プロパティウィンドウで変えようとするのですが、
変えることができません。BACKCOLORで変える方法を知りたいのですが
ご存知の方教えていただきませんか。

A 回答 (1件)

プロパティウィンドウのStyleを1-グラフィックスにしたらどうですか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

色を変えることができました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/12 13:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q.NET2003 でのプロパティウィンドウの説明

.NET2003 でのプロパティウィンドウの説明が消えてしまって、元に戻せません。

各プロパティ項目を選択すると、説明が出ると思いますが、消えてしまいました。

おそらく、説明項目が下に移動してしまって
消えてしまったのではないかと思うのですが、
マウスで移動させようとしても、何十回やっても
うまくいかず、プロパティウィンドウの何もない箇所を右クリックして、説明項目のチェックを外したり
つけたりしても、表示されません。

どうすれば、再び説明が表示されるようになりますでしょうか?

どなたか、教えてください。とてつもなく困っています。

Aベストアンサー

ツール ⇒ オプション ⇒ ウィンドウレイアウトのリセットで元に戻りませんか?

QVisualStudio2008(VB)でプロパティ・ウィンドウの内容をコピーしたい

VisualStudio2008(VB)でプロパティ・ウィンドウの内容をコピーしたいです。

どのような方法でもかまわないので教えていただければと思います。

Aベストアンサー

コピーして何に使うのですか?
フォーム上に同じものを作るのなら、デザインのタブでプロパティ・ウィンドウを選択してコピー後、目的のフォームに貼り付け。

QVBのBackColorの統一手法について

VB6にて作成したexeが200くらいあるのですが、当時NT4.0、Win95を対象に作成していたので問題がなかった(気づかなかった)のですが、WinXPで作成した画面を見るとラベルのところと背景のところの色などが統一できていないのに気づきました。WinXPでもクラシックスタイルにして色の設定を落とすと問題ないのですが、それもおかしいと思うので修正したいのですが、なにぶん数が多いので対象となるexeのみ抽出したいと思っています。が、その方法が分かりません。(地道な作業しかないのかもしれませんが・・・)もし何かよい手法やご存知の方がいらっしゃいましたらどうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

.frmファイルを直接いじるという手もあります。
テキスト検索機能があるテキストエディタ(mifes等)にて

対象ファイル= *.frm
検索キー="BackColor"

を検索して、タグジャンプ→編集という手順が効率いいです。

Q動的にプロパティ名を変えたい

プロパティに値をセットする際、動的にプロパティ名を変えてセットしたいのですが、どの様にすれば可能かがわかりません。
どなたか、お教えいただけないでしょうか。
------------------------------------------------
Public Structure YYY
 Dim meisai1 As YYY
 Dim meisai2 As YYY
.
 Dim meisai99 As YYY
End Structure

Public Structure YYY
 Dim abc As Int32
 Dim def As String
End Structure
------------------------------------------------

Dim yyy As YYY
 yyy.meisai1.abc = 52

ここを「meisai1」~「meisai99」まで繰り返したい

Aベストアンサー

ラッパークラスの作成
'-------------------------------------------------------------------------------
  Private Class lapXXX

    Private _xx As XXX

    Public Sub New(ByVal xx As XXX)
      _xx = xx
    End Sub

    Default Public Property Items(ByVal i As Integer) As YYY
      Get
        Return Me.getItem(i)
      End Get
      Set(ByVal value As YYY)
        Me.setItem(i, value)
      End Set
    End Property

    Public ReadOnly Property Value() As XXX
      Get
        Return _xx
      End Get
    End Property

    Private Function getItem(ByVal i As Integer) As YYY
      Dim t As Type = _xx.GetType()
      Dim fieldName As String = String.Format("meisai{0}", i)
      Dim fi As System.Reflection.FieldInfo = t.GetField(fieldName)
      If Not fi Is Nothing Then
        Return CType(fi.GetValue(_xx), YYY)
      Else
        Return Nothing
      End If
      'Select Case i
      '  Case 1
      '    Return _xx.meisai1
      '  Case 2
      '    Return _xx.meisai2
      '  Case 3
      '    Return _xx.meisai3
      '  Case 4
      '    Return _xx.meisai4
      '  Case 5
      '    Return _xx.meisai5
      '  Case 6
      '    Return _xx.meisai6
      '  Case 7
      '    Return _xx.meisai7
      '  Case 8
      '    Return _xx.meisai8
      '  Case 9
      '    Return _xx.meisai9
      '  Case 10
      '    Return _xx.meisai10
      '  Case Else
      '    Return Nothing
      'End Select
    End Function

    Private Sub setItem(ByVal i As Integer, ByVal value As YYY)
      ''VB.NETでは、なぜか構造体にSetValueメソッドが使えない。C#なら使用可能
      'Dim t As Type = _xx.GetType()
      'Dim fieldName As String = String.Format("meisai{0}", i)
      'Dim fi As System.Reflection.FieldInfo = t.GetField(fieldName)
      'If Not fi Is Nothing Then
      '  fi.SetValue(_xx, value)
      'Else
      'End If
      ''しかたないので、全パターンを列挙する
      Select Case i
        Case 1
          _xx.meisai1 = value
        Case 2
          _xx.meisai2 = value
        Case 3
          _xx.meisai3 = value
        Case 4
          _xx.meisai4 = value
        Case 5
          _xx.meisai5 = value
        Case 6
          _xx.meisai6 = value
        Case 7
          _xx.meisai7 = value
        Case 8
          _xx.meisai8 = value
        Case 9
          _xx.meisai9 = value
        Case 10
          _xx.meisai10 = value
        Case Else
      End Select
    End Sub

  End Class
'-------------------------------------------------------------------------------

使用例
'-------------------------------------------------------------------------------
  Dim x As New lapXXX(xxx)  '操作しやすいようにラッパークラスに渡す

  For i As Integer = 1 To 10
    Dim y As YYY
    y.abc = 52
    y.def = x(i).def
    x(i) = y
  Next

  xxx = x.Value  'ここ重要:操作した結果をもとにもどす
'-------------------------------------------------------------------------------

コピーが発生しまくるのであまりおすすめできません
もとがクラスになりさえすれば・・・

ラッパークラスの作成
'-------------------------------------------------------------------------------
  Private Class lapXXX

    Private _xx As XXX

    Public Sub New(ByVal xx As XXX)
      _xx = xx
    End Sub

    Default Public Property Items(ByVal i As Integer) As YYY
      Get
        Return Me.getItem(i)
      End Get
      Set(ByVal value As YYY)
        Me.setItem(i, value)
      End ...続きを読む

Qpicturebox の BackColor は透明に出来ないのですか?

教えていただきたいことがあります。

[デザイン]上で、picturebox の BackColor を webColor の Transparent(透明) に指定したいのですが
"コントロールは透明な背景色をサポートしません。"とエラーが出ます。
BackColor を透明には出来ないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは
WindowsApplicationでは普通にできました。
環境VB2005+Win2k

----- 以下コピペ -----
<Global.Microsoft.VisualBasic.CompilerServices.DesignerGenerated()> _
Partial Class Form1
Inherits System.Windows.Forms.Form

'フォームがコンポーネントの一覧をクリーンアップするために dispose をオーバーライドします。
<System.Diagnostics.DebuggerNonUserCode()> _
Protected Overrides Sub Dispose(ByVal disposing As Boolean)
If disposing AndAlso components IsNot Nothing Then
components.Dispose()
End If
MyBase.Dispose(disposing)
End Sub

'Windows フォーム デザイナで必要です。
Private components As System.ComponentModel.IContainer

'メモ: 以下のプロシージャは Windows フォーム デザイナで必要です。
'Windows フォーム デザイナを使用して変更できます。
'コード エディタを使って変更しないでください。
<System.Diagnostics.DebuggerStepThrough()> _
Private Sub InitializeComponent()
Me.PictureBox1 = New System.Windows.Forms.PictureBox
CType(Me.PictureBox1, System.ComponentModel.ISupportInitialize).BeginInit()
Me.SuspendLayout()
'
'PictureBox1
'
Me.PictureBox1.BackColor = System.Drawing.Color.Transparent
Me.PictureBox1.Location = New System.Drawing.Point(63, 50)
Me.PictureBox1.Name = "PictureBox1"
Me.PictureBox1.Size = New System.Drawing.Size(184, 161)
Me.PictureBox1.TabIndex = 0
Me.PictureBox1.TabStop = False
'
'Form1
'
Me.AutoScaleDimensions = New System.Drawing.SizeF(6.0!, 12.0!)
Me.AutoScaleMode = System.Windows.Forms.AutoScaleMode.Font
Me.BackColor = System.Drawing.SystemColors.Desktop
Me.ClientSize = New System.Drawing.Size(292, 273)
Me.Controls.Add(Me.PictureBox1)
Me.Name = "Form1"
Me.Text = "Form1"
CType(Me.PictureBox1, System.ComponentModel.ISupportInitialize).EndInit()
Me.ResumeLayout(False)

End Sub
Friend WithEvents PictureBox1 As System.Windows.Forms.PictureBox

End Class

こんばんは
WindowsApplicationでは普通にできました。
環境VB2005+Win2k

----- 以下コピペ -----
<Global.Microsoft.VisualBasic.CompilerServices.DesignerGenerated()> _
Partial Class Form1
Inherits System.Windows.Forms.Form

'フォームがコンポーネントの一覧をクリーンアップするために dispose をオーバーライドします。
<System.Diagnostics.DebuggerNonUserCode()> _
Protected Overrides Sub Dispose(ByVal disposing As Boolean)
If disposing AndAlso compo...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報