映画版ファイナルファンタジーについてです。

ぼくがFF7以降一番すごいなと思ったのが召還獣の演出なんですが、映画ではどう扱われているんでしょうか?
そもそも出てくるかどうかもざっと調べた限りではわからないし、種類とか演出なんかも全くわかりません。

そこで、見た方に質問です。
(1)召還獣が出てくるのかどうか?
(2)種類(具体的な名前じゃなくて数で)はどのくらいか?
(3)演出はどんな感じか?(FF9のCGのアレキサンダーやバハムートくらいのレベルを基準に)
を教えてください。

全体のストーリーや映画としての出来なんかは↑が満たされていればあまり気にしないです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

見ましたが、


(1)召還獣はでてきません。
かわりに「ゴースト」というのが(一杯)出てきます。
(2)でてこないので・・・(^^;
(3)CGはすごいと思いますよ(人の描写はなかなか良くできていて、見ているうちに違和感がなくなります)

ゲームのような内容を期待されているのでしたら、ストーリー的には全く期待はずれになる恐れアリです。
#勇者達が悪と戦うようなストーリではありません

この回答への補足

ところで「ゴースト」というのは一体どんなものなんでしょう?

補足日時:2001/10/12 18:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

出てこないんですね...。
9のアレキサンダーみたいなのが出るならそれだけでも見に行こうかなと思っていたんですけど...。

お礼日時:2001/10/13 00:43

FFと言ったら僕も召喚獣が浮かんできますが、あいにくなにもでてきません。

戦いのシーンなどもなく、ただゴーストを銃などでうったりするだけです。はっきり言ってなぜ題名がファイナルファンタジーをせおっているのかからして僕にはわかりません・・・。内容もちょっと意味のわからないところがありますし・・・。  で、ゴーストと言うのは、簡単に言うと宇宙人の幽霊です。人間くらいの大きさのものや、像より大きいものなどもいます。それらがゲーム版FFの敵のような感じになっています。
幽霊と言ってもしっかりと敵からの攻撃は味方にくらいますし、味方の攻撃も敵にくらいます。肉眼では見えないようですが変なスコープのようなものをつけるとオレンジ色に見えます。まぁ、ざっとこんなものでしょう。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足説明ありがとうございます。
ほんとそうですよね@題名。

どちらの方にも20Pt差し上げたいところなんですが、先に答えてくれた方にします。
今後もよろしくお願いしますね。

お礼日時:2001/10/13 00:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今月に公開されている洋画で おすすめの作品は?

今月に公開されている洋画で おすすめの作品は?

こんばんは。
何か映画(洋画)を見にいきたいと思っています。

今、調べてみて気になったのは
「トワイライトサーガ」と
「ハリーポッター」

トワイライトは前作をみていないし、ハリーポッターは最初の1、2作しか見ていません。
それでも、楽しめるでしょうか・・・。

どちらがおすすめとか、他におもしろい洋画があれば教えてください。

Aベストアンサー

トワイライトは未見ですが、ハリー・ポッターの最終巻は、原作を読む限りそれまでの伏線を一気に回収しにかかるので、伏線回収がなくてもその場その場のアクションシーンを見られればいい、という方以外はキツいかと想像します。これまでの作品を見ておくと、より楽しめると思います。

ナイト&デイ
アクションの派手さを、頭をひねらずに楽しめるのはこの作品です。日本では作れない、単純明快、勧善懲悪の豪快なハリウッド映画で、笑いもそこそこあり楽しめました。

ミックマック
アメリの監督が描く復讐劇。復讐と言っても人を殺めるわけではなく、「いやな気持ちにさせる」程度なので(ミックマックというのはフランス語で「いたずら」という意味らしいです)笑えました。そして、悪徳武器商人がそのターゲットなので、痛快でおもしろかったです。

小さな村の小さなダンサー
公開館が非常に限られていますが、今年一番感動しました。毛沢東時代の中国で、当局に運動神経の良さを見込まれた田舎の少年が、親元を離れて強制的にバレエダンサーにさせられ、国力を見せるためにアメリカのカンパニーへ送られるが、そこで自我と自由と恋に目覚め、自分の夢と祖国への忠誠の間で葛藤する、リー・ツンシンという実在のバレエダンサーの話です。

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ
今週末の公開ですが、前評判を聞いていると間違いない佳作だと思われます。ビートルズ結成前のジョン・レノンと、ポール・マッカートニーの出会いを描いたイギリス製作のドラマです。

