自分はまだMR車、RR車などの
エンジンが後の方にある車を運転したことがないのですが

FF車やFR車と比べて運転が難しそうなイメージがありますがどうでしょうか?
特に重心移動や、滑り出したときなど難しくないですか?
国産車のMR車の場合、ノーマルではかなり万人向けのセッティングになっていて
普通に扱える反面、あまり楽しくないと聞きますがどうなのでしょうか?

とても興味があります。教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

RR車の情報です。

(はっきり言って参考にしたくないかもしれませんが)
車種はスズキフロンテ(年式不明)2サイクル水冷550ccです。
友達の車でしたが、学生の頃よくこれで峠を△○に行きました(笑)
当時自分の乗っていたスズキアルト(2サイクル水冷550ccのFF)と比べると非常にトリッキーな挙動でした。
感覚的には、一回お尻が滑り出すと、ノーコン状態(冷汗)で、ハンドルを軽く握って、自然にグリップが戻るのを待つしかない状態です。
もちろん、パワステなど無い車でしたが、この状態に陥ると、何の手応えも無くなりました。
今考えると、意図的な加重移動が必要な車でしたね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

やはりRR車ってトリッキーなんですね。
ポルシェとかもこんな感じなんでしょうかね。←最近のは違うでしょうけど...

でもこういう車結構好きです。自分で操ってるって感じで。(^_^)

お礼日時:2001/10/25 23:38

まずは、忠告で~す。

(^_^)
「知り合いの車を借りて、コーナーを限界まで攻めるのはやめておきましょう。」(危)
というのも、乗ってみるのが一番よく分かるからなんです。
限界付近の挙動がシビアで、コントロールが難しいのは御察しのとおりです。

しかし、
ノーマルでも、フロントが軽く回頭性がよいので、
きっと軽快なドライブが楽しめることでしょう。

乗せてくれる友人がいなければ、
MR-Sのレンタカーという方法はいかがでしょう。
セーフティードライブで紅葉を楽しんだあとは、
安全な広い場所でちょっと振り回してみる。
なーんていいかも!?

・・・私はその先の禁断の領域に足を踏み入れてしまい、
その楽しさから抜けられなくなってしまいました。(自爆)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> まずは、忠告で~す。(^_^)
> 「知り合いの車を借りて、コーナーを限界まで攻めるのはやめておきましょう。」(危)
ハハハッ(笑)まぁ、いいじゃないですか個人の責任だし。
他人から見れば、誰の車で攻めてようが関係なく危ないだけですから。

それにしてもswpilotさんを禁断の領域に引きずり込むほどMR車って楽しいんですか?
だんだん乗ってみたくなってきました。ホントに。
皆さんがうらやましいです。

お礼日時:2001/10/26 18:46

MR車の情報です。

が、はっきり言ってスポーツカーとは縁遠いです。
スズキキャリィバン(軽のバン)、軸重が前後 410:410 という車です。
ちなみに、今はこの車種はなく、
後継車種のエブリィはキャブオーバFRになっています。

通常走行は、思ったよりも安定しており、
FR車と比較すればかなり素直に曲がります。
限界以上の領域は、乾燥路面では残念ながら車輪が滑べる前に浮いてしまうのでよくわかりませんが、
濡れた路面や凍った路面で滑べったときは、
車の中央を軸にかなり速く「くるっ」と回転しました。
なんというか、おしりが滑べるというよりも、
そのまま前輪と後輪が同じように回る、といった感じで、
決して明後日の方向へ飛んで行かず、
進行方向へそのまま斜めに傾いたまま進んでゆく感覚です。
初めて滑べったときも全然不安を感じず、
ちゃんと操作をしてやればすぐに立ち直りました。
滑べったときも感覚的に素直ないいこちゃんでした(笑

ただ、これらはMRだからかどうかはわかりません。
車重が軽かったから、パワステがなかったから、
そもそもエンジンが非力だったから、
また重量配分が完全に1:1だったから、
つまり、その車種固有の性質なのかもしれませんので、
ご参考になるかどうかはわかりませんが、一応そんな車でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こういうタイプの車ででもFRとMRとで
結構ハンドリングや挙動に差が出てくるんですね。

皆さんのいろんな経験が聞けて、参考になります。

お礼日時:2001/10/26 18:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車関係のことです、ヘッドライトの黄ばみが5段階で言えば3って感じの黄ばみ具合なのですが、自分で黄

車関係のことです、
ヘッドライトの黄ばみが5段階で言えば3って感じの黄ばみ具合なのですが、
自分で黄ばみ落とししたあとにコーティングしてもたいして持たないかなと思い、業者に依頼しようかと思っています。
その場合だと、どのくらい黄ばみ再発生までもつのか、ご存じのかたおられますか?
中古の綺麗なヘッドライトの買い換えようかとも迷っています。

何か良いアドバイスお願いします(T . T)

Aベストアンサー

No5です。

>耐水ペーパーで削りおとして、ルークスで磨くんですね?(≧∇≦)
LOOXは粒子が小さいので耐水ぺーパーを使用するなら
ピカールか車用のコンパウンドで磨いて、仕上げにLOOXを
使うと,いっそう磨きがかかります。
耐水ぺーパーは水を含ませて、最初は様子を見るために
力をあまりかけないで下さい。

耐水ぺーパーを使用しないのなら、最初からLOOXで磨きます。

まあ、軽く磨いてみたら、布が黄色くなるのですぐにわかりますよ。

Q雪道に有利なのはFR?MR?

 もちろん4輪スタッドレスと言う条件で。 やっぱり4WDとか、滑ったら一緒と言うご意見は不要です。

 駆動輪に加重のかかるMRがよいのか、カーブ中に車体後方の遠心力が少なそうなFRがよいのか・・・ 操作性、走破性はどちらが優れていますか?

Aベストアンサー

みんな肝心な事を忘れていないか?

LSD!!

モータースポーツ用の機械式とかだと効きすぎちゃって逆効果になる事もあるけど(笑
雪道ならビスカス辺りのLSDを装着。これ最強
FRだと発進できないとか不安定だとか言う人はLSD付きのFR車に乗ってみ
LSDがあれば発進も容易だし走行安定性もあがっちゃう。さらに滑った時のコントロール性まで良くなるよ
ヤバい時に故意にスピンさせて逃げるとかそういう芸当がやりやすいのは後輪駆動

後輪駆動でLSDが装着されていれば基本的に素直でマイルドな性格の(言い換えればトロい・笑)FRが良いでしょう
FRの4ドアセダン等だと特に挙動がマイルドなので後輪駆動系では一番乗りやすいかと
MRやRRだと独特の悪癖が出る可能性がFRより高い分だけやや不利かな?

という事で2WD車なら…
車をある程度コントロールできる腕があればFR+LSD+セダンが一番乗りやすいと思うんじゃないかな?
FFもパッと乗ると一見乗りやすそうな感じを受けるけどコントロール性にやや難があると思うなあ。個人的に

Q車に詳しい人お願いします シルバーのクラウンの中古車を買いました。 ①ヘッドライトの黄ばみを取りたい

車に詳しい人お願いします


シルバーのクラウンの中古車を買いました。

①ヘッドライトの黄ばみを取りたい
②アルミホイールが鉄粉などで汚いのでギラギラにしたいです。
③ボディの小キズを消したい、目立たなくしたい

自分でやりたいのですが、オススメの洗剤等ありますか?

