中国系の小説が大好きですが、最近「これ!」という小説が見つけられません。皆さんの「これ、お勧め!」「一度読んでみたら?」という本がありましたら教えて下さい。
外出中でも気軽に読みたいので文庫本が希望です。
ちなみに今まで読んだ本は下記のとおりですので、下記以外でお願いします。
●十二国記<小野不由美>
●三国志<北方謙三>
●曹操<陳舜臣>
●夏姫春秋<宮城谷昌光>
●黒竜潭異聞<田中芳樹>
●彩雲国物語<雪乃紗衣>
 以上、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

こんばんわ!


正統派のガチガチ中国小説をご希望なら的外れですが、一応参考URLNo2の下の方で私が書いております「封仙娘々追宝録」をオススメしておきます。リンク先をご参照下さい。
結構頭を使う展開が多いので、「策略」とかそれなりに本格な中国っぽいのでは?と思いますが・・・。「文庫」という条件はキッチリ満たしております。
まだ以下続刊の予定ですが、諸事情によりもう続刊が無くなって随分経つので、新刊屋では手に入らないかもしれませんので、お探しの時は、古本屋も範疇に入れてお探しください。

お好みの作品が見つかるようにお祈りしてます!

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1498468
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。そしてURL、ありがとうございます。とても興味をもちました。(他のお勧め本も気になりました(笑)。早速書店&古本屋さんを探してみようと思います。

お礼日時:2005/07/16 22:59

作家本位でしたら


陳 舜臣  歴史的考証がしっかりしています。
宮城谷 晶光  歴史の調査が行き届いています。

がお勧めの作家です。 当たりはずれがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。陳 舜臣さんの本は読んでみて「文章がしっかりしていてよく調べているな」(時折論文を読んでいる様な錯覚を覚えた事があります(笑)と感じました。お二人の小説は上記の1点づつしかまだ見てませんが、他にもまだまだありそうですの探してみます。ありがとうござます。短い期間にこれだけのお勧めが得られてうれしいです。皆さん、ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/17 11:22

小学館文庫の「纏足」(てんそく)はいかがですか。

作者は中国の方でした。(名前がおぼえられなくって・・・)
言わずと知れた、女性の足の話しですが、近代の纏足廃止までの内容です。

あと、いくつかの本が出ていますが「封神演義」もおもしろかったです。
これってゲームの題材になっていたり、「紫微斗」という占いの基礎?にもなっているようです。
色々な武将や神、仙人がでてきてそれぞれに特徴があるのでおもしろいですよ。
紂王と姐己(だっき・狐の精)といえばご存じの方もあるかもしれません。
たしか釣りの「太公望」もこの物語の主役?の別名からきたのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「纏足」(てんそく)。詳しくは知らないので何だか興味あります。読みたいです(笑)「封神演義」有名ですね。そういえば「水滸伝」とかも読んでないな…。皆さんに色々教えてもらってすごく助かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/07/17 11:11

陳舜臣「小説十八史略」


講談社文庫全六巻
神話時代から元王朝に至るまでの、中国王朝の遷移を描いた小説です。
足掛け2000年以上に亘る歴史を(たったの)6巻で追っているので、ものすごく駆け足ですが、中国の各王朝がどのように興り、栄え、そして滅んでいったか、気軽にお勉強ができます。
あわせて(小説ではありませんが)同じ陳舜臣著の「中国の歴史」(講談社文庫全7巻)も読めば、中国王朝のことについては大体のことがつかめます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「小説十八史略」、完結してるんですね。どんな話があるのか気になります。早速チェックしてみます。ありがとうございます。

お礼日時:2005/07/17 11:06

「蒼穹の昴」   浅田 次郎 著



母が図書館から借りてきていたこの本を横取りして読んだのですが、面白かった・・・・。仕事で疲れて帰ってきてるのに寝るのを惜しんで読みました。

史実にもとづいた上での浅田さんのフィクションですが、近代中国の歴史に対する私のイメージが少し変わったように思いました。
(特に西太后に対するイメージが・・・・。)
でも、これを読んだ後、興味をもって浅田次郎の他の本を読んだら物足りなかったんですよね・・・・。(^_^;)
最近やっと文庫本化されましたね。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062074 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

URL、ありがとうございます。これっ、これ何か見たことあります!(読んではいませんが←オイッ)URLのレビューも参考になりました。早速探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/17 00:12

香港の作家「金庸」の作品がお勧めです。

武侠小説という小説分野で超売れっ子作家です。

香港と中国ではロング・セラーで、中国中央テレビや香港映画で何度も採用されています。日本では徳間書店から一連のシリーズの翻訳が出ていますし、DVD化もされてます。

金庸については、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%BA%B8

金庸の作品は、
http://www.sun-inet.or.jp/~satoshin/dokusho/book …

金庸の作品で翻訳されているものはたくさんありますが、初めて読まれるには、「射鵰英雄伝」がお勧めです。文庫本も出たようです。
http://funkin4hk.tea-nifty.com/f4hk_blog/2005/07 …

