最新閲覧日:

ベーカリーの店頭(店内)に、パンで出来たオブジェが飾られていることがあります。
中には『売り物ではありません』という表示がついていたりもします。

あれは、ふつうのパンと同じ素材なのでしょうか(食べられるの?)。
どのくらいの周期で新しい物と交換するのでしょうか。

実は、「食品サンプル」だったりして。

A 回答 (2件)

私も、昔、パン屋さんで聞いたことがあるのですが、食べられるそうです。

水分がすくないので、実際に食べたら苦労する、とのことでした。

交換はパン屋さんの気分次第じゃないでしょうか。

じつは自分の結婚パーティの飾りに何か作ってもらおうと思って相談したのですが、結局は「食べられるパン」を作ってもらいました。(いつまでも残しておくわけにいかないし、いちおう食べ物を捨てるわけにもいかないし・・。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

パン屋さんのホームページをいくつか覗いてみたのですが、この件に触れているものはなかったんですよ。

結婚パーティーの飾りパンの味はいかがでしたか?
さぞや甘かったことでしょう。

お礼日時:2001/11/05 13:26

それは色が濃いこげ茶色(きつね色よりもさらにダークトーン)で、三つ編みやねじりが入って成型されているパンのことでしょうか?



「食品サンプル」(化学樹脂系のもの)ではないという前提で回答します。
答えは「食べられるけれど、食べられない」です。
あれは、ちゃんとパンとして焼かれている物です。
ただ、油脂分がほとんどなく、硬いフランスパンっぽい粉の配合で、固く焼き締めてあり、水分が飛んでいます。そのためカビが生えたり、虫がつくことは少なく焼いた形のまま長持ちします。
しかし、このような状態なので、決して美味しいわけでなく「食べられます!」と言い切ることは出来ないのです(笑)
虫が喰ったり、ホコリがうっすらついたり、あるいは内容が季節に合わなくなったり(クリスマス用とかの場合)したら、お店が適宜交換しているのでは?と思います。

私がパン作りを習っていた時に(今はすっかりごぶさた・・・)12月にパンリースというものを作りました。(上のもののミニ版というかんじ)作って飾って、箱にしまい2シーズン持ちましたが、さすがに3シーズン目には虫に喰われたらしく、出してみたらぽつぽつと小穴が開いていました。

下のぺージには上手に保存すれば3~4年は持つと書いてありますね。

参考URL:http://www.seisei-kyo.gr.jp/freshman/virtualcult …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

あまり食べたいと思ったことはありませんが、飾られていたパンの行方が少々気になっていたものですから。

機会があったら、自分でもパンリース作りに挑戦してみたいと思います。

お礼日時:2001/11/05 13:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