印をすることはわかってはいるのですが住所も記載するべきでしょうか?
初歩的な質問ですみません。ご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

領収証をもらった人が、単に支払い済みの確認だけのために、領収証の発行を要望したのなら、貴方の名前だけでも良いでしょう。

しかし領収証は、税務申告における経費の証明となる場合もあり、このときは会計士や税務署員が、どこの誰に支払ったものか、理解できる必要があるでしょう。
その意味では、住所や電話番号なども書き込んでおくことが肝要です。

Q個人事業主の丸印について

個人事業主の丸印について教えていただきたいです。
この度、個人事業主として開業する運びとなりました。
そこで丸印を作成しようと考えていますが、印鑑の文字は
どのようにすればよいのでしょうか?
屋号はカタカナで5文字です。
お教えいただけると、ありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人事業は、法人事業とは異なり、事業主個人の人格での事業となります。

したがって、法人のような代表印を用意するのは疑問があります。

私は、法人事業も個人事業も行っていますが、個人事業での代表印は個人の認印で行っています。一応認印でも見栄えを良くするために、一般的な認印より一回り大きなもので、書体もこだわっていますね。実印登録できてもおかしくないものです。

屋号付きの印鑑を作ったとしても、金融機関で利用することは基本的に出来ないと思います。
金融機関では、屋号は参考程度の記載であり、あくまでも事業主個人の口座としてみているためです。

屋号付きの代表印を使っている人を私は見たことがありません。私からすれば、屋号付きの代表印が押されているのは問題にすると思います。あくまでも個人が特定できる印鑑である必要がありますからね。

ですので、外側に屋号、内側に代表山田の印などとなっていればまだ良いですが、内側がただの代表の印では、特定できませんので、NGとすると思いますね。

このように取引というものは、取引先の考えにも影響するものですので、法人と同じように考え過ぎると良くないこともあるかもしれません。

個人事業は、法人事業とは異なり、事業主個人の人格での事業となります。

したがって、法人のような代表印を用意するのは疑問があります。

私は、法人事業も個人事業も行っていますが、個人事業での代表印は個人の認印で行っています。一応認印でも見栄えを良くするために、一般的な認印より一回り大きなもので、書体もこだわっていますね。実印登録できてもおかしくないものです。

屋号付きの印鑑を作ったとしても、金融機関で利用することは基本的に出来ないと思います。
金融機関では、屋号は参考程度の記載...続きを読む

Q個人事業主の開業届けに必要なもの。

よろしくお願いいたします。

もうすぐ税務署で開業届けを出す予定です。
まだ商売もしていませんが、銀行口座に屋号を入れて新たに作りたいので先に開業届けを出したいのです。

税務署に必要なものはありますか?あと、開業に必要なものがあればアドバイスをください。
経験者の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

三文判があって、事業内容と屋号と営業場所が決まっていれば問題ないでしょう。印鑑もシャチハタのようなものは不可です。しかし事業用とそうでないものに分ける必要もありません。

経験上、屋号の口座は開設できます。ただ金融機関の判断も影響します。
一般に『山田商会 山田太郎』のように個人名が付されます。金融機関によって振込みをしてもらう為には個人名も必要だったり、屋号だけでも可能だったり、と異なります。
任意団体などの場合、開業届も必要ない場合があります。その場合開業届なども必要なく開設できる場合があります。

Q請求書の印鑑(個人)はシャチハタOK?

請求書に押す印鑑はシャチハタ(などのスタンプ浸透印)で大丈夫ですか?
朱肉を使う印鑑でないといけないのでしょうか?

Aベストアンサー

特に法的には規定が有りませんから、シャチハタなどのスタンプ浸透印でもかまいませんが、官公庁では、朱肉使った印鑑を押すように求められます。

ただし、領収書を偽造されることを考慮した場合、管理が粗雑なシャチハタなどのスタンプ浸透印の使用は避けるべきです。

領収書には、「会社印・担当社印のないものは無効です」と表示し、押印を必要としたほうが、管理面から安全です。

Q角印と実印(代表社印)の使い分け

法人の場合、法務局に登記した実印の他に、角印(登記してない)、銀行印等複数の印鑑がありますよね。
で、当社は請求書・領収書などは角印を使用しています。しかし、ある取引先から「領収書に代表者印がないと正式な書類にならない」と指摘がありました。
社長の指示で作成しなおして、差し替えしましたが、今後は全て実印を押せというのです。
実印は今まで経理で管理してないし、管理するのも大変です。ここや、他のサイトで調べて、一般的に角印で十分らしいと社長に進言したのですが、「掲示板や印鑑屋の話で、法的根拠がないな」と言われました。
何か法例文書や通達などもっともらしい文書ってありませんか?あれば教えて下さい。

