心理学のレポートの課題を出されているのですが
多重比較ってエクセルでやるにはどの関数を
使えばいいのでしょうか?
(ちなみに私が使っているのはエクセル97です)
二つの項目の有意差を検定するならt検定を使えるのですが
多重比較となるとt検定は使えないんですよね。
ご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 まず質問についての答えです。


 エクセルで多重比較をやることは不可能ではないと思います。ただ、単一の関数を使って簡単にやるのは、無理だと思います。やるとすれば、多重比較の計算式をエクセル上で実行するという方法しかないでしょう。

 って言っても、なかなか難しいと思います。そこで、インターネット上で分散分析と多重比較をやってくれるページがあるので、ご紹介します。JavaScript-STARというものですが、参考URLに載せておくので行ってみてください。

参考URL:http://www.kisnet.or.jp/nappa/software/star/inde …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

エクセルで多重比較をするには計算式をエクセル上で
実行しないといけないんですね~
サイト紹介までしていただいて参考になりました!
どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/11/11 23:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセル プルダウンの作り方

お世話になります。
エクセルでプルダウンの作り方を教えていただけませんでしょうか?
住所を▼のボタンでクリックしたら【北海道,青森,秋田,岩手・・・】などの選択ができるようにしたいのです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

メニューから「データ」、「入力規則」、「設定」で「入力値の種類」を「リスト」を選択します。
そうすると「元の値」という表示がでますので、そこで前もって作っておいたリストの範囲を指定します。
多くないのでしたら、そのままそこにカンマで区切って入力しても出来ます。

Q因子分析結果を数量化してt検定や多重比較はできるのか?

タイトルの通りの質問ですが、心理学系の分析で因子分析を使います。

仮定された共通因子を探りだすことは可能ですが、、、

例えば20項目の形容詞が因子分析結果3つの因子があるという結果が出たとします。

そして、ある1つの因子は例えば最初の形容詞項目1、8、15、20の4つの形容詞から構成されているとします。
その場合、1、8、15、20の得点を1つの系列の得点と考え、A群・B群で因子1は有意差があるかどうかを考える。。。というのは禁忌でしょうか????

やってもいいように思えるのですが、因子分析の結果をさらに比較の材料にすることは信頼性が薄いのでしょうか????

どうかアドバイスなどお願いします。

Aベストアンサー

>(SD法を使用)たぶん、等間隔性はあるのかな?。。。

SD法ならどの形容詞に割り振られている得点の間隔が等間隔としてもよいのでしょうね。多くの論文でSD法を使っている場合も,全ての形容詞対に対して1~5までといった同様の得点づけをしているようですから。

>以上の作業をすれば、形容詞20項目すべて分散分析・多重比較されているので、わたしの質問は意味がなくなりますよね?因子ごとで分散分析・多重比較するより詳しくしていることになるから。

全ての形容詞について各群の平均値の差の検定(分散分析)を行うので間違いないでしょう。ただ分散分析を行って有意であったから多重比較を行うのか,あるいは最初から多重比較を行うのかは論文の過去の例に従った方が良いと思います。論文でないにしても,例えば発表する場とかの慣習に従った方が良いと思われます。

Qエクセルでプルダウンメニューの作り方

  エクセルの画面で、よく三角形を逆さまにした形をクリックするといくつかメニューが出てき、どれかを選べるようになっていますが、その作り方を教えてください。
 会社で人事を担当していますが、三角形(プルダウンボタン)をクリックすると社員氏名一覧が表示され、そこから選択できるようにしたいのです。
 しばらく自力でいろいろやってみましたが、さっぱり見当がつかず、どうやればいいのか分かりませんでした。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!
当方使用のExcel2003での一例です!

↓の画像のようにSheet2に名簿表を作成しておきます。
画像ではSheet2のA2セル以降を範囲指定 → 名前ボックスに仮に「名簿」と入力しOK
これで範囲指定したセルが「名簿」と名前定義されましたので、

Sheet1のリスト表示させたいセルを範囲指定 → メニュー → データ → 入力規則
→ リスト → 「元の値」の欄に
=名簿
としてOK

これでSheet1のセルをアクティブにすると右側に下向き▼が表示されますので、そこをクリック!
これで希望に近い形にならないでしょうか?
Excel2007の場合は↓のURLが参考になるかもしれません。

http://www.eurus.dti.ne.jp/~yoneyama/Excel2007/excel2007-ny_kis2.html

尚、同一Sheetに「名簿表」を作成する場合は名前定義する必要はなくて
「元の値」の右側の四角をクリックし、リスト表示したいセルをそのまま範囲指定すればOKです。

以上、お役に立てば良いのですが・・・m(_ _)m

こんばんは!
当方使用のExcel2003での一例です!

↓の画像のようにSheet2に名簿表を作成しておきます。
画像ではSheet2のA2セル以降を範囲指定 → 名前ボックスに仮に「名簿」と入力しOK
これで範囲指定したセルが「名簿」と名前定義されましたので、

Sheet1のリスト表示させたいセルを範囲指定 → メニュー → データ → 入力規則
→ リスト → 「元の値」の欄に
=名簿
としてOK

これでSheet1のセルをアクティブにすると右側に下向き▼が表示されますので、そこをクリック!
これで希望に近い形にならない...続きを読む

Q主効果がみられが多重比較で有意な場合

私心理専攻に入れずに統計も学んだことがなく卒論を書いているものです。
 質問はタイトルにあることなのですが、『主効果ではF値が有意ではなかったのに、多重比較には有意差がでている部分がある』場合どちらを結果に記せばいいのでしょうか?

 たしかどこかで「主効果の方に従う」と、みたことがあったような気がしたのですがこちらやネット上で探してもなかなか見つからず、とても初歩的なことのようで恐縮ですが質問しました。

どうぞご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、はじめまして。

分散分析を手計算で行う場合は主効果が出たから多重比較を行う、という流れをとるため、主効果が出なかった場合は多重比較を行わないので、主効果は見られなかった、というところで分析を止めるのが一般的だったのですが、統計ソフトだと主効果がなくても多重比較をしてくれちゃいますね。。。

backsさんの言うように担当の先生に指示を仰ぐのが一番ですが、時間がないのであれば、恐らく「p<.10」で有意な傾向は示されていると思うので、「~な傾向が見られたため、○○法による多重比較を行った」など書いて、多重比較に行う、という方法も有りです。

後は、分散分析を行わずに、そのまま多重比較に行くのも有りです。必要なことは、「その分析の手順を余さず書いて記述すること」です。

Qエクセル(Excel) 納品書の作り方【画像修正版

昨日http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7348426.htmlで質問させていただき、詳しくご回答いただき少し進んだのですが、状況が変わったので改めて質問させていただきます。

■エクセル(Excel)で納品書の作成をしています。
シート1に納品書、シート2に商品マスタ(一覧)を作っていて、シート2の一覧を反映させて
納品書に番号を打ち込むだけで、商品名・単価までが出るシステムを作りたいのですが、
昨日のご回答の中の「VLOOKUP」?を入れて、自分なりにマス目の数字を変えてやってみたのですが
反映されずN/?のようなエラーになってしまいます。

※画像が見にくかったのでシート<CENTER></CENTER>だけにしました。

1、上記のように、シート2との関連付けの係数を、写真の場合の数字で教えてください。

2、合計と、合計から20%を引いた数値を割り出す関数も、写真の数字で御願いします。

宜しくご教授お願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは!
前回投稿した者です。

当方もかなり古い(人間も古い!なぁ~んちゃって!)Excel2003を使用しています。
↓の画像のようにSheet2にデータを作成しておきます。

#N/A というエラーは、「検索値」がない!ということですので
お示しの画像のB列にSheet2のA列にないデータを入力するとそういったエラーが表示されます。

画像のセル配置ですと
C4セルに
=IF($B4="","",VLOOKUP($B4,Sheet2!$A:$C,COLUMN(B1),0))
(「$」マークの位置に気を付けてください)
という数式を入れD4セルまでオートフィルでコピー!
そのまま最後の24行目までコピーしておきます。

F4セルには
=IF(COUNTBLANK(B4:E4),"",D4*E4)
という数式を入れ、F24までオートフィルでコピー!

これでB列に商品番号を入力すればSheet2のデータが反映され、
E列に数量を入力でF列に金額が表示されると思います。

最後に合計金額のF26セルは
=IF(COUNT(F4:F24),SUM(F4:F24),"")
手数料のF27セルは
=IF(F26="","",F26*0.2)

これで何とか形にならないでしょうか?

※ 振込金額の欄は不明ですので手を付けていません。

参考になりますかね?m(_ _)m

こんばんは!
前回投稿した者です。

当方もかなり古い(人間も古い!なぁ~んちゃって!)Excel2003を使用しています。
↓の画像のようにSheet2にデータを作成しておきます。

#N/A というエラーは、「検索値」がない!ということですので
お示しの画像のB列にSheet2のA列にないデータを入力するとそういったエラーが表示されます。

画像のセル配置ですと
C4セルに
=IF($B4="","",VLOOKUP($B4,Sheet2!$A:$C,COLUMN(B1),0))
(「$」マークの位置に気を付けてください)
という数式を入れD4セルまでオートフィルで...続きを読む

Q【統計】T検定の有意確率

SPSSを用いてデータの男女差を見るためにT検定を行いました。
結果,有意確立(両側)が「.000」となったのですが,
これは,男女差が有意でないと見てよいのでしょうか?

Aベストアンサー

hukuponlog様のおっしゃる通り、これは、p値です。
なぜ、「.000」の表示となったかというと、それ以下の確率であったため、このように表示されたということです。
この場合には、「p<.001で有意差が認められる」と判断できます。

念のため、補足まで。

Qエクセル(Excel) 納品書の作り方【改めて】

昨日http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7348426.htmlで質問させていただき、詳しくご回答いただき少し進んだのですが、状況が変わったので改めて質問させていただきます。

■エクセル(Excel)で納品書の作成をしています。
シート1に納品書、シート2に商品マスタ(一覧)を作っていて、シート2の一覧を反映させて
納品書に番号を打ち込むだけで、商品名・単価までが出るシステムを作りたいのですが、
昨日のご回答の中の「VLOOKUP」?を入れて、自分なりにマス目の数字を変えてやってみたのですが
反映されずN/?のようなエラーになってしまいます。

※画像が貼り付けてあります。商品名は1番以外伏せさせていただいています。
くっつけてありますが、左側がシート1・右側がシート2です。

1、上記のように、シート2との関連付けの係数を、写真の場合の数字で教えてください。

2、合計と、合計から20%を引いた数値を割り出す関数も、写真の数字で御願いします。

宜しくご教授お願い致します。

Aベストアンサー

画像がいまいちよく見えないのですが、納品書の項目は左から、No、商品番号、商品名、単価、数量、金額でいいのでしょうか(名前は多少違っていても意味があっていればもんだいないです)

でしたら、
C1セルに=IF(ISBLANK(B2),"",VLOOKUP(B2,Sheet2!$A$2:$C$200,2,FALSE))
D1セルに=IF(ISBLANK(B2),"",VLOOKUP(B2,Sheet2!$A$2:$C$200,3,FALSE))
E1セルは空白で
F1セルに=IF(D2="","",D2*E2)
といれて、C1からF1までをコピーしてその下の行にタテに貼り付ければ出来ますよ。
おそらくエラーが出たのは、コピーしたときにVLOOKUP関数の最初のセルの指定がずれてしまっているのでは無いかと思いますよ。     

QT検定と分散分析間で異なる有意確率が出る

心理学科4回のものです。
今回も前回に引き続き卒論の事について質問があります。

その前に前回お答えいただいたselferさん backsさんどうもありがとうございました。おかげで検定については何とか自力でやれるところまで
持っていくことが出来ました。

さて今回はですが、検定統計量の書き方についてです。
その前に自分の実験の概略について再度書いておきます。

自分は運動が及ぼす気分の高揚の効果を調べるために被験者にエアロバイク運動をさせ、それを行わせながら各時間(運動前、10分、運動終了後、終了5分後)に運動専用の質問紙に答えさせましてこれを計6日、条件を3群に分けて行いました。

例えば1日目の点数と六日目の点数
で有意な差があるか群関係なく調べたいときは対応のあるT検定を行います。日にちの主効果は有意な差が出ましてそれはそれでよいんですが
一方で被験者間3(群)×被験者内2(日)の方でも分散分析を行いまして群の主効果が有意、日にちの主効果が有意と出ました。
しかしこの場合T検定と分散分析とでは日にちの有意確率に多少の差が
出ています。両検定とも有意な結果が出たわけですがなぜ多少の差が
出たのかさっぱり分かりません。調べていることは同じだと思うのですが。。
後、もう一つ質問です。
分散分析の結果を論文に書いていくとき
(F(○1、○2)=○3 p<○5)
という風に表記しなければいけません。
○1が自由度、○2が有意水準であることは知っているのですが
有意水準がSPSSのどこの蘭に出ているのかがさっぱり分かりません。
どこを見ればいいのでしょうか。
二つ併せてお答え頂けたら幸いでございます。
よろしくお願いします。

心理学科4回のものです。
今回も前回に引き続き卒論の事について質問があります。

その前に前回お答えいただいたselferさん backsさんどうもありがとうございました。おかげで検定については何とか自力でやれるところまで
持っていくことが出来ました。

さて今回はですが、検定統計量の書き方についてです。
その前に自分の実験の概略について再度書いておきます。

自分は運動が及ぼす気分の高揚の効果を調べるために被験者にエアロバイク運動をさせ、それを行わせながら各時間(運動前、10分、運動...続きを読む

Aベストアンサー

再度登場です。

> 分散分析の自由度をspssで参照するとき、
> どのランの自由度を参考にしたらいいのでしょうか。

F値が算出される変動因の自由度(df)を参照して下さい。

■一要因(対応あり)二水準分散分析
――――――――  被験者内要因(B)の分散分析の重要結果  ――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  変動因       SS   df   MS    F    p  有意判定
  [1]要因B      4.05   1   3.49  3.11  0.09    +
  [2]被験者S    32.45  9   3.61
  [3]誤差      10.45  9   1.16
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
   全体      46.95  19   2.47
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※表ズレの場合は,コピー&貼り付け&等幅フォントで対応して下さい。

例えば,上記の場合の要因BのF値はどのように求められているかというと,

         B要因のMS
 B要因のF値=―――――――
         誤差のMS

という式によって算出されます。すなわちB要因のF値は「B要因」と「誤差」と関連がありますので,自由度もこれらのものを使用します。

分子の「B要因」の自由度は「1」,分母の「誤差」の自由度は「9」となるので,B要因のF値を表記する際には,「F(1, 9)=3.11, p<.10」と記述されます。
分子の自由度を「自由度1」,分母の自由度を「自由度2」とします。

なお,t分布とF分布との関連性ですが,自由度1の場合においては,「tの二乗=F」という関係が成立しますので,一要因二水準に限定すれば,t検定も分散分析も同じ結果を返します(わずかな例外はありますが)。一要因二水準データに限定するのならば,逆に両者が同じ結果にならない場合は,計算過程にミスが発生したと疑うべきでしょう。

再度登場です。

> 分散分析の自由度をspssで参照するとき、
> どのランの自由度を参考にしたらいいのでしょうか。

F値が算出される変動因の自由度(df)を参照して下さい。

■一要因(対応あり)二水準分散分析
――――――――  被験者内要因(B)の分散分析の重要結果  ――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  変動因       SS   df   MS    F    p  有意判定
  [1]要因B      4.05   1   3.49  3.11  0.09    +
  [2]被験者S    32.45  9...続きを読む

Qエクセル2007でプルダウンで選んだものに反応

Excel2007でプルダウンで選んだものに反応して隣のセルが自動入力される方法(エクセル2007)
A1をプルダウンで「猫」「犬」から選べるようにし、「猫」を選んだ場合B1に自動に「111」が、「犬」を選んだ場合B1に自動に「222」と入力されるようにしたいです。
ご教授の程、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

VLOOKUP関数での方法です。
(1)別シートに入力文字列と対応コード表を作成。(仮にSheet2のA:B列範囲で順不同)
(2)B1に=IF(COUNTIF(Sheet2!A:A,A1),VLOOKUP(A1,Sheet2!A:B,2FALSE),"")を設定
   入力文字列が存在しない場合は空白としています。

Qこのようなt検定は多重性の問題が生ずるでしょうか?

こんにちは。統計初心者です。よろしくお願い致します。
統計について,ご指導ください。
3群以上の平均の比較で,t検定を繰り返すのは,多重性の問題があり,多重比較をしなければならないというのは,なんとなく,理解できています。
では,この場合は,いかがでしょうか?
たとえば,A,B,C,Dの4条件があり,
類似する条件で,くくって,比較したいと思っています。
ケース1:AとBのt検定
ケース2:AとB+Cのt検定
ケース3:BとCのt検定
ケース4:A+B+CとDのt検定
です。
わかりにくい説明かと思いますが,
お分かりになる方,どなたかよろしくご指導お願い致します。

Aベストアンサー

#1の補足回答に対してです。(乱文をお許し下さい)
-------------------------------------------
それと#1での訂正を先に。
 × 私の感覚では、ケース4で分散分析+多重比較・・・
 ○ 私の感覚では、A,B,C,Dの4群で分散分析+多重比較のみで良い、です。
        以上が訂正です。
------------------------------------------ 

この調査は卒論でしょうか? 補足回答を拝見させて頂きましたが、調査をする前に、もう少し
カテゴリーを上手く分類できていればなぁ~という気持ちです。卒論ではよくありがちですが、
修士の子でも時々、調査をしてから、分析の相談に来る子がいます(××)。本来は、調査を
する前に、どのようにして分析するのかを決め、分析方法が決まってから調査に移るという手続
きを取るものだと思いますよ。と、お説教は、これくらいにして(^^) 

しかし、anri2002さんの問題意識は非常に興味深いですね(^_^)。

さて、下記の問題です。
>ケース1:AとBのt検定(十分に,みたされている - まったく満たされていない)
>ケース2:AとB+Cのt検定(十分に,みたされている - やりたいことがある)
>ケース3:BとCのt検定(まったく満たされていない - 活動欲求が強い)
>ケース4:A+B+CとDのt検定(活動欲求がある - 活動欲求がない)

分類は
>A)なにかやっている
>B)やってはいないが,やりたいことがある。
>C)やっているし,他にもやりたいことがある。
>D)家事・育児以外にやりたいことはない。
ですよね。
この場合、どのように被験者(調査協力者)に回答していただいたのでしょうか?

例えば、
1.「何かやっている」と答えた人の中から
 a)やっていることに満足している b)他にもやりたいことがある

のように聞いていれば良いのですが・・・(^^; そうしないと、A)の中にC)群の人が混在してしまっているような可能性もありますよね(^^;

細かいことですが・・・

また、B)の取り扱いが微妙ですよね。私のイメージですと、A)C)の「実際に行動に移している人」と
B)の「思っているだけの人」では、大きく属性が異なるように感じます。またB)には、「すぐに行動に移す準備のある人」と「思っているだけの人」も含まれているように思われます。

私が、anri2002さんの現調査で研究するのであれば、やはり、上記の訂正部分に書いた、A,B,C,Dの4群で分散分析+多重比較のみです。
 
理由は、そもそもカテゴリーに分けた時点で、それぞれの群が独立していると考えるからです。
その後、tukey等の多重比較を行えば、どの群とどの群との間に平均の差があるか分かりますよね。

しかし、問題は被験者の数です。卒論等ではデータが少なく、4群に分類してしまっては、一部の群が非常に少なくなってしまうなどの問題がありますよね。

そこで、悪い大人としてのアドバイス(苦笑)。
問題があることを分かった上で、多重性の問題もとりあえず無視して、anri2002さんのお考えになったケース1からケース4までをt検定してみる。いずれも2群になりますからt検定できますよね。そして、そこから導かれた結果を詳細に書く。

考察の部分では、今回のご研究の問題点を指摘する(もちろん、面白い結果が出た部分は、そこもしっかり書く!)。この問題点の部分は、「今後の課題」とする(爆)

いかがでしょうか(^^)

研究に問題点はつきものです。重要なことは、今あるデータの中から何が言えるかです。そして、研究に問題があることに気づけば、そこも書く。問題点の気づきがあるからこそ、ご自身の次の研究の課題にもなりますし、次に同じような研究をする者にとって参考になるのです。

#1の補足回答に対してです。(乱文をお許し下さい)
-------------------------------------------
それと#1での訂正を先に。
 × 私の感覚では、ケース4で分散分析+多重比較・・・
 ○ 私の感覚では、A,B,C,Dの4群で分散分析+多重比較のみで良い、です。
        以上が訂正です。
------------------------------------------ 

この調査は卒論でしょうか? 補足回答を拝見させて頂きましたが、調査をする前に、もう少し
カテゴリーを上手く分類できていればなぁ~という気持ちです...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報