痔になりやすい生活習慣とは?

メルマガやブログで書評を公開しているのをよく見ますが、著作権の侵害にはならないのでしょうか?

著作権に触れない範囲内で書評を書きたいのですが、どこまでだと問題がないのかがわかりません。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

著作物の使用は個人の範囲内で認められています。

どこまで合法でどこからが違法かは、その『個人の範囲内』の捉え方次第ですし、裁判とかでもその論争がされているようです。まあ、あまり大胆には公開されない方が良いかと思いますよ。
    • good
    • 0

一応、書評ということで、その本の問題点や評価できる点を中心にまとめていく分には問題なし。



ただし、引用する場合は普通、その著作物の半分以下にすべきかと。図書館でコピーをとるときはそういう風になってますからね。

あと、引用部分をはっきりさせるというのはNo.3さんの言うとおりだと思いますが、そもそも、書評をする上では引用の必要もない気がするわけで・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても参考になりました。みなさんありがとうございました。

お礼日時:2005/07/13 04:24

> メルマガやブログで書評を公開しているのをよく見ますが、著作権の侵害にはならないのでしょうか?


普通に書籍に対する感想だけを書いただけのものであれば、それは書いた人の著作物ということになると思います。公開するのもどうするのも書いた人の自由です。
書籍の著者は、その書評に対して何の権利も持っていないと思います。たぶん。
但し、根拠なき中傷など、酷い表現がある場合は問題がありそうです。

書評に、書籍の内容の一部が含まれている場合、
それが「引用」になるか「無断複製」になるかが問題になります。「引用」になれば著作権の侵害にはなりません。
書評の場合は、以下のポイントを守れていれば「引用」になると思います。
・自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
かぎ括弧や<blockquote>なので囲っておきましょう。
・自分の著作物が主であること。
引用部分が大きい割には感想部分が少なかったりするとまずいです。
・出所の明示がなされていること。
書籍のタイトルや著者を書いておきましょう。

また、「引用」する場合であっても、
引用した部分に間違えが含まれていたりすると問題があるかもしれません。正確に引用しましょう。
    • good
    • 1

問題ないと思いますよ。

表現の自由ですから。また、著作権法第32条1により引用する事は問題ない事になっています。引用とは「公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内」とされているので、著作物の一部を引用して掲示しても問題ない事になってます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本の内容をブログに書くと著作権違反ですか。

ある本がたいへん面白く、内容をまとめた文章と感想を書きたいなと思いました。ブログにです。
ブログに書くのは著作権違反ですか?

Aベストアンサー

お考えのようなことについては,著作物の「引用」に該当するかを検討する必要があります.

まず,著作権法32条1項で「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。 」とされています.

ここで「公正な慣行」とは,たとえば,学術論文などで参照(引用)する場合に,参照文献として明確に記載するとか,雑誌や新聞など,各業界での参照文献としての記述など,一般的な引用方法が確立していることをいいます.
また,引用の目的については,報道・批評・研究などが例示されますが,引用する著作物(主)の方が,引用される著作物(従)よりも上位の論述である必要があります.たとえば,単なる「紹介」や「感想」ではこの要件を満たさないと考えられます.

このように,「引用」というのは無制限ではなく,著作権の存在理由に基づく例外的な(著作者の権利を制限する)規定です.安易に捉えるべきではありません.
よく誤解されているのは,「引用」と称して,単なる「複製」を行っている場合です.

また,「内容をまとめた文章」を書きたいとのご希望ですが,原文のままでの「明瞭区別性」もなく使用することになり,これは単なる「引用」ではなく,「要約引用」とされ,現行法ではできないと解釈されています.たとえば,法43条2号で,法32条に定める「引用」については「翻案」は含まれず,「翻訳」しか認められておりません.

さらに,「要約引用」においては,著作者の意に反した改変がされる場合があり,要約の内容が忠実でない場合には翻案権と著作者人格権の同一性保持権の侵害になる可能性があります.

