次のような、民間会社から請け負うシステム構築も建設業法対象の工事となるのでしょうか。
・他社のデータセンタ内に新たにサーバ数台を設置しシステム開発(大部分がソフト開発)
・顧客はインターネット経由で開発したシステムを利用
・データセンタ内でのサーバ構築はデータセンタ事業者に発注

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ネットワークシステムの構築ですよね?



基本的には、建設業法に定められた「電気通信工事」に該当すると考えるべきではないでしょうか。
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxoutrefdata.cgi … (別表第一)


例えば、電話のモジュラージャックの交換でさえ、原則的には「電気通信工事担任者」資格(これは「電気通信事業法」に基づく資格ですが・・・)を有さないとできませんので・・・。
http://www.shiken.dekyo.or.jp/charge/index.html
(実際は電気屋さんで売ってますので、自分の家のものの交換であれば、own riskでやってしまう方が多いのが実態かもしれませんが・・・)

また、
建設業法に定められた主任技術者及び監理技術者の設置は、
その民間会社が、システムを何に利用するか、ということ、
ならびにその請負金額に左右されるかもしれません。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S31/S31SE273.html
(第27条)


もしシステム構築の際にトラブルが起こったときに、建設業法の申請・認可を受けていないとなると、問題が生じるかもしれません。

念のため、弁護士さんなり、関係官庁なりに確認をとられたほうが良いと思いますよ。
(「関係ない」と断言するのは危険かと思います・・・)


なお、主要なSIベンダーは基本的に、建設業法に基づく申請・認可を経ていることと思います。
配線を専門に行っている(いわゆるフィールディング業務)業者は勿論です。


以上念のため、ご参考いただけますと幸いです。
    • good
    • 0

建設業法とは関係ない工事でしょうね。



建設工事に附帯して発生するシステム関係の配線工事や機器設置工事を建設業者が請負う場合はありますが、記載されたような工事のみを純粋にする場合は建設業法の範疇外でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございました。
良く、ラック据付等でネジ1本使うことも、建設業法での”電気通信工事”に該当すると聞いたことがありました。しかし、土木系のような”工事”ではなく、単にパソコンを納入する程度のことで、建設業法対象工事と言われてもピンとこないというのが実感でした。

お礼日時:2005/10/02 20:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q下請法、建設業法の支払条件について

建設業(造園)に勤めています。(資本金6000万、特定建設業)請負った仕事内容は、遊具納品です。
発注業者は、特定建設業者です。この場合は、建設業法の対象でしょうか?

また支払条件が、「3ヵ月後10日払」や「翌月に一部支払って、残りを翌々月に支払う」という様な所が増えてきています。これは、建設業法や下請法の支払遅延に該当しますか?
説明不足ですいませんが、どなたか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

遊具の据え付け完成までを請け負ったのであれば建設業法の範囲です。
据え付け場所まで納品引き渡しをしただけ、以後据え付け作業は他業者なら下請法でしょう。

まず、下請法で説明します。
http://www.jftc.go.jp/sitauke/gaiyo.html

資本金6千万の御社なら、親事業者資本金が3億超なら、下請法の保護になります。でないなら、呈示の支払条件は合意の上でといわれて合法です。親が3億超なら、納品から60日以内に全額現金なり、手形なりで支払わないと、下請法にひっかかります。

次に建設業法です。

御社が資本金4000万未満の一般建設業者でしたら、建設業法の保護があります。すなわち引き渡し後50日以内支払(全額現金または手形)です。御社が特定建設業、または4000万以上の一般建設業者なら、呈示の支払条件はありです。

Qシステム開発業者は、「開発システム+機器」の賃貸ってできないの?

あるシステム開発業者さんに、システムを開発してもらって、それを機器にインストールして納入してもらいたいと思っています。
その支払については、システム開発費用と36ヶ月間のシステム及び機器の使用料として、36ヶ月間支払う予定です。
使用期間終了後は、システムと機器は、返却する予定です。
36ヶ月間は、システム及び機器の保守もお願いする予定で、その経費は、毎月の支払額に含むこととしております。
ところが、契約にあたって支払はリース業者にお願いしますということですが、これって、システム開発業者に支払うことってできないんですか?
リース業を営むためには、貸金業の規制等に関する法律による登録が必要ということがあるようですが、今回の件は、リース業にあたるんでしょうか? 
リースと賃貸の区別がついていないんですが、単純にシステムと機器の賃貸ということで、システム開発業者と契約できないでしょうか? 
一般的に、通常の会社って、特別な手続きなしに賃貸って、できるんですよね?

