以前、http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1633590の質問をした者です。

今日ペンテコステ派の集会に行ってきました。
無理矢理両親に連れて行かれました。
牧師に「イエスを信じるか」と聞かれましたが、
「信じてない」と答えたところ、周りの牧師が
集まってきて、「イエスを信じない者は地獄に落ちることになる。
イエスを信じなさい。」と口々に言われ、拒みきれず、
「イエスを信じます」と言ってしまいました。
とても悔しいです。
キリスト教に嫌悪感を抱きました。
キリスト教に関するものすべてを壊してしまいたいぐらいです。

「イエスを信じる」と言ってしまえば、キリスト教に
入信したことになるのでしょうか?
キリスト教を辞める方法ありますか?

牧師が難聴や吃音を治す祈りをするとき、
私も一緒に祈らされました。
聞くのさえ嫌な異言も言わされました。
何か最初から異言を話せる人は殆どいないらしく、
選ばれし者みたいに扱われました。
とても苦痛でした。

難聴や吃音ですが、牧師は治ったといいましたが、
実際には治っていません。更にひどくなった感じです。
でも両親は牧師の言葉を信じてとても喜び、
めったに行かない外食に連れて行ってくれ、
高価なプレゼントまで買ってくれました。
病院でちゃんとした治療を受けたいのですが、
両親は病院を毛嫌いしていて、祈りで治せといいます。
もし治っていないことが両親にばれたら、また集会に連れて行かれます。
そのことや、両親のがっかりした顔を見るのが嫌で、
今は治った振りをしています。
もう死んでしまった方がどんなに楽だろうと思い始めています。
どうしたらいいんでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

こんばんわ



 ご心配なく。
 お心を強く持って下さい。

 信仰というものはどれだけ口で言っても本人が心から
 受け入れない限り、その対象とする宗教を信仰したとか
 受け入れた、ということにはなりません。これはキリ
 スト教に限らずどんな宗教でも同じです。

 また、これは逆のことも言えます。自ら信者であると
 自負しても、その(正しい)行いがない限り本当の
 信仰生活を歩んでいるとは言えません。

 さて、親御さんには、以下のように仰って下さい。

 「本人の自由意志のないところでの信仰は無効である」

 と。更に連れて行こうとしたら、

 「個人の信仰は自由意志のもとにある」

 と。これは憲法でも信仰の自由は保証されています。
 okosama さんにはその自由があります。

 親御さんや牧師が「地獄に行きますよ」と言うなら、

 「神が本当に私を選んだというのなら心配ないでしょう。
  人間であるあなたが私の信仰云々に介入しないで下さい」

 と。本人の意思を無視した強引な信仰告白の強要は
 ときどきみられます。本当にとんでもない話ですよね。

 お怒り、そして悔しさは十二分に理解できます。しかし、
 どうぞ決して臆することなく、また強引な行為に屈しない
 で下さい。お気持ちを強く持って下さい。

 できれば "正しく対抗" するためにキリスト教に限らず、
 宗教全般を学んでみて下さい。 最近は書店で簡潔に
 述べられている書籍がたくさんあります。ま、今回の
 ようなことがあると気は向かないと思いますが…。笑

 しかしそういった学習は強い心を育て、相手がどんな
 相手でも怖がること無く…何が間違いで何を受け入れる
 べきか自然と見えてくる "眼力" を手に入れることができ
 ます。もしかしたら親御さんが変わるかもしれませんね。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
今度連れて行かれそうになったら、
回答者様の教えてくださったとおりに
言ってみようと思います。

宗教の勉強も、落ち着いたら
考えてみようと思います。

お礼日時:2005/09/11 06:36

難しく考えすぎじゃないかなぁ?



イエスを信じると言ったからって入信したかしてないかは、自分の考え方次第だと思うし、大体イエスを信じるの意味がわからんw

イエスキリストと呼ばれてる人物は本当に実在してますから、普通に信じていいと思いますよ。
    • good
    • 0

後もう一つ書きますね。

治ったでしょう。と言う意味は2つの意味があります(クリスチャン用語で癒される)
この癒されるというのはあなたが書いているように
治った完治したという意味ともう一つの意味は気にならなくなったと言う意味ですね。僕もすごく目が悪く劣等感を持ちながら生きてきましたね。なんか嫌だよね。なんで俺だけ苦労しないといけないんだよ!とね
その気持ちがなくなったと言う意味で癒されたと言うことです
だから信じてほしい。神様はあなたの心をたたき
苦楽を共にしようとおっしゃっています。
あなたの気持ちをイエスにゆだねて下さい。
神様はあなたを愛してます・・・
私も昔吃音だったよ。
    • good
    • 0

ペンテスコテ派の独特の考え方がありますからね


ペンテコステ派の考え方は
なおったというのは耳がよくなったという意味ではありませんので
異言というのはキリスト教信者の印、だれでも異言を言えるのではありませんね。異言を語られた事が信じている証拠と考えていますね
そして、あなたが信じている、信じていないというのも関係ない
人には2つの体があって1つは肉体(頭)とまたもう一つは霊の体があって霊において霊の言葉(異言)が言えれば、あなたはクリスチャンだと思っている。だから、なおっていない事を言う必要はありませんね

心が平安になるように祈ってますね
    • good
    • 0

NO.1です。



保険証のコピーでも、通用します。
「本物は?」と、聞かれましたら、次回に持ってきます。

コピーでも、本人の証明書(学生証等)が有りましたら、立派な証明になります。
とりあえず、治療優先で行われたらどうでしょうか??。

難聴の治療を優先してください。
時期が有りますので、時期を逃さないようにしてください。

応援していますので、心を強く持って諦めないで頑張ってください。
    • good
    • 0

前回も書きましたが、ペンテコステ派はオカルトチックなカルト的宗派です。



現在では、表立っておりませんが、今後問題になる可能性を含んだ宗派です。

キリスト教の中にも、色々な宗派があります。
イエスを信じる事は、ペンテコステ派を信じる事とはちがいます。

このような掲示板ではなく、しっかりしたキリスト教会に、相談する事をお勧めいたします。

カトリック、ルーテル教会、長老派教会をお勧めいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こちらでも回答してくださってありがとうございます。

私の家の周りにはペンテコステ派の教会しかないので、
他の教会へ相談しに行くことが出来ません。

他の宗派で、ペンテコステ派についての
相談などを出来るサイトご存知ありませんか?

お礼日時:2005/09/11 06:39

>難聴や吃音ですが、牧師は治ったといいましたが、実際には治っていません。

更にひどくなった感じです。
>今は治った振りをしています。
>どうしたらいいんでしょう?

どうやらあなたのご病気は、ご両親の目が覚めるまで悪化して行きそうな感じですね。

ご両親の目を覚ますこと。。。これは、あなたが命を懸けてでも成し遂げなければならない使命(ミッション)なのではないでしょうか。

>もう死んでしまった方がどんなに楽だろうと思い始めています。

そうですね、死んで逃げたくもなりますよね。。。

でも、人はいずれは死ぬものなのですから、もうちょっと生きて、やるべきことをやってみて、ちょっとでも有意義な死に方になる様に持って行ってからでも遅くはないとは思いませんか?

「両親を救う!」という使命を成し遂げる目的、これはかなり有意義なことかと思いますよ。

まずは、あなた自身が宗教について勉強されることかと思います。
あなた自身でご両親の愚行を否定出来るだけの宗教的知識の無さが、あなた自身をも苦しめていますのでね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
おかしいと思っていても、それを上手く言葉にして
両親にぶつけることが出来ません。
宗教についての勉強ですが、
今はとてもその気にはなれませんが、
落ち着いたら考えてみようと思います。

お礼日時:2005/09/11 06:33

もう一度書かせてください。

以前のURLを見てビックリしました。良いお医者様を見つけてください。そして、どうぞ希望を持って治療に専念してください。キリスト教で病気そのものは治りません。でも心の支えにはなります。でも書かれている教会はちょっと変ですね。良いお医者様に恵まれることを心から祈っております。
イエスを信じますと言ってもキリスト教信者にはなりません。ましてや洗礼を受けても信者でない人たくさんいます。そんな形式どうでもいいことなのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
キリスト教は病気を治すものではなく
心の支えとするものなんですね。

>イエスを信じますと言ってもキリスト教信者にはなりません。
そうなんですか。
信者になったわけではないのですね。

お礼日時:2005/09/11 06:31

キリスト教にも色々あり、「イエスを信じる」を言わされても罪にはなりません。

私はカトリック信者ですが、信者にも色々あってそれこそ自民党から共産党までという感じです。難聴や吃音が信じて治ることはありません。キリスト教の本質は「他人を自分と同じように愛しなさい」ということなので、ご両親が喜ばれるなら、嘘でも信じますといっても罪にはなりません。それよりそんなことで死んだほうがマシなんて滅相もない。私の信仰は一生懸命この世を生きて、死ぬ時「ああ、精一杯生きた。神様有難う、皆様有難う」と言って死にたいのです。
信じてお金がもうけたとか病気が治ったなんて思っても見ません。苦しみも受け入れるのが本当の信仰と思います。お説教になってしまったかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
両親に対して罪悪感があったので、
罪にはならないと聞いて安心しました。

お礼日時:2005/09/11 06:27

okosamaさんの病気は、病院でちゃんとした治療を受けて直すのが本来の正道だと思います。



病院でも直らない病気の場合は、信仰に頼ってみるのも大切な事だと思います。

本末転倒では、直る病気も直らないで終わると思います。
信心は大切な面も有りますが、盲信では意味がありません。

1人では、病院に行ける年齢ではないのでしょうか???。
両親のがっかりした顔を見るのが嫌でしたら、病院できちんと治療をしてください。
それで、かなり直ると思います。
治療方法が良ければ、全快すると思います。

苦しむのは、両親では有りません。
okosama自身だと言う事を自覚して、善後策をたててください。

>もう死んでしまった方がどんなに楽だろうと思い始めています。
どうしたらいいんでしょう?

死んで楽になるのでしたら、多くの方が自殺をしています。
本能的に自殺をしても楽にならないと思っている人が多いと思います。

とにかくも、ご自分を大切にしてください。(^_^.)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
病院へは一人で行けますが、
私は父の扶養に入っているので、
こっそり病院へ行ってもばれてしまうのです。

なんとか両親にばれずに、治療を受ける方法
ありませんか?

お礼日時:2005/09/11 06:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親切なキリスト教の牧師さんを探しています

私には殺人を犯し長い服役を最近終えた友人がいます

この友人が立派に改心し、今までの悪行を悔やみキリストに心を寄せてみたいと言い出しました

そこでお尋ねしたいのですが、悪事を重ねてきた者の話でも親身になって聞いてくれる親切な牧師さんは居ないでしょうか?

ご存知な方いらっしゃいましたらお教えください。
宜しくお願いします

Aベストアンサー

mshr2236さん、質問を拝見しました。

デリケートな話の内容にもなるでしょうし、
電話やメールではなく、会って対応してもらえる牧師さんがよいと思いますよ。

となると、そのご友人の移動できる範囲、ということで考えてみたらよいかと思います。

基本的には、どこの教会の牧師さん方であっても、
ご友人のこれまでの歩みを問うよりは、これからの歩みを支援するために、
お話しを聞いてくださるものと思います。

Qキリスト教(カトリック)のお祈りは誰にでも可能なのですか?

うちの母の家は浄土真宗です。父方は浄土宗です。
私はあまり宗教というものを意識したことはありません。

ですが、そんな私が神様にキリスト教のお祈りの言葉を使ってお祈りしてもいいのでしょうか。
色々調べましたが、「信じる心があれば」というものもあれば「他の宗教徒がキリスト教のお祈りの言葉を使って祈るのは侮辱している」といったものまであります。
お葬式等はお寺でやりますし、家に仏壇もあります。
宗教は家で受け継がれていくものなのでしょうか。

キリスト教のお祈りの言葉を使ってお祈りすることは侮辱していることになってしまうのでしょうか。

教会に行くことは神を侮辱していることになってしまうのでしょうか。

知り合いに日曜のミサに誘われているのですが、上に書いた事が心配で行ったことがありません。

お祈りは誰にでも可能なのですか?
出来れば詳しくお答え願います。
お願いいたします。

Aベストアンサー

 こんにちは。一応カトリック信者ですので良かったら参考にして下さい(^o^)。
>そんな私が神様にキリスト教のお祈りの言葉を使ってお祈りしてもいいのでしょうか?
 全く心配する事がないと思いますよ。例えば国民の9割以上が同一宗教に属しているような国で、他宗教が弾圧されやすいみたいな所なら別ですが、少なくとも現代の日本では信教の自由があり、またクリスチャン自体も多くはありません。親の代からずっとキリスト教徒で・・・という方なんて少数派じゃないでしょうか?そうするとまあ何となく家は仏教です的な人はずっと他宗教と馴染めない事になります。現代のキリスト教、特にカトリックは他宗教との交流に積極的です。仏教の僧侶と話し合う機会を持ったり、キリスト教の多教派(プロテスタント諸派)と交流したり合同で礼拝(ミサ)を行ったりもします。これをエキュメニカルといい、山の頂上に色々な登り方があるという考えで、他宗教の行事に参加したり勉強したりする事を咎めません。
 そして仏教も、私も詳しくはないのですが、神道の方が行くのを咎めるでしょうか?仏教徒の方がお正月に神社に行くのは咎める対象でしょうか?仏教徒と神道と良くてキリスト教が悪いというのはおかしいと思います。キリスト教でも右派の人や聖書絶対主義的な教派の人は「他宗教は~」みたいな考えがあるかと思いますが、少なくとも多くのプロテスタント諸派とカトリックではそういう考えはありません。仏教の方、他宗教の方ウェルカムですよ(^_^)v。また仏教徒でも一部の新興宗教でそういう考え方の所はあります(たま~に事件になりますが、お守りを捨てられたりとか・・・)、普通の仏教ではありません。侮辱にもなりません。
 お知り合いの方と一緒にミサに参加されるなら戸惑う事も少ないかと思います。基本は全て信者と同じです。聖水も良かったら使って頂いてかまいませんし、十字を切ることも侮辱ではありません。ただ聖体拝領は信者のみに行われます。これは侮辱というより、私が司祭に教えて頂いたのは信者以外の方がしても意味がないという事でした。ですので聖体拝領の時は前にでてお辞儀をすると祝福をしてくれます。その後軽くお辞儀をするとOKです。
 どうぞ気軽な気持ちで参加して下さい。何年も通われていても洗礼を受けない方もいますが、それを咎めたりしません。たくさんのよい出会いがありますようにm(__)m。

 こんにちは。一応カトリック信者ですので良かったら参考にして下さい(^o^)。
>そんな私が神様にキリスト教のお祈りの言葉を使ってお祈りしてもいいのでしょうか?
 全く心配する事がないと思いますよ。例えば国民の9割以上が同一宗教に属しているような国で、他宗教が弾圧されやすいみたいな所なら別ですが、少なくとも現代の日本では信教の自由があり、またクリスチャン自体も多くはありません。親の代からずっとキリスト教徒で・・・という方なんて少数派じゃないでしょうか?そうするとまあ何となく家は...続きを読む

Qキリスト教のお祈り

キリスト教などのお祈りの仕方で、十字を切りますが、
切り方を教えてください。
あと、十字を切ったあとは、手を合わせたらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは♪

一応、クリスチャン=カトリックです(汗

右手で額、胸、左肩、右肩の順に十字を切り、
最後にアーメンを唱え、手をあわせ頭を下げます。

言葉は、額(父と)、胸(子と)、左肩(聖霊の)、右肩(御名=みなによって)、手を合わせる(アーメン)です。

ちなみにアーメンとは=しかり、そのようになりますように、という意味。また、十字はカトリック、イギリス国教会(聖公会)、東方キリスト教会などで切りますが、プロテスタントの方々はやらないようですね。さらに、神父さん、という言い方はカトリックで、プロテスタントは牧師さんです。                                  

Qキリスト教を信じるきっかけ

 皆さんは今まで生きてこられた中で「偶然」をたくさん経験されていると思います。私もそうなのですが,最近はそういった「偶然」が単なる偶然ではなく,何かの意味があり,誰かの導きであると思えるようになってきました。ごく最近では「奇跡」とも思えることすらありました。今ではあらゆる出来事が必然のようにも思えてきています(こうやって質問していること自体もです。)。
 そこで質問なのですが,こういった動機で神を信じたりするのは不純(というか変)でしょうか。「あなた,頭おかしいよ」といった叱咤でもかまいません。親しい友人は風俗にでも行ってこい,と言ってくれました。

 また,実際上記のような動機でキリスト教を信じるようになった方にお聞きしたいのですが,なぜキリスト教を選択されたのでしょうか。神(またはこれに似た意思のようなもの)の存在を感じられたとしても,他の宗教の神でも八百万の神々でもよかったのではないでしょうか。こういう疑問を抱いていること自体もうダメなのかもしれませんが・・・。伝聞,推測でも全然かまいません。

 なんだか巷間のオカルト体験談のようになってしましましたが,お時間がございましたら,ぜひともよろしくお願いいたします。

 皆さんは今まで生きてこられた中で「偶然」をたくさん経験されていると思います。私もそうなのですが,最近はそういった「偶然」が単なる偶然ではなく,何かの意味があり,誰かの導きであると思えるようになってきました。ごく最近では「奇跡」とも思えることすらありました。今ではあらゆる出来事が必然のようにも思えてきています(こうやって質問していること自体もです。)。
 そこで質問なのですが,こういった動機で神を信じたりするのは不純(というか変)でしょうか。「あなた,頭おかしいよ」といっ...続きを読む

Aベストアンサー

私は信者ではないんですけど、中高大学とプロテスタントのキリスト教の私立の学校に通いましたのでかなり知らないうちにこの宗教を深く学んでいる気がします。

洗礼を受けて信者になろうとまでは思いませんが、この教えで私が感じたことは修行とかが必要というわけではなく、自分の気持ちの持ち方がいつも問われるというか、「自分が絶対ではない」=「神の存在」ということが根本のようなのでそこは気に入っています。ただし教えが私にとってはガマンが必要な事が多くて(誰にでも親切で天使のような心は私にはストレスが溜まって無理ですが^^;・・。)穏やかな人格形成には役立ったような気がしますが世間の荒波には弱かったりしています・・(中途半端な精神だからですがね、ちゃんと信仰している人は昔の隠れキリシタンのように強~い心を持っているでしょう)

どの宗教を選ぶにせよ人への感謝とか食べ物への感謝とか戒律のようなものはありますが、キリスト教では他の宗教に比べて階級とか(大司教とかわいますが^^;)修行とかないし、まろやかというか、賛美歌であったり、人間は自分だけが大切なのではなく病める者も貧しいものも生きとし生けるもの皆平等で心を開けばその時点で救われるという教えや何にでもやたらに感謝するというのが実に平和的で入りやすく、判りやすくていいとは思います。

すべて偶然じゃなくて必然かどうかはその人の考え方次第と思いますが、宗教も自分に合う合わないがあると思いますので興味を持たれた神?があったならそれでいいと思いますよ。
キリスト教の授業で「いわしの頭も信心から」ということを習った記憶があります・・なんでも信じれば自分にとっては神になると^^;。

だから自分を司っている何かがあっていろいろな事が起こっていると感じるならばキリスト教的に言えば周りへの感謝や普段の行いがそのような事をもたらしてるとなり、仏教で言えば輪廻転生みたいになるのではないかと思います。生きていれば不思議な体験をする事もあることですし、生命の謎なんて誰にも分からないのだからそれが理由で信心しても何もおかしくない立派な動機だと思いますよ。

これを機にキリスト教徒になれば更に優し~い人になるのではないでしょうか^^;?回答が質問の趣旨とずれていたらゴメンナサイ。
何か参考になればと思います。

私は信者ではないんですけど、中高大学とプロテスタントのキリスト教の私立の学校に通いましたのでかなり知らないうちにこの宗教を深く学んでいる気がします。

洗礼を受けて信者になろうとまでは思いませんが、この教えで私が感じたことは修行とかが必要というわけではなく、自分の気持ちの持ち方がいつも問われるというか、「自分が絶対ではない」=「神の存在」ということが根本のようなのでそこは気に入っています。ただし教えが私にとってはガマンが必要な事が多くて(誰にでも親切で天使のような心は私に...続きを読む

Qキリスト教の両親 墓参りについて

自分はものすごく無知なので、ここに助けを求めたくて投稿します。

両親はキリスト教で、なぜか仏を偶像だといって嫌います。
家には仏壇もないし、遺影もかざってありません。
それに、お墓参りにも行きません。

私はそれが当たり前だと思っていたのですが、最近本でお墓参りは先祖の供養で大切だということを知り、心配になってきました。

こういう家庭は普通なのでしょうか?
ちなみにわたしは機会があればお墓参りには行きたいな、と思っています。
どう思われますか?

Aベストアンサー

質問者さんの直面している問題は
「日本人が伝統的に持っている『先祖供養』の概念がキリスト教に存在しない」
ことから生じるものです。恐らく、日本人のキリスト教徒とその子弟が必ず直面する問題です。

キリスト教では「先祖を供養する」という発想がありません。
この点は通常の日本人には全く理解できないことです。
日本人が「先祖の供養」に熱心で、子供がいない人が怪しげな「永代供養」に大枚をはたくのは、キリスト教徒の欧米人が見ると全く理解できないことでしょう。

キリスト教では「先祖の墓参り」という概念がありません。
ですので、例えば戦死者は戦死した場所に簡素な墓を作って葬り、航海中に死んだ人は「水葬」して海の中に遺体を沈めます。
例えば、イギリス人が遥か離れたフォークランド諸島での戦争で死んだ場合、フォークランドに埋葬されます。イギリスにいる家族がフォークランド諸島に墓参りに行くことは不可能ですが、墓参りという発想がないので問題になりません。
その人が死んだことが、イギリスにある、その人が属していた教会の信者名簿に「ジョン・スミス、1900年8月8日にフォークランド島で戦死」などと記録されておしまいです。

日本人であれば、南方の孤島で戦死したり、海戦で戦死して水葬したりする場合でも例えば
「遺髪を切り取る」
「指を切って荼毘に付し、ほんの少しでも遺灰を残す」
といったことをして、遺髪やほんの少しの遺灰を日本にいる家族に渡すような努力をします。太平洋戦争の時はそれも叶わず、「遺骨箱」の中身は小石が一つといった例も多かったようですが。
家族はそれを日本にある墓に収めて故人の戒名を墓に彫り、法事を行います。

さて、質問者さんのご家庭の場合、ご両親は強固なキリスト教の信仰をお持ちのようですね。その場合、仏壇がないのは当然として、墓参りにも行かなくなるでしょう。キリスト教の信仰を突き詰めれば、「墓参り」という行為が成立しないからです。

ところで、ご両親自身は「自分たちが死んだら、遺骨はどうして欲しい」と考えておられるのでしょうか?ご先祖からは独立した、ご両親専用のキリスト教墓に葬って欲しいのか、散骨といった方法で墓を残さないで欲しいのか、ご両親にきちんと確認しておかないと、
「敬虔なキリスト教徒であったご両親に仏教の戒名をつけ、仏教のお墓に葬る」
といった支離滅裂なことになりかねません。

また、質問者さんご自身は普通の日本人で、先祖を供養するのは当たり前と思うし、墓参りはするべきとお考えのようですね。
でしたら、ご両親は抜かして、質問者さんご自身が仏壇を家に置き、先祖代々のお墓を護持されればよろしいでしょう。
キリスト教徒のご両親については「間が抜けた」形になってしまうでしょうが、これは致し方のないことです。

質問者さんの直面している問題は
「日本人が伝統的に持っている『先祖供養』の概念がキリスト教に存在しない」
ことから生じるものです。恐らく、日本人のキリスト教徒とその子弟が必ず直面する問題です。

キリスト教では「先祖を供養する」という発想がありません。
この点は通常の日本人には全く理解できないことです。
日本人が「先祖の供養」に熱心で、子供がいない人が怪しげな「永代供養」に大枚をはたくのは、キリスト教徒の欧米人が見ると全く理解できないことでしょう。

キリスト教では「先祖...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報