「ロジェ・デュプラ」、通称”山の父”と言う登山家が書いた詩で、
「もしかある日」と言う題名のものがあったと思います。
”もしかある日、おれが、山で死んだら・・・・”
で始まる詩、この詩の全文が載っている詩集、または本、ご存知の方、書籍を紹介して頂けませんか?
探し方が悪いのか、見つかりません。
登山家の方でご存知の方、手がかりでも教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。

登山家というほどではありませんが,元ワンダーフォーゲル部ということで,一応「経験者」とさせていただきました。

全文の詩,および譜面が載っている書籍として,土橋茂子「山の歌集」(山と渓谷社,1992年,922円)を紹介しておきます。
ロジェ・デュプラは,1951年,ヒマラヤのナンダデビー主峰(7816m)から東峰に縦走する途中,消息を絶ち,この詩が遺作となった…とあります(要約)。
西前四郎さんの曲が付いていて,聞いているとなんだかしんみりとしてきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事、ご回答、有難うございます。
曲が作られていると言うことは、全く知りませんでした。
以前、この詩が書かれていた紙片を見つけたんですが、無くしてしまってました。
私の好きな詩で、このような詩を書いたデュプラの精神にひかれます。
貴重な情報、何よりです。有難うございます。

お礼日時:2001/10/15 18:19

山好きな中年です。



歌は「もしかある日・・・」ではなく「いつか或る日、山で死んだら・・・」です。

歌の題名も「いつか或る日」です。
フランスの登山家、ロジェ・デュブラの遺作となって誌で、深田久弥の訳詞です。

私の知っているのはこの程度、
少しでも参考になればと回答しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yan2014さん、私の質問へのご回答、有難うございます。
正しくは、「いつかある日・・・」だったんですね。私の勘違いでした。
だから、見つからなかったのですね。
日本の「山の父」(?)深田久弥さんも翻訳なさってたなんて感激です!
若輩者で、まだまだ山は経験不足ですが、何かのせつは、宜しくお願いします。

お礼日時:2001/10/14 21:01

albrac さん、こんにちは~☆



登山家ではないので、自信はございませんが。。。
少しでもご参考になればと思い、投稿させていただきました。

下記URLの (4) ロジェ・デュプラ 「いつかある日」を参照願います。

http://www3.justnet.ne.jp/~yaegashitoru/yamanitu …

ここに出てくる作品を調べたところ、下記の内容です。

「山の鎮魂歌 無垢の愛と魂 」
著者:安川茂雄/編著 出版社:二見書房
発行日:1976年 価格:825円

「氷壁」 著者:井上靖/著
出版社:新潮社と埼玉福祉会がありました。

少しでもご参考になれば、幸いです。


ではでは☆~☆~☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

papillonさん、こんばんわ。
私も、この詩がすきで山に登ったようなもの、です。
すごいですね。
かなりマニアックなホームページご存知ですね。
(ネットがこんなに発達してない時)以前は、熱心に探していたのですが、なかなか見つからず、あきらめていました。
最近、何を思ったか急に読みたくなって質問しました。
貴重な情報、有難うございます。

お礼日時:2001/10/14 20:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qめざましテレビの「ありがとうの詩」

27日放送のめざましテレビでDef Techの新しいテーマソングが発表されていましたが、タイトルを忘れてしまいました。
覚えている方、いらっしゃいましたら教えて下さい。

発売の予定なども分かりましたら合わせてお願いします。

Aベストアンサー

ビデオで確認しました。
「Irie got ~ありがとうの詩~」です。
ちなみに読み方は「アイリガット」です。
「アイリ」というのは、ジャマイカの地元の言語パプア語で、
「ありがとう、おはよう、楽しい」という意味です。
日本語の「ありがとう」とパプア語の「アイリ」の意味が同じなんて、
素晴らしい偶然ですね。

ちなみに、多分まだ発売は未定だと思います。
目覚ましTVで何も言ってなかったので。

Q詩集を作りたい。

売るためのものではなく、私がHPで出しているエッセイを
本にしてプレゼントしてほしいといわれました。なので作るのは
1冊なんですが、自分で作るのにあたって何かいい方法はありませんでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

手作りアルバムなんていう便利なものがありますよ。
よく結婚式や初孫の写真を入れたりしてプレゼントに使うのですが、詩のほかにイメージにあった写真やイラストも入れて、綴じる道具も一通りはセットになっています。

参考URL:http://www.kanransya.com/

Q笑える詩、ありますか?

