女性向小物アクセサリーの試作品を作ったのですが、商品にするためのノウハウが全くわかりません、商品にするための手順を教えて欲しいのですが、、、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 宝飾関係であれば、宝石商で扱ってくれます。

ほとんどの宝石商は、彫金等のデザイナーや制作者と契約をしていたり、社員として雇っています。
 また、布を使った物、皮を使った物、毛皮を使った物、など素材によって制作者が異なります。簡単な例を挙げれば、布、皮、毛皮では、ミシンの機械や使い方が異なってしまいます。ましてや、木材等を使用した場合は、全く異なるジャンルになります。
 さらに、染めたり、図案を描いたり、印刷したり、きっといろいろな工程が考えられます。
 したがって、どんな物を試作品として作ったのかによって、相談する相手が異なると思います。
 もし、その商品がアパレル関係であれば、テキスタイルに詳しい方を探すと良いでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお好み焼きの宅配事業を起業するためのノウハウを入手する方法は?

お好み焼きの宅配事業を起業するためのノウハウを入手する方法は?
お好み焼きの宅配事業をはじめようと思っています。
1、開業までに抑えておかなければならないポイント
2、顧客獲得のコツ
3、そのようなことの情報の入手方法参考になるホームページ
など、ご存知の方なんでも結構です糸口になる情報をお願いします。
ちなみにお好み焼きの宅配をテーマにしたのは
1、ピザより安く売れる
2、老人にも好まれる
  地域の中で食に困っている方のためにも役立てる
3、自分が好き
だからです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ピザは元来が輸入品ですから味については地域差はありませんし、こんな物だ、と思って食べている人がほとんどです。
(本場の味かどうかは不明で)
お好み焼きは味に地域差があると思います。
食事の代わりになるかと言うと難しいです。

また作りながら食べる、目の前で作ってそれを食べると言うのが良いのです、暖かくなければなりません。
ピザは店舗でも厨房で作って席まで運んできてそれを食べる、つまり出来上がった物を運んできて食べると言うパターンですね。

宅配でなく店舗ですが、お好み焼き店の研修コースを設けている所がありますので一度話を聞いてみてはどうでしょうか、体験コースも有るようです。
http://www.otafuku.co.jp/laboratory/training/index.html
オタフクソース:お好み焼研修センター

Q開業するためのノウハウを教えてください。

古紙回収して、製紙業者に売って、商売をしている小さな会社があります。
そこの社長になるのが夢です。 今は使われの身で、労働者する立場ですが、将来的には人を使う側の経営陣の仲間入りをしたいです。

そこで、質問があります。 製紙業者に販売するには公的な権利が必要と聞いたんですが、詳しく分る方がいたら教えてください。 新規に参入するのは難しいのでしょうか? 物の例えで言うと、ガスや電気や水道、公共的なものには、利権が絡みのと同じで、この業界もそうなんでしょうか?

Aベストアンサー

 ハイそうです。ガス水道と比べるのは変だが、利権がらみなのは確か。
 ただ現在、行政が介入しているように、これまでの利権が変わりつつあるのは確か。

Qノウハウを盗まれた気持ちなのです。

 こんにちは
 東京のある中小企業の社員の者です。
 ここ数ヶ月間で何度か、日本屈指の大企業の100%子会社(A社)の方と打ち合わせを持ちました。双方3名前後の出席が4回ほど続きました。
 そして、A社の社長と我が社の役員の間で、あるテーマについて、将来性やリスクや投資の配分などが話され、共同プロジェクトの実施が合意されました。そして、まずはA社のほうで計画・予算案を作ってくることとなりました。もちろん、共同プロジェクトなので、実施に必要なノウハウはお互いに出し合いました。
 そして計画・予算案の検討の会議において、計画・予算案が提案されたのですが、それはすべての費用を我が社が負担するというもので、到底受け入れられるものではありません。実施しても我が社は、そこからの利益は得られないと考えています。それはA社に何度も説明し、だからこそ共同プロジェクトという形になったのです。
 もしかすると、A社は、はじめから我が社のノウハウを吸収するつもりで接触し、知るだけ知ったら無理な経済提案をし、我が社との共同プロジェクトを中止に追い込んで、そのままずらかろうと考えていたのではないかと勘ぐってみたくなっています。また、A社から得たノウハウは、A社との関係において利用可能なものと考えています。
 話し合いの課程は、記録してありますが、A社とは記録の内容の確認はしていません。合意内容についても文面での確認は行っていません。
 話し合いの証拠を残していない初歩的ミスをおかしているとはいえ、悔しい気持ちでいっぱいです。こちらの対応の甘さをつかれたのでしょうか。
 みなさんは、こんな盗人みたいな会社との仕事の経験はないでしょうか。また、そういうときには、どのような対応をとられているのでしょうか。

