日本各地の、それも新潟なんて分かるととってもうれしいのですが・・・ご存知の方、お忙しいとは思いますが教えて下さい。特徴的な地方と、主要都市のものがだいだいのところ分かれば十分です。
 よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ドイツ硬度(゜DH):水100mlに含まれる硬度成分の量を酸化カルシウム(CaO)に換算 したmg数で表す。


アメリカ硬度(ppm):水1lに含まれる硬度成分の量を炭酸カルシウム(CaCO3)に換算 したmg数で表す。

換算式 ゜DH=CaCO3(ppm)*0.056

となっています。普通100mg/l(5.6゜DH)以下を軟水、以上を硬水とすることが多いです。

硬度分布としては

北海道 2.3゜DH
東北 2.2゜DH
関東 4.1゜DH
中部 2.4゜DH
近畿 2.2゜DH
中国 2.8゜DH
四国 3.8゜DH
九州 4.4゜DH
沖縄 14.2゜DH
ライオン家庭科学研究所資料より

となっているようです。残念ながら新潟のみはわかりません。
が、沖縄を除いてほとんどの地域は軟水であるようです。参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトに新潟で1ヶ所「酸化還元電位」測定値が記載されてます。


硬度とは関係ありませんが、以下のサイトもあります。
1.http://homepage1.nifty.com/dron/table/heni-gense …
(各地の水道水の変異原性レベル)
2.http://www.sakeya.net/backnumber20000930.htm
(越後新潟地酒ニュース)
----------------------------------
一般に、外国に比べ日本の水は硬度が低く、ほとんどが硬度10以下です。
----------------------------------
3.http://homepage1.nifty.com/agatashi/meisui/meisu …
(名水大全新潟県編)
4.http://www.secom.co.jp/mizu/secomsui/taste.html
新潟のデータはありませんが・・・?
5.http://www.mec-net.com/water/echigonomeisui.htm
(越後の名水;硬度24度)
6.http://www.niigata-sake.or.jp/sake/water.html
(新潟の酒について)
----------------------------------
新潟県の醸造用水の平均値は40位です
----------------------------------
ご参考まで。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/dron/table/orp.htm
    • good
    • 0

こんにちは、kazuuuです。


何件か前に海水の硬度を質問したものです。
硬度はMgとCaで決まるのは分かっているのですが、それをDHで表すにはどうすれば良いのかは分かりませんでした。i-kazueさんは、おわかりですか?
さて、ご質問の日本各地の硬度ですが、
NHKブックス(日本放送出版協会)の「水の科学(著:北野康)」に以下のように書いてありました。
北海道(22):8.3、2.3
東北(35):7.7、1.9
関東(11):12.7、2.9
中部(42):8.9、1.7
近畿(28):7.6、1.3
中国(25):6.7、1.1
四国(19):10.6、1.5
九州(43):10.0、2.7
全国(225):8.8、1.9
()は採集河川数、:の後はそれぞれCa2+とMg2+の量(mg/l)
もし、i-kazueさんがDH表記の計算方法をおわかりであれば教えて下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q物質の硬度と速度と質量の関係

聞きかじりではありますが、「モース硬度」や「ヌープ硬度」といった硬度基準値があると聞きます。

硬度では明らかにそこまで強くないプラスチック製のBB弾がガラスを割ってしまったりするのは、平たく言うとそのBB弾の持つ「勢い」(慣性とか?)のせいだと言うのはなんとなく理解はしているつもりですが、いったいどのくらいのレベルの運動量と質量で、どの程度の硬度が生まれるのかがふと気になりました。

(1)速度、質量と硬度の関係を一覧できるような資料、サイトはどこかにありませんでしょうか?

(2)速度と質量と硬度の関係を表す式のようなものはありませんでしょうか?
(例:モース硬度2、質量2gの物質を速度Xで射出した場合の力はモース硬度Yに並ぶ といったものなど)

摩擦係数や重力などは考えていると一生終わらなさそうなので無視で==。


車を運転していてふと思いついただけで、何が知りたいのかもはっきりとしていない状態なのですが、何方かご助力頂けませんでしょうか。

Aベストアンサー

 速度、質量と硬度の関係とのお尋ねですが、硬度(硬さ)とはそれぞれの物体の表面または表面近くの物理的性質のひとつで、速度、質量とは関係ありません。
 したがってそれらの関係を一覧できるような資料も関係を表す式もないでしょう。
 もともと硬さとは定義すること自体難しい概念で、いろいろな物質の硬さを一義的に数値で表すことは困難なのです。
 例に挙げられているモース硬度とは、単に基準とする10種類の鉱物を硬さの順に並べたときの順番を表しているだけなので、数量的な扱いは全く出来ません。


 
 

Q恐れ入りますが、わたしは、とっても素人なので、小学生と話していると思っ

恐れ入りますが、わたしは、とっても素人なので、小学生と話していると思って下さい。
では質問です。
実際のところ、地球は、これから温暖化するのですか?それとも、氷河期へ向かうのでしょうか?
また、それは何故ですか?