Aベストアンサー

実印:印鑑登録してある印鑑:滅多に使いません。印鑑証明の添付が必要な書類・契約書に使用。またはそれに準じる気合を入れる必要のある契約書。例:不動産売買契約書。大手会社との基本協定書。
角印:通常の会社印(実印・銀行印・業務印)は、「○○株式会社代表取締役の印」となっています(又は、代表執行役)。角印は「○○株式会社の印」となっています。
書類に会社名の後に「代表取締役■■ ■■」という書類は、基本的に通常の会社印を使います。
「代表取締役■■ ■■」の無い書類、担当者名で出す書類は角印になります。ですから請求書はだいたい角印になります。(担当者は代表ではないので)
そして、大事なのは、法人であっても、「代表」個人の意思をはっきりさせるものは、会社印になります。
組織としての印が角印という感じです。ですから角印のほうが軽い感じです。
銀行印:これは、悪用されると、資金全部抜けますので、実印並みに厳重管理が必要です。
業務印:これをもう一つ作ると良いでしょう。一般的な書類は、これにします。角印よりは少し大事な書類に押します。領収書は、大事なお金を頂いたという、すごく大事な書類なので、実印とは言いませんが、代表の意思が必要なのです。
各、印鑑の使用規定(何に使うか)と、権限規定(誰がOKすれば押せるか)を規定しておくと良いでしょう。特に権限規定は、代表が権限委譲する形になりますので、最終責任は代表にいくことになります。

HP日経さん程度でもだめでしょうか。
http://www.gifu-gif.ed.jp/school/seika-j/2001/bijutsu_naganuma/inkan.htm
http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/soumu/media/index.cfm?i=s_siten047

参考URL:http://www.i-partners.jp/soumu/109.htm

実印:印鑑登録してある印鑑:滅多に使いません。印鑑証明の添付が必要な書類・契約書に使用。またはそれに準じる気合を入れる必要のある契約書。例:不動産売買契約書。大手会社との基本協定書。
角印:通常の会社印(実印・銀行印・業務印)は、「○○株式会社代表取締役の印」となっています(又は、代表執行役)。角印は「○○株式会社の印」となっています。
書類に会社名の後に「代表取締役■■ ■■」という書類は、基本的に通常の会社印を使います。
「代表取締役■■ ■■」の無い書類、担当者名で出す書類は角印になり...続きを読む

Q個人事業主の印鑑

よろしくお願いいたします。

現在、法人と個人事業の両方を経営しています。
個人事業の方が副業のため、あまり考えもせずに、会社印(屋号の角印)と個人の苗字の認印を利用していました。

角印が押されていても、個人の認印で事業者として契約書面などを取り交わす際に、格好が悪いように思えてきました。

経験者様や知識のある方よろしくお願いいたします。

法人を真似て、屋号+代表之印のような代表印を個人事業で利用することは、法的な面や商慣習的には、どうでしょうか?

どのように考えて判断されているのかも併せて回答いただけますと、助かります。

ちなみに、私は民間資格の○○士という肩書でコンサルタントも行っています。ですので、屋号ではなく肩書+個人名之印というのも検討しております。税理士などの国家資格者のような職印のようなイメージです。
併せてご回答いただけますと、助かります。

Aベストアンサー

個人事業主の場合は文字通り法人ではありませんので、法的には代表者個人の資格で法律行為を行うものです。
ですから、屋号の代表者と個人とは法的には同じ人格です。

契約を締結する場合でも屋号に代表者を記して押印しますが、この時の角印は法人の場合の角印と同様に法的には無くてもよいのです。

法的に必要なのは、法人の場合は法人代理権者(通常は代表取締役等)の印ですが、個人事業の場合は代表者の個人印です。

そういうことから、屋号の代表者印という印鑑はおかしいです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング