プロが教えるわが家の防犯対策術!

比率(%) の平均値を算出する場合、
算術平均値、幾何平均値、調和平均値の
いずれが適切でしょうか。

例えば次のデータがある場合、エクセルで各々の
種類の平均値を算出すると求められる答えが
変わってきます。明日までに上司に提出する
レポートで、比率の平均値を記載しなくては、
ならないのですが、いろいろなサイトを調べて
もいまいち自信が持てません。助けて下さい。

ちなみに数値(%)は物流諸掛(ある貿易取引中の
最終確定金額中において、どれくらいの割合、
搬送費用が占めているのか) を表しています。
宜しくお願い致します。

(例)
1.222 %
1.210 %
1.204 %
1.159 %
3.232 %
1.762 %
1.112 %
1.299 %
1.122 %
1.611 %
1.284 %

算術平均 1.474 %
幾何平均 1.396 %
調和平均 1.346 %

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

これらの率だけからでは意味のある平均は出せません。



すべての種類における最終確定金額に対する搬送費用の割合の
平均値を計算するならば、
すべての種類の搬送費用合計/すべての種類の最終確定金額合計
とする必要があります。

率しか分かっていないと、例えば種類Aの物流が1、種類Bの物流が
1000といったように極端な場合は、単に率の平均をとるのは
意味がないとわかると思います。
すなわち、それぞれの種類の絶対量がわからないといけないと思い
ます。
    • good
    • 0

少し補足ですが、種類iの最終確定金額をAi、搬送費用をBi


(i=1,2,…,n)とすると、今は率ri=Bi/Aiの情報だけが分かっている
状況です。
物流全体の最終確定金額に対する搬送費用の割合は、
r=(B1+B2+…+Bn)/(A1+A2+…+An)
です。
Bi=ri*Aiなので、
r=(r1*A1+r2*A2+…+rn*An)/(A1+A2+…+An)
となります。
ここで、物流全体の最終確定金額の合計をA=A1+A2+…+Anとすると、
r=r1*(A1/A)+r2*(A2/A)+…+rn*(An/A)
となります。
各Ai/Aは各種類の最終確定金額の割合なので、これは各比率を
最終確定金額の割合で加重平均していることになります。

つまり、正解は算術平均で、ただし、単純な平均ではなく、
それぞれの重みで平均することになります。

私は業界は違いますが、このように、各種類の比率から会社全体の
比率を計算することはよくあります。
    • good
    • 1

他の回答者さんと同様に、私も各種の搬送費の平均値を求める事にはあまりがないように思われます。

ここでは、やはり、
(搬送費の合計/最終確定金額の合計)×100として貿易全体における搬送費の割合を求めるべきだと思います。

また、各項目の全体に対するシェア(その品目?が全体のどのくらいの割合を占めている)の情報があれば、加重平均を採用すれば良いかと思われます。
    • good
    • 1

>.... 物流諸掛(ある貿易取引中の最終確定金額中において、どれくらいの割合、搬送費用が占めているのか)



このコメントを読まされてしまうと、何のために「平均」を勘定するのか、のほうが先決問題だと思ってしまいます。
「貿易」だとすると、取引先の地域・搬送手段 ....などまちまちでしょう。
戦略・企画に資する分析なら、「平均値」に直行する前にやることがあるはずです。

年間予算のための見積もりなどでしたら、あるていどのどんぶり勘定をするしかないので、凝るだけ無駄骨です。
総額の中の比率として、単純な「算術平均」で充分だと愚考します。
    • good
    • 0

本当は合計同士の比率を計算すべきだと思うんだけど....

    • good
    • 4

>物流諸掛(ある貿易取引中の最終確定金額中において、どれくらいの割合、搬送費用が占めているのか) を表しています



上記がの内容が理解できませんので何とも言いがたいのですが。

日常業務での平均は
<平均=算術平均=相加平均>または<加重平均>であって、
<幾何平均値=相乗平均><調和平均値>はまず考えられません。

<比率>と聞けば<加重平均>と直感しますが、遺憾ながら貴殿のDATAの中には<重みのDATA>がないので算出しようがありません。

このDATAだけでは<平均=算術平均=相加平均>しか使えません。

あるいは<重みのDATA>があるのでしょうか?
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/lecture/mb-arc/arc …

>最終確定金額中において、どれくらいの割合、搬送費用が占めているのか

何度も眺めていると、<平均=算術平均=相加平均>のような・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパーセンテージの平均の出し方は?

1月:90%
2月:90%
3月:86%

1月~3月までの平均のパーセンテージは?
という時に、(90+90+86)÷3
という計算方法が間違いである理由がどうしてもわからないのですが、わかりやすく教えていただけませんか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。
単純に割合の平均は求めてはいけません。
割合は全体に対するものです。
例えば
1月
本が100冊売れた。 漫画本はその内50冊。
(漫画本の割合は50%ですよね)
2月
本が10冊売れた。 漫画本はその内10冊。
(漫画本の割合は100%ですよね)
3月
本が1000冊売れた。 漫画本はその内0冊。
(漫画本の割合は0%ですよね)

さて、1・2・3月トータルで漫画本の割合は
(50+100+0)/3=50でいいのでしょうか?
本当にトータルで50%も漫画本は売れたでしょうか?
本当は
1110冊売れて、内60冊が漫画本ですから、
60/1110*100=約5.4%になります

ですから、割合を出すときは
とにかく分母は全体です。
(この場合1~3月の全体が分母になります)


似た問題でAからBまで150kmを1時間、
BからCまで150kmは2時間
かかりました。
問題1.AからBの時速は
  2.BからCの時速は
  3.AからCの時速は

ここで3を求めるとき同じ距離だから、
1と2の平均を出す人がいるのですが・・・・
答えは300kmを3時間なので・・・・。
と言うことになり、単純に平均を取ればよいと言う問題ではないのです。

はじめまして。
単純に割合の平均は求めてはいけません。
割合は全体に対するものです。
例えば
1月
本が100冊売れた。 漫画本はその内50冊。
(漫画本の割合は50%ですよね)
2月
本が10冊売れた。 漫画本はその内10冊。
(漫画本の割合は100%ですよね)
3月
本が1000冊売れた。 漫画本はその内0冊。
(漫画本の割合は0%ですよね)

さて、1・2・3月トータルで漫画本の割合は
(50+100+0)/3=50でいいのでしょうか?
本当にトータルで50%も漫画...続きを読む

Qエクセルで平均割合の出し方

分からなくて困っています。
エクセルで数の表の平均割合を出さなければいけないのですが、どうしたらよいでしょうか?

エクセル初心者なのでとても困っています。どうか教えてください。

Aベストアンサー

割合平均の出し方ですが、例えば
    A     B     C    D     E
1 申込人数 金額 人数割合 金額割合 割合平均
2  100  5000円   33.33   29.41   31.37 
3   50  2000円   16.66   11.76   14.21
4  150  10000円   50.00   58.82   54.41
5計 300  17000円  100.00  100.00   100.00
とします。
 C2には =A2/A$5 C5には =SUM(C2:C4) Dも同じ
割合平均は、
 E2には =(C2+D2)/5 E5には =SUM(E2:E4)
で算出できると思います。
なお、小数点は2桁で表示しています。

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q比率の平均値と、平均値の比率の違い。

比率の平均値と、平均値の比率の違いを論理的に説明できないでしょうか?
数式にすると、違うことはわかるのですが・・・


数値A、数値B、その比率
x1、 x2、 x1/x2
y1、 y2、  y1/y2
z1、 z2、 z1/z2
の場合
平均値の比率は
(x1+y1+z1)/(x2+y2+z2)

比率の平均値は(事象数をαとする)
(x1/x2+y1/y2+z1/z2)/α

他の数値とαの間に因果関係が認められないので、必ずしも同一といえない。
と、してコレを口語的な論理で説明したいんですけど・・・

よろしかったら、お答えいただければありがたいです。

Aベストアンサー

論理的に… ということですが、式以上に論理的なものはない気がします。

そこで、極端な例えを一つ。
昨日、問題を1問解いて正解だった。
今日は5問解いて3問正解だった。

昨日は100点、今日は60点。
二日間の平均点は80点ですが、通算正答率は 4/6=67点です。
この例では目的によってどちらも使います。

次に入学試験の成績を考えます。100点満点×5科目とすると
普通は5科目平均で比較しますよね。科目ごとに出題数や配点が違うので全事象(全出題数)に対する比率(正答率)はあまり意味ありませんね。

要は、質の違うグループをいくつか扱うときには、平均値の比率よりも比率の平均値を使う事が多いということでしょう。質の同じ物を扱うときには目的によってどちらを使ってもいいということでしょう。

答えになっていないかも知れません。

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Q割合に基づいた平均客単価の求め方

割合平均?について教えてください。

平均客単価を出す必要があります。

一日に、男性比率75% 女性比率25%の来客として、
男性客単価が4200円、女性客単価が3900円のばあい、どのように平均客単価を計算したら良いのでしょうか?

足して2で割るだけじゃなくて、比率を掛けるか割るかするにだと思いますがわかりません。
どうぞお知恵をお貸しください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一日に100人客が来たとすれば、男性75人・女性25人。

4,200円×75 + 3,900円×25 =412,500円
412,500円÷100=4,125円

答えは 4,125円です

Qパーセンテージのバラツキを表現する場合どうするの?

パーセンテージのバラツキを表現する場合どうするの?

例えば、下記の実験を行ったとして、

1月1日に種を10個植えたら、2個芽がでたので、発芽率2/10=0.2
2月1日に種を16個植えたら、4個芽がでたので、発芽率4/16=0.25
3月1日に種を25個植えたら、2個芽がでたので、発芽率2/25=0.08

という結果だったとき、全体の発芽率は(2+4+2)/(10+16+25)=0.157
ですが、この実験日別による発芽率のバラツキの程度を表現する場合は、
通常どうすれば良いのでしょうか?

パーセンテージで標準偏差だしたらおかしいですよね?

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

16±(9%) と誤解されるのを恐れるなら、
(16±9)% と書いてはどうだかな。
「ポイント」は、数学や自然科学の話題では、
違和感が大きい。
あからさまな文系用語だから…

QExcelで加重平均を出す方法

Excelで加重平均を出す方法を教えてください。ちんぷんかんぷんです。

Aベストアンサー

#1を式で言えば
値がA1:A10
重みがB1:B10
に入っていれば
加重平均
=SUMPRODUCT(A1:A10,B1:B10)/SUM(B1:B10)
になります

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。


人気Q&Aランキング