最近なにか面白い本がなく困っています。
これはいいぞというものがあれば教えてください。
自分の好みとしては森博嗣や清涼院流水とかです(この2人以外で)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。


厳密にはミステリではないのですが、京極夏彦は読まれました?
(森氏や清涼院氏を読破した方なら、読んでいるかな)
二日前に売り出されたばかりの「今昔続百鬼・雲」を読み終えたばかりですが、
抱腹絶倒ものでした。
面白いという意味が違う??? ( 笑 )

では、有栖川有栖はいかがでしょう。
江神先輩のシリーズはエラリイ・クリーンばりの本格ミステリが楽しめますし、
火村助教授のシリーズは、短編ながら密度が濃い。
ちょっと叙情的すぎると思われるかもしれませんけど。

基本の古典ミステリは?
どんなに古くなっても面白いものは面白いです。
クイーン、クリスティ、ドイル、スタウト・・・
あ、口元がほころぶ ( 笑 )
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんのおすすめありがとうございます。
京極夏彦はちょっと読んだことがあるのですが、おばけ、妖怪のイメージが強く非現実的なのでちょっと・・・・。
有栖川有栖でいってみたいとおもいます。ありがとうございます。

お礼日時:2001/11/12 17:36

ファンの方多いみたいですが、私も宮部みゆきさんがお勧めです。

全部読みましたが、長編が面白いですね。レベル7もそうですし、R.P.G.やクロスファイヤ-(映画化された)も面白いし、以外に蒲生邸事件なんていうのも面白かったですよ。
ちょっと奇妙なミステリ-なら、阿刀田高さんも良かったです。短編が多いので、ちょっと物足りないかもしれませんが・・・
    • good
    • 0

回答No.2の方も書いておられますが、宮部みゆきさんは


おもしろくて読みやすかったです。
私は「長い長い殺人」が好きです。
海外ではシドニィ・シェルダンがおもしろかったです。
どの本を読んでも寝るのが惜しいくらいで、全部上・下巻で完結なんですが、
上だけを先に買って帰って、その日の夜中に下も一緒に買わなかったことを
後悔したことがあります。
よかったら一度読んでみて下さい。
    • good
    • 0

はじめまして。


私も、最近友人に勧められて、森博嗣を読み始めました。いいですね!
ところで、オススメなんですが、外国人作家でよければ
オースン・スコット・カード「消えた少年たち」
トマス・クックの記憶4部作(4部作と勝手に呼んでますが夫々に関連はありません)
です(^^)
どとらも、謎解きが主眼ではなくて、ストーリーそのものを楽しむ作品ですが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おへんじありがとうがざいます。
森博嗣個人的にか~~~なりお勧めです。
ぜひS&Mシリーズは読破してください

お礼日時:2001/11/12 17:40

宮部みゆきさんは、どうですか?


今年で言えば「模倣犯」「R.P.G」ですね。
「模倣犯」はハードカバーで上下巻なのでちょっと高くつきますが、
読み応え充分ですよ。
「R.P.G」の方は初の文庫書下ろしで、最新刊です。
できれば「模倣犯」を先に読んでほしいですね。

過去の作品だと「レベル7」は結構お勧めです。
彼女の作品て、基本的に「ハズレ」ってないですよ。
文庫版がたくさん出てますから、探してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
「模倣犯」は読んだので、RPG文庫(最近びんぼー)でいってみたいと思います。

お礼日時:2001/11/12 17:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宮部みゆきの本について

初めて宮部みゆきの本を読もうと思って模倣犯を借りたのですが、初めて読むにはちょっと長いかなと思ってます。

割と短めで、オススメの本があったら紹介していただきたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
わたしがいちばんハマったと思う宮部作品は、
今だに『火車』新潮文庫(山本周五郎賞受賞)です。
短くはないですが1冊の本ですし、
何より読んでて止まりませんでした!
読んでいる途中でしおりをはさもうと思っても、
続きが気になって気になってしかたなく、
まさに一気読みしてしまった本です。

宮部みゆきの長編(現代)サスペンスは、
現代社会に潜む社会問題が基本テーマになっていることが多いです。
でも堅苦しくなく織り込まれていて、読み手のテンポを遮りません。
ムズカシイ話が苦手な人でも、興味深く楽しんで読めると思いますヨ。

Q清涼院流水「コズミック」「ジョーカー」文庫本

清涼院流水さんの「コズミック」と「ジョーカー」の文庫本を読むとき、どの順番で読んだら一番楽しめるでしょうか?

始めは出版された順に、
「コズミック 流」→「コズミック 水」→「ジョーカー 清」→「ジョーカー 涼」
の順で読むつもりだったのですが、「コズミック 流」の冒頭に、
「コズミック 流」→「ジョーカー 清」→「ジョーカー 涼」→「コズミック 水」
の順で読むと仕掛けがあるとかいてあったので質問させてもらいました。

「コズミック」と「ジョーカー」は別々のストーリーだということなので、出版された順に読んだほうが分かり易いのかなとも思うのですが、実際読まれた方はどうだったでしょうか?

まだ読み始めていないので、できれば内容に触れないで教えていただければと思います。

Aベストアンサー

コズミック 流」→「ジョーカー 清」→「ジョーカー 涼」→「コズミック 水」の順番をオススメします。この順で読むと、たしかに仕掛けがあります。意外とわかりにくい仕掛けです。私も最初は気付けませんでした。
「コズミック」と「ジョーカー」は別々のストーリーですが、時系列的には「ジョーカー」の方が前ですから、問題ないと思います。

Q宮部みゆきさんの模倣犯 文庫本と単行本

こんにちは。
宮部みゆきさんの模倣犯という作品は、単行本だと上下2巻。文庫本だと1~5だそうですが、

単行本の上=文庫本の1~3巻。
単行本の下=文庫本の4・5巻。

なのでしょうか。それともきっちり2巻の半分で上下に別れているのでしょうか。古本屋さんで1、2巻だけ買ってしまったものの・・・その後の購入で迷っています。本屋さんが遠く確認できないので、どなたかご存知でしたら教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

模倣犯、文庫本で読みました。

単行本との分け方の違いは分からないのですが・・。
文庫本の2巻・・第2部 1~12
文庫本の3巻・・第2部 13~26
文庫本の4巻・・第3部 1~14
となっていました。

Q森博嗣「スカイクロラ」

森博嗣「スカイクロラ」はシリーズものであると聞きました。探したら、3~4冊続編のようなものがありました。ですが、どれが1巻でどれが2巻なのか、わかりません。どのような順番で読めばいいのか教えてください。

スカイ・クロラ
フラッタ・リンツ・ライフ
クレィドゥ・ザ・スカイ
ナ・バ・テア
ダウン・ツ・ヘヴン

続編らしい本が上記のものです。

Aベストアンサー

スカイ・クロラが、
物語中では最終章にあたる内容で

時間軸順に並べ替えると
ナ・バ・テア
ダウン・ツ・ヘヴン
フラッタ・リンツ・ライフ
クレィドゥ・ザ・スカイ
スカイ・クロラ
となっているそうです。

ただ、筆者は「どの巻から読んでも良い」と書かれてました。

Q宮部みゆきさんの作品の魅力について教えてください。

私の知り合いの女性に、宮部みゆきさんの作品が好きだという方が多かったです。

宮部みゆきさんは、女性ファンが多いと言われている気がします。もしそうなら、女性にとって、どの辺りが、魅力なのでしょうか?

私は、宮部みゆきさんの本は、ほとんど読んだ事がないのですが、もし良かったら、宮部みゆきさんの作品の魅力について、教えてください。

また、もし読むとしたら、お勧めは何でしょうか?

宮部みゆきさんは、ミステリーが多いそうですが、女性の方で、ミステリー好きの方が多い気がしています。何故なのでしょうか?


男性の方でも、宮部みゆきさんの魅力やお勧めの作品について語ってくださる方がいたら、お願いします。<(_ _)>

Aベストアンサー

宮部みゆきの魅力ですか・・・
よく言われている「人を描くのがうまい」というのが私の考える魅力です。
宮部作品はほとんど読んでいますが、本当に魅力的な人物が多く出てきます。
私が初めて読んだ宮部作品の「模倣犯」騙される人的なカズ、選ばれし人だと信じて疑わないのに実は色んな意味で子供なままのヒロミ、大人の頭脳を持っているのに子供の感性のピース。この3人の主人公(と呼んでいいのかな)だけでも十分ひきこまれるのに次々と殺されていく女性たちがまたリアルでどこか自分との共通点があったりして・・・。
かなりの長編ですが一気に読みきりました。
ミステリーが多いというのは私的には「???」です。確かに大きく分類すればミステリーでしょうし(事件的な物はだいたいの作品で出てきますしね)本の分類としてもミステリーとして売られていますが、私に言わせれば宮部作品は「人物劇」
登場する「人」を読んで行く・・・といった感じでしょうか。
そうゆう意味でお勧めなのが「孤宿の人」
おまえは阿呆だからあほうの「ほう」と名づけられた女の子とある事情で地方へ預かられている「お大名様」の2人のお話です。私はこの本で泣きました。

後ミステリー色の強い物であればいわゆる捕り物帳になるのですが「ぼんくら」「日暮し」の2作品。
主人公は「井筒平四郎」という本所深川方の同心です。この平四郎もいいのですが、「おでこ」と「弓之助」とゆう2人の子供がもう!!!こんな子供が回りにいたら毎日楽しいだろうなぁ~と思う可愛らしさと「子供のくせになぁ~」というこまっしゃくれた感じとがいいんですよ!
どちらも上下2冊に分かれているのですが、最初は短編集なのかな?と思うのですが読み進めて行くとそれぞれのエピソードにつながりが見えてきて、最後の1編(この1編だけで普通の小説1冊になりますw)ですべての謎が明かされていく・・・という感じなのですがこれもまたスルスルと読み進めてしまいます。

私自身同じ小説を読み返す事はほとんどないのですが、宮部作品だけは何度読んでも飽きないおもしろさがあります。
それはただ事件(謎)がありそれを解く人がいて、解決⇒終了~ ではなく、事件を取り巻く人々や事件には関わりがあまりないような人たちまで生き生きと、そして魅力的に描かれているからではないかな~と思います。
私なんかの言葉では表しきれない魅力が宮部作品にはあるんですよ。

宮部みゆきの魅力ですか・・・
よく言われている「人を描くのがうまい」というのが私の考える魅力です。
宮部作品はほとんど読んでいますが、本当に魅力的な人物が多く出てきます。
私が初めて読んだ宮部作品の「模倣犯」騙される人的なカズ、選ばれし人だと信じて疑わないのに実は色んな意味で子供なままのヒロミ、大人の頭脳を持っているのに子供の感性のピース。この3人の主人公(と呼んでいいのかな)だけでも十分ひきこまれるのに次々と殺されていく女性たちがまたリアルでどこか自分との共通点があった...続きを読む

Q森博嗣のシリーズ名

先日発売された「恋恋蓮歩の演習」から、「著作」のところ(うら見返し?)にシリーズ名が入るようになっていますね。
S&Mシリーズは犀川&萌絵だろうと分かるのですが、「Vシリーズ」というのは何のVなのでしょうか。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

シリーズの『夢・出逢い・魔性』のなかで、紅子が
自分のイニシャルをVCだと言っているシーンが
あったと思います。

Q恩田陸さんと宮部みゆきさんが好きな方、他に好きな作家さんは?

恩田陸さんと宮部みゆきさんの小説が好きで近頃よく読んでいたのですが、違う作家さんの本も読みたくなりました。

恩田陸さんと宮部みゆきさんが好きな方は、他に同じくらい好きな作家
さんでお薦めのものがあれば教えてください。

ちなみに恩田陸さんの作品で好きなものを上から三つあげるなら、〔麦の海に沈む果実〕、〔ネバーランド〕〔夜のピクニック〕で
宮部みゆきさんだと、〔蒲生邸事件〕〔クロスファイア〕〔模倣犯〕です。

貴志 祐介さんのクリムゾンの迷宮を読んでみようかとも思ったのですが、ゲームが特に好きというわけでもないので迷っています。

宮部みゆきさんと恩田陸さんの作品は、まだ読んでいない物もあります
が時間がかかっても読破するつもりですので、他の作家さんでお薦めな作品の紹介お願いします。

Aベストアンサー

私は野沢尚なんかも好きです。
とりあえず、「呼人」「殺し屋シュウ」あたりから始めると入りやすいかもしれません。

ちょっとほのぼの系ミステリなら加納朋子なんかも良いです。
どちらかと言うと女性向かも知れません。
「ななつのこ」「魔法飛行」「ささらさや」なんかがお勧めです。

他には、真保裕一なんかも面白い作品がたくさんありますし、
他の作家も...。
ちょっと紹介しきれないですね。

Q森博嗣 τになるまで待って  犯人はわからないまま?

森博嗣の「τになるまで待って」を読みました。
森博嗣のGシリーズのことを王様のブランチで知って、読み始めたんです。他のシリーズは読んでません。関連があるとは思ってなかったんで・・・

Gシリーズの「τになるまで待って」より前の作品は、ちゃんと犯人がわかって解決って感じですっきりしてるんですが、「τになるまで待って」だけは、犯人がわかりませんでした。

(1)次の「εに誓って」も読むつもりです。「τになるまで待って」では犯人はわからないままでいいんでしょうか?それとも、どこかに書いてあって私が見落としてるんでしょうか?

