今シアリダーゼ(ノイラミニダーゼ)の生体内での機能について調べています。インフルエンザウイルスなどウイルスシアリダーゼのことはよく本やネットに載っており理解できるのですが、哺乳類のシアリダーゼに関する記述は乏しく困っています。詳しく載っているサイト、雑誌、本があれば教えてください。
 具体的に今1番知りたいことは、シアリダーゼによる老化赤血球の処理の際シアリダーゼはどのように老化か非老化を認識しているのか?です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

初めまして。


以前シアリダーゼをかじったことがあるものです。
一つ言えることは「細菌シアリダーゼ」に比べて
「動物シアリダーゼ」の研究は遅れており
そのためインターネットで調べる場合、
PubMed などの文献検索をすることをおすすめします。
キーワードで Review と入れれば最近の知見をまとめてある
文献がヒットするかもしれません。

【糖鎖】に関する日本語の解説書としては

箱守仙一郎 永居克孝 木幡陽 編
グリコバイオロジーシリーズ
講談社サイエンティフィック (1993)

をおすすめします。

後「シアリダーゼによる老化赤血球の処理~」の部分ですが、
具体的にどういう操作をさしているのでしょうか?
もう少し詳しく書いていただけるとうれしいです。

この回答への補足

 まだ文献を読んでいないので詳しくは分からないのですが,本には赤血球からシアル酸を除くことによって血液内にとどまる時間が短縮されることから、シアル酸の除去によって露出されるガラクトースと特異的に結合する受容体が肝臓に検出され、シアル酸は赤血球の寿命を決定していることが明らかになったそうです。
 そこで分からないのはシアリダーゼはどうやって処理する赤血球を選び出しているのか?なにか寿命決定因子が赤血球にあるのか?もしくは無作為に赤血球からシアル酸をのぞいているのか?ということです。

補足日時:2001/10/13 00:36
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか(既にチェック済みでしょうか・・・)?


「シアル酸研究会のホームページ」

さらにPubMedでは既に検索済みでしょうか?
因みに3つのキーワードの積集合で3件Hitします(内容詳細未確認!)

補足お願いします。

参考URL:http://www.kamakuranet.ne.jp/~tsuda/sial.html

この回答への補足

そのページは既にチェック済みでした。恥ずかしながら質問事項に関する論文は真だ読んでいません。3つのキーワードの積集合でHITしたそうですが、キーワードは?まあいろいろ検索してみます。あと積集合ってorでしたっけ?

補足日時:2001/10/13 00:26
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q哺乳類

哺乳類とか爬虫類とか、何々類って言うのは、何種類くらい有るんですか?ついでに、哺乳類は、何で哺乳類って言うんですか、勉強しなかった僕は、今になって、こう言う事に凄く興味がわいてきました、是非知りたいです、教えて下さい!

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E7%89%A9

「生物の種類」は、ご参考までに。

『哺乳類』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%93%BA%E4%B9%B3%E9%A1%9E
ごく簡単に説明すれば、「胎生」で、「乳」で子を育てるのが特徴。
つまり、赤ちゃんを産んで、母親が乳で育てる訳です。
「ヒト」も、「哺乳類」です。

ただ、『カモノハシ』と呼ばれる「珍獣」は、哺乳類に分類されていますが「卵」を産む動物。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%83%8F%E3%82%B7

★「生物学には、ほぼ必ず【例外】が存在する」

こんな言葉も有るようです。

Q哺乳類以外の赤血球について

哺乳類の赤血球は成熟の過程で脱核してしまいますが、鳥類や両生類などの赤血球は核を保持したままです。
このことに生物学的意義はあるのでしょうか?
(例えば様々なタンパク質を合成したり、末梢で増殖したり、など)

中々良い文献やサイトを見つけられなかったので、解る方がいたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

 専門外なので論文を絞り込むことができませんでした。かなり古い情報(1982年)で恐縮ですが、鳥類の成熟赤血球がmRNAを転写しているという論文がありました。RNAのコピー数はerythroblastよりもかなり低下していますが、αおよびβグロビン遺伝子の転写があるようです。但し、翻訳までのプロセスはわかりません。存在意義としては酸素の運搬ですから、ヘモグロビンを作っていても不思議ではありませんが。この辺りをキーワードにして文献をあたってみたら如何でしょうか。

詳細は↓の論文(総説)で。
Gasaryan KG., Genome activity and gene expression in avian erythroid cells. Int Rev Cytol. 1982;74:95-126.