Aベストアンサー

確か・・・
レンタル:業者が最初から貸すものを持っている(CDとかがまさにそうです)
リース:客が欲しいものが決まってから業者が物品を調達し、客に貸す
だったと思います。質問者様(の会社)専用の物を作っているのでリースにあたりますね。
さらにリースにもいくつか分類があるのですが・・・それは別の話ということで。(本がいっぱい売っているので立ち読みでもしてください)

で、どうしてそうなっているかというと開発業者の資金繰りの問題かなぁと思います。

まず開発費用を納品後に支払うということは、納品まで売上が発生しません。
ですが経費はかかっています。
平均的な技術者二人を半年間働かせると1,000万近くかかります。(60万円*2人*6ヵ月=720万。さらに管理費とかもろもろ)
さらに納品後に36ヵ月に渡って支払うということは、経費の回収&利益の発生にも3年に渡ってしまうことになります。
それをリースにするとリース会社は契約すると一括で払ってくれるので、いっきに費用を回収できます。

もちろん登記の問題もあるでしょう。業者が通常の法人なら登記している仕事以外をすることはできません。

確か・・・
レンタル:業者が最初から貸すものを持っている(CDとかがまさにそうです)
リース:客が欲しいものが決まってから業者が物品を調達し、客に貸す
だったと思います。質問者様(の会社)専用の物を作っているのでリースにあたりますね。
さらにリースにもいくつか分類があるのですが・・・それは別の話ということで。(本がいっぱい売っているので立ち読みでもしてください)

で、どうしてそうなっているかというと開発業者の資金繰りの問題かなぁと思います。

まず開発費用を納品後に支払...続きを読む

Q建設業法免許取得業者が軽微な工事を実施する場合について

建設業法免許既取得業者が500万円以下の軽微な電気通信工事を実施する場合に、例え数万円や10万円の工事においても、建設業法に縛られる諸々の項目を遵守する必要性は当然あるのでしょうか。軽微な工事については除外できるような項目はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

免許取得事業者は、適用を受けるのではないでしょうか?
主任技術者についても、建設業の許可を受けている建設業者は、請け負った工事を施工する場合、元請下請・金額の大小にかかわらず、「主任技術者」を置かなければなりません。とあります。

500万円以下の軽微な工事には許可が必要ないとは、あくまでも未取得業者についていっている事では。

参考URL:http://www.pref.kumamoto.jp/information/kyoka_nyusatsu/mamechishiki.html

Q顧客情報管理システムに関連する問題

ある百貨店が顧客情報管理システムを構築して、顧客の携帯アドレスや、購買履歴などを収集しているとする。このとき、百貨店が考えることのできる広告戦略について、述べてください。
すみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

失礼しました。
「ある百貨店が・・・とする。・・・述べてください。」
などとまるで宿題レポートの設問文のような書き方をなさるので、てっきり宿題の丸投げかと思いました。


要するに、新聞に「ある百貨店が顧客管理システムを構築している」という記事が載っているのを読んで、「何のためにそのシステムを構築したのだろう?」と疑問に思い、いろいろ考えるうちに、「広告戦略」に思い至った、ということでしょうか。
そういう前提でお答えします。

新聞に書いてあったわけですから、「~購買履歴などを収集していると(仮定)する。」ではなく、「収集している。」ですよね。そしてその記事には当然、その情報をどう活用しているかが書いてあったはずです。そのような方法を「顧客関係性マーケティング(CRM)」とか「ワン・トゥ・ワン・マーケティング」と呼びます。
つまりその百貨店はCRM戦略を行なおうとしているのです。


これで回答になったでしょうか。
もっとお知りになりたいのでしたら、その新聞にどんな内容が書いてあり、どの内容についてもっとお知りになりたいのかお教え下さい。

失礼しました。
「ある百貨店が・・・とする。・・・述べてください。」
などとまるで宿題レポートの設問文のような書き方をなさるので、てっきり宿題の丸投げかと思いました。