笑える詩、ありますか?
面白い詩を探しています。
明日の学校の授業で詩を朗読することになったのですが、
私は今まであまり詩に対して興味がなかったので
どのような詩があるかよく分からないでいます。

どなたか面白い詩を知りませんか?
できれば皆が笑えるような詩がいいです。

ググレカスなどと言わずに笑える詩を教えてもらえると幸いです。

Aベストアンサー

工藤直子さんの『のはらうた』、いかがでしょう? シリーズになって何冊か出ています。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%82%89%E3%81%86%E3%81%9FI-1-%E5%B7%A5%E8%97%A4-%E7%9B%B4%E5%AD%90/dp/492468421X

学校図書館や、お近くの公共図書館でもたいてい見つかるかと思います。

Q元気が出る詩集を探してます

タイトル通りなのですが、精神的に不安定な時、なんだか切ない時、
悩みがある時などなど、そういった落ち込んでいる時に読む事で元気を分けてもらえる詩集を探してます。
小説ではありません。
写真やイラストが入っている物でも構いません。むしろ写真などは歓迎です。

知り合いへプレゼントとして送りたいのですが、詩集というとどうも恋愛関係の物が多い気がしまして。。。

贈り物として詩集を思いついたまでは良かったのですが、なにぶん私はそういった物に疎いもので、みなさんのお勧めを教えて頂きたく質問させて頂きました。

私が唯一解るのが、銀色夏生です。私が所有していた本ではないので現在は見る事が出来ないのですが、読んだ際、とても心に響いたのを覚えています。
ですが、確か内容が恋愛だったような。。

何かお勧めがありましたら、ご教授下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

厳密には詩集・・・ではないですが私が個人的に気に入ってるものをご紹介させていただきます。

一つは岡本太郎さんの「強く生きる言葉」です。
友人が誕生日にプレゼントしてくれたものなのですが、岡本太郎さんの名言集、といいますか、
なんか「がんばらなきゃな」という気にさせられる言葉がたくさん詰まっていて元気がでますよ。

もう一つはおーなり由子さんの「天使のみつけかた」です。
こちらは力をもらう、というよりは癒される、といった感じです。
世の中には天使がそこらへんにたくさんいるそうです(笑)
すごく優しい気持ちになれて、読み応えもありおすすめです。

よろしかったら参考にしてみてください。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31121451,http://www.shinchosha.co.jp/book/127821/

Q詩が嫌いな人に質問です

詩を好きな人ではなくて、嫌いな人にお聞きします。

1.どのくらい詩が嫌いですか?
(回答例:詩見るなら~した方がマシ)
2.詩の何が嫌いですか?
3.2の問題が解決したら詩を好きになることはありますか?
4.趣味で詩を書いていると言われたら引きますか?

僕は詩を趣味で書いてるので1には答えられませんが、
2.長い詩や冗長的な詩は一行で見るのを断念します。
その一行が物凄いインパクトがあれば見ますが。
3.これ以外の詩なら、まぁ・・・。
4.詩を見せてもらってからですかね。自分も書くので。

あと全く関係無いんですが、たけのこの里ときのこの山どっちが好きですか?
今日久しぶりに買いまして、ちょっと聞いてみたいなと思いました。
僕は前者のたけのこの里です。

今時間に余裕がある方で詩が大嫌いな方、よろしくお願いします。
ポイントは1から3までを重視しようと想います。

Aベストアンサー

女の学生です。私は文章を読むのが大嫌いです。
小学生の時から国語が大嫌いで真剣にやっても
間違ってたりしてイライラします。
小学生の時の国語の本に書かれてある物語以外の、
小説本を、最後まで読んだことがありません。

