マルシェル新規登録で5000円分当たる

40名程度に自作の英語試験を行った結果、試験問題が難しかったせいか、平均点が低すぎたとします。そのような場合に、全員の得点を引き上げる方法について教えてください。

ネットで調べたところ、単純に全員に数点ずつ加算する方法や、平方根に10をかける方法、2次関数の利用、線形変換などがあることは分かりました。ただ、どんな場合に、どの方法が適しているのか、適していないのか、分かりません。その補正方法が妥当なのかを調べる方法などもあるのでしょうか。また、上記の方法以外にもいろいろ方法はあるのでしょうか。

できれば、このようなことを扱っている書籍があれば、それも教えてください。どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#2です。


>Getaというのは、一番悪かった人の得点のことでしょうか。それとも常に零点ですか。それから、「/Max」の部分は「TEN*(100-Geta)」の部分を最高点で割るということでいいのでしょうか。
>>得点TENを Geta+TEN*(100-Geta)/Max
得点が零点~30点に分布していたとします。
調整後の点を50点以上として、全員合格させたい場合
Geta=50,Max=30とすると調整後の点の式は以下の通り。
TEN'=50+TEN*(100-50)/30
0点→TEN=0で TEN'=50
30点→TEN=30で TEN'=50+50=100
15点→TEN=15で TEN'=50+15*50/30=75
などです。

調整後の点を50点以上を合格、50点未満を不合格、下駄を40点としたい場合(きわめて悪い場合だけ不合格とする場合)
Geta=40,最高得点Max30点のケース
調整後の得点TEN'の計算式
 TEN'=40+TEN*(100-40)/30
TEN=0→TEN'=40(不合格)
TEN=30→TEN'=100
TEN=5→TEN'=40+5*60/30=50(合格ボーダー)
TEN=20→TEN'=40+20*60/30=80

といった具合です。
素点をEXCELのA列に入力し、B列に計算式を入れ、C列に評価の条件式(IF文)を入れれば、自動計算ができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的に数値を入れてくださったのでよく分かりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/08/21 09:37

まず、どういう条件が要求されているかを整理します。

たとえば、次のようなものが考えられます。

(1)下限と上限。たとえば、100点法の成績であれば、0~100点の範囲内となります。105点とか120点という成績は出せません。
また、テストで0点の人は成績も0点でないとまずいのか、テストは白紙だが成績は20点だということでもいいのか、によっても違ってきます。

(2)平均点の条件。たとえば、平均が50点になるように成績をつけるとか、平均が50~60の範囲になるように成績をつけるとかいう条件がある場合です。

(3)合格ラインの条件。たとえば、50点以上を合格として、合格者を15人以上出さないといけない、という場合です。

(4)分布の条件。たとえば、0点から100点までまんべんなく分布しているのがいいのか、50点あたりに固まっていて0点付近や100点付近は少なくなるのがいいのか、という条件です。
----------------------
ひとつの絶対条件といってよいと思いますが、得点の順位が変わってはいけません。たとえば、「50点以下の受験者は一律10点アップ」という補正だと、55点の人を48点の人が追い越すことになります。このような補正方法は適切ではありません。

要求された条件を満たせば、あとは好きにやっていいと思います。
グラフ用紙に、横軸にテストの得点、縦軸に成績をとって、二次曲線でも三次曲線でも対数曲線でも平方根でも折れ線でもガンマ補正<y = ((x/100)^γ)*100, γは適当な正の値>でもいいのでよさそうなグラフを適当に書き、あとはそれを式に直すだけです。表計算ソフトでやれば楽です。

ただし、受験者に対して「どうやって成績を出したか」の説明が求められる場合は、単純なルール(たとえば、一律5点アップで、100点以上は一律100点とする、など)にしておかないと、あとで問題になるかもしれません。ガンマ補正や対数曲線を一般の人に説明するのは大変です。

一種の「ごまかし」なのですから、数学的に高級な式を使ったからより妥当になるなどはありません。

補正が妥当かどうかも、事情によってそれぞれです。一つの目安としては、度数分布をとってみて、分布が「平均点付近に多く、平均点から離れるほど少なくなる」という釣鐘型、正規分布と呼ばれる形に近くなる補正が妥当といえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ガンマ補正や対数曲線というのもあるんですね。ご丁寧にいろいろ教えてくださってありがとうございました。

お礼日時:2005/08/20 22:56

こんばんは!



>その補正方法が妥当なのかを調べる方法などもあるのでしょうか。

他の教科のテストとの兼ね合いとかはありますか?
もしある場合、他の教科の結果と、(1)平均、(2)標準偏差 が大体合うように補正できれば妥当だと思いますよ~。

もし無い場合は、これまでのテストの中で「これはうまいテストだった!」というテストに、同じく(1)平均、(2)標準偏差 が同じくらいになればOKとか。


各方法の向き不向きは、ほんと目的によると思いますが、一律加点か、線形変換にとどめておいた方がいいかなあと思います。

特殊ケース、たとえば(英語の試験だと特にありがちですが(汗))、「クラスの9割方が30点以下だけど、最高点が95点だ」という場合、一律加点も線形変換も難しくなるため、平方根に10をかける、を使わざるを得ない、という感じだと思います。

2次関数の利用は・・・よく分かりません(笑


書籍は、そのものずばり!のは無いと思います。
統計学のテキストの例題にはあると思いますが(^^;
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。他の教科との兼ね合いはありません。目的はある基準点以下をあまり出したくないということです。皆さん親切に教えてくださって感謝です。

お礼日時:2005/08/20 22:49

>できれば、このようなことを扱っている書籍があれば、それも教えてください。

どうぞよろしくお願いします。

多分ないと思います。成績を変更するのは問題つくりが適切でなかった、出題者の作成難易度のミスを認めるような内容の本を公開で扱うのは本来邪道です。

どうしてもする場合は、得点分布が均一に分散している(通常は正規分布)場合で、
1)全体を0点~100点に調整したい場合
得点の最高点をMax、最低点が零点の場合
得点TENを TEN*100/Maxに変換する
2)不合格を出せない場合や最低点以下が出ないようにする場合
下駄を履かせるGeta(零点がGeta点になる)それ以上を100点までに配点する場合、得点の最高点Maxとして
得点TENを Geta+TEN*(100-Geta)/Max

その他、ある点Limit以上を100点にし、最低点の零点に下駄Getaをはかせる場合
得点TENを Geta+TEN*(100-Geta)/Limit ただし100以上は100でカット (最高点Max>Limitに設定)

以上はいずれも得点範囲を線形変換するものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。質問のなかで挙げたのはあくまでも例なんですが、私の状況としては、2)の状況に近いです。それで低レベルな質問だとは思いますが、計算式について質問があります。Getaというのは、一番悪かった人の得点のことでしょうか。それとも常に零点ですか。それから、「/Max」の部分は「TEN*(100-Geta)」の部分を最高点で割るということでいいのでしょうか。教えていただければ幸いです。

お礼日時:2005/08/20 22:42

点数を引き上げる目的によります。



ただ点数の数値が少ないことが問題なのでしたら、一律に加点すればよい話です。

他の科目との平均点のずれを補正することを考えるなど、何か別の基準があって、その基準に合う形に補正する場合に、適切な方法を選んで補正を行うことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速にご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2005/08/20 21:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q得点の補正方法を教えてください

学生のテスト得点の補正方法(補正式)について教えてください.

コンピュータシステムの関係で採点結果が60点以上が合格と採点されてしまいます.
この得点をエクセルで計算させ、合格者は70点以上の点数になるように表記を書き換えたいのです.

事情は割愛させていただきますが、そもそもの配点を問題毎に変えるなどの細工は出来ません.
また、単純に10点加算のようにゲタを履かせるだけでは0点は0点でなくなりますので、全ての得点に係数のようなものをかけて全体を変換できるのが理想です.

条件は、
1.0点は0点のまま
2.100点は100点のまま
3.60点が70点になる(正確には60点が70点以上となり、59点は70点未満になる).
4.合格もしくは不合格にしなくてはならない人数は特に考える必要はない.
ということです.

数学に通じていないので、突拍子もない無理難題なのかも知れません.

このように変換する事自体可能でしょうか.
可能もしくはこの条件に近い変換をするためにはどういう計算式を使うのがよいのか教えてください.
よろしくお願いいたします.

学生のテスト得点の補正方法(補正式)について教えてください.

コンピュータシステムの関係で採点結果が60点以上が合格と採点されてしまいます.
この得点をエクセルで計算させ、合格者は70点以上の点数になるように表記を書き換えたいのです.

事情は割愛させていただきますが、そもそもの配点を問題毎に変えるなどの細工は出来ません.
また、単純に10点加算のようにゲタを履かせるだけでは0点は0点でなくなりますので、全ての得点に係数のようなものをかけて全体を変換できるのが理想です.
...続きを読む

Aベストアンサー

放物線で補正したものを,回答します。
y=ax^2+bx+c
とおき,条件を入れてみます。
100=(100^2)a+100b+c ‥‥(1)
70=(60^2)a+60b+c ‥‥(2)
c=0 ‥‥(3)

これを解いて,a==-1/240, b=17/12, c=0
y=-(1/240)x^2+(17/12)x
となり,エクセルで変換し,小数点以下を四捨五入したものが,条件を満たすことを確認しました。

Qバラツキを考慮して平均を補正したい

会社でちょっとした統計処理をしていて、
バラツキを考慮して平均を補正するという作業をしたいのでが、、、
なかなかうまくいきませなん。

例1) a1=2, a2=2, a3=2
例2) b1=-1, b2=0, b3=7

例1)a1~a3の平均と、例2)b1~b3の平均はどちらも"2"です。
しかし、例2)はb3だけが突出していて印象的には"2"よりも若干低めの、0~1ぐらいに補正したいのです。
しかし、補正をするための数学的根拠が見つけられないのです(そもそも無いのか?)。

私のつたない知識ですと、バラツキを現す手法としては標準偏差が思い当たりますが、
例1)の標準偏差=0
例2)の標準偏差=3.56
なので、これを利用して何とかならないか、、、などなど考えています。
平均値をバラツキを考慮して補正する、数学的根拠のある方法は存在するのでしょうか。

Aベストアンサー

#3です.

まず.「補正」という考え方は捨てた方がいいと思います.
この種のデータの扱いにはいろいろあります.

1.例2の「7」を捨てる
 質問にも書かれているように,データの出所から考えて「7」はおかしいのだというのであれば,これを捨てます.残ったデータは,「-1と0」ですから,平均をとれば「-0.5」になりますね.
この場合は,「7」を捨てる理由が必要です.
1)異常値として扱う
測定ミス,記入ミスなどは,「異常値」と呼びます.
本来は,原因を追究して値を書き直さなければなりません.例えば,7ではなく,0.7だったとかいうことです.
異常値の場合には,3個のデータのうちの最大値だけを捨ててしまうのは,誤ったやり方です.
2)外れ値として扱う
これは,異なる母集団が混ざってしまった場合です.
例えば,「1と0は20代の人の答え」「7は50代の人の答え」であって,明らかに集団が違う場合には,2個のデータと1個のデータに分けてしまって構いません.
ですから,-1と0の平均をとって,答え「-0.5」として構いません.

2.本当に補正(というかどうか?)できないのか?
実はできないことはありません.
ただし,事前に分布が分かっていることが必要です.
世の中には「二段階推定法」などというのもありますが,「確率紙」を使ってみるのも手でしょう(どちらも分布の仮定が必要です).
いま,データが3個ありますから,それぞれのデータが全体の何パーセントの位置なのかを計算します.
-1は3個の中の1番目ですから,1/(3+1)=0.25,
0は3個の中の2番目ですから,2/(3+1)=0.5
7は使いません.
この2点を確率紙に打点し,確率紙に書いてある通りに線を引くと平均などが求まります.

3.その他の注意
3個のデータで平均をとってもあまり意味ありませんね.
10個あるのなら,最小値,最大値を捨てて,8個で計算してもいいのではないかと思います.

#3です.

まず.「補正」という考え方は捨てた方がいいと思います.
この種のデータの扱いにはいろいろあります.

1.例2の「7」を捨てる
 質問にも書かれているように,データの出所から考えて「7」はおかしいのだというのであれば,これを捨てます.残ったデータは,「-1と0」ですから,平均をとれば「-0.5」になりますね.
この場合は,「7」を捨てる理由が必要です.
1)異常値として扱う
測定ミス,記入ミスなどは,「異常値」と呼びます.
本来は,原因を追究して値を書き直さなけ...続きを読む

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q偏差値換算得点・・・?

こんにちわ。

先日私は中央大学を一般試験で受験しました。

赤本に書いてある近年の合格最低点が例年230点前後なのですが、それは全て「偏差値換算得点」というものなんです。

この偏差値換算得点というものは、選択科目の平均点が絡んでくるんですよね?

そうすると、素点で230点を超えていても偏差値換算されると下回ってしまう可能性があるということでしょうか・・・。

ちなみに私の素点(概算)+例年比難易度は
英語・・・100/150(例年より易しめ)
国語・・・75/100(難易度変わらず)
政経・・・75/100(例年より難)

↑こんな感じです。
一応250(少なくとも240)は取れているようなのですが・・・正直いって心配してます。


ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>選択科目の平均点が絡んでくるんですよね?
そのとおりです。
 偏差値は、全員の平均点と標準偏差から算出します。
全員の点数をもとに、平均点を計算し、そこから標準偏差を計算し、標準偏差に相当する点数を10点相当として、比例計算します。
 平均点の人が、偏差値では50です。三科目とも平均点であれば、その人の偏差値は50になります。言い換えると、難しい問題であれば、100点満点の30点でも、30点が平均なら偏差値に換算すると、50です。80点とれていても、平均点が80なら、それも50です。したがって、問題の難易度によって、偏差値は違ってきます。
 平均点が50点になり、平均点以上の者は50点より高い点数、低いと必ず50点以下です。英語の150というのは、変換した後、1.5倍しているのでしょう。
 変換しなければ、1点は絶対1点です。変換した場合は、易しい科目なら1点取ってもそれ以下の0.8点くらいかもしれない、難しい科目の1点は、それ以上の1.8点とか2点とかで換算されるということです(こんなに単純ではありません。すくなくとも統計学の正規分布を理解する必要があります)。だから、選択科目によって難易度があっても、ある程度その補正ができるわけです。

>合格最低点が例年230点前後
 昨年の点数が230点だとしても、偏差値換算した場合は、問題の難易度によって昨年とは点数が違ってくるので、なんとも言えません。昨年と今年とでは、問題の難易度、例えば平均点と標準偏差が全く同じ場合にのみ、得点は同じ値になります。それ以外は(ほぼ同じでなければ)、偏差値換算すると、得点自体が変わってくるので、昨年と比較するのは無意味に近いのです。何も偏差値換算しなくても、昨年と今年では合格最低点が異なることからも明らかです。
 平均点の標準偏差が公表されれば、偏差値に換算した得点は簡単に算出できます。それまで、待つしか無いと想います。
 

>選択科目の平均点が絡んでくるんですよね?
そのとおりです。
 偏差値は、全員の平均点と標準偏差から算出します。
全員の点数をもとに、平均点を計算し、そこから標準偏差を計算し、標準偏差に相当する点数を10点相当として、比例計算します。
 平均点の人が、偏差値では50です。三科目とも平均点であれば、その人の偏差値は50になります。言い換えると、難しい問題であれば、100点満点の30点でも、30点が平均なら偏差値に換算すると、50です。80点とれていても、平均点が80なら、それも50です。したが...続きを読む

Q標準偏差の補正について

標準偏差の補正方法がわからず困っています。

測定値Aの標準偏差をa
測定値Bの標準偏差をbとします。

AをBで割った値A/Bを求め、A/Bの標準偏差の値を求めたいのですが、どのようにすればいいのかわかりません。

どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

実験データの解析をしようとしているのですね。
数学の問題としてではなくて、実用上の観点からお答えしますね。

A、Bは異なる物理量で、A/Bという物理量について考える。
そして、A/Bの標準偏差を知りたいのは、その測定誤差を知るため。

ということでよいでしょうか。
そうだと仮定してお答えします。

> 測定値Aは以下3つの値の平均値0.176であり、SDは0.006
> 測定値Bは以下3つの値の平均値1.478であり、SDは0.106
> データの性質上、3つずつの値がそれぞれに対応しているわけではない

A/Bを直接測定したわけではないので、その分布を出して標準偏差を計算することはできないです。
仮想的にやっても良いですが、あまり裏づけがあるともいえなさそう。

実験データからわかることは、およそ
A = 0.176 ± 0.006
B = 1.478 ± 0.106
ということ。

標準偏差を測定精度とみなすのは、どのみち「およそ」の話です。
正準分布しているわけでもないし、そもそも三つぐらいの測定データですし。

上の式は、およその話として、A, B の真の値が、

0.176 - 0.006 < A < 0.176 + 0.006
1.478 - 0.106 < B < 1.478 + 0.106

の範囲にあることは、ある程度の確かさで信じても良さそうということを意味しています。

従って、そのぐらいの確かさで、

(0.176 - 0.006)/(1.478 + 0.106) < A/B < (0.176 + 0.006)/(1.478 - 0.106)

つまり、

0.1073… < A/B < 0.1326…

の範囲に、A/B の真の値があることがいえます。
その幅は、およそ 0.025 ≒ 2×0.013

結論として、物理量A/B の実験値としては、0.176/1.478≒0.119より、

A/B = 0.119 ± 0.013

としてはどうでしょうか。実用的にはこれで十分だと思います。

ANo.3さんのご回答のように誤差の伝播の式を使うのもありますが、実質的には似たようなものになります。
値も似たようなものになるはずです。

誤差の評価は、もともとそのぐらい大雑把な話で、難しい数学を使っても、それだけ誤差の評価が正確になるというわけでもないんですよね。

こんにちは。

実験データの解析をしようとしているのですね。
数学の問題としてではなくて、実用上の観点からお答えしますね。

A、Bは異なる物理量で、A/Bという物理量について考える。
そして、A/Bの標準偏差を知りたいのは、その測定誤差を知るため。

ということでよいでしょうか。
そうだと仮定してお答えします。

> 測定値Aは以下3つの値の平均値0.176であり、SDは0.006
> 測定値Bは以下3つの値の平均値1.478であり、SDは0.106
> データの性質上、3つずつの値がそれぞれに対応...続きを読む

Q大学の成績評価は出席点など+α系を加味しない場合、テストの素点のみで評

大学の成績評価は出席点など+α系を加味しない場合、テストの素点のみで評価をするのですか? ちなみにうちの大学では評点が60点以下だと単位を落とすことになります。

また、受講生全体の出来が悪い難しいテストなんかで、受講生全体の平均が低くくても、素点で40点とか取ってしまったらその時点でアウトなのでしょうか?

Aベストアンサー

テストの素点のみで評価するのは少数派でしょう。
現在は学生のレベルが落ちていますから、傾向として平均点も下がっています。

入学が容易になっているのに、卒業は昔と変わらないようにしようとすれば、評価は当然甘くなります。
一般には、点数の調整をします。いわゆるゲタをはかせるというやつです。
頑固に絶対評価にこだわって多数を不可にしたりすると、教員仲間からひんしゅくを買います。
必修科目なら再履修することになり、教員の負担が増えるだけだからです。
実際に半分位に秀をつけたり、半分が不可だったりしても、教員に権限があるので文句はいえないのですがね。

一般的に、何をもって成績が良い悪いとするのか、科目内容の作り方を含めて、担当教員にまかされています。高校以下のような教員免許が要らないので、教え方だって様々で、学生に力がつくかどうかも教員次第なのです。

こういう仕組みはおかしいので、聖域化している教員の権限領域をオープンにすべきという話もあります。しかし、いつものことですが、教員同士が互いに傷をなめあう体質もあり共同で防御にまわります。学生にとって、これはパワーハラスメントに近いものがあります。

テストの素点のみで評価するのは少数派でしょう。
現在は学生のレベルが落ちていますから、傾向として平均点も下がっています。

入学が容易になっているのに、卒業は昔と変わらないようにしようとすれば、評価は当然甘くなります。
一般には、点数の調整をします。いわゆるゲタをはかせるというやつです。
頑固に絶対評価にこだわって多数を不可にしたりすると、教員仲間からひんしゅくを買います。
必修科目なら再履修することになり、教員の負担が増えるだけだからです。
実際に半分位に秀をつけたり、半分が不...続きを読む

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q100点換算の仕方について教えてください

100点換算の仕方について教えてください

恥ずかしながら、100点換算の仕方がわかりません…
教えて頂けないでしょうか?
例えば、40点満点で15点取ったら、どうやって100点換算するのでしょう?

Aベストアンサー

>例えば、40点満点で15点取ったら、どうやって100点換算するのでしょう?
15×(100÷40)=37.5点です。

要は、
[実際の点]×(100÷[実際の満点])
です。

Qパーセンテージの平均の出し方は?

1月:90%
2月:90%
3月:86%

1月~3月までの平均のパーセンテージは?
という時に、(90+90+86)÷3
という計算方法が間違いである理由がどうしてもわからないのですが、わかりやすく教えていただけませんか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。
単純に割合の平均は求めてはいけません。
割合は全体に対するものです。
例えば
1月
本が100冊売れた。 漫画本はその内50冊。
(漫画本の割合は50%ですよね)
2月
本が10冊売れた。 漫画本はその内10冊。
(漫画本の割合は100%ですよね)
3月
本が1000冊売れた。 漫画本はその内0冊。
(漫画本の割合は0%ですよね)

さて、1・2・3月トータルで漫画本の割合は
(50+100+0)/3=50でいいのでしょうか?
本当にトータルで50%も漫画本は売れたでしょうか?
本当は
1110冊売れて、内60冊が漫画本ですから、
60/1110*100=約5.4%になります

ですから、割合を出すときは
とにかく分母は全体です。
(この場合1~3月の全体が分母になります)


似た問題でAからBまで150kmを1時間、
BからCまで150kmは2時間
かかりました。
問題1.AからBの時速は
  2.BからCの時速は
  3.AからCの時速は

ここで3を求めるとき同じ距離だから、
1と2の平均を出す人がいるのですが・・・・
答えは300kmを3時間なので・・・・。
と言うことになり、単純に平均を取ればよいと言う問題ではないのです。

はじめまして。
単純に割合の平均は求めてはいけません。
割合は全体に対するものです。
例えば
1月
本が100冊売れた。 漫画本はその内50冊。
(漫画本の割合は50%ですよね)
2月
本が10冊売れた。 漫画本はその内10冊。
(漫画本の割合は100%ですよね)
3月
本が1000冊売れた。 漫画本はその内0冊。
(漫画本の割合は0%ですよね)

さて、1・2・3月トータルで漫画本の割合は
(50+100+0)/3=50でいいのでしょうか?
本当にトータルで50%も漫画...続きを読む


人気Q&Aランキング