こんにちは
VBで2次元配列に初期値をまとめて入れる方法がわからなくて困っています。
簡単なはずなのにわかりません。
教えてくれるようお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

田吾作7です。



あぁーすいません。
初期化だと思ってて、勘違いしてました。すいません。。。
初期化ではなく、初期値のセットですね。。。

Variant型でもよければ
  dim wkAryas Variant'バリアント宣言
  wkAry = Array(Array(10, 100, 42, 90), Array(50, 30, 60, 30))
といった形でできます。



もし何度も同じ初期値をセットする必要があるのであれば、メモリコピーをお勧めします。
それが一番リソースを消費しない方法だと思います。
以下にソースを記します。
手順1.二次元配列の初期値のマスタを作成(CreAryMst)
手順2.ワークの二次元配列に初期値をセット(InitAry)
手順3.ワークを使用したロジックの実行(ユーザの処理)
手順4以降は手順2または手順3の処理の繰り返し

Option Explicit
Private Declare Sub CopyMemory Lib "kernel32" Alias "RtlMoveMemory" (Destination As Any, Source As Any, ByVal Length As Long)

Private mstAry(1, 3)  As Long '二次元配列の初期値のマスタ
Private matrixCount   As Long '配列要素数

Sub Main()
  Dim wkAry(1, 3)   As Long '実際に操作する二次元配列
  
  '二次元配列の初期値マスタを創生
  Call CreAryMst
  
  '変数に初期値をセットする
  Call InitAry(wkAry(0, 0))
  
End Sub

'二次元配列の初期値マスタを創生
Sub CreAryMst()
  Dim dmyAry As Variant
  Dim i    As Long
  Dim j    As Long
  
  Dim min1  As Long
  Dim max1  As Long
  Dim min2  As Long
  Dim max2  As Long
  
  min1 = LBound(mstAry, 1)
  max1 = UBound(mstAry, 1)
  min2 = LBound(mstAry, 2)
  max2 = UBound(mstAry, 2)
  
  '配列要素数を取得
  matrixCount = (max1 - min1 + 1) * (max2 - min2 + 1)
  
  '初期値をダミー変数にセット
  dmyAry = Array(CLng(10), CLng(50), CLng(100), CLng(30), CLng(42), CLng(60), CLng(90), CLng(30))
  
  '初期値をセットする
  For i = min1 To max1
    For j = min2 To max2
      mstAry(i, j) = dmyAry(i * max2 + j)
    Next j
  Next i
End Sub

'変数に初期値をセット
Sub InitAry(inLngAryTop As Long)
  Call CopyMemory(inLngAryTop, ByVal VarPtr(mstAry(0, 0)), ByVal LenB(inLngAryTop) * matrixCount)
End Sub




こうすることにより、初期値のセットが一瞬で済むので、初期値セット毎にかかる負荷が抑えることができます。
    • good
    • 0

再度投稿します。

田吾作7です。

imogasiさんが
>前の方の回答は、JAVA言語などで言う初期化の回答で はないかとおもいます。
とありますが、VBですよ(^^;)
MSDNでVBのEraseの説明が見当たらなかったのですが、VBScriptのページで見つかりましたのでアドレスを記します。
http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library …

lmiさんは
>VBで2次元配列
と言ってましたが、宣言はどのような形でしてるのでしょう?
考えられる2次元配列の創生方法は3つあります。

(1)
Dim 変数名(5,10) As Long

(2)
Dim 変数名() As Longとしておいて
Redim 変数名(5, 10) As Longと再度配列要素を再宣言

(3)
Dim 変数名 as Vaiant
変数名 = Array(Array(3, 5, 9), Array(1, 6, 4))
として、二次元配列を創生しながら値をセット


Erase 二次元配列の処理結果は
それぞれDimで宣言したときの状態に戻ります
ですので
(1)は全て0が入ります。
(2)は配列要素未宣言の変数になります。
(3)は単なるVariant型の変数になります

メモリの開放にもつながるので、初期値が「0」もしくは、文字列なら「""」とするならEraseをお勧めします。

参考URL:http://www.microsoft.com/JAPAN/developer/library …
    • good
    • 0

前の方の回答は、JAVA言語などで言う初期化の回答で


はないかとおもいます。質問者は
「自分の思うリテラル値に設定したい」というのが、質問の真意では?私も初心者ですが、勘違いであればお許し下さい。実例を書きます。ご参考に。
  ・Optin Base 1は Subの外に書く
  ・下記はArray関数を使ったもの
  ・Array関数は1次元しか使えない
  ・下記プログラムはフォームをクリックして実行
   してください
  ・---は区切りに表示しただけ 
Option Base 1
Private Sub Form_Click()
Dim a(3, 4) As String
b = Array("1", "2", "3", "4", "5", "6", "7", "8", "9", _
"10", "11", "12")
For i = 1 To 3
For j = 1 To 4
a(i, j) = b(4 * (i - 1) + j)
Next j
Next i
Rem--------
For i = 1 To 3
For j = 1 To 4
Form1.Print a(i, j)
Next j
Form1.Print "---"
Next i
End Sub
初級中級のVBの解説書には案外、初期化や2次元配列の
ことを解説してないですね。2-3日前にも類似質問
が有りました。2、3次元配列の内容を1次元配列a=Array(....)で表せると思います。
    • good
    • 0

Erase 二次元の変数名


↑ これで初期化
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVB.netの配列とVB6の配列の違い

VB6で画面を作成し、演算処理を行うDLLをVC6で作成しています。

下記のコードでVB6でSingle型の2次元配列を宣言しま、VCのDLLでエクスポートしている関数に渡
します。

VC6DLL側のコード----------
EXPORT void __stdcall TESTFUNC (float *pfData,long nSize{
}

VB側のコード----------
宣言
Declare Function TESTFUNC Lib "TEST.dll" (ByRef pfData As Single, ByVal nSize As Long) As Long

配列宣言
Public sngDat(999,1) as single

呼び出し
TESTFUNC sngDat(0,0),1000

このように呼び出した場合、VC6のTESTFUNC にブレークポイントを設定し、停止するとpfDataの
ポインタをインクリメントした場合、sngDat(0,0),sngDat(1,0),sngDat(2,0)と、1次元目の添え字を
インクリメントした状態になるように、メモリに格納されています。
この動作を前提として、VB.net側でも同じように呼び出してみました。

VB.net側のコード----------
宣言
Declare Function TESTFUNC Lib "TEST.dll" (ByRef pfData As Single, ByVal nSize As Integer) As Integer

配列宣言
Public sngDat(999,1) as single

呼び出し
TESTFUNC(sngDat(0,0),1000)

VC側は全く同じコードを利用するとします。

同じように、VC6のTESTFUNC にブレークポイントを設定し、停止するとpfDataの
ポインタをインクリメントした場合、sngDat(0,0),sngDat(0,1),sngDat(1,0)と,sngDat(1,1)、と1次元目の添え字を
インクリメントせず、2次元目の添え字をインクリメントした状態になるように、メモリに格納されています。

VB6→VC6のDLLの場合の配列渡しと、VB.net→VC6のDLLの場合の配列渡しで違いがあるのは
何故でしょうか?また、VB.net側の配列渡しの仕様を、VB6側の仕様に合わせる方法は無いのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

VB6で画面を作成し、演算処理を行うDLLをVC6で作成しています。

下記のコードでVB6でSingle型の2次元配列を宣言しま、VCのDLLでエクスポートしている関数に渡
します。

VC6DLL側のコード----------
EXPORT void __stdcall TESTFUNC (float *pfData,long nSize{
}

VB側のコード----------
宣言
Declare Function TESTFUNC Lib "TEST.dll" (ByRef pfData As Single, ByVal nSize As Long) As Long