1.詩は小説と同じ分類と考えてしまいます。
短いものもありますが、読みながら考えないといけないのが
苦手です。でも考え方を書いている随筆とかは好きです。
しゃべっている感覚なので、長くても読んでしまいます。
詩見るなら嫌いな食べ物食べた方がマシです。
2.随筆のようにストレートに伝わらないからです。
長文は絶対読みません。
3.もちろん好きになれると思います。でも内容によるのですが、
つらい思いをただつづっている詩は嫌いです。
前向きな詩だったら好きになれると思います。
4.引きはしません。私が嫌いな分、尊敬というかすごいと思います。

たけのこの里ときのこの山だったら、絶対たけのこの里ですね!
高いので買いませんが、安かったら毎日食べたいです。

Q詩集を発行しているワニプロダクションの連絡先は?

詩集を発行しているワニプロダクションの連絡先は?
甲田四郎さんの詩集を探しているのですが・・・

Aベストアンサー

#1です。直球ですが_
下記に甲田さんのアドレスがあるみたいです。使えるかどうか判りませんが・・

参考URL:http://www.interq.or.jp/sun/raintree/rain15/poeket.html#kouda

Q良い詩とはなんでしょうか?

黒田三郎と宮沢賢治の詩ばかり読んでいる者です(範囲狭っ…

ストレート過ぎるのですが、一般的に「良い詩」とはなんなのでしょうか?
どういった詩を人は「良い詩」と思うのでしょうか?

また、私は詩の書かれているブログやホームページを廻ったりするのですが、その時にランキングとかを見ると、上位にいる人は「幸せ」「希望」「愛」などの明るい、プラス的な詩が多いなぁ~と思いました。
暗めの詩が好きな自分としては、あまりいい詩とは思わないことがあるですが、一般的に暗い詩というのはあまり評価されないのでしょうか?

回答お願い致します。

Aベストアンサー

これまでいろんな詩を愛読してきた中年男です。

>ストレート過ぎるのですが、一般的に「良い詩」とはなんなのでしょうか?
>どういった詩を人は「良い詩」と思うのでしょうか?

まず、「良い詩」の「良い」の基準をはっきりと定めないことには、簡単に回答しづらいのではないでしょうか。
さらに、「良い」の基準を定めたにせよ、その基準の拠り所なり、根拠なりを曖昧にしたままでは、その基準も結局は恣意的でしかないということになりかねませんよね。

で、私としては、ある詩が「良い詩」かどうかは、それは小説でも、戯曲でも、絵画でも同じだと思いますが、結局、その詩がどれほど写実的であるかで決めるしかないと思います。
その点、よそ行きの韻文の衣装を着せられたり、きらびやかな比喩をちりばめられたりした詩が、はたして本当に「良い詩」なのかと問われれば、私としては、それは「良い詩」どころか、「悪い詩」にも及ばない、単なる虚飾に装われた擬似詩、つまりウソとしか呼びようがないところです。

思うに、詩に限らず、あらゆる芸術の価値、その存在理由はとなると、つまり「良い芸術」であるための基本条件とは、とにかく写実的であること、つまり世界なり、現実なり、人間なりの真相、正体をできるだけあるがままに捉えていること以外にはありえないと思います。
だって、写実的でない芸術が人間の心を根本から揺さぶり、感動させることができるとは、とても信じられませんからね。

>暗めの詩が好きな自分としては、あまりいい詩とは思わないことがあるですが、一般的に暗い詩というのはあまり評価されないのでしょうか?

いや、題材、テーマの「明・暗」とその詩の「良い・悪い」とは全く無関係だと思います。
たとえば、賢治の有名な「春と修羅」だって、題材レベルでは決して明るくはないですが、本当に「良い詩」だと思います。

ということで、「良い詩」というのは、詩人が《言葉》の有する能力を最大限発揮して、世界や人間の真相、正体をできるだけ正確に捉えようともがき苦しんだ末に詠み出されたものだと思います。

これまでいろんな詩を愛読してきた中年男です。

>ストレート過ぎるのですが、一般的に「良い詩」とはなんなのでしょうか?
>どういった詩を人は「良い詩」と思うのでしょうか?