業者にやってもらった方が安いとかならそういうのも教えていただきたいです。

Aベストアンサー

中古車って売る前にボディとかを磨いているみたいですよ。

>①ヘッドライトの黄ばみを取りたい
>③ボディの小キズを消したい、目立たなくしたい

私なら、ヤフオクとかで、”リスロンのカーブライト” を1本買い、それでヘッドライトとか
ボディを磨きます。1本¥3,000くらいしますがロングセラー商品です。
使用方法は普通のワックスをかけるような感じでスポンジで塗り込み、乾いた布で拭き取る。

研磨剤を含んでいるので、スポンジで磨くと小傷も取れると同時に軽くワックスがかかる感じ。

ただ、もう少し安くという場合であれば、Amazonとかで、
"KURE(呉工業) LOOX(ルックス) 330ml 表面仕上げ剤 [ KURE ] [ 品番 ] 1176 [HTRC2.1] 1本\1,000送料込み
で車のボディとヘッドライドを磨くという選択肢もあります。

LOOX(ルックス) 330ml 表面仕上げ剤は、ボディのワックスみたいなもので、でもクリーナーと微細なコンパウンド
も入っているという総合ケア商品となります。
ただスプレーを布につけて、それでボディとかライトを拭く感じ。

”カーブライト” の方は、中古車販売店などが展示車をワックスすると同時に小傷も取れて綺麗になるという点で
業務用で愛用されていたりしますが、ヘッドライトの黄ばみも落とせます。

>②アルミホイールが鉄粉などで汚いのでギラギラにしたいです。

アルミホイールの汚れは、Amazonとかで、”スクラビングバブル ガラス用洗剤 激泡ガラスクリーナー エアゾールタイプ 480ml”
を買います。(価格的にはディスカウント店の方が安いですが)

車の4本のタイヤのアルミホイールに目がけて泡洗浄という感じでスプレーし、3分とか経過したら、軽くブラシとか
雑巾などの布で表面を拭けば落ちます。

たぶん成分は忘れましたが、”キレート剤” が配合されているので、汚れの幕を剥ぐという成分だったと思います。

鉄粉そのものは、たしか専用の洗浄剤が出ており、スプレーすると鉄粉に反応して紫色になり、そのまま落ちる
という感じのものがお勧めといえばお勧め。ブレーキダストのようなものに強い感じ。

ボディに付着した鉄粉は、シリコンスプレーとかを振りかけると落ちるという感じもありますので、1本
買っておくと良いです。

”KURE(呉工業) シリコンスプレー (420ml) 潤滑・離系剤 [ 品番 ] 1046 [HTRC2.1]” 1本¥300くらいで売って
いたりします。

シリコンスプレーは、ワックスとかコーティング剤に入っている油成分のことですが、一般論として車を買い、
小傷を取り、その後コーティング剤などを施工しますと、その上からシリコンスプレーをかけると艶が出るのと
雨などもはじくという使い方があります。

予算的に余裕があるという場合であれば、
3M(スリーエム) コンパウンド クリーナーワックス 473ml 38006 [HTRC3]でボディを綺麗にする。
その後に、
3M 艶出し用ワックス ポリマーワックス 液体 473ml 38026 [HTRC3]でコーティングするという流れ。
3Mブランドも根強い人気あります。

私的には、コーティング剤は、最近ミラーシャイン(鏡艶)をパールホワイトのプリウスに使ってみました。
特別艶がすごい~というほどもないかなあ~~と思うのですが、家庭用食器洗剤でワックス成分を落とすと
指で触るとキュキュッと音がします。そしてミラーシャインを500円玉程度ボディに落とし、付属の布で
40㎝四方に伸ばすだけというのを繰り返す感じ。

基本としては、ただ塗り込むだけで拭き取り要らないという簡単さがあるのですが、石油系の溶剤を含まないという点で
雨などで水垢が筋のように流れた跡が残るという感じがない点で、良いのかなあ~と思ったりします。
溶剤を含んだのは、カルナバ蝋とかが入ったものにほとんど含まれるのですが、水垢の原因になるというのと
匂いがする難点があります(ハエなどが寄ってくる)

ミラーシャインは1本¥1,000くらいで破格な割に、長く持続し、艶が不足しているとかもし思えば上からシリコン
スプレーでもかけて伸ばしてあげれば、さらに輝きも増します。施工の簡単さとかは素人向け。