配列宣言
Public sngDat(999,1) as single

呼び出し
TESTFUNC sngDat(0,0),1000

このように呼び出した場合、V...続きを読む

Aベストアンサー

VB.NET (というか、.NET Framework ) の配列と、ネイティブコードの配列は別物です。.NET FrameWork では両者を

・ VB.NET で宣言する配列を 『マネージド配列』
・ C++等のネイティブコードの配列を 『アンマネージド配列』

と明確に別物として区別しており、両者を変換するためのマーシャリングをいう仕組みをわざわざ準備しています。詳細は以下を参照してください。
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/vb6tonet/vb6tonet28/vb6tonet28_03.html

配列のマーシャリングの方法は以下が参考になると思います。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/z6cfh6e6.aspx

QVB2008での配列の初期化方法

VB2008での配列の初期化方法
様々なサイトなどを見て、配列を宣言する時に初期化する方法を知ってこんな風なコードを書いて、配列の初期化を試みました。
書いたコード
Option Strict On

Public Class Form1()
Private AImage As Image = (My.Resources.AImage1 As Image, My.Resources.AImage2 As Image,My.Resources.AImage3 As Image,My.Resources.AImage4 As Image, My.Resources.AImage5 As Image,My.Resources.AImage6 As Image, My.Resources.AImage7 As Image)
後略

もちろんAImage1~7はリソースで読み込んでありますし、End Classもずっと下の方に書いてあります。

ここで、「・・・(My.Resources.AImage1 As Image,・・・」のAsの部分にだけ波線が引かれて、「')' が必要です。」というエラーが出ました。

最後を「)」で終わっているのに、なぜこのエラーが出るのでしょうか。使用言語はVitualBasic2008です。文法等も含めて、改善点を教えていただければ幸いです。

VB2008での配列の初期化方法
様々なサイトなどを見て、配列を宣言する時に初期化する方法を知ってこんな風なコードを書いて、配列の初期化を試みました。
書いたコード
Option Strict On

Public Class Form1()
Private AImage As Image = (My.Resources.AImage1 As Image, My.Resources.AImage2 As Image,My.Resources.AImage3 As Image,My.Resources.AImage4 As Image, My.Resources.AImage5 As Image,My.Resources.AImage6 As Image, My.Resources.AImage7 As Image)
後略

もちろんAImage1~7はリソースで読み...続きを読む

Aベストアンサー

ごめんなさい。的を外しているかもしれませんが・・・
配列の初期化や文法などなどを考えずに、いつもの通りですと

Private AImage As Image() = {My.Resources.AImage1, My.Resources.AImage2, My.Resources.AImage3}

若しくは

Private AImage As Image() = New Image() {My.Resources.AImage1, My.Resources.AImage2, My.Resources.AImage3}

っていう感じで行なっています。

配列にデータ型を一個一個入れたことが無いので、なんともいえませんが・・・

的外れでしたらごめんなさい。m(_ _)m

QVB.NET 2次元配列

二次元配列に関して質問があります。

二次元配列を定義します。
Dim a(,) As Integer = _
{{0, 0, 0, 0, 0, 0, 1, 1, 1}, _
{0, 0, 0, 0, 0, 1, 0, 0, 1}, _
{0, 0, 0, 0, 0, 0, 1, 1, 1}}

一次元配列を定義します。
Dim b() As Integer

一次元配列のb()に二次元配列a(,)の
{0, 0, 0, 0, 0, 0, 1, 1, 1}の部分を
入れようとした場合、
どのように記載すればよろしいでしょうか?
イメージ的には
b = a(0)
で出きると思ったのですが、
構文エラーとなってしまいます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