まず、「良い詩」の「良い」の基準をはっきりと定めないことには、簡単に回答しづらいのではないでしょうか。
さらに、「良い」の基準を定めたにせよ、その基準の拠り所なり、根拠なりを曖昧にしたままでは、その基準も結局は恣意的でしかないということになりかねませんよね。

で、私としては、ある詩が「良い詩」かどう...続きを読む

Q自然の詩やエッセーのアンソロジー

自然を歌った詩やエッセーのアンソロジーを探しています。いいものをご存知でしたら紹介してください。

Aベストアンサー

こんばんは
詩のアンソロジーは、中学生くらいまでなら、
『詩のおくりもの5 自然の詩』舟崎克彦編(筑摩書房)
があります。あんまりたくさんは載っていません。解説が以下で見られます。
http://www4.justnet.ne.jp/~tohno/htm/book00-04.html#sizennnosi

私が持っているのは、昔のコバルト文庫で、
『山と高原と湖の詩集』『花の詩集』 新川和江 編 集英社
があります。
どちらも、訳詩、日本の文語時代の詩から現代詩まではば広く扱っていておすすめですが、本の性格上、手にいれるのが難しいと思います。

エッセイは、作品社より、『日本の名随筆』というシリーズが出ています。
これは、「花」とか「海峡」とかいったテーマで、作家さんが編集していろいろの人の作品を集めています。お好きな自然の言葉で選んでください。
大きな本屋さんなら並んでいますが、図書館にもあると思います。
詳細は参考URLをごらんください。 

 

参考URL:http://www4.justnet.ne.jp/~tohno/htm/book00-04.html#sizennnosi

こんばんは
詩のアンソロジーは、中学生くらいまでなら、
『詩のおくりもの5 自然の詩』舟崎克彦編(筑摩書房)
があります。あんまりたくさんは載っていません。解説が以下で見られます。
http://www4.justnet.ne.jp/~tohno/htm/book00-04.html#sizennnosi

私が持っているのは、昔のコバルト文庫で、
『山と高原と湖の詩集』『花の詩集』 新川和江 編 集英社
があります。
どちらも、訳詩、日本の文語時代の詩から現代詩まではば広く扱っていておすすめですが、本の性格上、手にいれるのが難しい...続きを読む

Q中学 国語の詩

中学の国語で習う詩には、口語詩、定型詩、叙情詩、散文詩、口語自由詩・・・のように、種類や名前がたくさんあったと思うのですが、それを全て知っている方、教えていただけませんか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www13.plala.or.jp/hosonag/shi%20shurui%20giho.htm
というページで中学受験(ということは小学生か)で覚えるべき詩のタイプが書いてある。
もしくはここか。
http://study-japanese.hp.infoseek.co.jp/hp/verse/verse-2.htm
入試目的ならこれでいいのかも。

Q冬山登山の本でお薦めを教えて下さい

こんにちは。
最近冬山登山に興味を持ちました。
ですがいきなり挑戦は無謀なので、まずは本を読んでみたいと思います。
色々読んでみたいので、冬山登山について書かれているものならば
小説や実用書などジャンルを問わずお薦めを教えていただけると嬉しいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず、小説で
谷甲州の山岳モノ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041701023/qid=1134589883/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/250-5508556-9118600
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087488764/qid=1134589924/sr=1-11/ref=sr_1_2_11/250-5508556-9118600
著者もクライマーで、ネパールに滞在。
酸素が薄い酷寒の世界を書かせると上手いです。SF作家でもあるのですが、そちらでも宇宙の寒さが伝わってきます。

沢木耕太郎の「凍」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410327512X/qid=1134590216/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-5508556-9118600
クライマー夫妻のノンフィクションなのですが、実は著者で買って、未読です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報