(わたしが感じていること)
ここ数年、やたらと地震が起きたり、天災が絶えず、やっぱり地球は生きていると感じます。
学生時代に、長周期的に見ると、地球は寒くなったり、暑くなったりを繰り返して来たのを習いましたが、「キリストが生まれてから」として年月が数えられて、2010年は経っています。その前から、文明の芽は出ていた訳ですから、生物が住めるようになってから、かなりの歳月が過ぎているこの星が、自然的要因によって、環境が様変わりしてもおかしくないなと、わたしは感じています。

どなたか、解りやすいお話をして頂けませんか?

Aベストアンサー

気温の推移を数億年レベルでみると、現在の平均気温はかなり低い方です。氷河期の小康期かな?ってレベルです。
なので、これから平均気温が上昇していくことは問題ではありません。ただし上昇速度は問題ですが……

さて、質問者さんが求めるものとは違うかもしれませんが、一つお話をします。

昔々ある星に、多種多様な生物達が住んでいました。
彼らはお互いに捕食しあい、資源を奪ったり、時には共生したりしながらも、
バランスのとれた生態系を維持していました。
しかしある時、ひとつの種が彼らにとっての猛毒を吐き出し始めました。
その毒に耐性のない彼らの多くはひとたまりもなく絶滅していきました。
それでも毒は吐き出され続け、その星の大気組成も変化し、「オゾン層」が出来上がりました。

ここまで書いたらもう分りますね。
「ある星」とは地球のことで、「毒」は酸素のこと、「毒を吐す種」とは植物の先祖のことです。

嫌気性生物の観点からみると、大気中の酸素濃度が20%を超える現在の地球環境は
「汚染されている」とみなすことができます。

「自然」とは「自ずと然り(おのずとしかり)」、つまり「あるがままの姿」という意味です。
生物的側面で見れば、生物達が資源を奪い合い、棲み分けし、時には共生した結果なのです。
彼ら生物は「それが正解だから」その姿になったのではありません。
各々が「自らの都合のいいように」ふるまった結果が「今の自然」なのです。
そして、彼らの資源をめぐる「交渉」は今も続いています。
彼らが妥協した産物ともいえる現在の自然の姿は一見すると安定しているように見えますが、
それは動的平衡であり、常に変化の可能性を孕み、時には実際に平衡点が移動しています。

生物的側面以外にも、地球の極点は移動し、太陽の表面活動も変化し、
自然の形は常に変化の要素に曝されています。

なので「地球を守れ」等という美辞麗句のもと、自然に正解の形があるかのように考え、
人間が自然に干渉すること、それ自体を否定するのはナンセンス以外の何物でもありません。
また、本質的には「自然物」と「人工物」との間には何の違いもありません。
合理的な理由もなしに「人工物=悪」とするのは勘違いであり、
また「道徳的善悪」という「人間固有の概念」を自然に持ち込むのは
個人的見解を言わせてもらえば、「人間原理主義の極み」であります。

自然には「正解の形」も「善悪」もありません。
我々人間がそこに見出だすのは「こうあってほしい」というささやかな願いだけです。
そのささやかな願いが時に傲慢さに化けてしまうのは悲しいことですが……

以上脈絡もない話を長々と失礼しました。
この話が質問者さんのエコロジーに関する考え方の参考になれば幸いです。

気温の推移を数億年レベルでみると、現在の平均気温はかなり低い方です。氷河期の小康期かな?ってレベルです。
なので、これから平均気温が上昇していくことは問題ではありません。ただし上昇速度は問題ですが……

さて、質問者さんが求めるものとは違うかもしれませんが、一つお話をします。

昔々ある星に、多種多様な生物達が住んでいました。
彼らはお互いに捕食しあい、資源を奪ったり、時には共生したりしながらも、
バランスのとれた生態系を維持していました。
しかしある時、ひとつの種が彼らに...続きを読む

Q鉄鋼の硬度について質問です。よく調質(マルエイチ)の依頼の時に指定硬度があるのですが、硬度はだいたい

鉄鋼の硬度について質問です。よく調質(マルエイチ)の依頼の時に指定硬度があるのですが、硬度はだいたい決まっているのでしょうか?SC材のHRC(ロックウェル)で教えていただけると助かります。なるべく詳しく教えていただきたいです。SC材の熱処理前、調質後の硬度一覧みたいなものがもしパソコンなどで印刷できるのをご存知でしたらそれも教えていただきたいです。

Aベストアンサー

炭素鋼(調質鋼)の場合、SC材でしたらまず炭素量が判らないと答えようがないです。
(私は現在、材料の基本データを手元に持っていないので答えられません)
そして、それ以外の化学成分によっても影響を受けてきます。
また、調質条件でも材料強度は変わってきます。
↓少し調べて出てきたのですが、他所の会社の製品のページです。あくまで参考です

http://www.tokkin.co.jp/materials/special_steel/carbon_steel

規格内でも炭素量が下側によっているのか上側になっているのかでも材料の強度特性は変わってきます。
また熱処理条件でもγ化温度が何度でどれくらいの時間を保持したのか、冷却に水を使うのか油を使うのかそれらの温度は何度なのか、
もっと言うと水や油内での材料の姿勢が材料特性に影響することもあります。

焼戻し条件でも変わってきて、温度と時間が重要になってきます。

それと材料のサイズによって同じ熱処理をしても材料強度は影響を受けます。
大きな材料になる程、加熱冷却の速度が十分に確保できなくなり、調質工程を行ったが表面しか効果がない等の現象が出てきます。
サイズを考えて熱処理条件を決定するのは重要なことになってきます。
大きなものを熱処理する時には、SC材の規格にはないバナジウムを少量添加することもあります。

熱処理をする側は熱処理条件による強度の変化のデータは持っていると思いますが、ネットなどで丹念に自分で調べるしかないように思います。
ロックウェル硬さとのことですが、便覧になったJISの巻末に引っ張り強度や他の硬さ試験からの換算表がついていたように記憶しています。

炭素鋼(調質鋼)の場合、SC材でしたらまず炭素量が判らないと答えようがないです。
(私は現在、材料の基本データを手元に持っていないので答えられません)
そして、それ以外の化学成分によっても影響を受けてきます。
また、調質条件でも材料強度は変わってきます。
↓少し調べて出てきたのですが、他所の会社の製品のページです。あくまで参考です

http://www.tokkin.co.jp/materials/special_steel/carbon_steel

規格内でも炭素量が下側によっているのか上側になっているのかでも材料の強度特性は変わってきます...続きを読む

Q新潟県の俳雪量について

授業で雪の利用という課題があって新潟で捨てられる雪に注目して課題を進めているのですが・・・。

冬になるとよく土手などにトラックが雪を捨てに行く光景を目にします。
捨てられる雪の量はどのくらいなのでしょうか?(融雪を除いて)
新潟県内(新潟市,長岡市,魚沼市等)の俳雪量を調べているのですがなかなかわかりません。

参考になるHPなどがあれば教えてください。

Aベストアンサー

概念的には 俳雪 ではなく 除雪
http://www.pref.niigata.lg.jp/dourokanri/1272322420979.html

http://www.city.niigata.jp/info/kantai/newenergy/vision/02.pdf

=降雪の深さの合計×除雪延長×道路幅員×
(雪の比率×雪温の絶対値+融解水の比率×放流水温+融解潜熱)×利用率
という計算式を出しているので、前半の

=降雪の深さの合計×除雪延長×道路幅員
これで除雪量は出るはず

Q金属の硬度 

この前、刃物の硬度試験をして貰ったのですが、HRC硬度(ロックウェル硬度)は知っているのですが、HV硬度の欄にしるしが付いていて『HV748』と表示されていました。
これはHRC硬度に変換するといくつ位の硬さになるのでしょうか?
また、HRC硬度は一番上がダイヤモンドの『100』ですよね?
HV硬度の一番上は?
その他にも硬度を表す表示はあるのでしょうか?
超鋼、チタン、タングステン等の硬度も知りたいのですが・・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ここに換算表がありますが・・・

http://www.showatool.com/en/pdf/p157.pdf

Q都市間の距離

教えてほしいのですが、函館から1600km離れた都市はどこですか?
直線ではなく陸路で知りたいのですが…
わかるサイトでもかまいません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です
地図ソフトでいろいろ試してみたら、一般道で山口市まで行ける事が分かりました。
函館から大間経由で十和田湖南部を回り込み日本海側を南下することで可能のようです。
一般道はクネクネするので高速のほうが距離を稼げると思いましたがそうでもなさそうですね。
さすがに本州脱出は無理でしょうか・・・(笑)

Q水の硬度について

 水道水の水質基準等で表されている、硬度は全硬度なのでしょうか??カルシウム硬度なのでしょうか??
教えてください

Aベストアンサー

硬度は全硬度だと思います

計算の方法が載っていましたよ

参考URL:http://www.imaginet.ne.jp/~tambe/coffee/Hardness.html

Q貯留施設の特徴とその限界

貯留施設の建設は、水資源開発の有力な手段であります。貯留施設による水資源開発の特質について教えてください。また、後発の水資源開発ほどダム建設は不利となる理由を教えてください。