  求めているものとは違く、また既にご存知のものかもしれませんが・・・。

  2次元配列の定義を以下のようにすれば、ご希望の操作が出来ます。

  ※配列の定義が(,)ではなく()()になるため、2次元配列の参照が変わります。

  '----------------------------------------------------------------------------
  Dim array_a()() As Integer = _
                {New Integer() {0, 0, 0, 0, 0, 0, 1, 1, 1}, _
                New Integer() {0, 0, 0, 0, 0, 1, 0, 0, 1}, _
                New Integer() {0, 0, 0, 0, 0, 0, 1, 1, 1}}

  Dim b() As Integer
  Dim c As Integer

  b = array_a(0)   ' {0, 0, 0, 0, 0, 0, 1, 1, 1}の部分を代入
  b = array_a(1)   ' {0, 0, 0, 0, 0, 1, 0, 0, 1}の部分を代入

  c = array_a(2)(7)  ' {0, 0, 0, 0, 0, 0, 1, 1, 1}の7番目 '1'を代入

  '----------------------------------------------------------------------------

  求めているものとは違く、また既にご存知のものかもしれませんが・・・。

  2次元配列の定義を以下のようにすれば、ご希望の操作が出来ます。

  ※配列の定義が(,)ではなく()()になるため、2次元配列の参照が変わります。

  '----------------------------------------------------------------------------
  Dim array_a()() As Integer = _
                {New Integer() {0, 0, 0, 0, 0, 0, 1, 1, 1}, _
                New Integer() {0, 0, 0, 0,...続きを読む

QVBで配列の初期化について

VBやVBAで1次元・2次元配列を、プログラムの中の
値の(リテラル的)記述で初期化する方法はどうすれば良いのでしょうか。1次元配列にはx=Array()で代用してきましたが、さて、行と列がある表のような、値データを2次元配列にセットしようとして、ハテナと行き詰まりました。配列名(要素)=値を要素数だけ繰り返す方法以外に、例えば
A[][]={(a、b、c)(d、e、f)(g,h,i)}のような、書き方は出来ないのでしょうか。
複数のArrayをArreyの()内に入れてみましたがも上手く行かないようですが。
有り無しについて教えていただけたらと思います。
市販の解説書数書には触れた記述は見つかりませんでした。

Aベストアンサー

Arrayを使って多次元配列の作成はどうもできないようなのですが、
1次元配列の各要素が1次元配列というものであれば、

A = Array(Array(a,b,c), Array(d,e,f), Array(g,h,i))

というのが可能です。
A(i)(j)という形式で各要素にアクセスできます。

QArrayListの初期値に二次元配列を設定したい(VB2005)

下記は、aryhogeにTextBoxオブジェクトを格納する処理です。

----------------------------------------
'a)
Dim hoge()() As TextBox = _
      {New TextBox() {txta01, txtb01, txtc01}, _
      New TextBox() {txta02, txtb02, txtc02}, _
      New TextBox() {txta03, txtb03, txtc03}}

Dim aryhoge As New ArrayList    'b)

aryhoge.Add(hoge(0))
aryhoge.Add(hoge(1))
aryhoge.Add(hoge(2))
----------------------------------------

(a)を(b)の初期値として設定するにはどのようにすればよいか、ということが質問内容です。

試しに(b)の部分を以下のようにしてみましたが、「1次元配列の値を変換できない」とのエラーが出ました。
Dim aryhoge As New ArrayList(New TextBox() {hoge(0), hoge(1), hoge(2)})

どうぞよろしくお願い致します。

下記は、aryhogeにTextBoxオブジェクトを格納する処理です。

----------------------------------------
'a)
Dim hoge()() As TextBox = _
      {New TextBox() {txta01, txtb01, txtc01}, _
      New TextBox() {txta02, txtb02, txtc02}, _
      New TextBox() {txta03, txtb03, txtc03}}

Dim aryhoge As New ArrayList    'b)

aryhoge.Add(hoge(0))
aryhoge.Add(hoge(1))
aryhoge.Add(hoge(2))
----------------------------------------

(a)を(b)の初期値として...続きを読む

Aベストアンサー

Dim aryhoge As New ArrayList(hoge)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報