金庸と武侠小説の紹介本として以下の2冊があります。いずれも、監修 岡崎由美 徳間書店です。

(1)「きわめつき 武侠小説指南 金庸ワールドを読み解く」
(2)「武侠小説の巨人 金庸の世界」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URL、ありがとうございます。作品についてのページはとても読みやすく分かりやすいです。色々あるんですねえ。金庸小説の紹介のコメントが面白くて…。ってそこで満足してはいけません。ぜひ探してみます。ありがとうございます。

お礼日時:2005/07/17 00:02

伴野朗の作品はどうでしょうか。


『南海の風雲児・鄭成功』は明末期から清初期にかけて台湾や大陸沿岸で活動した日本人の血を引く国姓爺・鄭成功の小説です。

参考URL:http://www.mekong.ne.jp/groupforum/book/tomonoro …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URL、ありがとうございます。『南海の風雲児・鄭成功』の上にありました『長安殺人賦』も気になりました(^^)早速一緒に探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/16 23:34

パール.バック[大地] 徹夜しても知らないよ。



参考URL:http://www.dbook.co.jp/spacetown/select/m_auth/1 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

URL、ありがとうございます。ベストセラーでピューリッツァ賞。すごい。徹夜するほどその世界観に浸ってしまう、ということでしょうか。気になりますね(笑)早速探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/16 23:17

岳飛伝はいかがですか?


田中芳樹先生が邦訳版を出してたはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。あ、何だかタイトル見たことある様な気がします。早速探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2005/07/16 23:09

中国系というかモロ中国の小説ですが「駱駝祥子(らくだのシアンツ)」が面白かったです。



参考URL:http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/32/9/3203110.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLありがとうございます。らくだってこう書くのかあ(笑)メモって書店で探してみます。ありがとうございます。

お礼日時:2005/07/16 23:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【ネタバレ可】宮城谷昌光『香乱記』のあらすじ・感想を教えてください。

友人から「とっても感動した!非常に面白いからぜひお前にも読んでもらいたくて」と宮城谷昌光『香乱記』(新潮文庫)を贈られました。
人から本をもらうこと自体珍しいですし、友人がそこまで言うのならと読み始めたのですが…、残念ながら中国歴史モノは肌に合わないのか、50ページほどで読む気が完全に失せてしまいました。
友人に会うと、「どうだ?面白いだろ?」といかにも『香乱記』について語り合いたげな雰囲気を出してきます。
もらいものだけに、「つまらなくて1巻の50ページで挫折した」とはとても言えない感じです。
そこで、それなりに話を合わせられるように、この物語がどういう内容なのか、詳しく教えてください。
また、感想(どの場面でどういう気持ちになったか、など)も教えてもらえると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あらすじはこうです。

http://www1.ocn.ne.jp/~matsuo3/books/kouranki.htm

ですが、宮城谷先生を知らない人にはいきなり大作すぎたかもしれませんね。
先生の文章は中国の漢字をそのままあえて使い、語感をとても大切にしていますが、そのせいで一般人にはちょっと親しみ憎い感があります。

ですから、読むなら「侠骨記」などの短編集からをお勧めします。
この香乱記は難しくて読めなかった、と正直に話したほうが良いです。

歴史小説は、好きな人以外にはちょっと奥が深いですね。私はとっても大好きな作家ですが。

Q彩雲国物語

この間知り合いの家でちらっと見せてもらい面白いと思い購入してみようと思うのですが、何巻だったのか忘れてしまい質問させていただきました。
知り合いも仕事で暫く家へ戻れない状態のようで、確認する事も出来ません。
殺刀賊?という賊が出てきていたお話だったのですが、それは何巻なんでしょうか?

どなたか教えていただきたいです。
お願い致します。

Aベストアンサー

#1です。
>4巻から7巻まで出ているという事でしょうか?
記憶なので多少あいまいですが
茶州へ行く途中で秀麗以外が牢屋に入れられた時に瞑祥が登場します。
その後で静蘭と燕青の間で、過去に殺刀賊を潰したという話が出てきます。
瞑祥はその時の副首領候補(もう一人は静蘭)で、今は朔旬の元で賊を復活させています。
7巻で朔旬が死んだ後には出てこなかったはずですので、
殺刀賊が登場している巻は4巻から7巻までとご紹介しました。

Q脱獄物の小説が読みたい

最近、プリズンブレイクを見て脱獄物の作品に興味がわいています。
脱獄を扱った小説や手記などで、これは読んだほうがいいというものはありますでしょうか?
もしございましたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

■小説
吉村昭「破獄」
http://www.shinchosha.co.jp/book/111721/
東山彰良「逃亡作法TURD ON THE RUN」
http://tkj.jp/book?cd=01323001
■書籍
斎藤充功「脱獄王 白鳥由栄の証言」
http://www.gentosha.co.jp/search/book.php?ID=200352
三國隆三「逃げろ!-世界脱獄・脱走物語」
http://seikyusha.co.jp/books/ISBN978-4-7872-9111-0.html
佐藤清彦「脱獄者たち」
http://seikyusha.co.jp/books/ISBN978-4-7872-9110-3.html

