最新閲覧日:

「月曜日生まれは器量よし、・・・木曜日生まれは遠くさすらい、金曜日生まれは愛敬もので気前よし・・・」というような言い伝えがあるのを何かで読んだ記憶があります。他の曜日生まれはどうなのか、ずっと気になっています。
この言い伝えをご存知の方、そして出来れば出典も教えていただきたいです。

A 回答 (2件)

私の持っている「マザーグースのうた」(谷川俊太郎訳・草思社、全3巻)では


次のようになっています。

うつくしいのは げつようびのこども
ひんのいいのは かようびのこども
べそをかくのは すいようびのこども
たびにでるのは もくようびのこども
ほれっぽいのは きんようびのこども
くろうするのは どようびのこども
かわいく あかるく きだてのいいのは
おやすみのひに うまれたこども

ずいぶんとまあ「おやすみのひにうまれたこども」は祝福されているようですね。
谷川俊太郎さんはこの本でとても素敵な訳を披露されていて、読んでいて心地よい上にすごく自然な日本語の表現なので、外国の童謡(というのか詩というのか)ではないような気さえしてしまいます。
おぼえやすいので何かの拍子に口をついて出たりもします。私の愛読書です。
ちなみに私は土曜日生まれ…。苦労するのかしらん。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

言われてみればこの決め付けっぷりがマザーグースっぽい!
ちなみに私の妹は月曜日生まれですが、別にうつくしくはなかったですよ。・・・
でも面白いですね!私も覚えよ。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/20 10:31

こんにちは。


私、今、「木曜日の子供」(テリー・ホワイト/文春文庫)という本のあとがきを見ています。
そこに、この本のタイトルの出典として、マザーグースからとあり、詩の全文は、

月曜日の子供は顔がきれい、
火曜日の子供は気品にあふれ、
水曜日の子供は悩みが多く、
木曜日の子供は遠くまで行き、
金曜日の子供は愛情豊か、
土曜日の子供は働いて暮らしを立てねばならぬ、
けれども、安息日に生まれた子供は、
かわいくて、賢くて、人がよくて、ほがらかだ。

として載っています。
本格的なマザーグースの本を探せば、もう少しリズミカルな訳詩がのっているかもしれないです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のお答えありがとうございます。マザーグースだったとは。積年のもやもやがやっと晴れました。

お礼日時:2001/10/20 10:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