Q恐竜を食っていた哺乳類はなんで絶滅したんでしょうか

恐竜時代に、ねずみくらいの哺乳類から進化した犬くらいの哺乳類が、恐竜捕食性らしかったのですが、なんで絶滅してしまったんでしょうか。

Aベストアンサー

より大きな肉食恐竜に狙われたからみたいです。
結局、大きさ勝負では恐竜に勝てなかった。
あの時代に生き残るには恐竜とは違った強み(知能、敏捷性、夜行性など)で勝負せざるを得なかったのだと思います。

Q植物生体電位は学校の教科書に載っていますか?

少し前アート展で蘭の花に電極のようなものが取り付けられ、生体電位を発するとモニターに表れる作品を見ました。周りには私しかいなかったのですが、私が動くとモニターが動き、止まると一瞬のズレもなくピタリと止まるのを見ました。面白くて30分くらいずっとやってました。植物は完全に人間の動きを把握してるんですね。シイタケも同じでした。びっくりしました。

この事は小・中学校の教科書に取り上げられていますか?

Aベストアンサー

 小・中学校の教科書には取り上げられていないでしょう。
 というよりも、取り上げるべきことではないでしょう。
 それはアート展での作品とのことですから、
こりゃ面白いと眺めていればいいだけのものじゃないですか?

Qねずみより一回り大きい哺乳類

たとえば、シマウマをねらうライオンはシマウマの2倍も大きくはありません。見た目、1.2倍くらいかもしれません。(大人同士で見て)ところが、ねずみをねらう哺乳類はイタチやねこにしてもネズミの数倍あります。ねずみとねこの中間くらいの大きさの哺乳類はいるかもしれないけど、あまりみかけません。ねずみの1,2から1,5倍くらいのサイズの哺乳類はなぜすくないのですか。

Aベストアンサー

どぞ。
http://another-country.hp.infoseek.co.jp/lawofislamd.htm

要は、哺乳類は猫~大型犬のサイズが「ごく普通」のサイズらしいです。
逆に言えば、あのサイズの哺乳類が多いので目立つ、ということじゃ
ないかと。

Q老化防止技術は今どうなってるの?

不老長寿は昔から人類の夢ですが、その善悪はさておき、今の科学の最先端では、どのくらい現実味のあるお話なのでしょうか?
教えて頂けると嬉しく思います。

Aベストアンサー

老化しないということは、細胞が元気いっぱいであるということです。しかし、無制限に元気いっぱいであると、今度はガン(細胞の無制限な増殖)になってしまいます。

一説によると、我々の染色体の末端(テロメア)が細胞分裂によって、短くなりそれが老化の原因とされています。よってそれを長くできる酵素(われわれの生殖細胞には発現)を強制発現すると老化はシャーレの上の細胞では一部抑制できます。よって、試験管内ではなんと老化防止はある意味、成功できていると言えます。

しかし、人の個体になると、その強制発現はガンを誘発する恐れがあり、難しいと考えられます。この矛盾、相克を乗り越えるためにはたいへんな時間がかかり、まだまだでしょう。

われわれの体にある無限に増殖できるES細胞とその応用も同じような矛盾を抱えています。いずれにせよ、認知症の克服を含め、非常にホットで、発展が切望される分野であります。

参考URL:http://genetics.fc2web.com/

Q恐竜が絶滅し暫らく経った後から、人類が誕生する前の、約6000万年の間、哺乳類の種類は増えたのですか

1.約6600万年前に恐竜は全滅しました。恐竜という足かせがなくなり、哺乳類は活躍できおそらく種類が増えたと思います。
2.一方、約700万年に誕生した人類は、幾つかの哺乳類を絶滅させたようですね。
お聞きしたいことは、約6600年前からの、最初と最後を除いた約6000万年の間、哺乳類の種類は増えたのでしょうか?

Aベストアンサー

今読んでいた本(※1)に、似たようなことが書いてあった(対象は哺乳類ではない)のですが、考古学界でも意見が分かれているようです。
結論的には、徐々に増えて行ってる派が優勢のようです。ただ、カンブリア爆発に見られるように大量絶滅などの後に種が一気に増えて、その後は個々の絶滅と分化でほぼ同じ程度の状態が続くと考えている学者も少なくないようです。
後者は特に、ワンダフルライフという本で紹介されたように、初期の爆発時により多くの系統が生み出され、その後一部(半分くらい?)の系統は絶滅し残った系統がその中で分化していく、という系統樹の形を反転させるような考え方で、今でも人気がありますね。
ただ今では、絶滅したと当初考えられていたものに現生種があると判明したり別のグループの一員と考えられるようになったりと、系統樹を反転させたほど減ってはいない、また海底の生命の跡(生痕化石)からの種類の遷移などは徐々に増えていくことを支持している様といったことから、上記のように徐々に増えていく派が主流となっているようです。


※「生物はなぜ誕生したのか」、原題は A New History of Life(邦題のセンスないだろ)。2名の共著なのですが、あきらかに1名は文章が下手というかドヤ顔したくてゲスい文章になってる感じ(科学者センスが低い)で、オススメするのはどうかとも思うのですが、最新の研究が紹介されてたりする部分は評価できます。

今読んでいた本(※1)に、似たようなことが書いてあった(対象は哺乳類ではない)のですが、考古学界でも意見が分かれているようです。
結論的には、徐々に増えて行ってる派が優勢のようです。ただ、カンブリア爆発に見られるように大量絶滅などの後に種が一気に増えて、その後は個々の絶滅と分化でほぼ同じ程度の状態が続くと考えている学者も少なくないようです。
後者は特に、ワンダフルライフという本で紹介されたように、初期の爆発時により多くの系統が生み出され、その後一部(半分くらい?)の系統は絶滅...続きを読む

Q生物の発生についての質問です。 骨は体節でつくられ、血球は側板でつくられると書いてありました。 血球

生物の発生についての質問です。

骨は体節でつくられ、血球は側板でつくられると書いてありました。

血球は、骨の骨髄でつくられるのではないのですか…?

なぜ別々のところからつくられるのでしょうか。
教えて頂きたいです!

Aベストアンサー

>生物の発生についての質問です。
生物では発生中と成体では器官の機能が異なりますが、それを認識していますか?
>血球は、骨の骨髄でつくられるのではないのですか…?
これは成体における機能で、発生中の機能ではありません。発生学の簡単なのを読んで下さい。
>なぜ別々のところからつくられるのでしょうか。
これは進化論に属する疑問で、現在の臓器の機能だけ追求しても答えは出ません、かなり高度な質問になりますから、進化論あるいは解剖学の教授(もちろん大学教授)に訊いて下さい。

Q哺乳類の毛色について

哺乳類の体毛は爬虫類のウロコから変化したものだそうですね。
となるとルーツは魚のウロコで、鳥の羽毛とは従兄弟のような関係となるのでしょう。

しかし、爬虫類や魚類、そして鳥類の鮮やかな呈色にくらべて哺乳類の体毛色はそれほどでもない。
よくよく考えて見ると、哺乳類の毛色に「青」「緑」「紫」が見当たらないことに気がつきました。
つまり「青」の色素発現がない?
いやそんなことはないはずです。

という事で質問です。

体色として「青色」を発現させる哺乳類があれば教えてください
青とほかの色の中間色でも構いません。
要は「青い色素」を持っている哺乳類。
体毛・皮膚いずれでも結構です
(瞳の色が青ってのは、若干意味が違いそうなので除外します)

よろしくお願いします

Aベストアンサー

マンドリルのオスは発情期に顔面が青みがかった色になります。生殖器周辺の毛の色も青くなります。

Qノイラミニダーゼの種類の数

新型インフルエンザが流行して、H5N1などウイルスの型が取りざたされています。

ヘマグルチニン(H)には少なくともH1~H16の16種類がある( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%9E%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%8B%E3%83%B3 )そうですが、ノイラミニダーゼ(N)には何種類あるのでしょうか。

Aベストアンサー

現在見つかっているもので、9種類あります。


人気Q&Aランキング