Q昔読んだ少女小説を探しています

5~7年前ぐらいに読んだことのある小説を探しています。

【あらすじ】
シンデレラをモチーフにしたお話だったような気が。
【覚えているエピソード】
・ヒロインが葡萄に関係する商売を行っていたこと
・その商売に関することで困っていた
・相手役の王子に相談すればすぐ解決できるけどヒロインは中々その事に触れない。
・相談されない事にやきもきしている王子
・あと、王子は髪が薄いような...?
*他の話とごっちゃになっているかもしれません。
【物語の舞台となってる国・時代】
洋風でした
【本の姿(ハードカバー・ソフトカバー・文庫等)・装丁・挿絵】
文庫のようでした。あと、少女マンガのような挿絵もついてました。
【その他】
文庫で、少女マンガのようなイラストもついてたので
もしかしたらコバルト文庫等で出版されている少女小説かもしれません。

情報が曖昧ですみません。
小~中学生のころ日本に行ったときある学校の図書室にて初めて読んだ小説です。
心当たりのある方情報お願いします。

Aベストアンサー

シンデレラがモチーフ、コバルト文庫ということで検索してみました。
・「屋根裏の姫君 ガラスの靴をはいた少女」「屋根裏の姫君 裸足の花嫁」(香山暁子・集英社コバルト文庫)
・「灰髪姫と七人の醜男」(ゆうきりん・集英社コバルト文庫)
・「シンデレラ迷宮」「シンデレラミステリー」(氷室冴子・集英社コバルト文庫)
一番上のは、貿易商の娘ということですので、これかなーと思いますが、読んだことがないので、表紙を見るなどしてみてご確認ください。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B1%8B%E6%A0%B9%E8%A3%8F%E3%81%AE%E5%A7%AB%E5%90%9B%E2%80%95%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%81%AE%E9%9D%B4%E3%82%92%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%9F%E5%B0%91%E5%A5%B3-%E3%82%B3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%A6%99%E5%B1%B1-%E6%9A%81%E5%AD%90/dp/4086144727
 一番下のは、基本的にシンデレラはでてこないので違うかなと思います。

シンデレラがモチーフ、コバルト文庫ということで検索してみました。
・「屋根裏の姫君 ガラスの靴をはいた少女」「屋根裏の姫君 裸足の花嫁」(香山暁子・集英社コバルト文庫)
・「灰髪姫と七人の醜男」(ゆうきりん・集英社コバルト文庫)
・「シンデレラ迷宮」「シンデレラミステリー」(氷室冴子・集英社コバルト文庫)
一番上のは、貿易商の娘ということですので、これかなーと思いますが、読んだことがないので、表紙を見るなどしてみてご確認ください。
http://www.amazon.co.jp/%E5%B1%8B%E6%A0%B9%...続きを読む

Q小野不由美「悪霊だってヘイキ!!」

こんにちは。

最大のネタバレとは違いますが、ネタバレがあります。
 
 私は小野先生の悪霊シリーズを中学生の時読み、大きな影響を受けました。
今現在、ウッカリ心理学を勉強している位にはノメリコミました(笑)

 今、何千回目だと思いますが読み返しています。
久々に読み返していて疑問が沸きました。

ヘイキの上で、廃校になった校内に、犬(?)の骨がありましたよね?
犬(?)は何故、あのまま死ななければいけなかったのでしょうか。
作中でも、生徒達がいっきに死んだとしても、犬を放つ位はするだろうって言っています。
バスが土砂崩れ(とは違うみたいですが)に巻き込まれたのであって、学校自体が巻き込まれたわけではありませんよね?
しかし、犬の骨がありました。
生徒達の遺品である教科書なども引き取られていませんでした。

何故なのでしょうか。

もう数年読んでいなかったのですが、大学のゼミを決める段階になって、心理学を学びたいと思わせてくれたこの作品を読み返しました。
もっとジックリ読めば分かるのでしょうか。
確かに以前読んだ時はそんな疑問を抱かなかったので読みが足りないのだと思いますが、お分かりの方、教えてください。

こんにちは。

最大のネタバレとは違いますが、ネタバレがあります。
 
 私は小野先生の悪霊シリーズを中学生の時読み、大きな影響を受けました。
今現在、ウッカリ心理学を勉強している位にはノメリコミました(笑)

 今、何千回目だと思いますが読み返しています。
久々に読み返していて疑問が沸きました。

ヘイキの上で、廃校になった校内に、犬(?)の骨がありましたよね?
犬(?)は何故、あのまま死ななければいけなかったのでしょうか。
作中でも、生徒達がいっきに死んだとしても、犬を放つ...続きを読む

Aベストアンサー

2sayanaさん、はじめまして。
読んだのがかなり昔なのであまり細部まで思い出せないんですが、途中から仲間が子供にすりかえられていったのと同じ様に、後始末のためにこの学校に入った人間が次々と消されてしまった為だと思います。
後になって村の住人達が、この廃校が危険なことを教えてくれなかったことをぼーさんか誰かが非難していたように思いますし、最後に見つかった(天井裏から落ちてきたんでしたっけ?)死体がそのとき行方不明になった人達ではないでしょうか?
胡乱な記憶ですみません。すごく気になってきたので今度探して読み直してみようかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報