悪人
洋画をとのことでしたが、悪人は今年の邦画では個人的にとても好きでした。殺人を犯した男と、男と恋に落ちる女の逃避行・・・がメインではありますが、彼らを取り巻く様々な人間模様や、彼らの一筋縄でない思惑と心情が複雑に絡み合い、映画を見終わった後もかなり心の奥に布石を落とされた感じです。久石譲の音楽も合わせて、映像も美しかったです。ぜひ、「悪人探し」をしないで、どこにでもある人間ドラマを見るつもりで、まっさらな目で見ていただきたいなぁ、、と思います。

ご参考になれば幸いです。

トワイライトは未見ですが、ハリー・ポッターの最終巻は、原作を読む限りそれまでの伏線を一気に回収しにかかるので、伏線回収がなくてもその場その場のアクションシーンを見られればいい、という方以外はキツいかと想像します。これまでの作品を見ておくと、より楽しめると思います。

ナイト&デイ
アクションの派手さを、頭をひねらずに楽しめるのはこの作品です。日本では作れない、単純明快、勧善懲悪の豪快なハリウッド映画で、笑いもそこそこあり楽しめました。

ミックマック
アメリの監督が描く復讐劇。復...続きを読む

Q映画「アレキサンダー大王」(コリン版、ギリシャ版除く)捜してます。

昔、テレビ番組のロードショーなどで、何度か放送したことがあるはずなのですが、たしか題名も「アレクサンダー大王」だったと思います。どちらかというと、「ベンハー」や「十戒」みたいなハリウッドなみの映像だったと思います。子供の頃観て面白かった記憶があるのですが、ネットで検索しても、最近のオリバーストーン監督の「アレキサンダー」や、なんか脱獄から始まるという(よく知りませんが)ギリシャだったかの映画ばかり検索で出てきて、いっこうに見つかりません。
教えて頂きたいのは、いつの何処の国の映画なのか。さらにDVDで出ているのか。いま、これを観る方法はないのか。ということです。知っている方いたら、お願いします。

Aベストアンサー

もしかしたら、これでしょうか。
「アレキサンダー大王」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1508

リチャード・バートン主演のアメリカ映画のようです。

Qおすすめの洋画、洋楽、海外ドラマは?

おすすめの洋画、洋楽、海外ドラマは?

Aベストアンサー

私がおすすめする洋楽はone directionです(^^)
私自身も知り合いにおすすめしてもらい聞き始めたのですが、とにかくいい曲がたくさんあります!!
パッピーな気分のとき、悲しい気分のとき、ぼんやりしている気分のときなど…どんな気分のときでもマッチする曲です♪♪

Q悪者が、鮫や鰐など、動物の餌になるシーンのある映画を知る限り教えて下さい。

悪者が、鮫や鰐など、動物の餌になるシーンのある映画を知る限り教えて下さい。

Aベストアンサー

No.1さんのご回答、「ん?」と思った後に「あ!!そうそう!!!」と思い出しました。
確かにそうですね。

「007 スカイフォール」…その場面は直接映ってはいませんが。
「ハムナプトラ」

あー「ハンニバル」に匹敵する作品は思い出せません。

Qおすすめの洋画!(ミニミニ大作戦みたいなやつw

自分は、ミニミニ大作戦など盗む?泥棒系とかTaxi NYなどがスキです!
何かおすすめの洋画ございませんか?
また、大学を舞台とした洋画など知りませんか?(例・ドラムライン等・・・)
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

車&泥棒系なら「60セカンズ」でしょうか。
兄弟の命を救うために高級車ばかり24時間以内に50台盗む話です。N・ケイジ&A・ジョリー出演

カーチェイスがお好きなら、断然「ワイルドスピード」です。路上レースのお話。パート2もありますし。

確か大学じゃなくて高校だったと思いますけど、部活学園系(?)で言えば「チアーズ」は観ましたか?チアリーディングで全米選手権に挑むスポコン系の映画です。これも続編があります。(続編は未見ですが)

今思いついたのはこれだけです。
また、思い出したらやってきます。

Q演出がかっこいい映画を教えてください!