ただ自分でやるのが面倒であれば、近所のGSに行き、「手洗い洗車」を頼めば綺麗になるのでは
ないでしょうか。

■参考資料:コイン洗車場の高圧洗浄機で洗車する方法
https://matome.naver.jp/odai/2142260367539156201

車にハトのフンとかが付着するとよく専用のスプレー剤などを買ったりされる人が多いのですが、そもそも
業務用の高圧洗浄機で洗いますと、水洗いでも吹き飛びますので、綺麗になります。
車を買ったら綺麗さを維持できる方法としては、コイン洗車場はお勧めです。

1度綺麗になれば、後は屋根付き月極駐車場で時短洗車ワザを使えばもっと楽になります。

■参考資料:屋根付きの月極駐車場内で、雨の日に洗車時短ワザを使うと楽ちんになる方法
https://matome.naver.jp/odai/2148888265303980901

資産家の家とかでは、雨の日にガレージに入れると、そこに家庭用高圧洗浄機があるので
サクッとスプレーして汚れを落としているので、いつもきれいだったりします。

ただ、中古車を買った販売店に、「車を磨いて」と依頼すれば綺麗にしてもらえると思いますので
1度相談するというのも1つの手になります。

中古車って売る前にボディとかを磨いているみたいですよ。

>①ヘッドライトの黄ばみを取りたい
>③ボディの小キズを消したい、目立たなくしたい

私なら、ヤフオクとかで、”リスロンのカーブライト” を1本買い、それでヘッドライトとか
ボディを磨きます。1本¥3,000くらいしますがロングセラー商品です。
使用方法は普通のワックスをかけるような感じでスポンジで塗り込み、乾いた布で拭き取る。

研磨剤を含んでいるので、スポンジで磨くと小傷も取れると同時に軽くワックスがかかる感じ。

ただ、もう少し安く...続きを読む

Q FRの運転の楽しい車教えてください。 FFから乗り換え

現在EG6シビックを所有しているのですが、
今日、車を壊してしまったため、
残念ながら次の車を探さなくてはならなくなりました。
そこで質問なのですが、
EG6シビックから乗り換えて運転の楽しいFRスポーツカー教えてください。

これまでスターレット、インテグラR、シビックと、
FFしか所有したことがないため、
次に買う車は絶対にFRと決めていました

条件としては、
・ジムカーナ、ドリフト、サーキット等でも多少は使用できる。
・また、どんな車を買ったとしてもかなり改造するつもりなので、パーツの豊富。
・走行10万キロくらいならそこそこ安い。(ヤフオクなど個人売買で購入予定)

外車・日本車問いません。
お勧めの車があったら教えてください。

現在の候補としては、
日産 S14シルビアK's
マツダ ロードスター
BMW 318is

とにかく運転して楽しいと思える車がいいです。
アドバイスよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

FRと言っていいか分かりませんがMR2(SW20)もお手頃じゃないでしょうか?
あとはR32タイプMなんかも年式的に値段がこなれてきていませんか?R32、S13以降のスカイライン、シルビア、180SXっていまだにアフターパーツの供給が豊富ですよね。解体屋にいけば部品取りも一杯転がってますしね。

Q車のヘッドライトのガラスの黄ばみ

免許を取りいきなり新車は心配なので軽の中古を買いました。ヘッドライトのガラスの黄ばみが気になります。
コンパウンドで磨いてみたりアーマオールをぬってみたりしました。正しい使い方ではないようですが少しきれいになりました。
ガラス自体劣化していてこれ以上きれいにならないかもしれませんが、裏技的なことできれいになりませんか?
色つきの電球にするときれいだそうですが、
昼間のライトがついていない時にガラスがきれいに見えるようにしたいです。
いろんなアイデア教えて下さい!

