こんばんわ~。
実は先週やった実験のことで皆さんに教えていただきたいことがあります。
全然わからなくって困っています(ToT)
それはこのようなせつもんです。

1)まずある抵抗器の抵抗を電子電圧計で測りました。・・・(1)
  次に電源電圧と抵抗の直流回路を配線し、電源電圧を
  0から徐々に上昇し電圧と電流の関係を測定し、その結果から
  抵抗値をもとめました。・・・(2)
  
  Q1、(1),(2)で求められた抵抗は一致したか?異なる場合にそれぞれ
     考えられる理由は何か?
   
2)今回の実験で直流、交流の電流、電圧計を使ったのですが、
  これらにはそれぞれ固有の誤差が存在します。
  
  Q2、この計器の持つ誤差と計器を回路に挿入したために生ずる
     測定誤差の関連について考え、どのような条件の下で電圧計の
     内部抵抗を∞、電流計のそれを0とみなせるかについて述べてください

えっとこの2問なんですけど、全然意味わかりません・・・
どなたかわかる方いませんか?教えていただけるとうれしいです!
どっちか片方でもいいのでお願いします!
できたら今日の深夜2時くらいまでにお願いしたいのですが・・・
明日提出なもので・・・すいません・・・
おねがいします!失礼しました~。 
    

このQ&Aに関連する最新のQ&A

考察」に関するQ&A: 移民についての考察

A 回答 (2件)

Q1,2共に、ヒントは「内部抵抗」ですね。



内部抵抗を持つ測定器で電圧や電流を測定する場合、回路に流れる電流やそこでロスされる電圧を考えればそれが答えになります。
    • good
    • 3

電圧計の等価回路と電流計の等価回路を書き、測定したときと同様に、又は、及び別の接続の仕方で測定の回路を書いて、その図を見て考察検討しては、どうでしょうか。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q直流電流計と電圧計とテスターの実験について

 今日学校で出された課題なんですが、わからないことが多くて頭が混乱しております。
 問題文を提示しますので、わかる方がいらっしゃったら知恵を分けてください。

(1)電流計、電圧計の切り替えレンジは1、3の系列となっている。例えば電流計では10[mA]レンジの下のレンジは半分の5[mA]ではなく中途半端な3[mA]になっている。この理由を述べよ。

(2)テスターの目盛は電圧と電流の場合一番左側が0指示となっているのに対して、抵抗の場合逆で一番左側が無限大(∞)で一番右側(最大の振れ)が0指示となっている。この理由を考察せよ。

(3)テスターの実験で、テスターの内部抵抗は指針がテスターの目盛りの中央にきたときの可変抵抗器の読みで表される。この理由を式を用いて証明せよ。

(4)テスターの内部抵抗は、測定しなくとも実はテスターの目盛り板を見れば一目でわかる。その訳を説明せよ。


 以上の問題なのですが、お願いします。

Aベストアンサー

これは良い問題です。
答えるのは簡単ですが,教えてしまうことは貴方のためになりません。

一晩寝ないで考えましょう。
わかったときはいろいろなことはわかりますよ。

ひとつだけヒント:
日本のお金は1 5 10 50 100・・・と,5倍と2倍の組み合わせですが,これって,10円一枚と5円2枚とで同じ価値ですが,50円一枚は10円5枚と同じ価値。枚数のバランス悪いですよね。

Q可動コイル形電流計電圧計の内部抵抗の測定について

内部抵抗の測定を行うときに被測定用の電圧計電流計M2にフルスケールの1/2の電流を流して、その時のM1の電圧を測るですが、なぜ1/2の値まで電流を流すのでしょうか?さっぱりわかりません…

-----------------
|     |      |
|     |       RL
↑E   M1     |
|     |       |
|     |      M2
|     |       |
-----------------
M1…測定用電圧計
M2…被測定用電圧計or電流計
RL…外部抵抗
E…電源

Aベストアンサー

ヒステリシス特性の直線部分を使うために、1/2の部分が適切だからでしょう。
また、この部分の誤差を最小にするのが目的でもあります。

ヒステリシス特性がどの範囲でも直線ならば流す電流は特に指定する必要は無いと考えます。

なお、M2は電流計であって、電圧計ではないです。(磁力線の強さは電流に比例します)

Qある抵抗を電流計、電圧計で測るときの誤差

回路Aは、電流計Aと抵抗Rの直列に対し、電圧計Vを並列に接続している回路。
回路Bは、電圧計Vと抵抗Rの並列に対し、電流計Aを直列に接続している回路。

どちらが抵抗値を誤差が小さく測定できるのかわかりません
電流計の内部抵抗をRa、電圧計の内部抵抗をRvとすると
回路AはR=E/I-Raで求められることと
回路BはR=E/(I-E/Rv)で求められることと
ぐらいしかわかりません

この場合は補正してるし内部抵抗でそれぞれの回路の
測定値に差が出ることはないんですか?

そもそも差があるのかも含めて
あるならなぜ差がでるのか教えてください

Aベストアンサー

測定対象に、計測器を直接つなぐのが原則なので、普通は前者のやり方はしません。何らかの明確な理由があって、前者を取る必然性があれば別ですが。
抵抗の大きさにもよりますが、普通は電圧計に流れる電流は、抵抗に流れる電流より十分小さく、無視できるからです。しかし、抵抗が数Mオーム以上だったりして、電圧計の内部抵抗が無視できないレベルなら、違う測定法が必要かもしれません。
なぜ差がでるのか。。。。。オームの法則で説明できることです。

Q電圧計の内部抵抗Rvを∞電圧計の内部抵抗RAを0とみなせるのはどのような条件

電気系の問題に
「現実に、電圧計の内部抵抗Rvを∞、電流計の内部抵抗RAを0とみなせるのはどのような条件を満たす場合かを述べよ。」

とあるのですがいまいちよくわかりません。
是非とも教えてください。

Aベストアンサー

電圧計の場合ですが被測定側のインピーダンスが電圧計の内部抵抗に比べて極めて小さい場合、具体的には家庭用電源にその電圧計をつないだ場合などがそれですね。電源の能力に対して電圧計に流れる電流が無視出来るほど小さいので電圧計をつないでもつながなくても電圧そのものはほとんど変化しないという事です。

電流計の場合は被測定側のインピーダンスが電流計の内部抵抗に比べて十分大きい場合、具体的には100ボルトの電源に10キロオームの抵抗をつなぐと10ミリアンペア流れますがこれに例えば内部抵抗0.01オームの電流計をつないだ場合も流れる電流にはほとんど差は無いわけです。

実際に数字を入れて計算すれば分かりますよ。

Qさっき質問したように抵抗を通っても電流の値が変わらないのなら電流計の内部抵抗を小さくする必要はないの

さっき質問したように抵抗を通っても電流の値が変わらないのなら電流計の内部抵抗を小さくする必要はないのでは?

Aベストアンサー

その疑問を、自分で解決できるようになると、あなたは一段階進歩します。
あなたの質問って、基礎の基礎の所を「ちゃんと読んでない」ことに起因することが多すぎます。
疑問を持ったら、まず基礎の所を読み直しましょう。
E=RIは基本中の基本です。
これがちゃんと身についてないのです。
勉強をやり直してください。
また、E=RI周辺の勉強をするのに、電荷の速さ、なんて概念は、どこにも出てこないはずです。
日本語、単語の意味を正確に読み取ってください。
ここがいい加減だと、あなたのように、先々躓くので、勉強をやり直すことになり、学習効率が上がりません。
国語力は大事です。あなたのレベルで疎かにするようなことの無いように気をつけてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報