演出が個性的でかっこいい映画をさがしています。自分の好きな演出は

「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ 」
「スナッチ」
「パルプ・フィクション」
「レザボア・ドッグス」
「トレインスポッティング」
「処刑人」
「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」
「ファイトクラブ」

邦画、テレビドラマでは

「スワロウテイル」
「リリイ・シュシュのすべて 」
「GO」
「池袋ウエストゲートパーク」
「木更津キャッツアイ」

みたいな感じです。最初の4つはサントラも大好きです!!!
思い当たる映画がある方はぜひ教えてください。お願いします。
「下妻物語」「TAXi」「オーシャンズ11」「時計じかけのオレンジ」は鑑賞済みです。
ちなみに古い映画、よく分からない映画、アクションばっかりの映画は苦手です(>o<)

Aベストアンサー

こんばんは。はじめまして。
有名どころで申し訳ありませんが、
「コンスタンティン」
「クロウ/飛翔伝説」
「インファイナル・アフェア」
など、いかがでしょうか?(URLも貼り付けず、スミマセン。。。)
「スワロウテイル」私も大好きです。上記3作品とも、ドラマっぽく気軽に観れる映画だと思いますので、お時間のある時にでも1度おためし下さい。

Qおすすめの名作洋画

以前「サタスマ」で、
~90年代前半位までの名作映画特集をやっていました。
洋画は金曜ロードショーで観る程度なので、「永遠に美しく」「ホームアローン」「バックトゥザフューチャー」等
コメディー系のものはよく観るのですが、その特集を見たら、もっと洋画を見たいと思いました。

とりあえず覚えていた「フットルース」「クレイマークレイマー」は観ました。面白かったです。

みなさんのおすすめの洋画を教えてください。
ジャンルは問いません。

Aベストアンサー

こんにちは。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を映画館へ観に行った世代です。

「恋人たちの予感」1989年
ラブコメです。
この映画でメグ・ライアンのファンになった人が多いです。
私もその1人。^^

「スプラッシュ」1984年
トム・ハンクスとダリル・ハンナのラブ・ファンタジー。
ダリル・ハンナの人魚姿が美しい。

「黄昏」1981年
今は亡きヘンリー・フォンダと娘ジェーン・フォンダが共演した
家族の関係などを見つめなおす親子を描いた人間ドラマ。

「赤ちゃんはトップレディがお好き」1987年
ダイアン・キートンがキャリアウーマンを演じたコメディ。

「ハンナとその姉妹」1986年
ニューヨークで暮らす三姉妹を描いた人間ドラマ。

こんなんで参考になれば、幸いです。

Q演出力、構成力が高い面白い映画教えてください!(邦画も教えて頂きたいです)

演出力、構成力などが高いと思う
(画面にメリハリがあって迫力がある)
完成度(レベル)の高い面白い映画を教えて頂きたいです!

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『12人の怒れる男たち』
陪審員を描いた密室劇の傑作で、全く古さを感じません。むしろ手に汗握る感覚や引き込まれる作りは何回観ても大満足です。
これをヒント(設定のみ)にした邦画で三谷幸喜監督の『12人の優しい日本人』も素晴らしいデキです。

『テルマ&ルイーズ』
社会からドロップアウトした女二人組がやがて強盗になるストーリーですが、語り口が巧く、主演のジーナ・デイビスとスーザン・サランドンが素晴らしい演技をしています。

『スティング』
名作には必ずランクインするのでご存じかもしれませんが、語り口が見事です。

『暴力脱獄』
ポール・ニューマンの反骨精神ある魅力が巧く描かれた傑作で、最近の映画では見られない男らしさも味わえます。

『パルプ・フィクション』
『KILL BILL』シリーズ
バイオレンス系なので好き嫌いはありますが洒落た会話、斬新なストーリー、独特の映像表現で映画に与えた影響は大きいです。

繰り返し観ても色褪せない魅力もありますのでオススメします!

Q映画でおすすめの洋画

洋画の映画でおすすめを教えてください。

サスペンス系かアクション系が嬉しいです。

Aベストアンサー

アクション系ですと、「ザ・ロック」、「ブロークンアロー」、「ボーン」シリーズ、「沈黙の戦艦」「沈黙の要塞」「暴走特急」、「エネミーライン」、「スピード」、「ヒート」、サム・ライミ監督の「スパイダーマン」、「パッセンジャー57」あんまり多くてもあれなんでこのへんで。

サスペンスの定義はあやふやですが、「セブン」、「LAコンフィデンシャル」、「CUBE」、「エクザム」、「逃亡者」は面白かったと思います。

Qなんか違うなぁ…アングロサクソンの映画

今まで、いろいろと洋画を観てきましたが、どうもいわゆる英語圏の映画(アングロサクソン文化圏)に対して、あまりいい感情がもてないでいます。
国民性なのか、非常に根が生真面目で、ビジネスライクな枠組みからはなれられないというか、映画のつくりとか展開とか、あるいは伏線結末などが、かなり通り一遍等と言うか、意外性とか驚愕するような展開があまりない。シーンの捉え方も、どうも杓子定規で定型的、な様な感じがするんですよ!
それは、結構万人受けするっていう面もあるんですけどね。ただ、映画を観慣れてくると、どうも違うんじゃないか?という思いがわきあがってきます。例えば、ヨーロッパ圏ですね、特にラテン圏(フランスイタリアあたり)の作り展開は、かなりアングロサクソンのそれと違って、「芸術至上」という思想がある気がする。ビジネスじゃない、万人受けじゃない、大事なのは、自分の感性に正直に、いかに独創的に主張するか!ということに重きを置いている気がする。それは実際、強いメッセージ性、強烈な印象を残す要素が多いのです。

もちろん、各人の捕らえ方でありますが、私はそういう意味で、巷にあふれているアングロサクソンの映画にはあまり感心できない。

そういう考えは偏ってますかね?あるいは感覚的にどうか?

今まで、いろいろと洋画を観てきましたが、どうもいわゆる英語圏の映画(アングロサクソン文化圏)に対して、あまりいい感情がもてないでいます。
国民性なのか、非常に根が生真面目で、ビジネスライクな枠組みからはなれられないというか、映画のつくりとか展開とか、あるいは伏線結末などが、かなり通り一遍等と言うか、意外性とか驚愕するような展開があまりない。シーンの捉え方も、どうも杓子定規で定型的、な様な感じがするんですよ!
それは、結構万人受けするっていう面もあるんですけどね。ただ、映画...続きを読む

Aベストアンサー

たぶん、あなたは、もっと現実に近い映画を望んでいるのではないではないでしょうか。

ハリウッド映画などは、わかりやすく都合のよい展開が多すぎるのでしょう。

主人公が穴に落ちたら、いずれかならず這い上がるのがハリウッド映画だとしたら、

ずっと穴に落ちたまま一生を終えてゆく過程がフランス映画だと思います。

現実には、穴に落ちても、そんなに都合よく這い上がれません。
病気になったら一生薬を飲み続けたり、手術して合併症なんてザラです。

ハリウッド系の映画は、カタルシスや興奮(アドレナリンの分泌?)を、
フランス系の映画は、現実的なメッセージや落ち着きをもたらしてくれると思います。

現実から目をそらさせて、努力と正義の成功物語の幻想を、子供の頭に埋め込むようなメディアは、やはりあまりいい影響とはいえないと思います。
けれど、現代人はその虜になってしまっています。

それが映画だとわかっていても、確実に文化に影響しています。
わたしは北米在住ですが、こちらでは日本よりも上昇志向が強く、
努力すれば報われる、忙しい人、お金持ちの人の方が人生充実している、など、単純に思われがちです。

人生の本当の意味を立ち止まって考える人は、どれだけいるのだろうか・・と思います。

常に、何かに追い立てられるように生きている感じの人が多いです。
限界状況で走っているマラソンランナーが、
一度立ち止まってしまうと、もう走れないように、
彼らも立ち止まるという考えを振り切って走っているのだろうな・・と思います。
そういう人は、人生のそういう段階にあるのだ、と考えて、
一歩引いて、あたたかく見守っていきたいと思います。

映画の内容も、日本人にとってはまだ「遠い国の話」でも、
こちらの人たちにとっては「より身近な話」という感覚があります。

行き着くところまで行き着いたら、自分たちで気づくはずですから、
自分に出来ることは、これがよいと思った生き方の、手本となれるように自分の生き方を整えるのみです。

たぶん、あなたは、もっと現実に近い映画を望んでいるのではないではないでしょうか。

ハリウッド映画などは、わかりやすく都合のよい展開が多すぎるのでしょう。

主人公が穴に落ちたら、いずれかならず這い上がるのがハリウッド映画だとしたら、

ずっと穴に落ちたまま一生を終えてゆく過程がフランス映画だと思います。

現実には、穴に落ちても、そんなに都合よく這い上がれません。
病気になったら一生薬を飲み続けたり、手術して合併症なんてザラです。

ハリウッド系の映画は、カタルシスや興...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報