要するに、新聞に「ある百貨店が顧客管理システムを構築している」という記事が載っているのを読んで、「何のためにそのシステムを構築したのだろう?」と疑問に思い、いろいろ考えるうちに、「広告戦略」に思い至った、ということでしょうか。
そういう前提でお答えします。

新聞に書いてあったわけですから、「~購買履歴...続きを読む

Q建設業法にお詳しい方、是非教えて下さい。

建設業法施行令で、【第5条の3】法第15条第2号のロの政令で定める金額は4500万円で、【第5条の4】法第15条第3号の政令で定める金額は8000万円とする、となっていますが、この金額はそれぞれどういう内容の金額か教えて頂けませんか?建設業法と照らし合わせて解読しているのですが、どうしてもわからないもので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

特定建設業の許可要件、専任技術者の部分ですよね。 昨年一般から特定へ区分変更したばかりです。

許可を受けようとする建設業の建設工事で、発注者から直接請け負った請負代金の額が4,500万円以上の
工事に関して、2年以上の指導監督的な実務経験を持っている者(建設業法施行令第5条の3)

  ようは「技術力」があるか? ということです。


発注者との間の請負契約で、請負代金が8,000万円以上であるものを履行する財産的基礎があること(建設業法施行令第5条の4)

  ようは「経済力、財産的基礎」があるか? ということです。

ただし、「履行する財産的基礎があること」であって、資本金が8,000万円以上ということではありません。
他にも財産的要件はありますが、資本金については2,000万円以上であれば クリアです。

参考URL:http://www.kentikushi.biz/gakka17.html

Qソフト開発構築の為のスケジュール項目の見本

ソフト開発を外注に委託して、構築しようと考えています。
スケジュールを作成しようとしていますが、ソフト開発のための
スケジュールの項目の見本(サンプル)みたいなものは
ないのでしょうか。

1、現状調査(打合せ)
2.仕様書作成
3.検証(デモ)
4.完成

Aベストアンサー

システム開発の仕事をしている者です。
一般的なウォーターフォール・モデルという開発手法ですと、大体以下のようなフェーズになります。

1.現状調査・分析
2.要件定義
3.基本設計
4.詳細設計
5.プログラミング、単体テスト
6.結合テスト
7.システムテスト
8.ユーザーテスト
9.導入、オペレーション教育

規模によっては必ずしも全フェーズ必要というわけではありません。
また、この手法ですと後続のフェーズで不具合が発生した時に前のフェーズに戻って対策を練らないといけない場合があります。その場合に時間とコストが余計かかってしまいます。よって、それぞれのフェーズ終了時にレビューをして誤りが無いかをきちんと検証していく必要があります。

Q建設業法の一括下請負の禁止と建設業許可についてどなたかご教示下さい。

建設業法の勉強をしている者です。

建設業法の一括下請負の禁止と建設業許可について
どなたかご教示下さい。

例えば民間の工事において請負金額700万円の電気工事を受注し
事前に発注者より一括下請負の承諾を得ることができ、
受注業者(元請)は電気工事の建設業許可を取得していて下請け業者は未取得、
下請け業者は500万円以上の工事を請け負う場合、
建設業法違反となるのでしょうか。

※元請業者は、発注者との協議や施工計画、工程管理などを行い、
工事に関して実質的に関与するとして。


宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>事前に発注者より一括下請負の承諾を得ることができ

如何なる理由があっても一括下請負は違反です。

>※元請業者は、発注者との協議や施工計画、工程管理などを行い、
工事に関して実質的に関与するとして。

この場合は、一括下請負とはみなされません。

>下請け業者は500万円以上の工事を請け負う場合、

電気工事などは建設業許可なしなら違反です。
建築1式工事のみ1500万円未満OK
なお、下請けに限らず元請けの場合も同様です。

Q顧客への納品ファイルのファイル名には、顧客名(会社名)を含むのは失礼にはならないのでしょうか?