Aベストアンサー

水資源開発には次の3つの方法があると考えます。
1)ダムからの補給
2)他の河川からの導水
3)水利権の転用(例えば農業用水を上水に転用する)
ちなみに、森林整備でダムの役割を果たそうとする、民主党の「緑のダム構想」は、科学的根拠があまりにも希薄です。科学的に見ると、森林はダムの代わりには到底なりえません。
さて、ひとつ目の質問、貯留施設(ダム)による水資源開発の特質ですが、ダムには水を貯める機能とその水を下流に補給する機能があります。ダムへの流入量が多く、利水補給の対象となる河川の流量が十分にある場合には、流入量>放流量となり、ダムへ水を貯めることができます。その貯めた水を利水補給の対象となる河川の流量が不十分な時にダムから放流して河川から水を取水できるようにするのがダムによる水資源開発です。
では、その他の水資源開発方法に目を向けてみます。2)の導水ですが、有名なのが利根川の水を荒川に導水している武蔵水路です。ただし、武蔵水路による水資源の水源は全てダムに頼っています。つまり、理論的にはダムに頼らない単独の導水計画もあり得ますが、現実的には、導水の水源のためにダムが必要になります。3)の水利権の転用ですが、最近、農業用水が余ってきていることが指摘されています。その農業用水を水道用水に転用できれば、最も安価な水資源開発と言え、注目すべき方法と考えます。ただし、この方法を採用するには利水者間の調整が非常に難しく、実現した例はほとんどないのが現状です。
したがって、ダムが最もその機能を十分に発揮できる確実で現実的な水資源開発の方法であると言えます。

一方、ダムによる悪影響を列記してみます。
1)ダムを建設するには莫大な費用がかかります。
 ダム建設には、ダム本体だけではなく、工事用道路や水没する道路の付け替えなど道路工事にもかなりの費用がかかります。また、用地買収費もかなりの額になります。
2)水没による住民移転が伴います。
 多くの場合、水没によって、生活の場を失う住民が出てきます。その住民にとって大問題であることはもちろん、地元自治体にとっても産業構造が変わるなどの影響があり、ダムができるということは、そこに住む人にとって、非常にインパクトの強い出来事になります。
3)自然環境が変化します。
 もともと川だったところが湖になるわけですから、自然環境が激変すると言っても過言でないでしょう。

このように、ダムは最も確実かつ現実的な水資源開発方法ですが、悪影響も見落とせません。したがって、ダムを建設するかどうかを判断するには、悪影響の的確な予測と水資源開発の必要性の見極めが非常に重要になります。

長くなりましたが、ふたつ目の質問に移ります。後発の水資源開発ほどダム建設は不利となる理由です。ダムの貯水容量を開発水量で割った値を開発効率と言います。後発のダムほど開発効率が大きくなる、すなわち、同じ開発水量を生み出すのに必要な貯水容量が大きくなり、したがって、ダム建設費も高くなるというのは事実です。それは何故か?
最初の質問で説明したとおり、ダムからの水の補給は、河川の流量が少ない時に行います。ダムのない状態の河川の流量は、ダムがある場合に比べて、大きく変化しますから、先発ダムの補給は「穴埋め」のような感じで行います。ダムが増えてくると河川の流量変化が小さくなりますから、流量を増加させようとするダムからの補給は「上乗せ」のような感じになります。つまり、「穴埋め」よりも「上乗せ」の方がより多くの水量が必要になるというのが理由です。

水資源開発には次の3つの方法があると考えます。
1)ダムからの補給
2)他の河川からの導水
3)水利権の転用(例えば農業用水を上水に転用する)
ちなみに、森林整備でダムの役割を果たそうとする、民主党の「緑のダム構想」は、科学的根拠があまりにも希薄です。科学的に見ると、森林はダムの代わりには到底なりえません。
さて、ひとつ目の質問、貯留施設(ダム)による水資源開発の特質ですが、ダムには水を貯める機能とその水を下流に補給する機能があります。ダムへの流入量が多く、利水補給の対象...続きを読む

Q硬度の換算計算式

悩んでます。教えてください。鋼材の硬度測定をしました。硬度単位は普通はHv、Hs、等なのですが、HL(リーブ硬度)で測定してしまいました。HLをHvに換算する計算式をご存知でしたら、教えてください。

Aベストアンサー

例えば
http://www.fujimfg.co.jp/benri/hard.htm

しかし、そもそも測定原理が違うので、換算は単純ではありません。
なお「硬度」よりも「硬さ」で検索したほうが良いと思います。

Q三大都市圏の鉄道

三大都市圏の鉄道の特徴を教えて下さい

Aベストアンサー

こちらのサイトを分析すると、特徴が見えてくると思いますよ。

http://www.mlit.go.jp/tetudo/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報