 こんにちは
 東京のある中小企業の社員の者です。
 ここ数ヶ月間で何度か、日本屈指の大企業の100%子会社(A社)の方と打ち合わせを持ちました。双方3名前後の出席が4回ほど続きました。
 そして、A社の社長と我が社の役員の間で、あるテーマについて、将来性やリスクや投資の配分などが話され、共同プロジェクトの実施が合意されました。そして、まずはA社のほうで計画・予算案を作ってくることとなりました。もちろん、共同プロジェクトなので、実施に必要なノウハウはお互いに出し合いました。
 そし...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

企業コンサルをしております。

まず、最初の話し合い開始前にお互い守秘義務契約などは交わしたのでしょうか?
また、ノウハウについても予め特許取得(最近ではビジネス特許などの形もあります)などの予防措置を講じられていたのでしょうか?
これら2点は非常に大切なことです。

また打ち合わせ議事録は必ずお互いに交し合い(ハンコを貰います)、都度その場で合意しておくべきものです。

取引が全て上手く行くとは限りませんし、途中で何か問題が生じてしまうかも知れません。ですから最初の段階でこの様な契約などを予防措置として結んでおくのが望ましいのです。

それからある程度話が進んだ段階で基本取引契約書や業務提携、或いは共同開発契約などの名目でお互いの確認事項を決定していきますが、これらの内容では自社に都合の良い部分を盛り込んでいくのです。

今回のご相談ではこれらの契約が無いままA社主導でことが運び、最終段階になってA社側が素案を作成したと解釈して宜しいですか?
であるとするならば今度は貴社の立場での対案を作成して相手の様子を見ることで如何でしょう。まずはそれからです。

お互いがパートナーであるならばその立場は対等であるべきで、どちらかが不利になる様な場合はそのリスク分担に応じての対価を分配すべきであると考えます。
つまりより大きいリスクを抱えている方がより大きな分配を得ることが出来ると言う原則です。
これらが守られていない様であれば対等な立場とは言えず、当然ながら再考を促す権利はあろうかと存じます。

最悪の事態になった場合には、お互い開示したノウハウに付いては他への転用を禁ずるという契約を結んでおくと良いでしょう。それすらも合意できなければ顧問弁護士などへご相談されると良いと思います。

こんにちは。

企業コンサルをしております。

まず、最初の話し合い開始前にお互い守秘義務契約などは交わしたのでしょうか?
また、ノウハウについても予め特許取得(最近ではビジネス特許などの形もあります)などの予防措置を講じられていたのでしょうか?
これら2点は非常に大切なことです。

また打ち合わせ議事録は必ずお互いに交し合い(ハンコを貰います)、都度その場で合意しておくべきものです。

取引が全て上手く行くとは限りませんし、途中で何か問題が生じてしまうかも知れません。で...続きを読む

Q佃煮の瓶詰め技術と販売方法のノウハウと制約について

佃煮の瓶詰め技術と販売方法のノウハウと制約について
知りたいのですが

きのこの生産農家で商品にならないきのこを佃煮にしてみました。
とてもおいしくて評判がよいので瓶詰めにして販売したいと思います。

まず瓶詰めの方法は家庭で行っている煮沸するやり方でよいのでしょうか?
大量に作るためには瓶詰め装置みたいなものがあるのでしょうか?

販売に当たっては保健所の許可を得た厨房で作るほか何か許可や
検査がいるのでしょうか?

販売方法として知り合いのお店においていただくほか
インターネットでも売って生きたいのですが楽天とかに出すのでしょうか
あまり経費が出せない場合にはどんなやり方があるのでしょうか

欲張りな質問で申し訳ありませんそれぞれの部分でかまいませんので
アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

飲食店営業許可ではできませんが、
びん詰食品製造業許可があれば大丈夫です。
びん詰食品製造業の場合厨房とはいわず製造室あるいは製造場所などとと言います。

jas法、食品衛生法などの表示義務があります。
びん詰食品製造業許可も表示義務についても相談窓口は保健所です。

表示義務のうち賞味期限については官能検査、化学検査、細菌検査などの結果から
製造者が自分の責任で決めるのが原則です。
官能検査は人間の舌や鼻で異常がないか確かめるものです。
化学検査、細菌検査は専門業者に依頼する事になると思いますが、
1件5万円前後が相場のようです。
当然ですが賞味期限を仮に6ヶ月とする場合は原則として実際に6ヶ月以上保存したものを検査して大丈夫である事を確認しなければなりません。

製造規模によって必要な資格がありますのでそのあたりも保健所で相談してください。

ネット販売のサイトはたくさんあります。
お住まいの地域の農協系、第三セクター系、商工会系などでコストの安いところもあるかと思います。
きのこの佃煮を最初から検索する人は少ないと思いますので楽天のような大手で始めるのは相当工夫が要ると思います。
手作りのきのこの佃煮というのなら自然食品や健康食品のサイトあるいは、地域の特産物を扱うサイトを利用されてはいかがでしょうか。

びん詰製造機械は食品加工機器ですね。食品機器とも言います。
食品加工機器のメーカーは中小企業が多いのでネット検索もままならない事が多いです。後々のメンテナンスも考えれば、お近くのメーカーか少なくとも代理店が近いところが良いとおもいます。
お住まいの都道府県庁にご相談されてはいかがかと。たぶん商工課か農業振興課あるいは創業支援センターのようなところが窓口になると思います。

びん詰食品の業界団体としては「社団法人日本缶詰協会」がびん詰も含んでいるようです。ある程度の情報は手に入ると思います
http://www.jca-can.or.jp/main.htm

個人でびん詰製造業許可を取られた方のブログを見つけました。
この方は一坪程度の製造室を自分で作られたようです。
http://plaza.rakuten.co.jp/okuyamajirou/diary/201006050000/

飲食店営業許可ではできませんが、
びん詰食品製造業許可があれば大丈夫です。
びん詰食品製造業の場合厨房とはいわず製造室あるいは製造場所などとと言います。

jas法、食品衛生法などの表示義務があります。
びん詰食品製造業許可も表示義務についても相談窓口は保健所です。

表示義務のうち賞味期限については官能検査、化学検査、細菌検査などの結果から
製造者が自分の責任で決めるのが原則です。
官能検査は人間の舌や鼻で異常がないか確かめるものです。
化学検査、細菌検査は専門業者に依頼する事になる...続きを読む

Q成功した創業者の具体的なノウハウなどが書いてある本はないですか?

最近創業者がどうやって企業を成功させていったのかどんな苦労があってどんな解決策でのりこえていったのかなどの話が面白くてそういう本をさがしているんですが何かオススメの本などはないでしょうか?
できれば1970くらいからの割とあたらしめの会社の創業者で具体的な記述が豊富で実際のビジネスに役立つくらいの内容がかいてある本が希望です、特に創業当初などの一番つらい時期をどう乗り越えられたかなどが詳しいといいのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

松永安左エ門のまかり通る-電力の鬼・はお勧めです。古い本ですが名著に新しい古いは関係ありません!!

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492061320/qid=1122128679/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/250-3315268-9431432


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報