顧客へ、納品物として、電子データを納品する場合、納品物のファイル名に、顧客の会社名を入れるのは、失礼にあたらないのでしょうか?
データ入力やデータ変換を行い、CSVファイルやExcelファイルなどを作成して、それを顧客へ納品します。
例えば、『アイウエオ株式会社』が顧客名だった場合、納品するファイル名に、ABC-アイウ-01.xlsなどつけて送るのは失礼にあたらないのでしょうか?

Aベストアンサー

 御社の管理上必要なのだろうと理解するので、失礼にはあたらないと思います。
 ただ、相手にとっては不要ですから、気にされるのなら顧客名を取ったファイル名に変更して送ってはどうでしょうか?

Q建設業法の一括丸投げ禁止について

建設業法の一括丸投げ禁止について教えて下さい。

当社は自治体と請負契約を結び、ある設備を一式納入しましたが、その後当該設備の販売から撤退しました。
ところが、請負契約中の瑕疵担保責任が残っており、手直し工事が必要なため、当社100%出資の子会社にやらせようと思っています。
請負契約の当事者は当社のままですが、これは建設業法でいう「一括丸投げ」にあたるでしょうか?

Aベストアンサー

>手直し工事はあくまで本体請負工事の一部であるとの解釈だからでしょうか。

 そういうことです。

 国交省のパンフより

『「実質的に関与」とは、元請負人が自ら総合的に企画、調整及び指導(施工計画の総合的な企画、工事全体の的確な施工を確保するための工程管理及び安全管理、工事目的物、工事仮設物、工事用資材等の品質管理、下請負人間の施工の調整、下請負人に対する技術指導、監督等)を行うことをいいます。単に現場に技術者を置いているだけではこれに該当せず、また、現場に元請負人との間に直接的かつ恒常的な雇用関係を有する適格な技術者が置かれない場合には、「実質的に関与」しているとはいえないことになりますので注意してください。』

 普通、手直し以前の本工事の時点で元請が総合的に企画、調整及び指導はしてますよね。

 それと、これ。

『一括下請負に該当するか否かの判断は元請負人が請け負った建設工事一件ごとに行い、建設工事一件の範囲は原則として請負契約単位で判断する。』

 もちろん、技術者が常駐して監督が必要になるような異常にデカい手直しの場合は例外になることは御理解できると思います。

 自治体の規模にもよりますが、自治体職員に大成出版の建設業法詳説(だったかな?)の該当ページでもコピーして示した上で相談された方が良いと思います。私は業法で分からないことは国交省の整備局に問い合わせて回答を貰った上で自治体職員に相談してましたが、「ああ、そうなんだ、聞く手間が省けた。」と単純に喜ぶ職員と頭を飛び越えられたと思って気を悪くする職員が居ました。

参考URL:http://www.cgr.mlit.go.jp/chiki/kensei/kensetu/pdf/t_08.pdf

>手直し工事はあくまで本体請負工事の一部であるとの解釈だからでしょうか。

 そういうことです。

 国交省のパンフより

『「実質的に関与」とは、元請負人が自ら総合的に企画、調整及び指導(施工計画の総合的な企画、工事全体の的確な施工を確保するための工程管理及び安全管理、工事目的物、工事仮設物、工事用資材等の品質管理、下請負人間の施工の調整、下請負人に対する技術指導、監督等)を行うことをいいます。単に現場に技術者を置いているだけではこれに該当せず、また、現場に元請負人との間...続きを読む

Qプロパーとは?(システム開発プロジェクトの環境)

プロパーと呼ばれる会社はどういう立場なのでしょうか。システム開発で大手メーカー(IBM,FUJITSU)、メーカーの子会社か系列会社、取引関連のソフト会社、ソフト会社の協力会社、派遣社員など色々な会社から集まってますが・・・

Aベストアンサー

システム系には非常に多い話ですが、I○Mの名札を着けてはいるが、
実はI○Mの社員ではない、とかよくあります。

別に詐欺をしているわけではなく仰るような契約状態に基づくもの
ですが、そんな中でプロパーというのは本当のIBM社員を示します。
(確かI○Mは名札見れば分かるようになってますが)

働く上である会社の名前を借りて作業をする人たちと、実際の社員を
区別する言葉としてプロパーを使います。

かくいう私も数々の大手企業の名札を着けて仕事してきました。
しかし実際は中小企業の社員です(=プロパーではない)。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング