単なる興味本位の質問で申し訳ありませんが,食事における”殺生”の
定義の境界線を知りたいと思いました.

宗教的な事情から,肉や魚を食することを禁じた教えを遵守する方々が多数
いらっしゃることと思います.
そういう方々は,乳製品や無精卵をどう捉えているのか知りたいと思いました.

もっとも,宗派の違いで見解はさまざまでしょうし,時代の移り変わりで
事情が変わっていたりすることもあったりで,長々としたご回答にならざるを
得ない場合もあろうかと思いますが,そのような場合は,どうぞ,概略の
ご説明に留めてくださればけっこうです.

ただ,殺生を禁じる思想のことをつらつら考えていますと,これには,
「天寿をまっとうした動物の遺骸なら食しても構わないのだろうか?」
などと,疑問がどんどん広がっていきます.

次のサイトのように,分類整理された情報があればいいと思っている
のですが.
http://www.kabinet.or.jp/kabinet/users/pito/jwhy …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 宗派にもよるかと思いますが、初期仏教の場合、肉食を禁じていたわけではありません。


 出家者は托鉢によって人々から食物を得ていました。当然、その際に肉を供養されることもあるわけですが、それが「その家庭で食べるために屠殺された肉をたまたま訪れた出家者に供養した」ものなのか、「出家者に供養するためにわざわざ家畜を屠殺した」ものなのかで、評価が異なります。前者なら食べても良い、後者は食べては(受け取っては)いけない。
 布施された食物を拒むことは基本的にタブーです。宗教修行に打ち込む代わり、非生産者である出家者は在家信徒の布施によって生命を保つことを許されるのですから。けれど、出家者のためにわざわざ殺生が行われることだけは、例外として禁じられていたわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は,托鉢の本質もわからないでいましたので,ご説明くださったことは
たいへんためになりました.ありがとうございました
いただいた回答の文面をヒントに検索をしていましたら,次のサイトに
行き当たりました.
http://www3.ocn.ne.jp/~kaizouji/kokolo/kokolo-3j …
親鸞上人が”肉食帯妻”で有名ですが,これによると,皮肉にも,
精進料理のルーツは彼にあったと言えるわけで,私にとってこれはちょっとした
発見です.

お礼日時:2001/11/03 08:54

ヒンズー教徒の例として、ガンジーの事例を紹介します。



ガンジーの自伝を読んで驚いたのですが、ガンジーとガンジー夫人は
死に瀕する病になっても、断固として肉類どころか、肉のスープまで
も拒んでいました。さらに、ガンジー自身は牛乳までも口にしなかっ
ようです。
(もっとも、ガンジー自身は病に倒れた時、最後で折れて山羊の乳を
 口にして病気から回復したとのこと。肉類を食するのはヒンズー教
 徒で禁じられているが、乳製品についてはガンジー自身もかなり悩
 んでいたようだ)

もっとも、インド人すべてがそうではないらしく、彼の少年・青年期の
頃の記述にありますが、彼の友人は隠れて肉を食べたり、インドを離れ
てイギリスに留学中に、食事の禁をやぶることは多々あったようです。

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます.
ガンジーといいますと,もうあまりよく覚えていませんが,昔,劇場に見に
行った映画「ガンジー」で,彼が抗議としての断食が終わる度にオレンジ
ジュースを求め,飲んだというシーンが思い出されます.
私にはヒンズー教のことは全くといっていいほど知識はありませんが,そこには
何を食してはいけないかといった,厳格な教典があるわけではないようですね.
取捨選択は本人の意志に任されているといったところでしょうか.
彼の場合,きっと,政治指導者として,常に注目を浴びる立場にいたわけで,
それゆえ,宗教的にも,皆に模範を示さなければ,というプレッシャーも
あったのではないかと想像したりもするのですが.
(全然関係ないですが,とある国には,牛肉を食べるパフォーマンスで模範を
示す政治家もいますが.)

お礼日時:2001/11/03 08:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不殺生戒の指す様々な「殺生」について

不殺生戒の指す様々な「殺生」について調べています。
不殺生戒って、ただ生物の命を奪うなと言っているだけではないですよね。
皆さんは、具体的にどういったことを「殺生」としているとお思いですか?

Aベストアンサー

 以前、聞いたことが自分の考えになっていますので、それについて書きます。
 簡単に言うと、今を大事に、精一杯生きなさい。ということだと思ってます。
 ありのままの自分、例えば苦しんでいる自分とか、喜んでいる自分、悲しんでいる自分、そのすべてを受け入れて、現実から逃げることはしない。それが生きているということだ。
 もし、それから逃げたら、それは自分から、魂から逃げているようなものだから、それは魂の死である。
 変な解釈になっちゃいましたが、こんな感じでしょうか?
 自分は、何か嫌なことがあったときとか、苦しいときこの言葉を思い出して、その難題にぶつかっていきます。
 玉砕して、へこんでしまうときもありますが、、、
(^^; 皆様の意見も聞きたいですね。

Qジャンジャック・ルソーの遺骸

哲学のカテか歴史のカテかわからないのですが。
とりあえず、哲学者といういうことで、このカテで質問します。

ジャンジャックルソーは、パリのパンテオンに偉人としてまつられていますが、没地のエルムノンビルには、今は何もないのでしょうか。
つまり、荼毘にふされた分骨が残っているとか。あるいは、当時は火葬でなく遺骸をそのままパンテオンに移葬したのか、そのあたりの事情をご存じの方は、お教え下さい。
また、その遺骸をジュネーヴ市が返還要求したというようなことがあったと何かの本で読んだような気がしますが、どこで読んだのか忘れてしまいました。勘違いかも知れません。そのあたりもご存じの方がお出ででしたら、教えてください。

Aベストアンサー

エルムノンビル(Ermenonville)には、最初白鳥の島と言われ、今はポプラの島と言われる(Une "ile aux cygnes" y deviendra bientot "aux peupliers" et celebre...)島の中央にフランス人画家Hubert Robertによって1780年にデザインされた彼のお墓があります。

彼の信奉者であり,彼の教育思想にそって子供を育てたと言われ、彼を呼寄せた侯爵(le marquis de Girardin)によって彼の遺体は、領地内のポプラの島に埋葬(1778年)された。その後1793年10月11日にパンテオンに移葬(遺灰です。les cendres de Jean-Jacques Rousseau sont transferees d'Ermenonville au Pantheon.) された。分骨は無いようです。

下記サイトの画像が、エルムノンビルにあるポプラの島の彼のお墓です。
http://www.terresdecrivains.com/article.php3?id_article=166

ジュネーヴ市とのやり取りは、残念ながらよく分かりません。

エルムノンビル(Ermenonville)には、最初白鳥の島と言われ、今はポプラの島と言われる(Une "ile aux cygnes" y deviendra bientot "aux peupliers" et celebre...)島の中央にフランス人画家Hubert Robertによって1780年にデザインされた彼のお墓があります。

彼の信奉者であり,彼の教育思想にそって子供を育てたと言われ、彼を呼寄せた侯爵(le marquis de Girardin)によって彼の遺体は、領地内のポプラの島に埋葬(1778年)された。その後1793年10月11日にパンテオンに移葬(遺灰です。les cendres de Jean-...続きを読む

Q仏教の殺生を禁じる教えについて(質問)

仏教では生き物を殺すことは良くないことと考え、家畜を飼わず肉食を避け、菜食中心の生活が勧められてきたように思います。
しかし歴史的に、仏教の教えがなければ酪農をし、不作で飢饉の際には家畜と、家畜が食べていた穀物の両方を食べ、自分や家族の命を守ることができます。
過去、日本は飢餓民族と言われるほど飢饉が多く、結果的に仏教の教えは、自分や家族の命を大切にできないのではないでしょうか。
生き物の命を大切にしようとすると自分や家族の命を危うくする、この矛盾をどう考えればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。。

 たぶん、あまりまとまりのある文章にはならないと思うのですが、少し記してみます。

 仏教の戒律は、(とくに一般人に求められるものとしては)厳格な禁止事項という意味合いよりも、生の有り様を見つめるための省察事項という意味合いの方が強いと思います。(日本の仏教は、後にここらへんをいささか拡大解釈し過ぎた?と思われなくはないですが・・・)

 その戒律の中でも、「不殺生戒」は、他の戒とはとくに異なる性質を持つと思います。
 語弊を招くかもしれませんが、端的に言えば「守れないことを前提にした戒」ということでしょうか。
 一切の殺生をせずに一生を過ごすことは、まぁ不可能でしょう。人の生がいかほどの死によってもたらされているかに思いを巡らせ、その罪悪を悔い、自身の行いを戒める、というのが、一般の人に求められる不殺生戒の本質のように感じています。(←あくまで個人的な見解)
 仏教では、本来、ご質問文にあるような「究極の選択」的な矛盾を、矛盾そのままに一般の人に強いるようなことはなかったのではないかと思うのですが。

 仏教は一般向け(?)には輪廻説を採用していましたから、生き物を殺した罪は巡り廻って自分に還ると説いていました。
 生き物の命を大切にすることは、最終的には自分を生かすことにもつながるという図式になっていたのだと思います。

 読みにくい文章ですみません。では。

 

こんにちは。。

 たぶん、あまりまとまりのある文章にはならないと思うのですが、少し記してみます。

 仏教の戒律は、(とくに一般人に求められるものとしては)厳格な禁止事項という意味合いよりも、生の有り様を見つめるための省察事項という意味合いの方が強いと思います。(日本の仏教は、後にここらへんをいささか拡大解釈し過ぎた?と思われなくはないですが・・・)

 その戒律の中でも、「不殺生戒」は、他の戒とはとくに異なる性質を持つと思います。
 語弊を招くかもしれませんが、端的に...続きを読む

Q殺生について<無邪気な蚊の淡い一生>

部屋の中を無邪気な蚊が楽しそうに飛び回っていました。

突然私の耳元で「ブーーン」と不快な音が聞こえてきたので、
無意識のうちに耳元に手を当てたところ、その蚊は、哀れ
にも気絶してしまい、デスクの上に横たわってしまいました。

しばらくの間必死に介抱していたのですが、私の祈りは届
かず、たった今、息をひきとってしまったようです。

私はなんと罪深い事をしてしまったのでしょう。無邪気な蚊が
哀れでなりません。この先私は如何に生きて行けば良いので
しょうか‥‥‥。

Aベストアンサー

 正法に帰依することでしょう。
 蚊が命をかけて、諭してくれたとして、自らが成仏して、その縁の功徳力で蚊をも成仏させましょ。
 それが、蚊に取っても供養にもなり、回向ともなるでしょう。
 食べられる魚にしても、食肉となった動物にしても同様であります。自分が成仏させていただく為の犠牲であり、糧であります。これで、自分が成仏しなければ、報われる事もないでしょう。
 如何ですか?
 真面目なご質問なら、本当に肝に銘じて下さい。
 冗談半分ならば、このような質問はすべきでありません。回答者に対して、失礼であり、侮辱することになります。

Qhttp://oshiete1.goo.ne.jp/qa5582485

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5582485.htmlの回答番号#2について の素朴な疑問です 
 
この修羅の巷で幸せの奪い合いと不幸の擦りあいを行う メッシュのノードとして それに加担し続けることハ 迷惑ではないのでしょうか 
 
あなたの幸せは他人の不幸の上に成り立っているのに 

Aベストアンサー

織物のnode、濃度、農奴。
結節点からこぼれる人間もいないし、織物の張力から外れて一つの存在であるような人間もいません。
それ自体が時には、くだらなく、悲しく、重いかもしれないが、
煩わしい、迷惑だ、そういう気持ちもまた、どこにもやり場がありません。
逃げ場もなければ廃棄場もありません。
だから逃げないし棄てないことが、たぶん望ましいのでしょう。
それ以上のことを望みすぎかもしれませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報