また,ブログにアップロードするのであれば,公衆送信権侵害の可能性があります.

以上の理由から,お止めになることをお勧めします.
また,著作者に知られなければ何をしてもよいという考え方もありますが,いかがなものでしょうか.

お考えのようなことについては,著作物の「引用」に該当するかを検討する必要があります.

まず,著作権法32条1項で「公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。 」とされています.

ここで「公正な慣行」とは,たとえば,学術論文などで参照(引用)する場合に,参照文献として明確に記載するとか,雑誌や新聞など,各業界での参照文献...続きを読む

QCDジャケ、書籍表紙をHPで公開。著作権侵害か。

CDジャケ、書籍表紙をHPで公開するのは著作権侵害かどうかに関して、「教えて!goo」でも見解が分かれるようです。人の顔写真を公開してはいけない。これは分かります。雑誌に掲載されたグラビア、これも公開は違法なことは理解できます。
さて、ジャケットや表紙は店頭でも閲覧できる、つまり中身ではないので、公開OKという考えがあるようです。ただ、表紙も当然創作物ではあります。
ややこしいので、誰か整理して頂けませんでしょうか。

Aベストアンサー

原則をしっかりとおさえる必要があります。

著作権は、「公開」という行為について及ぶのではありません。「複製」や「公衆送信」という行為について及ぶものです。店頭で表紙を見せたり、見ることについては、著作権は及びませんが、HPで公開することは「複製」や「公衆送信」を伴うので、著作権の対象となるのです。「中身ではないので公開OK」という考え方は、そもそも成立しません。

したがって、無断でHPに公開すれば著作権侵害になるというのが、大原則です。

そのうえで、引用の範囲で認められる場合がありうる(これは著作権が制限されるので、著作権侵害にならない)とか、実際に損害があるとは思えないので問題ないのではないか(著作権侵害ではあるけれども、実際に訴えられないであろうという予測)とか、そもそも題号などと同様に広く見られることを予定しているのだから著作権者もこのような利用は了解しているはずだ(黙示の許諾)とかという議論があるわけです。

様々な事例が考えられるでしょうが、普遍的には、著作権者に許諾を得るのが一番間違いない、という以上のアドバイスは難しいですね。

なお、中古ゲームソフト判決は、「映画の著作物」の「頒布権」という特別な著作物に限って特別な権利を認める場合に関する判断ですので、これをもって「性質上権利が制約を受ける場合」をあまり広く解釈するのはどうかと思います。

原則をしっかりとおさえる必要があります。

著作権は、「公開」という行為について及ぶのではありません。「複製」や「公衆送信」という行為について及ぶものです。店頭で表紙を見せたり、見ることについては、著作権は及びませんが、HPで公開することは「複製」や「公衆送信」を伴うので、著作権の対象となるのです。「中身ではないので公開OK」という考え方は、そもそも成立しません。

したがって、無断でHPに公開すれば著作権侵害になるというのが、大原則です。

そのうえで、引用の範囲で認め...続きを読む

Qブログの記事のタイトルに、ズバリ会社名や商品名を使うのは禁止なのですか

ブログの記事のタイトルに、ズバリ会社名や商品名を使うのは禁止なのですか?

記事のタイトルに、会社名や商品名を書いている人を見かけますが、
それはECサイトが定める規則に反することではないのですか?

アフィリエイトをする場合、どこまで書いていのかわからなくて、
記事のタイトルを決めかねています。

またブログライターの場合と、成果報酬型の場合とでは、考え方が違うのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

法律的な という意味なら 不正競争防止法などいくつかありますが、競合するのではなくその商品そのものの販売を目的とするなら、基本的には問題ないですよ。
商品名には著作権はないので載せるだけなら法には触れません。
載せたことでどの様な実害が生じるかでしか訴えられませんから。


人気Q&Aランキング