Aベストアンサー

表面がガラスにせよプラスチックにせよ、劣化で変色することはありません。旧い建物だからといって、ガラスが変な色(汚れは別として)になってたりはしませんし。
また、通常ヘッドライトレンズに使われるプラスチックは「メタクリル」系の材質ですが、開発当初から飛行機の代用ガラスに使われており、これも殆ど変色しません。ですから、レンズ内側に付着した汚れが原因と思います。
正攻法で手入れをするなら、まずヘッドライトの灯体を外します。そこで、レンズ単体が外せればそのまま内側を水拭き~空拭きで仕上げます。メルセデスなど、外国車ではこういったメンテが可能ですが、レンズが外れない場合は、やや難しいですが#4さんの仰る方法で清掃します。

セロハンやペイントは、道交法や道路運送車両法の「灯火色の規定」に違反し、更に発火する恐れがあるので使わないで下さい。ハロゲンバルブは400℃以上になります。

QFF車とFR車

雪道ではなぜFR車よりFF車の方がよくトラクションがかかるのですか?

Aベストアンサー

#6さん、貴方は自分で言っている矛盾点にお気付きですか?

FF車が加速を得た瞬間に荷重移動が起こりトラクションを失う方向になる訳ですよ。
FR車が加速を得た瞬間に荷重移動が起こりトラクションを得る方向になる訳ですよ。
世の中、摩擦0なんてことは有り得ない。
したがって、どんなミラーバーンでも自動車は加速を得られる。
したがって、加速を得た車の挙動が問題になる。
FF車は牽引型だから安定した走行を得やすい。
対してFR車は押出し型だから前輪の状態で不安定になりやすい。=お尻を振りやすい。

したがって、雪道や凍結した路面、滑りやすい路面ではトラクションの状態にかかわらず牽引型のFF車の方が有利となる。

Q車のヘッドライトの黄ばみ除去について

8年前の中古車(普通乗用車)を購入しました。新車とは比較するつもりはありませんが、ヘッドライトのレンズ部分がかなり黄ばんでいて気になります。市販の薬剤を買うのではなく、きちんと業者に頼んでみたいと思っているのですが、効果はいかがでしょうか?黄ばみがかなり取れ、クリーンなレンズになれば、有料で業者施工を決めたいと思いますが、何かアドバイスやお勧めの業者情報等あれば教えてください。埼玉県在住です。

Aベストアンサー

昨年の車検時に、3000円のサービス料金で施行してもらいましたが、見た目でかなりクリアーになりますよ。

まあ、ポリカーボネート製の樹脂ランプカバーですので、紫外線による往年黄化現象の樹脂表面を削り取り磨き上げる作業ですので、新車時までのクリアー度はありませんが、充分に復活しますよ。

それほど高度な技術は必要ないので、近所のGSでも充分に作業できますよ。

何軒か回って、お安い所で施行してみて下さい。

QFF車とFR車の小回りの差について

FF車とFR車の小回りの差について

全く同じ全長・全幅・最小回転半径のFF車とFR車があったとして、この2車種の小回りに差異はありますか?
FF車に比べてFR車が”こまわりがきく”といわれる所以は、単純に平均的にFR車が最小回転半径が狭いからだけなのでしょうか?

#高速域やレース(?)のような状況ではなく、日常的な狭い駐車場等々での場合です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

FF車の方が小回りが利くというのはアクセルを踏み込んだままで曲がろうとするときのことです
後は他の方の通り最小回転半径と車体の大きさで違ってきます

Q車のヘッドライトカバーの黄ばみ!!

車のヘッドライトのカバーがだんだん黄ばんできました。
研磨すればぴかぴかになると聞いたのですが、どのようにすればよいのですか?
使用する機械、コンパウンドなどを教えてください。

Aベストアンサー

黄ばみや曇りの原因は、紫外線による樹脂の経年劣化です。最近の車はコストダウンが激しいのか、6,7年経つと黄ばみ曇りが発生している車が多いようですね。

機械は使いません。市販のヘッドライト磨きで手で磨きます。中身はコンパウンドです。
ただ磨いてもその時だけで、またすぐ曇ります。
もともとヘッドライトにはコーティングが施されていますが、磨けばコーティングがはげてしまいます。
そのため磨いてもすぐ紫外線劣化してしまいます。