(2)どうして、最後に赤柳初朗さんのひげのことを尋ねたんですか?意図がわかりません。これもいずれわかるのでしょうか?赤柳さんの髭は付け髭ってことですか?

(3)それから、やっぱり他のシリーズS&Mとか四季なども読んだほうがいいのでしょうか?

回答宜しくお願いします

Aベストアンサー

(1)犯人は分からないままです。 イナイイナイ。

(2)赤柳初朗が誰かは現在(ηなのに夢のようまでの時点で)まだ分かっていません。『τになるまで待って』からの発言から佐々木(西之園)睦子には正体がばれているようです。一時、小鳥遊練無説(Vの登場人物)がネット上に浮上しましたがレタスフライを読む限りはそれはないのかと思うなりね。それに会えばこう云うでしょうし「フランソワ」って……。 ぶるぶる。

(3)S&M V 四季 もしこれらを読むならとりあえず四季は最後にしたほうが絶対に良いと思います。特に四季冬はちょっと難解です。順当に読むなら S&M→V→四季→百年シリーズ(書くだけでネタばれなのか?) ですかね。ちなみに作者曰く「べつにどこから読んでもらってもまったくの小事。人間の頭脳はその程度の融通がきかないほど劣悪ではない」だそうです。

Q女優・宮部みゆき!?

シネマレビューなるものを読んでいたら、「妖怪大戦争(2005)」の女優欄に、宮部みゆきの名前が!
宮部みゆきは、「火車」「龍は眠る」など名作を書かれた小説家ですよね。なぜ、女優してるのでしょう?
よく見ると、製作のところにも名前が。
その関連でちょっとだけ出たのでしょうか?
それとも、女優・宮部みゆき誕生でしょうか?
ていうか、何故製作してるのでしょう?
小説は、引退ですか?
妖怪大戦争を見ていないので、詳しく分かりませんが、宮部先生フアンなだけに気になります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小説家は辞めませんね。
現在もバリバリ書いてますよ。

No1様がお答えになっているとおり、水木氏、荒俣氏、京極氏と
宮部さんが、チームを組んで映画のプロデュースチームとして参加しました。

なぜ、このチームにいるかっていう話ですが。
まず、京極夏彦さんと、宮部さんは、同じ大沢オフィスに所属してます。
 (大沢在昌さん(新宿鮫などで有名な作家)が主催者の事務所です。)
京極さんは、妖怪をネタにした作品を多く手がけ、直木賞を受賞しており
現在の妖怪文学のトップを走る作家といえます。
この映画のプロデュースチームに入るにはもってこいの人でしょう。
また、宮部作品の妖怪濃度は他の方より薄いですが「震える岩」という作品で
幽霊が絡む時代劇を書いています。

京極氏と同オフィス所属、妖怪ネタも書け、ネームバリューもある。
プロジェクトチームの一員として起用される要素は揃っていたと思います。

で、女優業はネタ程度ではないかと思います。
「富豪刑事」というドラマにも作者の筒井氏が出ていましたし・・・。
出たがりだったら、機会があれば、ちょっとくらい出てみようと
思うんじゃないかな。実際、どれくらい出ていたかは知らないのですが。

小説家は辞めませんね。
現在もバリバリ書いてますよ。

No1様がお答えになっているとおり、水木氏、荒俣氏、京極氏と
宮部さんが、チームを組んで映画のプロデュースチームとして参加しました。

なぜ、このチームにいるかっていう話ですが。
まず、京極夏彦さんと、宮部さんは、同じ大沢オフィスに所属してます。
 (大沢在昌さん(新宿鮫などで有名な作家)が主催者の事務所です。)
京極さんは、妖怪をネタにした作品を多く手がけ、直木賞を受賞しており
現在の妖怪文学のトップを走る作家といえま...続きを読む

Q森博嗣先生の『黒猫の三角』

森博嗣先生の『黒猫の三角』

森さんのVシリーズの第一作『黒猫の三角』を三回読んだのですが、解説文でもあるように作品に仕組まれた嘘というのが、どうにもわかりません。

トリックはわかったのですが、それ以外の嘘が何度読んでもわからないのです。

どなたかご存知の方は、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

具体的に、解説文のどの記述についてですか?
この作品は色々と仕掛けがあるので、ご質問が把握しきれません。
よろしければ、捕捉をお願いします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報