最近は磨いた後コーティングを施す業者もあるようなので、少し高いですがそちらがおすすめです。少なくとも新品のヘッドライトユニットASSYを買うよりは安いです。

Qボクサーエンジンの低重心と重さ 1:よく言われる「低重心」ですが、 入れ方によってはエンジン自体が

ボクサーエンジンの低重心と重さ

1:よく言われる「低重心」ですが、
入れ方によってはエンジン自体が
上の方に行き、言うほどでもないという
話を聞きましたが、裏を返せば、わざと高め
に作ろうとしても低くなっちゃい、
ボンネット上におかない限り
「普通以上の高重心」にならない。
工夫1つでさらに下げれそうなもの。
だと憶測してましたが、
どうなのでしょうか?

2:重さについてですが、
Vの宿命である複雑で重くなりやすい性質
は同じなのでしょうか?
バランサー不要な点で軽くなり、
シャフトも並以下の強度でもOK、
スバルさんのお陰で吸排気と冷却に有利?
なロングストロークに出来た。
後他のエンジンでもできる軽量化をすれば
軽くできそうなのですが、やっぱりそんな
美味しい話はないのでしょうか?

おまけ:整備性とエンジン周り
整備性もエンジン周りも
設計で改善できないんでしょうか?
理由ものせてお願いします。

Aベストアンサー

>1:よく言われる「低重心」ですが・・・

 逆です。よく考えてみてください。

※エンジンの重心点を考えてみましょう。
 もっとも重い部品はクランクケースやシリンダブロックなどの鋳物部品ですが、これはクランクからヘッドまで均等に存在すると考えると、重心を決めるのは次に重い部品、クランクシャフトとヘッドアッセンブリです(OHCやDOHCでは動弁機構が全てピストンより上に集中しており、ヘッドアッセンブリが結構な重量となります。)

※直列配置では下(クランク)と上(ヘッド)に分散しており、エンジン重心点はクランクよりヘッド寄りに来ますが、対する水平対向では、重量物は横に配置されるだけなので、重心点は殆どクランクセンタに来ます。

※直列エンジンで高い位置に搭載しようとするとすぐにヘッドがボンネットから飛び出し、結果的にあまり高い位置にエンジンを置けません。
 上下に薄い水平対向では、重心点であるクランクケースをボンネットの『すぐ裏側』に配置する事が可能です。
 水平対向のエンジンは、『「普通以上の高重心」にならない』ということはありませんが、逆に言いますと『エンジン重心点をどこに置くか、直列より設計自由度が高い』ということになります。

>2:重さについてですが・・・・

 バランサ不要という点に関しては、確かに御指摘通り軽くなりますが、バランサは小さい質量のモノをクランクより高速で回転させることにより振動を打ち消しているので、想像するほど重い部品ではありません。
 それよりも、

※これはV型でも同じ事ですが、シリンダブロックやヘッドが2気筒毎に2つに分かれており、モノブロックで作るのが常識となっている近代の直列エンジンと比べると、どうしても重くなります。
 但し過去には、例えば2気筒分のブロックを複数並べた直4や直6も存在したので、こういうエンジンだと水平対向やV型はクランクケースが短く出来る分、直列よりも軽くなります。スバルが水平対向の4気筒を計画した頃には、直4に対する重量増は考えていなかった可能性があります。
 まぁ、一方でランチアやUKフォードなどではモノブロックのままV4気筒を作っており、軽量なモノブロック直4よりも全長が短い分更に軽くなるV4を作る工夫も欧州にはあったワケですが、スバルはそこまで思い切ったことをしなかったか、或いは4気筒あればカウンターウェブなしで回転振動の1次も2次も打ち消せる水平対向に拘った、ということなんでしょう。

※水平対向の場合、問題はクランクシャフトです。これは水平対向エンジンの致命的な問題であり、この為に『将来的な高出力化まで考慮する設計者』はボクサーレイアウトを忌避するほどの欠点でもあります。
 理由まで説明すると長くなるので現象だけ述べますと・・・・水平対向のクランクシャフトは曲げ剛性がどうしても低くなり、それをカバーしようとするとクランク本体や、クランクケースを含むクランクシャフト関連部品が大きくなり、結果、重量増につながります。
 現在のスバルのエンジンは、他の同クラスエンジンと比べそれほど巨大なクランクではありませんが、現状のクランクサイズは結構限界に近いのでは?と思われます。(ポルシェの巨大な水平対向エンジンはダテではないということですが、現状のフロントオーバーハングにエンジンを搭載するレイアウトでは、無尽蔵なエンジン巨大化は不可能でしょう。)

※重箱のスミをつつくような細かい事も言いますと。
 スバルエンジン共通の、と言いますか水平対向レイアウトの潜在的問題であるヘッドカバー周りのオイル滲みですが、これはヘッド周りの残留エンジンオイルの回収がうまくいってないということも理由の一つとして考えられます。
 一般的な対策としては強力なスカベンジングポンプと、スカベンジしたオイルを脱泡する分離器の装着が思いつきますが、当然この様な装置の追加はエンジン総体の重量増と複雑化を生みます。(勿論、V型や直列レイアウトなら残留オイルは重力でオイルパンに落下するので、オイルが流れるルートさえ作っておけばスカベンジング用の装置は不要です。)

>おまけ:整備性とエンジン周り

 フロントホイールアーチ間の狭いスキマに幅の広い水平対向を押し込むレイアウトを取り続ける限り、設計で整備性を向上させるのも限界があります。ヘッド周りの整備(チューニングヘッドへの乗せ換えも含む)やピストンとシリンダの整備(排気量UPなどのチューニング作業含む)など、直列ならエンジンを車両に搭載したままでも可能な作業のことごとくが、水平対向ではエンジンを車体から外さなければ困難です。
 例えば・・・・脱着式ホイールアーチにしてエンジンを横から整備する、という設計的なアイデアも考えられますが、何れにしろ直列エンジン並みの整備性を獲得するのは不可能でしょう。
 といっても、例えばエンジン補機類(発電機やエアコンのコンプレッサーなど)はエンジン上部に載せられるので、こちらの整備性は直列エンジンよりも逆によくなります。

・・・・っというワケで。
 スバル車の水平対向エンジンには確かに色々なメリットが考えられますが、しかしそれらは『メリットはあるが、クルマに積むと思いのほか小さい』『他の部分の工夫で補填出来る』など、圧倒的なメリットとはなっていません。
 要するに『水平対向でしか得られない』モノはそれほど大きくはないというワケで、そもそも、もしそれほど水平対向にメリットがあるなら、他メーカーのエンジニアもバカではありません、既に同様のレイアウトを追及していると考えるのがフツーです。
 残念ながら現状では、水平対向は他メーカーにとっては得られるメリットよりデメリットの方がはるかに大きく見えている、ということなんでしょう。

 ところで話は変りますが。
 工学的に証明されたメリットとか数値的な高性能とか、スバル車に対してそれほど重要なことですか?
 これは『世界の市販スポーツカーで頂点に君臨するポルシェが、何故工学的に劣る水平対向やリヤエンジン車を作り続けているのか?』の理由でもありますが・・・・工学的に優れているからスバルはすごいってワケじゃないと思うのですが、どうでしょう?

>1:よく言われる「低重心」ですが・・・

 逆です。よく考えてみてください。

※エンジンの重心点を考えてみましょう。
 もっとも重い部品はクランクケースやシリンダブロックなどの鋳物部品ですが、これはクランクからヘッドまで均等に存在すると考えると、重心を決めるのは次に重い部品、クランクシャフトとヘッドアッセンブリです(OHCやDOHCでは動弁機構が全てピストンより上に集中しており、ヘッドアッセンブリが結構な重量となります。)

※直列配置では下(クランク)と上(ヘッド)に分散しており、エンジン...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報